2018年12月08日

シクラメン

やっとちょっとは冬らしい気温になってきたのかと思う。
この位ならまあ・・・最低気温はまだ高いし、お日様さえ顔を出せばそれなりに最高気温も上がるし。

これでやっとシクラメンや他の冬のお花の出番だと思う。

IMG_20181207_222012909.jpg


南側のお向かいの奥様から頂いたシクラメン。
ええっと私は特別何もしていないのでなんだか恐縮してしまうのだが・・・多分ホースが外れないとか雪かきが、とか言うほんのちょっとした(息子の)お手伝いとすぐに連絡が付いて、とか言うご自分の安心に、すぐ目の前に居る人間に対するお心遣いなのだろう。

シクラメンは暖房のない明るい場所が置き場所としてふさわしいのだが、ウチのお玄関は暗すぎるので、リビングに置くことにした。
ちょっと暖かすぎるけど・・・。

シクラメンの後ろ側に映っているのがフィカス・ウンベラータ。
春に大きくなりすぎたのをもう枯れるのを覚悟してぶった切ったら、ちゃんと残した幹から新たに枝が出て成長している。
これは室内のみだから、ほぼ人工の明かりのみでもこうして葉を展開して成長している。

ゴムの木の仲間だけど寒さにも意外と強くって、ちょっとした軒下でもあれば東京より南ならお外でも生きていけるので、来春までには切ってしまった残りを発根させて鉢上げした物をなんとしてでもどなたかに貰ってもらわねばならない。

もうねえ、ウチをこれ以上ジャングル化する訳にはいかないんだもん(笑)。

雪の便りがあちこちから届いた。
寝雪になるには少し早いと思うけど、雪国はこれからがまた雪対策で大変だろうと思う。

東京は今年は暖冬で雪は多分多くないはずだろうと思っているけど、雪かきにも耐えられるように・・・元気で過ごしていきたい。






posted by みいしゃ at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

眠い

相変わらず暖かいせいか眠くって・・・。
で、眠れどもそう体調が良い訳ではなく。
但し眠りを欲している時はそれに逆らわないのが私のモットーなので、少し頑張って動いては見てもすぐに休んでしまう。

おかしいな〜と思えども、今暫し、身体の命じる所に従って、ぐうたらとしていこうかと思っている。

IMG_20181203_093332518_HDR.jpg


ジュリア。
このバラは秋の方が絶対に美しいと思う。

花付も多い訳ではないけど、今の時期(今年はかなり遅いけど)静かに咲いている姿はとても素敵。

IMG_20181203_093400837.jpg


大人色と言おうかニュアンスカラ―で、人の好みは分かれるところだろうけど、こういう色もどうかしら?

IMG_20181202_114933750.jpg



なにしろぐるちゃんは脳天気で私同様ぐうたらなもので・・・。

IMG_20181203_204105428.jpg


余計に大人っぽいバラに心惹かれるのかもしれない。

ぐるちゃんも可愛いし、大人色のバラも好き。





posted by みいしゃ at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

クリスマスローズ

今日も暖かで、お庭に下りてクリスマスローズの花芽の様子を点検していたら・・・

IMG_20181128_134401581.jpg


なんと色つきの蕾を発見してしまった。

この株は昨年お山に上がっていたから開花が早いのだと説明を受けて、それを承知で買った野田園芸さんの物なのだが、ええっと私は勿論今年はお山にあげてはいないのだし、これは狂い咲きなのかしら?

自分で付けたラベルにはSSネオン系なんて書いているけど・・・、ちょっと迷った後まわりの葉を切って咲かせてみる事にした。

確かにネットや一部のお花屋さんではすでに開花株が販売されているけど、クリスマスローズはレンテンローズ・早春の花なのに・・・。
お花は自然に合わせて開花しようとしているのだろうけど、やはり季節は違えないで欲しいものだと思った。

来年のクリスマスローズ展(池袋・サンシャイン)は例年通り2月に開催が決まっているけど、このままの季節の進み具合では、大丈夫???

(今販売されているクリスマスローズは人間がその環境を変えて人工的に無理やり咲かせている物だから、購入は控えた方が良いと思う。)

IMG_20181128_015623930.jpg


ぐるちゃ〜ん、落っこちそうですよ〜。

この角度だとますますおデブに見えるし。
実際にも確かに肥満猫。

腎臓食ってカロリーが高い。
ぐるちゃんには本当に腎臓食が必要なのか?今度また血液検査をしなくっては・・・。



posted by みいしゃ at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

寒くなって・・・

季節通りの天候になった。
お日様は気持ちが良いけど、ひんやり感が気持ちが良い。

でも体力を消耗した後なので、動くのは少しずつ、無理をすることなくやっていきたい。

IMG_20181124_231950568.jpg


室内に取り込んだ沖縄スズメウリの実。
こっちは取り込みが遅かったので、まだグリーンのまま。

小さいけどスイカっぽくって可愛い。

IMG_20181124_231909994.jpg


左側の物が赤く色づいた。
南方の物だけど、赤が素敵だから、クリスマスリースに添えても可愛い。

今年は暑かったから実もしっかりついたの。

で、左側のテラコッタに植え込んだのが数珠珊瑚。
室温が高いので、冬でも新葉が展開しだして=根がちゃんと伸び始めているはず。

探して探してやっと譲ってもらった物なので、大事に見守っていきたい。

IMG_20181124_232005841.jpg


アンスリウムも冬の室内で元気いっぱい。

お外での楽しみとはまた別で、こっちも好き。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

ブルーライン

もう一つ、秋バラ、ブルーライン。

IMG_20181120_170846297.jpg


ブルー系のバラの先駆けだったバラで、もうたぶんカタログからも外れているのではないかしら?
確かにブルーと言うほどブルーではないし。
でも大きなお花を咲かせ、香りもあって、とても丈夫。

IMG_20181120_170811462.jpg


今年は私の夏剪定が遅れたのと切り方が甘かったせいで、今頃になってしっかりと咲いている。
いつまでも暖かかったおかげでお花はきちんと充実して葉っぱも綺麗なまま今に至る。

一輪を切って室内へ持ち込んだのだが、巨大すぎて狭いリビングには不釣り合いだと思っている。
でもまあ暫くだからこれで良いのかも。

line_1542680199039.jpg


東京はまだこんな感じで緑がいっぱい。
あたち三毛ちゃんはお日様を浴びて気持ちよさそうだった。

此処はマンション入り口の植え込み。
長居はしないけど・・・猫さんを嫌いな人も居るから・・・。

何処かのお家の飼い猫さんになって欲しいのだけど、三毛ちゃん自身が人間を選ぶし。
小型のワンコさんとは馴染むけど、猫さんは好きではない。

「ある」とならとは思えども、それこそ実現は不可能。

寒くなるから、兎に角いっぱい食べて元気で過ごしていって欲しい。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

気温低下

動いていると快適だけど、じっとしているとちょっと寒いと感じるようになった。
この間までと室温の差は3℃ほどで、3℃でこんなに感じ方が違うのかとちょっと驚いたけど、今年も確実に冬になりつつあるらしい。

IMG_20181114_135623054.jpg


消えてしまったと思っていたクリスマスローズは葉っぱが一枚復活した。
でもこれではお花は望めないだろう。

敗因は多分夏の間の多湿。
あまりにも暑かったから・・・お水をあげすぎてしまったせいだろうと思う。

でもこのまま一枚でも葉っぱはきちんと育って行けば、今シーズンは無理でも来年にはまたお花が見られるかもしれない。
ラベルはでは野田園芸さんのSSゴールドなので、復活を願って、ちゃんと見ていこう。

IMG_20181116_123406303_HDR.jpg


初雪かずらの種莢(さや)はいまだにあまり変わりなし。
左側の大きな種莢にはぎっちりと種が入っているはず。
右側のはかなり小さいけど、こんな莢の中身はどうなっているのか?興味津々。

莢の色が変わってきたら収穫しよう(誰かが盗っていかなければ・・・)。

IMG_20181116_173908556.jpg


ぐるちゃんは元気。
カバーを洗ってちょっとソファに載せておいたら、すぐに占領されてしまった。

それはもう仕舞うのよ。
毛を付けないでくださいね。






posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

10℃

成程、最低気温が10℃を下回ってくると・・・いやあ〜冬になりつつあるのだと思う。

日中は暖かだけど、朝起きると空気が冷たい。
勿論まだ凍えるような寒さではないけど、ちゃんとソックスを履かなくっちゃ&首周りをむき出しにするのは止めようと自衛を試み始めたわ。

落ち葉が舞って冬の音を感じだす時に咲く花は・・・

IMG_20181115_125901930_HDR.jpg


葉っぱの真ん中に白い筋が入っているのが特徴的で、名前が「一筋アマリリス」または「シロスジアマリリス」。
つまり原種のアマリリスで秋咲き。
あでやかな色彩が失われていく今の時期に、こう云った派手さはあっても良しだと思う。

下井草に地主さんがいらして、其処は大きな土地持ちで一応農地となっているらしく、細々と生産品を売りに出される。

これは其処で数年前に買った物。
球根だから毎年ちゃんとお花が咲くし、勝手に分球していく。
最初は花茎は一本でいつの間にか今年は二本になった。

車の後ろ、エアコンの室外機の上に置きっぱなしで植え替えもしていないのに、丈夫なものなんだな〜と思っている。

IMG_20181115_223849325.jpg


ぐるちゃんは籠にみっちり。
この籠には「みしゃこ」と「ちゃあ」が二匹で一緒に入っていたのに、ぐるちゃんだと一匹でしか入れない。

う〜ん、いまさら縮まないわよね〜???


☆冬鳥が一気に増えた。
やはり北の方に雪が降って寒くならないと、こっちには飛来しないって事らしい。



posted by みいしゃ at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

コーヒーの実

IMG_20181113_105326024 (1).jpg


今年もコーヒーが実を付けていた。
たったの4粒だけど・・・。

IMG_20181113_105300863.jpg


室内へ入れてから二週間余り。
室内の環境に馴れたし、黄変したり傷んだりした葉っぱをすべて取り除いたら、実を見付けたの。

夏は暑すぎて水やりもうまくいかず、葉っぱが垂れるほど乾燥してからあわてて水遣りをしたし、台風の時は鉢ごと倒して置いたりして。
その前に大きくなりすぎていたからぶっつりと切ったりもしたし。

それなのに、なんとまあ丈夫なものなのだろうかと心から驚いた。

この実は赤く充実するのを待って、先日オークションで数珠珊瑚を譲ってくださった方へプレゼントする予定。
苗なら何処ででも安価で手に入るけど、蒔けば発芽する生きている実=種は面白いのでは?と勝手に申し出てご了承頂いたの。

同年代の方だろうと勝手に想像していたら、私よりずっとお若かったので・・・大丈夫、私の年になられる前に、コーヒーならきっと実を付けるほど大きくなるから。

IMG_20181113_131415504_HDR.jpg


本日の鴨は6羽。
夕方には2羽しか確認できなかったから、何処かへご飯を食べに言っているのかもしれない。

遅れているけど、北海道に雪が降るようになると、金黒羽白も飛来するのでは?と期待している。




posted by みいしゃ at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

立冬

立冬だけど日本全国ぽかぽかで。
今年は暖かいのだろう。

IMG_20181107_112404338.jpg


ホトトギス(青龍)がまだ咲き誇っている。
そばかすだらけで美しいとは言い難いのかもせれないけど、秋の趣は十分に感じられる。

IMG_20181107_112222998.jpg


で、『ジングルベル』。

IMG_20181107_112235034.jpg


これはバラにしがみ付いて育っているのだが、名前の通りにもっと寒くなってから咲いて欲しかった。
例年ならもっと花は遅く開いて、葉っぱもお花もないバラの枝に美しく楚々と透き通るような花を添えるのに・・・。

公園のお池には鴨は少しは飛んでくるけど、金黒羽白は全く姿を見せず。
ひょっとしたら台風が金黒羽白たちの飛来地を変更せしめたのかもしれない。

大きな黒い鯉たちも飢えていて。
小規模な池のカイボリもどきが今までの自然状況を大きく変えてしまったのも原因の一つかもしれないし。

自然はいつも同じではない。

私は冬鳥に関してはほとんど知識はないのだが、毎年たくさんやって来ていた冬鳥たちは、やはり今年も来て欲しいな〜と願っている。






posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

お庭

少しずつ点検整備中。

夏の暑さが厳しすぎたせいもあるのだけど、何故にどうして?とがっかりの状態のクリスマスローズの鉢があって。
それでも諦めきれずにしっかり灌水して見守っていた野田園芸さんのゴールドがか細くだが生きているらしい。

IMG_20181103_134244302.jpg


真中辺りにぽちっと新しいグリーンをやっと見つけて、鉢の際に少しだけ施肥したの。

たぶんお花は咲かないだろうから、せめて葉っぱだけでも展開していって欲しい。

古い株だったもので上部が何もなくなってしまったものは、たぶん復活しないだろうけど、今暫し鉢の土を掘り返さないようにして様子を見ていこう。

IMG_20181103_134135547.jpg


千両の実が大分赤みを増した。

・梅もどきは先日の工事でかなり傷んだけど、木そのものは無事。
・チェッカーベリーは台風の時に鉢をひっくり返してしまったけど半分は生き残って。
・南天はパラパラとしか実は付いておらず。
・クリスマスホーリーの実はまだ赤くなっておらず。

赤い実が好きだけど、千両とクリスマスホーリー以外はなかなか実を楽しむのは難しいわ。

先日ジュズサンゴの苗をオークションで落札したので、今度は室内で楽しめる赤い実を育てていきたい。

IMG_20181103_143408334.jpg


で、そろそろ花開きそうな一筋アマリリス。
お庭の物はまだまったく変化がないのに、車の後ろ、軒下で土を乾かし気味にしてあったものが美しく育っている。

来年はお庭の物もこっちへ移しておこう。

相変わらず一度に根を詰めて作業はできないけど、ゆっくりと少しずつ確実にやっていきたい。

IMG_20181103_134405025.jpg


ぐるちゃん、お節介な見守り御苦労さま。





posted by みいしゃ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

暖かかった

日中は気温が上がり・・・やはり程々に暖かい方が楽に動ける。
今の内に
残りの夏物を片付けて、寒い冬に備えていきたい。

P_20181027_162501.jpg


お庭へ出てふと見上げたら、クレマチスが咲いていた。
これは冬咲きとされている物だけど、そういえば先日お花屋さんでは行燈仕立てで満開の物が販売されていたわ。

透けるように薄い美しい花びらで、名前が『ジングルベル』。
そう、もっと寒い時期に咲いてこその美しさだと思うのだが・・・。

P_20181027_162551.jpg


そしてビオラ。
今シーズンは植えまいと思っていたのだが、あちこち(ブログでも)で皆さん可愛いパンジーやビオラを植え込んでいらっしゃるので、つい一鉢だけと植え込んでみた。

割と渋め。
これだけにしようと・・・。

もう根気がないと言おうか、楽な様に楽に、としか考えられないから。

P1070577.jpg


ぐるちゃんは元気。
さっそくコーヒーの木の枝をちょいちょい。

齧りもしないし、こんな感じ。
『鈍いわね〜』なんて言われているけど、それで良いと思う。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

すっきりしない日

お天気は曇り時々小雨。
なんだかね〜どっちなの?とすっきりしない日だった。

お天気がこうなら気分もそうで。
自分の気持ちがすっきりしないのはお天気のせいにしてはいけないのだけど、まあこんな日もあるわと開き直らねばならないのだろう。

猫さんのご飯が足りなくなりそうで、やっとホームセンターへ行ってきた。
此処もペットコーナーが改装になってからずいぶん中途半端な品ぞろえになって、あんな形で療法食をずらりと並べて良いの?となんだか不思議なの。

「獣医さんに相談の上・・・」とは書いてあるけど、獣医さんはお名前を貸しているだけで。
ネットを通じて買うのも一緒だけど、お値段は定価とほとんど変わらず。
誰でも自己判断で療法食を買って与えるのは危険だと思う。

たぶん獣医さんから療法食を勧められた方がお買いになるのだろうけど、ほんの数十円の差なら、私は獣医さんに相談して獣医さんから買うべきだと思う。
これこれとパッケージを見て安易に購入して実のところは間違っていたってこともあるのだし、猫さんにはその子に必要なものを選んで欲しい。

ホームセンターでは私がお外猫さんにあげたい物がそろわなかったので、あと少しは阿佐ヶ谷(ペットの○)まで行かねば・・・。

P1070551.jpg


本日の嬉しかったもの。
レモンの木。

昨年Aさんに貰ったレモンから種をとって蒔いたら、芽が二つ出て只今成長中。

でも色々と調べてみたら、普通に出回っているレモンの木は発芽から3年は経っていて、しかも接ぎ木をしたりして丈夫に育っているのだそうだ。
それを鉢なりお庭へ植えてもレモンの収穫はそれからまだ時間がかかるわけで、もうねえ私にはじっくりと待つ時間は無いのだと思われるので、これならどうかしらと考えたの。

レモン21というラベルが付いていて、来年にはレモンがなるかもと言う謳い文句に引かれた。

でもレモンは葉が25枚になってやっと実が1個だそうだから、そんなにうまくいくはずはないと思いつつ、1個でもウチのお庭またはベランダでレモンのなるのを見てみたいと思ったの。

P1070552.jpg


3号ポットで、ぐるちゃんと比べるとこんなサイズ。
来年花が咲いて実がなるなんて・・・事は無いと思うけど、ちゃんと鉢に植えてみようと考えている。

☆大人猫のキジ白さんが貰われそう。
でも私の知っている人で、う〜むと悩み中。

避妊手術は完了。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

根っこ

郷里への移動はすでに終わっているのかしら?
ほとんど出かけていないので街中の様子は判らないけど、人の移動のある時は都内の道路が混んでいないのが良い所かも。

ウチは何処への移動しないし、娘なんて暦どうりの仕事だし。
私は少しはお庭へでもでて身体を動かしていきたい。

P1070473.jpg


フィカスウンベラータはただ単に水道水に突っ込んであっただけなのに、もじゃもじゃと根が出ていた。
育て方の指南書などでは取り木をするようにと書いてあるのだが、私は鋏でちょん切っただけ。

季節が合えばこれで良いのだろうと思う。

P1070474.jpg


何も栄養分を与えてもいないのに、しかも室内に置きっぱなしでもちゃんと葉っぱも展開して。

P1070476.jpg


幹だけだった状態からは根が出て葉が展開した。

七月九日の状態からみると驚きの成長ぶりだと思う。

増やすつもりはなかったのに・・・ここまで育った命は捨てられないから・・・鉢上げしようかと考えている。

30センチほどに切ってしまった本体もすでに復活しつつあるので、ちゃんと鉢上げしたら、どなたか貰ってください。
真冬は外では無理かと思うけど、室内では弱光にも耐え、虫も付かずいたって簡単に成長するので、手間いらずなの。




posted by みいしゃ at 23:31| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

当たり前

東京はわずかに猛暑日ではなかったけど、暑さはもはや日常となってしまった。
でもまあまあ身体も順応し始めているようなので、さらなる暑さがやってくるそうだがなんとかうまく凌いでいけるだろうと思っている。

蚊でさえ35℃を超えると動きが鈍くなるそうだが・・・。
確かに日中でなければお庭へ出れないという事はそうなのかもしれない。
夕方の水撒きの時はいっぱい、とっても蚊だらけ。
お庭にお水が溜まる所は無いのだが、道路には排水溝があるので、あそこが原因だろうけど、勝手にスミチオンとかまたはクレゾールなんかをまいても良いのかしら???

P_20180720_170817.jpg


一枚の葉っぱが30cm強もあるカラー。
たぶんオランダカイウのはずなのだが、昨年はお花(苞)が上がらなかった。
冬には寒さで葉っぱが蕩けたけど、今年はやっと変化あり。

P_20180720_170752.jpg


今日気付いた赤ちゃん苞。
もう少し肥料をあげた方がよいのかもしれないけど、真夏に過度の肥料はご法度ね。

ちゃんと真っ白になるのかどうか?乞うご期待を。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

おねだり

寝つきが悪かったので、結果としてサッカーの試合を見てしまったし、なおさらに本を読んで。
眠ったのか眠らなかったのか判らないまま起きて、頑張ってハーモニーを伐採した。

此処まで大きく切ったのは何時かしら?
何しろもう10年以上ウチにいるので、私の記憶もあいまい。

P1070409.jpg


まだ十分に鑑賞に耐えうるとは思ったけど、これから先の10年なんて・・・私自身がどうなっているかも判らないので、今年は宣言通り「伐採」。
たくさん咲かなくても良いので、場所は確保してあげたい。

普通の花鋏では無理なので、梃子の原理を利用した大きな鋏と鋸を持ち出した。

外側・道路側を切っていたら、車が一台止まって、名乗りもせずに「切った枝はどうなさるのですか?」と訊かれた。
車にはなにやらデイケアセンターの名前が書いてあったけど、一線を退かれた男性の第二のお仕事(施設を利用なさる方々の送迎)なのだろう。

詳しいことは省くけど、要するに「挿し木をしてみたい、ウチには紫陽花がないから」と云う事だった。

もう面倒で大きな枝ごとお渡しして、「こう切って挿し木枝を作ります」と説明だけはしておいた。
アナベルなんかと違って、ハーモニーは挿し木をするにはやや難易度が高いのだけど、道路の真ん中に車を止めっぱなしで傍迷惑よね。

おねだりはもう少しスマートに、と、私は少し不愉快だった。
(でもまあ今年は泥棒さんが出なかっただけましなんだけど。)


P1070410.jpg


例えば「てまりてまり」。
これなら小型だし、挿し木は容易。
アナベルなんて土に挿しておけばほぼ全部が発根する。

伐採作業は二時間余りかかって、いったん終了。
後もう少し、紫陽花の手入れは続く。
次回は人の通らない時間にこっそりとやろうかしら???





posted by みいしゃ at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

太陽

ほんのちょっとだけどお日様に会えて、なんだか久々でとても嬉しかった。

明日からはどんよりとした曇り空&雨=梅雨まっ盛りらしいのだが、それはそれ、穏やかに出来ることを頑張って過ごしていきたい。

P1070385.jpg


柏葉紫陽花スノーフレイク。
あちこちでいっぱい咲いているけど、アップにも耐えて美しいと思う。

P1070386.jpg


そしておなじみのアナベル。
これが私の一番好きな紫陽花かもしれない。

さあ明日からはまた新しい一週間が始まる。
梅雨だと言っても気分までどんよりすることなく、ほどほどに頑張っていきましょう。




posted by みいしゃ at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

涼しい

夕方には雨はあがったのだが、涼しいと言おうかなんだか肌寒いほどのお天気だった。
私は今期はまだ数えるほどしか半袖を着ていなくって、本日も長袖のブラウスに一時カーディガンを羽織っていた。

ぐるちゃんもなんとなく肌寒かったのか、しょちゅうお膝に登ってきたし。
猫さんも敏感に気温の変化を感じているようだ。

P1070379.jpg


ヤマボウシ。
白いお花の後にはこうやって実が付いて、この実は徐々に大きくなってオレンジ色に熟す。
そうなったら食べられるのだそうだけど・・・私はちょっと舐めた程度。
オレンジ色の実は可愛いけど、食べ物ではないと思う。

昨日あまりに混んでいる所を高枝切り鋏で切って。
木(ぼく)だから水揚げは難しいのかと思っていたけど、普通に(十文字に)水切りをすれば、見事に水揚げはできた。

P1070377.jpg


ぐるちゃんは「これなあに?」と一応簡単にチェックしたけど、後は知らんぷり。

だから鶴首の一輪挿しに入れてお玄関に置いたの。

でもまあお花に興味のある子も居るので、原則として室内には誤食をしそうな植物は置かない方が正解かも。

ただ不思議なのはお外で暮らしている子にはほとんど植物による中毒を見かけない。
球根植物、特にムスカリなんかは猫には絶対にダメなのだそうだが・・・。




posted by みいしゃ at 23:37| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

変化

6月としては例年より暑いのだそうだけど、本日は然程暑くもなく湿度もまあまあ。
明日はもう少しお日様が出るそうなので、今の内に出来ることをそれなりにやっていきたい。

紫陽花の色が変わりつつあって、変化がまた美しいと思う。

P_20180613_170703.jpg


大きい・・・でしょう?

P_20180613_170435.jpg


ハーモニーはこの後茶色く変化していくので、今月中に大きく剪定してしまおうと考えている。

たくさん咲いて見事なのだが、お花が重くって、裏側を麻紐で結わえてあるのだが、それもといてすっきりしたい。

P_20180613_170454.jpg


今年のこの光景は、泥棒さんが出なかったから余計にその姿を保てたわけで。
これから大きく剪定してしまえば来年はこんなにお花は付かないと思うから・・・私自身が今暫し・・・この姿を楽しみたい。

泥棒さんは今年は体調不良なのかしら?
お一人ではなかったはずだろうしと不思議なのだが、本来は自然に普通に咲いていて当たり前。
何があったのかは判らないけど、こういう状態が続いて欲しいと思っている。

私のハーモニーは30cmほどの苗木を買って、二年ほど鉢で管理した後地植えにしたもので、かれこれ15年ほど前だった。





posted by みいしゃ at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

暑さ

昨日も今日も暑さ負け。
どうなってんの〜と自分でうんざりだけど、このくらいで負けていては夏は越せないのよと自分に叱咤激励。

P1070368.jpg


オタフク。
丸っこくって可愛い。

P_20180609_230543 (1).jpg


スマホで撮ると青が強く出て。
実物は糖度中間の色。

毎年剪定はしていてもどんどん大きくなってしまい、それはそれで美しいのだが、狭いお庭の中では圧迫感が強すぎて。
今年は決心して一度小さく刈り込んでしまう事にした。

日本の紫陽花は日本の気候によく合っているので挿し木で増やすのも簡単だし。
すでに挿し木枝は根付いているから、今年こそが思いきりの年だと決めたの。

明日は終日雨で気温も下がるそうだから・・・
体力温存、ぐるちゃんとまったりしよう。





posted by みいしゃ at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

カンナ

銅葉のカンナを買った。

ブラックティー(バラ)が枯れてしまって、あの鉢に何かを植えたくって・・・思いついたのが銅葉のカンナだったの。
ネットで探したらすぐに見つかったけど、苗のお値段の割には送料がもったいなくって。
近所で探してみたけど見つけられなかったけど、今日はホームセンターで見つけた。

ただし銅葉ではあるけど花色の明記はなく、一つの籠(トレー)に名無しさんの混載だったの。
欲しかったのは赤いお花の咲くブロンズスカーレットだったけど、銅葉は銅葉だからまあ良いわと背丈が20cm弱の苗を二つ。
なんだか少しひ弱で、その分お値段も安く(298円+税)かったけど、これから大きく育つのを期待。

でもねブラクティーが枯れてしまったのは大手毬などが大きくなりすぎて・・・日照不足&一緒に植えこんだクレマチスに負けたのかもと考えるとあそこのあの鉢に植えたってカンナのお花は咲かないかもしれない。
だってカンナって真夏のお日さまが大好きなんだもん。

P1070366.jpg


う〜ん、ぐるちゃんどう思う?って訊いてみたけど、おもちゃにチョイチョイしていて、勿論お返事はなし。


軽いプラ鉢に植えて道路側かしら?
マーガレットを移動してあそこにしようかしら?

花芽が上がるまでなるべく日当たりのよい場所でそだててから、ブラクティーの後へ鉢ごと移動するのがベストかもしれない。

それにしてもお花の咲く「」はよくよく成長後のサイズを見極めないと、お日様を好む他の植物が育てられなくなってしまうわ。

年末の剪定時に、庭師さんと相談しなくっちゃ。
(庭師さんはどちらになるのか???それも未定。)







posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする