サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2018年04月01日

第3の男

前にも何度かちょこっと書いていたのだが、猫仲間のお家にはたくさん猫さんが溜まってしまうので、私がその一部の子たちを遊歩道で面倒を見ている。

白地にグレーの水玉模様の猫さんが三匹いて、同い年なのかあるいは少し年が違うのか?なんだかよく判らないけど、何らかの血縁状態であることは確か。
その中で二匹は去勢済み。

で、最後の一匹が私が出会ったころから身体の状態が悪くって。
お口の横側がいつも黒く汚れていて、なおかつフゴフゴと呼吸音が聞こえるので・・・いわゆる猫風邪の後遺症なのか???

とても行動範囲が広い猫さんで、早稲田通りの反対側で出会って驚いたり、ひどい疥癬でぼろぼろになっていたり。
一か所に居てくれないと手を出そうにもどうしようもなくって。

その第三の男がこの所戻ってきていて・・・なんだかお顔がまた変。
で、夕方でも明るくなってきているので、本日捕獲器で捕まえたの。

動物病院への運搬は明日にする予定だったのだが、獣医さんと連絡がついたので本日夜動物病院へ連れて行った。
勿論捕獲器のまま。だって触れない野良さんなんだもん。

お顔が歪んでいて・・・交通事故かあるいは人間が何かで叩いたか???
疥癬は治っていたし、ほかにもご飯をあげたりご飯にお薬を混ぜたりしている人間の存在は確かだけど、誰もそれ以上は手を出さないので、今回は友達と私がなんとかもう少し楽に生きていけないものか・・・を獣医さんに託してやってみることにしたの。

左目の上には大きく開いたであろう傷の跡が線になって残っているし、そのせいで引き連れがあって目がきちんと閉じられないし。顎はずれて固まっていて、舌も全部はしまいきれないみたいだった。

第一の男は去勢後どこかへ移動していて行方不明。
第二の男は去勢後居ついているので、鳥を捕まえてこないように首輪も装着済みで、この子は人慣れして私にもスリスリできる。

第三の男はどうなるのか?
何をどこまでどうしてあげるのが良いのか私にも判らず。
だから獣医さんに判断を仰いだ。

なんだかねえ・・・哀れで・・・・。

P1070208.jpg


クリスマスローズはせっせと花茎を切った。
今日は全部は切れなかったので、残りの作業は明日。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

ブルームーン

3月二度目の満月、ブルームーンと云うのだそうだ。
私にとっては呼び名などはどうでもよくって、ふうわりと丸いお月さまが綺麗。
毎度のことながら晴れてさえいれば満月は一晩中どこかに見えるはずなので、是非ともお空を見上げてお月さまを愛でてほしいと思う。

P1070206.jpg


ぐるちゃんはのんびり。
お腹がすけばドライフードをしっかり食べて。
あまりにも手がかからないので、これでいいのかしら?と少し心配になるほど。
食べすぎるのだけが気にかかるけど、まあこんなものかもしれない。

私は悲嘆の門(宮部みゆき)なんて読み始めたらすっかり寝そびれてしまい、本日は自分でもうんざりするほどグタグタで、いたく反省中。
宮部さんのものはもう止めようかと・・・。
長いし、途中の展開後の結末が性急だし、一度読めば繰り返し読みたいなどとは思えないし。

明日からもう少ししっかりせねばと思っている。






posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

日中の気温は高くそして風が強め。

って事で、桜は早くも散り始め。
これが綺麗〜、これならお掃除は苦じゃない。

ただクリスマスローズたちはちょっとキツイみたいなので、お水を調整してあげたの。
種はほとんど取らないから、そろそろ花茎は切ってしまわねば。

P1070201.jpg


ジューンベリーがもう満開。
鉢の場所を移動したので、ほぼ満員のなかでひそやかに咲いている。
あまり大きくしたくないので絶対に鉢増しはしないつもり。

奥側に赤い椿&前側に写っているのは室内から外へ移動したコーヒーの木の葉っぱ。
あんまりぎゅうぎゅうでジューンベリーには申し訳ないけど、そのうちどこかへお嫁に出してあげたい。

P1070204.jpg


ぐるちゃんは元気。
久々に新しいニップ棒を出してあげたら暫くは夢中でラリっていたわ(笑)。

ちゃんとキドニーキープを買い足しましたからね。
ぐるちゃんの主治医の所では、500g入りの小袋で1500円。
これをKDに混ぜてあげるととても喜んで食べるから、当面はこんな感じで行こうかと考えている。


☆明日が満月。
東京ではおぼろ月夜でなくって、綺麗な満月が望めるはず。





posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

急がないで〜

なんともう少しで夏日になるところだった。
ついこの間まで寒い寒いって言っていたのに、あまりの急激な気候の変化は驚きに値する。
明日は今日より8℃の気温低下が予想されているけど、今となってはその方がありがたいような・・・急がないで〜と思っている。

桜が終わってからのはずだったのに・・・

P_20180328_142251.jpg


木蓮が・・・

P_20180329_132140.jpg


そして花海棠が・・・。

これは私のお庭のものなの。
まあピンクピンクでしかも一斉で、くらくらしそう。
たいして広くはないマンションの専有庭なのに、私自身が負けそう・・・(笑)。
今年は特に。

だから焦らないで急がないでと願っている。

花海棠は中学の卒業記念樹。
申請すれば頂けたので、息子と娘の分が都合二本もあって。
こんなに丈夫で育つのなら娘の分は申請しなければ良かったかしら?と今更ながらちょっと後悔。
だから南側の後から植えた分はいっぱい剪定してこじんまりとお花が咲くようにしてある。

「卒業記念樹」なんて習慣は今も残っているのかしら?
鉢植えでも育てられるってのが謳い文句だったけど、昨今の住宅事情では鉢でも要らないっていう方が多いかも。お引っ越しもあるかもしれないし。

季節の移ろいが感じられて、お花も木々もなかなか良いものだと思うのだが、手間暇かかるものはすたれていくだろうな〜と思う。


☆ぐるちゃんは元気。
少しずつ被毛が抜け変わってきているので、週末には一度シャンプーをしてあげたい。

猫さんにシャンプーは必要ないと言われているけど、私は断然猫さんを洗う派。




posted by みいしゃ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

泰然自若

東京に限らず日本全国ぽっかぽかだったようで、北海道でも10℃以下の地域がほとんどなかったそうだ。
ただし最低気温はそれなりにばらつきがあって、南北に長い日本の特徴なのだと思う。

するべきことはいっぱいあるけどぼ〜っと眠くなってしまうので、久々に歩いてお散歩に出てみた。

P_20180328_141558.jpg


まあ「あたちミケ」ちゃん、あなたってこんなところでお昼寝しているの〜?
このお家のおじさんはすぐ横で家庭菜園のお手入れ中だし、お花見に来ている人が指差してあなたを見ているっていうのに・・・。

いやはやとても不思議な三毛ちゃんで。
アメリカへなんぞ移住しなくっても、自分で選んだ今の生活を大いに楽しむのが良いのだろう。

どう見ても根っからの野良さんではないような気がして、一緒にお散歩しているオジサンにもお話を聞いて、やっとわかった真実は・・・ずっとずっと前に元の飼い主さんが田舎から連れてきて、シーズーさんと一緒に暮らしていた三毛さんなのだとと言う事。

元の飼い主さんがちゃんと迎えにいらしても頑として帰らなかったそうで、「それなら宜しく」となったのだそうだ。
この元飼い主さんのことを私は知っている。そして「三毛猫」が居なくなったとも聞いていた。

それがなんと「あたちミケ」ちゃんだったの。

出入り自由であったのだとしても帰れるお家があったのに、なぜにどうしてお家を捨ててこっちへ流れてきたものやら?そしてそして、どうしてウチへ通ってくるようになったの?
(オジサンとチワワさんたちのお散歩道にウチがあって、ふと何かを感じたのかもしれない。)

まあどうでもいいけど、具合が悪くなったらその時こそウチへ素直に入って欲しい。
入ったら出さないけどね。

P_20180328_141428.jpg


一部の枝が枯れこんでみすぼらしくなっていた川の枝垂れ桜はいつの間にかやっと手入れがなされていて、伐採もあったらしくまあまあそれなりになっていた。

P_20180328_141047.jpg


染井吉野とはまた違って派手派手で美しい。

P_20180328_141329.jpg


目の前でこんな近くで愛でることができるのも「枝垂れ」桜であるから。


急激な気温の上昇と相まってお花もいっぱいすぎて・・・私はちょっとお腹いっぱい状態かも(笑)。






posted by みいしゃ at 23:10| 東京 ☀| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

驚いたこと

昨日はまだ30羽くらいは居たと思う。
それが今日はほとんと見当たらなかったキンクロハジロ
例年なら4月に入ってから帰るのに、今年は桜が早くって気温も高いからかあっという間に旅立ってしまった。

たいして大きくもないのに、公園で冬を過ごした子たちは何処まで帰るのかしらん?

昨年までは羽に異常があって夏もずっと残っていた子が一羽いて、いつも心配していた。
今年はぜひ皆が無事に帰れますように、と祈っていたい。

P_20180327_172544.jpg


そして、これは・・・なんと水仙。
蕾が膨らんで咲くのを楽しみにしていたのに、これは一体全体どうしたのかしら?
昨年までは可愛いラッパ水仙だったのよ。

マンションの入り口の小さな植え込みに庭師さんがサービスで植えていってくれたものなのだが、突然変異?それとも病気?

「こんな汚い水仙、初めて見たわ」、なんて言われている。

P_20180327_172708.jpg


すぐ横のクリスマスローズはちゃんとお花が咲いて新葉も伸びてくているのに・・・。
本当にこの水仙さんたちはどうしちゃったのかしら???

一つだけなら驚きしなかっただろうけど、お花が全部こんなタイプになってしまうとは、いやはや不思議だ。

さあこれは来年どうすべきか?
次回の庭師さんは5月の予定だから、その時にちゃんと訊いてみなくっちゃ・・・ね。

桜(染井吉野)は満開。
川の遊歩道の枝垂れ桜はこれからで、昨年同様お花の咲かない木が目立つけど、これからが見ごろになる。

昨年殺人事件のあった住宅の裏手の桜が綺麗だったのだが、今年の枝垂れはどうもあまり・・・お花は少ないみたい。
あそこは山桜の薄いピンクと枝垂れの濃いピンクが相まってとてもきれいだったのだが・・・。


☆ぐるちゃんは元気で変わりなし。
まだあまり毛は抜けていないのだが、ブラッシングは毎日の日課にしている。






posted by みいしゃ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

ウチの近所には桜の名所と云うものはない。
でも普通の町並みの中にちゃんと桜は存在していて、それはかなり年を経たものが多く、たとえたったの一本であっても素晴らしいの。

P_20180326_130702.jpg


街角に一本。根っこは角の普通の民家の敷地内。
私がその幹に抱きつこうとしてもとてもじゃないけど両手はつなげない。
誰かと二人なら手をつなげるのか?それでももう一人必要かしら?

IMG_20180326_182128_487.jpg


こんな札が巻いてあって。
生き物は代わって行って当たり前だから、指定日は代わって行くのかしら?

たくさんの人が出かけてお花を楽しむのも良いだろうけど、普通の生活の中で普通に目に入る桜はなお美しいように思う。


☆ロイヤルカナンのドライフードがいよいよ韓国での生産を始めるのだそうだ。
なぜに韓国なのか?
原材料も現地調達ということで、日本では大分反対運動があったはずなのだが・・・。

韓国の食に関してはあまりよく知らないから最初から恐れるのは間違っているのかもしれないけど、私は既にロイヤルカナンは与えていないの。

ロイヤルカナンのドライフードは一時期ブラジルで生産されたものもあった。
お船で運べば、ブラジルから日本へは航海日数が40日以上。
輸送経費だけでも大変だ〜なんて感じたこともあった。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

お散歩

暖かくって良いお天気で。
身体にはあちこちまだ痛みがあるけど、じっとしていることだけが回復に繋がるわけでもないので、ぶらりとお散歩に出たの、自転車で。

P_20180325_133459.jpg


桜は9分咲き。
これなんかはかなりの古木だろう。

P_20180325_133522.jpg


ね、幹のなんと立派なことかと思った。

これだけの巨体を支えている根っこは見えないけど、目に見える部分よりもっともっと素晴らしいのに違いない。

日本の春には桜が似合う。
海外から荷物などにくっついて日本に入ってきてしまったクビアカツヤカミキリムシと云うのが桜の木を枯らしてしまうそうなので、こんな虫を見つけたら捕殺してしかるべき公的な機関(土木事務所など)へ通報するしかないのだそうだ。

ウチのヒメリンゴの木が突然枯れたのも種類は違うかも知れないけどカミキリムシのせい。
切り倒した幹にはいっぱい穴が開いていた。
(ヒメリンゴは桜と同じバラ科)

P_20180325_125903.jpg


都立農芸高校の一角。
これはたったの一株。
きちんと不要な古葉が切ってあって美しかった。

ここは南側の道路に面しているので、夏にはカンカン照りだし、今年などは雪の下にも埋もれていただろう。

クリスマスローズって本来はかなり丈夫。
地植えにすればこんなもの。

ウチもお庭にスペースがとれれば地植えにしたいのだが、ないものねだりなので・・・なんとか鉢で管理していこう。


農芸高校のお馬さんたちも気持ちよさそうだった。





posted by みいしゃ at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

花曇り

花曇り。
お日さまはのんびりだったけど、これまた良しと思われた。

昨日の野良仕事の後遺症・・・手が痛い&足首も不穏なら首は痛いし上腕は筋肉痛で。
はあ〜今少し自重すべきだったかとは反省したけど、できることはなんとかでもやっておきたかたので、まずは良しとしたい。

ウチの方はまだ桜は満開とは言い難く。
大体が染井吉野の数が少ないし、最近は特に害虫の影響で、伐採も多いように思う。
染井吉野って日本にあるもの全体がクローンだそうで、これからは別の品種に代わっていかざるを得ないのだそうだ。

そして遊歩道の枝垂れ桜のように、枝が傷んでしまったものは・・・ある程度は切って姿を整えるべきだろうと思っている。
『桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿』なんて言われるけど時期を選んで枝ごと切って病気の蔓延を防ぐことは可能だそうよ。

P_20180324_132933.jpg


桜はいまいちでもこんなにパンパンにビオラが育って。
特別な名もないビオラだけど、これも春。

P1070200.jpg


ぐるちゃんは久々にねころん内で休息。
何も特別問題がない・・・のが良いな〜と思う。


☆お話のあったミケちゃんは、お話が壊れた。
確かに立派な暮らしはしていないけど、だからと言って不確かな移動は喜ばしいことではない。

ご連絡をくださった方はアメリカ在住で以前にミケコの生んだ猫さんを二匹アメリカへ連れて行って一緒に生活をしてくださったのだが、「あたちミケ」に関しては私自身もあの子の状態をしっかり把握しているわけではないし、なおかつもうシニアに差し掛かる年齢だし。

それと猫さんに対する思いには希望者だった方と私とでは大分違いがあるのがはっきりわかったことだし、私は「あたちミケ」ちゃんの生きていくための協力者でありたい。

私は元々「あたちミケ」ちゃんの移動には甚だ懐疑的であった。
まあそれでも「運命的な出会い」だなどとおっしゃるからいろいろと検討をしてみたのだが、そんなのウソでさっさと別の猫さんを探していらした。

日付などを含めて、話の内容に微妙に違和感を覚えていたら、さっさとお母様の方からのお話でばれましたよ〜(笑)。

猫さんを迎える余裕がおありなら、アメリカにはシェルターがちゃんとあって、ミケという毛色の猫さんも居るはずよ。
アメリカのシェルターに保護されているミケ猫さんを一匹お迎えになってあげたら良いのに・・・。





posted by みいしゃ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

ハーデンベルギア

苗を一つ植えたのが数年前。
伸びて伸びてお花が咲くとそれは美しかったのだが、寒さに耐えられず、今年は雪にも苦しめられて、株自体は生きているけどお花は咲かず。

仕方なく1m以下に切ってしまった。

P1070198.jpg


ハーデンベルギア

東京での地植えは難しいのかもしれない。

P1070197.jpg


鉢で行燈仕立てにして冬は何かを被せて軒下で管理が望ましいのだろう。

本日脚立を持ち出して物置の上にまで伸びて、でも茶色く枯れてしまっていた部分を切ったの。
ゴミは45Lの袋にほぼ一杯。

庭師さんには外壁を塗る前に下ろしてあげる・・・って言われていたのだが、枯れてしまっている部分は取り除いておこうかと。

結構くたびれたけど、少しはすっきりしたので良しとしよう。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする