サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2018年01月24日

低温注意報

明朝の最低気温が−4℃となっている。
杉並は新宿から10キロ弱しか離れていないのに、人間およびその活動量が違うから気温も低い。

お部屋は暖房でポカポカだけど、外は夕方には凍り始めて・・・タイヤの音がバリバリ。
クリスマスローズの雪は全部避けて一旦は元の場所に設置しなおしたのだが、夕方前に思い直して、開花中のものはまた避難させたわ。

日中はお日さまいっぱいで風も少しあったからお洗濯ものは外ですっきり乾くけど、氷に変化しつつある雪をどんどん融かしていくまでは至らず。

暑いのも辛いけど、冬の雪&氷はもう要らない。
チリトリでの除雪はもうできないのだし、子供だけでの除雪も大反対。
JAFの御助けをお願いしてもすぐには来てもらえないのだし、東京では特に、雪に対しては自己防衛はしなければならないのだと痛感している。

P1070046.jpg


ぐるちゃんは変わりなく元気。

こうやってお化粧してみたり・・・

P1070045.jpg


変な格好でぐっすり眠っているし。

先日はオシッコを届けて、無事何事もなかったので項目を選んで血液検査をお願いしているのだが、もう少し足元が快適になってから採血をお願いする予定。

南北を走る道路はもうOKだけど、東西はところどころバリバリに凍っているので、それが解消されてからで良いわ〜。

ふかふかモコモコの猫タンポを抱いて、今晩もぐっすり眠りたい。




posted by みいしゃ at 23:43| 東京 ☀| Comment(0) | ぐるこさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

青空

昨日とは打って変わって東京の日中は青空が広がり、雪は半分以下になったようだ。

P1070043.jpg


雪だらけの赤松はこんな姿。
オリーブなどの雪も全部落ちた。

ただ夕方以降はどんどん気温が下がり、バリバリと凍ってきている。
今週はずっと寒波が居座って気温は低いそうだから、今ある氷に変わりつつある雪が溶けるには時間がかかるだろう。

普段はあまり雪が積もってしまう事はないので、行政側も除雪に予算を割いていないので、東京は雪に弱い。
雪国の方々から見れば、町も人間も軟弱だと思われがちだが、まあ雪に対してはまさにその通り。
あとは個々の自衛しかないから頑張りたい。

一旦降りやんだので、車庫側の道路は息子がきちんと雪掻きをしてくれた。
ついでに車庫のお向かいのお宅の玄関周りも。
いつも私は何も頼んでいないのだが、まあ車を出しやすいように、そして私よりさらに年配の奥様の出入りがちゃんとできるように・・・その位の配慮はできるらしい。

雪掻き一つとっても、その人の考えや品格・人格というものは現れるのよね〜。

大きなお屋敷が減ってお若い方々のお家が増えたのだが、わざわざマンションのネットフェンス前に自分のお家側の雪を山と積み上げるのはいかがなものかとちょっと驚いたわ。
庭側を工事して車庫として利用しているのはこちら側の棟は三軒だけだけで、他は確かに人の出入りはないのだけど・・・。

☆避難しておいたクリスマスローズは無事。残りの物も上側にすっぽりかぶっていた雪をほとんど取り除いておいたから大丈夫だろう。

気温は低くてもOK。雪の重みでペシャンコにならなければ、そのまま蕾は成長を続ける。

☆室温は人間が調整して大きく変わらないから、ぐるちゃんは勿論元気。
雪にはちっとも興味はないけど、メジロやスズメ、ひよどり等もちゃんと姿を見せてくれたので、キャットタワーの上から熱心に観察は続けていた。



posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

真っ白

昨日の穏やかな冬晴れから一転、もう真っ白。

27021712_1035416279930092_5415241349736094874_o.jpg


朝早くから霙状。
午前中は全然平気だったけど、正午を過ぎるといよいよ本格的な雪になってしまった。

P1070042.jpg


これは私のオリーブ。
お家の中から見てこんな状態。

P1070036.jpg


で、同じマンションの別のお宅にある・・・これ赤松なの。
何やら信じられないような光景が広がった。

今はかなり小降りで日付が変わるころには雪は降りやんで、明日は晴れ&気温は6℃は上がるそうだが、兎に角ずっと降っているので雪掻きもままならずだった。

ウチはみんな早上がり。
バスには長蛇の人の列だったそうで、娘は駅から歩いて帰ってきたのだが、途中で冷たくってめげそうだったそうだ。

車には朝早くに息子がチェーンを巻いて。
凍っていないからちゃんと走れたけど、早上がり。

東京はこんなものね。
仕方がないと思う。
幹線道路はすぐに雪はなくなるだろうけど、一本内側に入れば・・・気温が低い間は延々と氷が残るだろう。

☆クリスマスローズは・・・
お花が咲き始めていた物は鉢ごとあまり雪があたらない場所に移動しておいたけど、出窓の下へ移動したものはどうなっているかしら?

明日は鉢に積もった雪だけでも退けてあげたい。


☆ぐるちゃんと私はあったかいお部屋でのんびり。
午前中はちょっと用足しに出かけたけど、後はもう籠りっぱなしだったわ。

お皿に雪を載せて見せてあげたけど、匂いを嗅いでみただけで、ぐるちゃんは興味を示さなかった。




posted by みいしゃ at 22:26| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

明日は雪?

気持のよい冬の日だった。

P_20180121_132202.jpg


整然と整っているわけではない私のお庭。
きっちりと整えられていないのが特徴かもしれない。

でも穏やかな冬の日にほっこりと・・・自分で楽しんでいる。

P_20180121_132355.jpg


先日のオリエンタリスの蕾が大分ほころんだ。

P_20180121_132518.jpg


まだ完全に開花したとは言えないけど、かなり無理な姿勢をしながら・・・お顔を覗いてみたの。

ネオン系のシングル咲き、細いピコ入り。

P_20180121_133345.jpg


これは今年のニューフェイス。
ゴールドで赤いフラッシュ入り。
野田園芸さんの育成花で、多分一番花。

P_20180121_133332.jpg


葉っぱにも赤い色付きだから、株がもっと充実したら、細いピコがこの子にも入るかも。

野田園芸さんはゴールド系のエキスパートで、一つのハウスが全部ゴールドで、売らずに残してあるお花たちを窓越しに眺めるとくらくらするほどよ。

私自身はゴールドの葉っぱが黄色くなるのは好きではないのだけど、こう云ったシンプルな美しさは流石だと思う。

直売所は特別綺麗でも何でもない温室だけど、車も三台は止められるし、チャンスがあれば是非一度生産現場をご覧になると良いと思う。
(クリスマスローズに関しては1000円〜5000円程度。)

・・・と、明日は雪かもしれないので、せっせとお庭に出て色々と作業を頑張ってみた。

東京に雪が降ると人間の無様な様子が延々とTVに映し出されて、いつもいつもうんざりする。
大体が東京なんてよそからやってきた人がいっぱい居て、なおかつ旅行者も多いのだし、無様な姿を披露しているのが全部が全部東京人ではない。

確かに雪が積もって右往左往しているのは見苦しいのだが、雪はたまにしか降らず、だから備えができていないであろうことは認めるけど。

ウチに関してはそれなりに雪をよけるお道具は持っているし、車のタイヤはノーマルのままでも、チェーンは車の納車より早く購入済み。
で、私は雪道は運転しないことにしている。
自分は兎も角、万が一他人を傷つけたらと思うと、年齢とともにとっさの判断も衰えつつあるだろうと、それはしっかりと自覚しているから。

明日の午後からは籠る予定で、本日のうちに買い物も済ませたし、午前中に図書館へ行って読む本を新しくして来よう。

☆この寒い時期に猫さんの不妊手術に奔走する人が多々あり。
本当は冬至も前に、つまり秋以降年が改まる前(だんだんお昼の時間が短くなる頃)が一番良い時期なのだが誰にでもそれぞれの事情もある。

捕獲には馴れた人でも、お外で猫さんを捕まえるのはそんなに簡単なことではない。
私などでも色々と算段をして、準備を十分してもうまくいかない場合もあるもん。

それでも諦めずに慎重に、またあるときは大胆に・・・頑張る事にしている。

東京は雪が降るかもしれないし、来週はかなりの低温になるそうだ。
頑張れ〜、今こそがチャンスなのだと信じて、思い悩むよりまず何とかやってみてね、と発破をかけたい。






posted by みいしゃ at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

大寒

大寒だそうで。
でも今日は割と穏やかでお日さまも出て、寒さに震えるような日ではなかった。
週明けには都心でも雪が降るかもしれないという予報が出ていて、季節的にはまさに冬本番なのだが、程々に体を動かして体調を整えていきたいと思う。

P1070032.jpg


眠そうなぐるちゃん。

良いのよ〜のんびりと生きていこうね。

ぐるちゃんは秋生まれのはずだから、ウチに来る前に幼いころに冬は経験しているはずなのだが、いったい全体どこでどうして暮していたのやら?
ちゃんと人馴れはしていたのに、目に難ありで避妊手術もせずに捨てていった人が居る。

猫さんを捨てる人は、その後その猫さんがどう生きていくのか?心配にはならないらしい。
まあ昨年は公園には猫さんを遺棄する人が居なかっただけでも、そういう人が減ったのだと思う。
仔猫が捨てられる事はまずなくなったし。

☆昨晩遊歩道で声をかけられた。
あのボロボロのほうの水玉ちゃんを何とかしたいと考えていらっしゃる方で、本当に久々にお外で暮らさざるを得ない身体に難ありの猫さんに愛情を示してくださる方に出会えた。

お仕事の帰り道に遊歩道をお通りになられるのだそうだが、水玉ちゃんは行動範囲が広く、年が明けてからしばらくは遊歩道でご飯を食べて居たのがこのところまた来ないの。

あの子に関しては疥癬が落ちついたという事はまた別のどなたかがお薬を与えてくださったのだろうし。

お話し合いをして、今後のお薬に関しては出会えたその方に一任とした。
早稲田通りの向こう側の方なの。
よくもまあ交通事故にも遭わずに・・・。

居付いているほうの水玉ちゃんはやはり行動範囲がとても広いけど、去勢済み&お耳カットありで首輪も付けてある。
首輪は鳥さんが逃げてくれるように鈴付き。
兄弟なのかどうなのか、白地にグレーの水玉模様は同じなのだが、性格は全く違って。
居付きのほうは公園で私にあってもスリ〜ン。

野良さんから生まれた猫さんでも、うまく心ある人間と出会えるかどうかで、その一生は全く違うものになってしまうのだと思う。

まあこれは純血種でも同じかも。
純血種の猫さんだってどんな人間に出会えるかでその一生は違ってくるわ。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

お洗濯日和?

是非お洗濯を、という天気予報だったのだが、曇りがちだったし風はほとんどなかったので、いっぱい済ませたお洗濯ものはすっきりとは乾かなかった。
東京の冬は乾燥しているので、雪国の人たちから見たら、いつもは羨ましいほどだろうなあと思うのだが、本日はとんと空振り。
まあこれは仕方がない。


で実は一昨日あたりから気分が落ち込んでしまっていたのだが、なんだかな〜と色々と動いてみたりした。
結局は立ち向かわずに逃げるが勝ちかも。

元々「我こそが」とぐいぐい自分が正しいのだとばかりに押してこられるのがやや苦手なのだが、まあご当人にしてみればそういう気持ちではなく、楽しく絡みたいだけなのだと理解はできている。
ただそれが度を超すと、残念ながら私は逃げるの。

・気分転換その1
綾戸智恵さんの声を聞いてきた。
あんなに小さな(背が低い)女性が・・・我が道を切り開いて生きているって、尊敬に値すると思う。

彼女のピアノと歌、そしてギターが一本(天野清継氏)。
とても音は素敵だった。

KiKiちゃんの相棒さんのギターもこんなのかしら〜?
ジャズである事は確かなはずなんだけど。

・気分転換その2
激安のお花屋さんで出会ったオリエンタリス。
980円。

P1070026.jpg


新聞紙でくるっと巻いてくれるので、そのまま持ち帰って鉢増しをした。

P1070028.jpg


なんだかずいぶんピンクっぽく写ったけど、渋可愛いセミダブル。
大事に育てよう。

さあて、今晩はぐっすり眠れるかしら〜?





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

シーちゃん

シーちゃんって猫さんが居た。
ずっとずっと前に動物病院に保護されていたやっと離乳ができた白猫さんを、私が知り合いに『飼って〜』と頼んでもらってもらった猫さん。

その子が静かに息を引き取ったと本日獣医さんに教えてもらった。
ほんのチビさんだったのだけど、なんと貰ってもらったのが25年前。
25歳まで生きていたの。

物静かでちょっとナイーブな♂猫さんで、14歳ごろ抜歯をしたら心停止で、『もう二度と麻酔をかけて手術はできない』なんてのを通り越して、年齢相当の腎不全や老齢ゆえのてんかん発作とか諸々を持ちながら、最期は本当に静かに眠るように・・・と。

ご商売をなさっているお宅で、お店とご自宅は離れていて、ただこのお宅は何かあったらすぐ獣医さんに相談して、なおかつ無理をしないでおおらかに見守っていてくださった。

どんなに素晴らしいと思われるフードを与えていてもどんなに大事にしていても、猫さんみんながこんな風な一生を送るわけではない。
私はただただシーちゃんあそこに貰われて良かったわね、と言うしかない。、

ウチでは「ぽあん」と呼んでいた流れて居付いた半長毛の三毛猫さんが26歳とか27歳とか言われていて、そのうちウチのお庭にしつらえたハウスで過ごしたのが10年余り。

最近は20歳を超す猫さんも珍しくはなくなったけど、短命長命にかかわらず、出来たら人間と一緒にお家の中で、のんびりと暮して行くのが猫さんの幸せではないかと、私はそう考えている。

☆ぐるちゃんは元気で、今日もよく食べた。






posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

久々の雨

午後静かに雨が降り出して、結構本格的に降り続いている。
気温は予報ほど上がらなかったけど、カラッカラに乾いていた東京には恵みの雨になったと思う。

もともと電気女で静電気に悩まされるのだが、今日は加湿器を付けずとも室内湿度が50%を超えていた。
あまり湿度が高いのはもちろん不快なのだが、50%を切ってくると、ちょっと動くと髪が頬に付きまといなんだか身体がバリバリと注意信号を出している感じで。
もちろん身につけている衣服にも因るのだが、今年は小さな加湿器を新調してまめに湿度を調節している。

リビングには植木も入れているし、キッチンスペースもあるし、エアコンだけでなくガスファンヒーターも使うのだから適度な湿度が保たれてもよいはずなのに、快適な環境を整えるにはそれなりの配慮が必要なのね。

P1070023.jpg


ぐるちゃんは丸。今日も午後はぐっすりとよく眠った。
で、目覚めると必ずトイレに行くので、夕方なら簡単に採尿できる事も判ったわ。
小匙一杯分くらいあれば検査ができるのだから、新しいビニール袋を用意しておいてそれを右手にはめてさっとお尻の下に手をかざせば、それでOK。

オシッコをしている途中でそんな風に私が動いても、ぐるちゃんは全く平気だった(笑)。

触診や採血は・・・動物病院ではぐるちゃんは固まっているので、そばに私が居れば(多分居なくても)何も問題はないはず。





posted by みいしゃ at 23:52| 東京 🌁| Comment(2) | ぐるこさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

うふっ

東京は最高気温が13℃。
冬でもこの位なら良いのにな〜と思った。

P_20180116_113019.jpg


レンテンローズ(オリエンタリス)、クリスマスローズ。

早春の花。
もうねえこういった姿をみるとワクワクするの。

冷たい空気・環境で着実に成長しているわけで、これは見習わねばと・・・。
やらねばならないことをぐずぐずとこなしているだけでなく、自ら動いていきたい。

P_20180116_184605.jpg


でもこの猫娘もいつもぐうたらで。
呼びかけに応えて必死で眠るまいとしているらしいけど、早くも春眠暁を覚えず、って感強し。

P1070022.jpg


キルトの下に娘の足があるとどこかにくっついてのんびり。
動きたいのに動けないと脚の代わりにデッカイ魚を仕込んだら、それを枕にぐうたらと転がっていた。

まさに「あはは〜」。
猫さんのいる生活は、居ないよりもずっと楽しい。




posted by みいしゃ at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

最低気温の予報が氷点下ではなかったけど、お庭に置いてあるお豆腐の入っていたプラケースには氷が張っていた。
吹きっさらしではなくちゃんと庭木でかなり囲まれていても今年は氷が張るらしい。
乾燥しているからか、公園ではあまり霜柱を踏みしめることはないのに、冷えていることは確からしい。

足元が不安定だから、氷なんて張らないほうがありがたい。

日中のひだまりは暖かくっても、お外で暮らしてる猫さんにはこの寒さは堪えているはずで。
新年は『特別』なのかどこかでお祝いのおすそわけをもらっていたのか、今に至るまでご飯処への出席率が落ちている。

『あなた寒くないの?』とダン君に訊くのだが、出入り自由の飼い猫さんが必ず私を待っているのってどうなんだろう?

とにかく一年365日、何があろうとも必ずご飯だけは何とかするから、それなりにしっかりと生きていってほしいと猫さんたちには言い聞かせている。

P1070021.jpg


ターツァイ。
ちょこっと癖のあるお野菜が好き。
冬だからこそ、いろんなお野菜をモリモリ食べている。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする