サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2018年09月14日

涼しさ

多少の蒸し暑さはあっても、うだるような暑さはもう無く・・・暑さにへばっていた私等はずいぶんと楽になった。
それでも季節の変わり目で気温の低下がすぐに体調不良に結びついてしまっている人や猫さんのなんと多い事かとびっくりしている。

インフルエンザで学級閉鎖ってのもにわかには信じられないけど、インフルエンザに関してはそういうものらしい。
そしていわゆる猫風邪で苦しんでいる猫さんのなんと多い事か。

FVR(猫の鼻気管炎)に対するワクチンは三種混合に含まれているからと思っていても、ヘルペスウイルスは症状が完治して居るように見えても、神経細胞の奥深くに存在し続けて、隙あらば牙をむくものらしい。
カリシウイルスにも同時に感染する場合もあって、体力のない幼体にはとても辛いと思う。

保護した猫さんたちは大人猫さんを除いて全員が風邪っぴき。
保護が一日ずつ遅れたのだが、後で保護されたこの方が症状は重篤。
まああまり重篤と言う言葉は似つかわしくない程度だけど、今が肝心。あの青っ洟が落ち付いて後遺症を残さないように・・・獣医さんに治療をお願いしてあるの。

慢性化して普段から濁った鼻水(?)をくしゅんと飛ばし続ける事がないように、今からの経過に注意を払わねばならないだろう。

最初のもう移動済のキジ白ちゃんはもう投薬なし&茶白君はかなり回復。
そして最後に保護できた白黒は敷物の下にもぐってひたすら潜んでいる状態で、この子が要重点観察下。

ご飯をしっかり食べているとのことだから、飲み薬もご飯に仕込んでと言う事。
あ、それからインターフェロンを打ってもらったらしい。

P_20180914_115916.jpg


この子が「大人猫」さんだと私が思っていた子で、餌やりさんやご近所の方の話をまとめると、同じ親から一年早く生まれた猫さんみたいよ。
多分♀。

すっきりと美しいと思うけど、この子もまだ隠れっぱなしだと言う事だから・・・先は長いかもしれないけど、普通に人間のお家の中で一緒に生活できるようになって欲しいわ。

3kgあるかないかといった程度の小柄な子。


☆ぐるちゃんはとっても元気。
よく食べてよく眠って、何事もなし。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

一応完了

残っていた白黒の仔猫をやっと保護。
最後に使った捕獲器がスムーズに落ちなかったとのことなのだが、それでもなんとか浅めに引っかけて貰って。

結局本日は私が行かずに友達が捕獲&搬送。

私とて久々の捕獲だったのだが、友達はもっと久々で餌やりさんはすでにダウンして自宅待機。
猫さんは生き物だからとても神経を使うの。

捕獲器のまま動物病院に置いてきたと言うので、私が獣医さんに連絡を取ってみたのだが・・・。
結局全頭が風邪っぴきで身体の状態があまり良いとは言えないとの事。
「ごめんなさい、白黒の性別はまだ確認していません」って言われた。

みんな見るからにお痩せだったもん。
ご飯がぎりぎりだったせいだと思う。

台風だから行かない、頭が痛かったからごめんねにした・・・では例え健康な猫さんでもこうなってしまうのだと思う。
そういう意味では餌やりさんはいい加減。
他に気まぐれでご飯を与えていた人もいい加減。
自分の気持ちのむいた時だけ気まぐれでご飯を与えるのは止めて欲しい。

奥の大家さんの広大な敷地にはまだ別の猫さんが生息しているだろうと思うのだが、道路側へ出てくる猫さんをこれ以上増やさないためには安易な餌やりは止めてね。

ご飯を与えるのは悪い事ではない。お腹をすかせた猫さんは哀れだもんね。
でもそれは気まぐれではいけないのだし、避妊去勢手術をせずにご飯を与えていると、お腹をすかせるであろう猫さんを増やすお手伝いをしている事になるのを、しっかり理解して欲しい。

食べる事は生きる事であると思う。


二年前の今頃はKiKiちゃんを預かっていた。
希々ちゃんは別の友達の管理するご飯処へ一匹で現れた猫。
ご飯処にはメメちゃんと言う片目の猫さんだけのもので、ブロック塀を歩き、あるお宅の敷地内へ下り、そして猫ドアを通らないとご飯にあり付けない構造になっていた。

通りすがりの猫さんがちょっと失敬とご飯を食べられる所ではないのに、希々ちゃんはメメちゃんに認められて後をついて来てご飯処に行きついたのだろう。

メメちゃんは老齢で、あの子が居なくなったらご飯処は閉鎖の予定だったので、希々ちゃんを捨て置く訳にはいかず、みんなで協力して保護したの。

元々健康であったのだろうし保護するまではしっかりご飯は与えてあったので、捕獲時には獣医さんも驚くほど身体はしっかりしていた。
とってもビビリだったけど、そんなのは別に苦にならなかったわ。


でも今度は違う。

P1070518.jpg


ぐるちゃんには負担をかけない。



☆キジ白ちゃんは結局お迎えにいらした。
今年猫さんを見送られたそうで。

ご自分で沢山の猫さんの居る所へ猫を選びに行く勇気はない&ご縁があった猫さんをそのまま迎え入れたいとの事。
一頭飼いだし、他の猫さんには迷惑をかけないから、検査も何も要りませんとの事。

検査やワクチン等は、伯父さん?叔父さん?(=獣医さん)に全部任せますと。

こちらこそ、本当にありがとうございます。
どうぞ宜しくお願いします。







posted by みいしゃ at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

あと一匹

捕獲器は無事安全に使ってもらえて、まずは茶白♂を保護。

昨日寝しなにふと思い出したの。
そういえばどういう状況だったのか詳しくは思い出せないのだが、捕獲器で保護した仔猫さんが下半身不随になったと言う事をFBで読んだな〜と。

だから今朝一番でメールして、@捕獲器を仕掛けたまま現場を離れない事、A保護出来たら私が迎えに行くのですぐに連絡をお願いした。

迎えに行く際に別の捕獲器を積んで、捕まった茶白♂を受け取って、帰りに動物病院へ搬送。
病院に居る間にもう一匹捕まったと連絡があって、私とは入れ違いで友達がタクシー利用で動物病院へ猫さんを運んだ。

保護できたのは一匹だけ小柄ながらも大人猫さんだろうと思われるキジ白♀。

と言う事は残りはあと一匹、白黒♂。
(私はオスだと思ったけど、餌やりさんはメスだと言っているそうだから、私が間違っているのかもしれない。)

1536332203176 (1).jpg


何しろ私は今回初めて会った子だし、ごく近くで確認した訳ではなく。

先のキジ白ちゃんも今日の茶白君も、保護されてからまじまじと確認したら、みんな風邪っぴきだし、茶白君の傷跡はなにやら真菌がついているような皮膚状態だったし。

今回は猫さんたちの居る現場環境がリリースするにはあまりに心配な所なので、リリースはしないで譲渡を目指すつもりである。
虐められている訳ではないけど、みんなとても痩せているし。
ご飯を運んでいた餌やりさんは止めるのだそうだし。

頑張らねば・・・。
頑張りきれるのかちょっと心配だけど、見切り発車をしてしまった。







posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

失敗

本日午前中に「残りの猫さん三匹を動物病院へ連れていく」というお約束だった。

私は是非「捕獲器」でと提案したのだが、餌やりさんと私の友達がなんだか自信たっぷりだったの。
最初の一匹がタイミングを指示しただけですんなりキャリーに入れられたものだから・・・まあそう思っても仕方がないのだが、足元に擦り寄って来るようになっていても・・・お外暮らしの猫さんは怯えてとんでもない力を出して、ひっかくかも知れないし、噛みつく事もありうる。

結果として、一匹も保護できず、ご本人たちはひたすら草臥れて意気消沈。
それでもなお捕獲器の使用をためらっていらしたのだが、此処は強権を発動。

人間が怪我をしてしまえば元も子もないのだし。
途中で止めるなんて事のないように、私は手伝うから。






posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

バタバタと

バタバタと動いている。

動けば事実が見えてきて。
尚且つ事はちゃんと動きつつある。

P_20180908_112817.jpg


キジ白ちゃんはほぼ何もしていないのに、獣医さんのお友達の獣医さんのお身内に本日貰われていったの。
先方の獣医さんが「すべて検査等も済ませるから、そのままで良い」と・・・。

だから他の子たちも放っておけず順次保護の予定。

誰かにご飯は貰っているはずだから、少し周囲の聞き込みをしてみてねと友達に依頼したのだが、まあ気まぐれにお弁当の残りをあげていた・しかもアパートの中へ入れて・・・とか。
何処やらのお爺さんもキャットフードを買っていたとか。

猫好きなお年寄りの寂しさを紛らわす存在だったようなので、ちゃんと説明してあそこから居なくなるのを了承してもらった。

アパート二棟の後ろ側が大家さんだそうで、納屋がいくつもあって、土地はアパートを含めて700坪あるらしいから、絶対にまだまだ猫さんが居るはずだけど、アパート側に出没しているのは私が確認した猫さんたち4頭+白の入っていないチャトラ1頭らしい。

友達も私も何処かの団体さんに属している訳でないので、ちょっと、いえかなり大変なのだが、出来る事は頑張ろうと考えている。

本当は誰かがあと一歩踏み込んで猫さんが増える前になんとかすべきだったのだろうけど、出来ていなかったのだから、まあ仕方がないのかも。

P_20180909_233345.jpg


猫さんは人間の傍で、当然人間の居るお家の中で、のんびりと穏やかに過ごす事が幸せではないかしら???




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

現場

「なんとかならない?」と言われた現場。
まずは偵察だけの予定だったけど、餌やりさんも猫さんたちもなんとも哀れで、傍に寄ってきた猫さんを一匹だけ保護してしまった。

P_20180908_113258.jpg


手前のキジ白の子。
雌、生後4ヶ月ほど。
何も用意していなかったし、初対面の子をいきなり家に持ち込む事は出来ず、動物病院に預けたの。

体重は1800g、歯はまだ全部乳歯だった。

とりあえず体内外の駆虫(首元にスポットを付け、駆虫薬を投与)。

現場は具合の悪い餌やりさんの他にもっと無責任で気まぐれにご飯を地べたや石の上に置いて行く人が居そう。

街頭募金を兼ねてビラ配りをしていらしたNPO法人に相談して、当時怪我をしていた茶白くんを保護すべく法人さんが来てくださったそうだが、結局一匹も保護せずお帰りになったとか。

なんだかよく判らないけど、誰を責めても仕方がないので、せめて一匹だけでも・・・頑張る。

(残りは白黒♂、茶白♂、よく似ているけど兄弟ではない感じのキジ白♀の三匹。)






posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早く早く・・・

早くもっと秋っぽくならないのかな〜。
猛暑日ではないけどまだずっと蒸し暑さが続くと、ちょっと心が萎えてきそう。

北海道の地震では、人間のたくましさを感じつつも、安否の判らない方々を捜索している現場の映像が辛いし。

何が?と言う事はないけど、早く早くと思わざるを得ない。

P1070516.jpg


ぐるちゃんは見た事もなかった物を点検中。

「いけません。これは捨てるの!」

お隣のベランダから勝手に侵入していたゴーヤ(ゴーヤー?)の残骸。
これはまずいとお切りになったらしいけど、バラの枝にしがみ付いていた。




posted by みいしゃ at 00:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

地震

風台風の後は北海道での大地震。
日本は、地球は、どうなっているのかしら?

私自身は朝なんだかバタバタしていて、TVも見なければスマホも放りっぱなしで。
午前10時ごろになってパソコンを立ち上げて、初めて大きな地震が起こったことに気付いた。

私の年代の人はタブレットやスマホ等を普段の生活に取り入れている割合がまだまだ低いらしく、当然SNSを利用している人もそんなに多くない。
これがもう少し若い世代だったら、「無事です。心配しないでね。」なんて書いてあればそれでまずは安心できるのだが・・・。

大規模な停電が改善されるまでにはまだ少し時間がかかるそうだけど、なんとかうまく生活ができるようにと祈っていたい。

連絡の取れない方がいっぱいいらっしゃるようで、朝の3時過ぎと言うから・・・眠っている間に・・・とは、これは悲しいと思う。

まだ余震が続くかもしれないけど、今日よりは明日、明日よりは明後日と、事態は好転していきます様に!



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

なんとかならない?

東京は台風一過「風(ふう)」のお天気。
台風の進路から外れていたのに風台風はかなりの物で、被害はなかった訳ではない。

ウチに関して言えば、風音が少し煩かったのと、お玄関前が吹きだまりで葉っぱだらけだった事くらいで、まあ無事。
コーヒーの木の大きな鉢が傾いでいたけど、それも特に問題ではなかった。

外回りをお掃除したら汗がいっぱい出て、日差しは強くくらくらしそうだったけど、一枚上にちゃんと着たので、さらなる日焼けは防げたはずで。

関西方面はあちこち物凄い被害で・・・亡くなった方もいらっしゃることだし、なんと言えば良いのか、自然の猛威に人間とはなんと脆いものかと・・・。
ただ嘆いているだけではなく、何らかの自分が出来る事は見付けていきたい。

1536154829189.jpg


友達が画像を送ってきて。
今年の春生まれと言う事だから、4ヶ月くらいなのかしら?
この子の他にキジ白が二匹と、その前に生まれたらしいとても小柄な茶白が一匹居るのだそうだ。

ママ猫さんは何処かへ行ってもう居ないそうだけど、「なんとかならない?」と言われたの。

ご年配の餌やりさんに自分の方から声をかけてしまったらしいけど、私はいつも他人から言われた猫さんを丸抱えする事はしていない。
「◎に可哀そうな猫さんが居ますので助けてあげてください」と前にはよく言われたけど、協力は惜しまないけど「あなたはそういった猫さんたちに何をしてあげるの?私に頼るだけ?」と私は譲らない。

団体さんの預かりをしていた時は、ほんの一部の猫さんを除いて全部丸抱えだった。
そういう風にしたのは若いボラさんの助けになりたかったのだし、そういう事が出来たから。

協力はするけど、無責任な餌やりさんの(哀れだからと言う理由で)生まれてしまった猫さんを引き取ることは出来ない。

猫さんたちはとても痩せているそうだけど、それはご飯も足りていないのかもしれないし、何か病気を持っているのかもしれないし。
お外に置きっぱなしで何が太らない要因なのか?今ここで私が判断できない。
(雨が降ったり、昨日の様なお天気の時にはご飯を運んではいらっしゃらないのだとか。)

冷たいのかもしれないけど、訳のわからない猫さんを一挙に4匹も私が引き取ることはできないから、何らかのお手伝いのみにしようと考えている。

傍まで出てくる猫さんたちだそうだけど、まずは餌やりさんが自分で保護してせめて体内外の駆虫を済ませて・・・。
等と考えてみても・・・なさる気はないだろうし。

ウチの近所は本当にお外猫さんの手術がすすんで、もう仔猫は出て来ない。
「これは平和になったのでしょうか?」と獣医さんとも話していたのだが、まだまだお外猫さんはこんな状況らしい。

(この猫さんたちは練馬区。でも杉並区と接している地域。)

自分が出来ない事は他人だってとても努力しないと出来ない・・・のだと言う事をご理解願いたい。








posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

台風21号の被害

関西都市部の被害が酷い。
TVのニュースより素早くtwitterで画像や動画があがっていて。
皆さんスマホで撮っていらっしゃるようで、情報の拡散と言う面では撮ってすぐにSNSにアップらしい。

関空が孤立!停電で薄暗い中、ガス漏れの点検が終わらない限り、移動は不可なのだそうだ。

今度の台風は風台風。
車が風で煽られて、おもちゃの様にひっくり返ってしまうのね。

明日になれば被害ももっと明らかになるのだろうけど、被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。
そしてこれからの台風の進路にあたる場所の方々、どうぞご注意ください。

東京は八王子の方でかなりの雨だったそうだが、此処杉並は朝のみ雨が降って、後は夕方まではまずまずだった。

どうやって通院しようかと迷っていたけど、結局自分で運転していったの。
これで正解だったみたい。
道路状況はいつもと変わらず、むしろ空いていたし。

病院はほとんどが予約診療なのだが、結構遠くからもいらっしゃる方も多い。
そういった方々がかなり本日は診療をキャンセルなさったそうだ。
そうよね〜、転んだら大変だし、交通機関の状況は読めなかったのだから・・・。

お蔭さまで採血等は待ちなしで二つの科を回っても二時間半強で終わったの。
気になっていた肝機能も特別悪化はなく、これから涼しくなればもっと動く事を約束して、消化器内科はお終いになった。
夕食は食べすぎない事がポイントとか。

なかなか難しいけど、気を付けていかねば・・・。

P_20180904_224754.jpg


強風のせいで、公園には銀杏が落ちていた。
拾ったのは少しだけ。
食べると美味しいけど、沢山は要らない。

P_20180904_224851.jpg


そしてぐるちゃんは銀杏には興味はない。







posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする