サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2016年01月24日

お庭

クリスマスホーリーの赤い実は見事に食べつくされて、千両もこの寒さで鳥さんたち(おもにヒヨドリ)の食餌になったようよ。

P1050405.jpg


此処二日ほどであっという間。
私は全く構わないから、冬のご飯の足しにしてね。

ヒヨドリは結構大きいし、キーキー鳴いて行動が派手だから・・・ぐるちゃんは興味津々ながら、結局は怖くって窓越しにびくびくしながら観察する。
TVには全く反応しないけど、本物は違うらしい(笑)。

絶対に捕まえられないから・・・せいぜい観察して楽しんでね。


☆ぐるちゃんは自分から抱っこをせがむ事はなかったのだが、今年になって方針を換えたようだ。
勝手に椅子に座っている私の膝に飛び乗ってくるようになった。
一匹になったからの変化なのかどうか?
ウチに来て三年半。

猫さんは置かれた環境によって変わるのだな〜と思う。
でっかくって重いけど、まあ許す。

猫さんと暮らさんと欲する方々、トライアルが許されるのなら、じっくりと猫さんの様子を観察して、人間が猫さんの気持ちをくんで努力してあげることも大事よ。
こんな風になって欲しいと願っても思い通りにはならない事もあるけど、信頼関係は必ず築き上げられるはずだから。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

ひえひえ

東京は良いお天気。
でも冷え冷えの日本列島は東京でも同じで、これで冬なのね。

ユーフォルビアダイモンドフロストは、寒さに負ける。
今年は暖冬で、例年なら外では年内には枯れてしまうの。

でも今冬は頑張っていて。

P1050401.jpg


小さな物を一鉢、コーヒーの木の鉢に置いておいたら、日照不足だからお花は咲かないけど、緑は奇麗なまま。
もう一つは車庫のところに置きっぱなしだったのだが・・・
うまくいけば春まで持つかな〜と、本日上の部分を刈り込んで鉢ごとプチプチで覆って、軒下に入れてみた。
実験実験。

コップに挿しておいた物は根っこがいっぱい出ているから、来年の分はしっかり確保できているのだけど、寒さにどの程度耐えうるものかしら?

☆あっちもこっちも、どいつもこいつも・・・。
あはは、言ってみたかったの。

自分を過信することなかれ。
もちろん私も含めてよ。

posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

小寒

寒の入りだそうで、暦通りうすら寒い一日となったが、それでも例年より気温は高いのだそうだ。

ふう〜んやっとなの、と今日は日中もヒーターを付けて。
薄い割烹着を一枚追加した。
見かけは良く働く人の様だけど、実際はぐうたらよ。
ただ薄くとも一枚布を纏うとは、暖かいものだと思う。

P1050370.jpg


クレマチス・アンスンエンシス
前はジングルベルと並んでウインターベルと称されていたけど、ジングルベルほど儚げな趣はないわ。

P1050372.jpg


中国は雲南省の標高2000m付近に自生しているそうだが、いたって壮健で、東京でもこの通り。
ウチでは一株がどんどん成長して、二階のベランダまで届いて葉っぱもお花もわっさわっさ。

お花の何処から蜜を吸うのだろう?と不思議なのだが、お花が開きだしてから鳥さんがいっぱい来ている。
スズメやメジロなんかは喜んで何やらウニャウニャ言いながら見ていたけど、ヒヨドリは大きいのでバサバサが怖いらしく、ぐるちゃんはすっ飛んで逃げる。

いまさら野良生活は絶対に無理ね〜(笑)。




posted by みいしゃ at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

さてさて

暮れはずっとキッチンに立ち通し、明けてからは食べ通し。
お節は主婦がお正月の間に手抜きができるように日持ちがする物を作り置くものだそうだけど、毎年それがきつくなる。
特別お正月に招くお客さまもないので、徐々に手抜きが進む様な気がしている。

ぐうたら主婦のいい加減なお正月がやっと終わる・・・と言うのが正直なところである。

それにしても連日暖かくって、気分転換にお庭に下りたりして。
人ごみに出かけたいとは思わないし、お正月だから何かを買い求めるわけでもなく、ひたすら本を読んで駅伝を見て。

この冬が本当に暖かいので、これは嬉しい。

P1050362.jpg


自然状態下で、クリスマスローズのお花が咲いた。
背が低くってチンチクリン。
でもお山へ上げたわけでもなく、加温したわけでもなく。

今冬の気候がそうさせているのだろう。

P1050364.jpg


ラベルでは白のピコ。茎が赤い。

P1050365.jpg


これはグリーンの物なのだが、これから伸びてくるであろう花茎がなんと7本もある。

ずいぶん長い事クリスマスローズを育てているけど、こんな時期にこんな成長を見るのは初めてなの。

東京では雪が降るとしたらこれからなのだが、例えそんなことになろうとも、負けずにしっかりと一年に一度の花を咲かせて欲しい。
以前はテラコッタの鉢を使っていたのだが、季節によって鉢を移動するのにその重さにが堪えて・・・最近はこのスリット鉢にどんどん代えつつある。

クリスマスローズ等に私が使っているのはこれ。


さあ明日から平常通りの生活に戻り、毎日を大切に生きていこうと考えている。




posted by みいしゃ at 22:58| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

アンスリウム

出窓のアンスリウムは、気温が低いからかゆっくりと時間をかけて、真っ赤な苞が開いた。

P1050347.jpg


ちょっと徒長気味で、首だけが長くって・・・。
娘なんて気持ちが悪いと思っているかも。

いいの、クリスマスカラーだもん。

今日は素敵な冬の日で、お日様いっぱいで気持ちが良くって、お洗濯ものはしっかり乾いたし、ぐるちゃんものんびりとぽかぽかだっただろう。

明日は休日なのね〜?
一人の方が自分のペースで動けるから私はありがたいんだけど、まあ天皇誕生日と言うお目出度い日だから、適当に動こう。
お誕生日を祝う事が出来るってことが、多分幸せなのだろうと思うから。


posted by みいしゃ at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

18℃ぽかぽか

昨晩夜中も暖かくって。
ぐるちゃんはお布団の中ではなく上。
とても重くって、寝返りが打ちにくくって、もぞもぞと我慢していたら足が攣りそうになった。

最近は足が攣るなんてのはうんと頻度が減っていたのだが、その時々の体調に因るのだろう。
私はいきなりお薬やサプリで調節を図っていくのはあまり好きではないので、あくまで食べ物で=バランス良く食べていくことが大事だと思っている。

本日の日中もぽかぽかで。
お庭へ出てクリスマスローズの見回りをしていたら・・・何方かが南側で屈んでカメラを向けていらした。
何か変わったものがあったかしら?と不思議だったのだが、『オルレア』だったわ。
例年なら5月に咲くはずの物が、今年は一本狂い咲きで、今も長持ちしてお花が5輪。
背丈は低くって可愛いの。

お花は来年だけど、小さな鉢に発芽した苗があったのでお持ち帰りしてもらった。
種はいっぱいできるけど、もし失敗しちゃったらご遠慮なくお声をかけてくださいねと言ったら、ちゃんと名前を名乗ってくださって。
昔のお殿様の様なご苗字だったわ(笑)。

私のお庭は良く言えばナチュラル。
要するにある意味雑然としているけど、愛でてくださる方が居るのはとても嬉しい。

P1050342.jpg


これはカランコエ。
秋に短日処理が必要だけど、冬に室内で次々とお花を咲かせるので・・・可愛いと思う。
小さくって、お値段もプチ。
色幅は多岐にわたる。




posted by みいしゃ at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

シンビジュウム

P1050336.jpg


山梨県産で、イージーブリージーと言うのだそうだ。
シンビジュウムもいろんなものが増えたな〜と思う。

これはお向かいの奥様へ。
お仏壇わきにでも置いていただきたくって・・・。

へんてこりんな出来あい(すでに形を作ってある)針金付きのリボンが好きではないので、鉢のままラッピングなしで抱きかかえてきた。

若いころはシンビジュウムも夢中になって育てた事もあるのだが、株わけが大変でいつの間にかやめてしまった。
もう育てることはないと思う。

お花は長持ちするし、鼻につく香りはないので、室内で愛でるには美しい・・・かも。

いやあぁそれにしても台風並みの嵐だった。
お昼近くになって食料品の買い出しに出かけたのだが、パイロン(って言うのかしら?)が坂道の途中・道路の真ん中までずれていた。
個人のお宅の駐車場のところに立てていらしたのだと思うけど、あれは危険だから道路の端っこに寄せておいたけど・・・あんなものでも移動するのね〜と、かなり強い風だった事は確か。

葉っぱがいっぱい!
ちょうど南側道路のお掃除当番だから、明日はちゃんとお掃除しよう。

気温は20℃を越えていたそうだが、あまり暑い冬は要らないわよね〜?
明日にはもうこんな気温では二だろうから、風邪をひかないように、皆々様気をつけましょうね。




posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

切ったわ

こんな時期にこんな手入れをした事がないのだが、早めに植えたパンジーやらビオラやらを切った。
施肥もして復活を願って。

P1050313.jpg


シックでしょう?
このビオラは売っていた時にすでに徒長してしまっていたのだが、この花色に魅せられて連れ帰ったの。
可愛らしくはないのかもしれないけど、私向きだと思ったので。

P1050309.jpg


で、鉢をどかして、右足左足とアクロバティックにぎくしゃくえっちらおっちら、ちょっと間違ったんじゃないの〜?と思われるクリスマスローズのそばまで行った。

P1050308.jpg


ラベルがほぼ消えかけていたけど、『パーティドレス系?エンジダブル』と読めた。
私が付けておいたのだが、一年経つとプラスティック製の物に油性ペンで書いたのは字が薄れて・・・。

花芽がまだ確認できないものがほとんどなのに、この子は何かを勘違いしたのだろう。
切ってしまうには惜しいので、この花茎はそのまま残しておくことにした。

で、バッタ!

P1050312.jpg


切ってしまったパンジーやビオラを暫くでもコップなどに入れて楽しもうかとお水を使っていたら、目の前にバッタさんが居たの。
私が知らずにお庭から連れてきてしまったのだろうけど、最低気温が10℃を下回っても、バッタさんは生きているのね。

家の中でこの子飼う術を知らないので・・・捕まえてまたお庭に戻した。

人間には出来る事とそうではない事がある。
囲い込み予定の猫さんたちは、囲い込み予定らしいけど、どうなってしまうのか?
私が知っている捕獲できた猫さんたちは動物病院で人間を見ればうなりっぱなしとの事。
そりゃそうよね、一分一秒が恐怖の連続でしかないだろう。

☆嬉しいお知らせが一つ
倒れてしまわれたおじいちゃまが無事退院なさった。
メインクーンさんは、そのままよそのおばあちゃまのところで落ち着いているので、おじいちゃまのところへは戻らず新しい生活をしていくのだそうだ。
年齢が7歳とはっきりしたので、まあ当面は穏やかな生活が続くだろう。
良かった良かった。

☆とてもショックだった事
小さめの三毛ちゃんがウチの前の道路を走っていた。
誰かが餌付けをして・・・飼い主の居ないいわゆる野良さんが増えつつある。
今年はこれで4匹目。
ぽあん・カブ・ミミ・ミケコにコミケ・ココ・ブッチャちゃんとウチの一角だけでも全頭不妊手術をして一頭も増やさずお寺さんへ出すまで可愛がって。それには20年かかった。
もうこれからの20年は私にはない。




posted by みいしゃ at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

切り戻しと摘心

もう11月が終わるけど、今年はパンジーとビオラが伸びすぎた。
原因の一つは気温が高く推移して、雨が多くってやや日照不足だった事ではないかと思う。
私は早めに植えこんだもので、ふりふり系のパンジーが背丈ばかり高くなってお花は小さくみすぼらしくしてしまった。

これでは春になる前に嫌になってしまうから・・・
切り戻そうと考え中。

で、ネットで探したらちゃんとこんなのがあって、動画まで付いている。
早めに手を入れよう。
頑張るから復活してねと願って。
一か月はお花が咲かないらしいけど、その間じっと我慢らしい。

今日は休養日とばかりに、お庭作業は見回りだけでほとんど何もしなかったのだが、一鉢クリスマスローズのお花が咲きそうに花茎をのばしていた。
もちろん本来の色や姿で咲くわけではないから、これも驚きだわ。

生産者の方のようにそんなにたくさんの鉢を管理しているわけではないのに、素人の持っているものでもこんな事があるのね〜?

あの鉢の近くに行くにはこれとあの鉢を移動して、アクロバティックな動きが要求されるから(笑)、うん明日なら出来るかもしれない。

P1050305.jpg


ぐるちゃんはウニョ〜ンと伸びて寝ている。
ぐるちゃんが幸せなら、私も幸せよ。



posted by みいしゃ at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

お花

朝からせっせと働いて・・・お洗濯ものはいっぱい乾いた。
東京の冬はこれだから助かる。
乾燥してパリパリになるのだが、今日本列島で降っている重い湿った雪よりは、ずっと御しやすいと思っている。

P1050294.jpg


手前の茶色いプランターに種蒔きをした矢車菊(クラシックファタジック)を移したのだが、ひょろひょろでヘロヘロで。
こんなんでお花が咲くのだろうか疑問だわ。
種が小さいから・・・こんなものかもと思うけど、もしお花が咲いて次回があるのなら・・・最初からプランターや地面に直播でなければ、私には無理かも。

腰が痛〜い。

P1050295.jpg


ぶっつりと切られたモンタナ系のクレマチスは、ちゃんと生きているのが確認できた。
此処まで太く成長していると、根もしっかりと張っているのだろう。

P1050298.jpg


ニューフェイスの一筋アマリリス
杉並って東京でも田舎で・・・土地持ちさんがいっぱいいらして、宅地ではなくって生産緑地としてお持ちで。(その方が税金が・・・らしい。)
そんなお宅で庭先に出していらしたのを一鉢買い求めたもの。

P1050301.jpg


名前の由来は葉っぱに入る白い筋とのこと。
蕾だったのだが、開いてみたらちょっと怖かった。
ただ寒くなる時期的には、色が映えるかしら?

P1050302.jpg


クリスマスホーリーの実がだんだん赤さを増しつつあって。
冬がどんどん・・・。


☆囲い込み予定の猫さんたちは・・・
私は猫と暮らす場合は、『死ぬまでお傍に置いてほしい』とお願いしている。
人それぞれにいろいろな生活形態があるのだから、どうせよとは言わないけど、途中で猫さんの信頼を裏切るのだけは止めて欲しいの。

だから今回の騒動では、今まで4人も協力して守ってきた猫さん三匹を『もう止めた、ご勝手に、知らない』と恐ろしいような捨て台詞を吐いて逃げて行ってしまうのか?が信じられない。
そんな程度の愛情だったのだろうと想像するしかないのだが、人間同士が優しさや思いやりを忘れていがみあうのは間違っているな〜と考えている。

それと、『地域猫』とはなんぞや???
猫を嫌う人が一人でも出てくれば、其処に居付いていた猫さんは其処でご飯を貰えず、餌やりはののしられた揚句仲間割れをして、結果猫さんたちは諸悪の根源のように言われて・・・。

あ〜〜〜頭が痛い。
良策なしにけんかの仲裁には入れないし。




posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

オルレア

オルレアは毎年種をまいて育てているのだが、こぼれ種からもちゃんと発芽している。
スペースの関係で毎年数を減らしつつあるのだが・・・。

秋〜冬に発芽して、5月には見事に開花する。
夏の暑さには耐えきれないようで、種をつけて枯れてしまうので、一年草扱いなの。

P1050275.jpg


これは今日の写真。
いったいどうしたのかしら?と心配になるほど、背は低いもののちゃんとお花が咲いているじゃない!
驚いたわ。
確かに今日は最高気温が20℃以上で、とても11月中旬の気温ではなかったけど、ちょっと気味が悪いと思ったほど。

まあお花にはお花の事情があったのだろうから、季節外れのプレゼントだと思う事にしよう。


☆すっかりすたれたトリコロール。
「アプリなんか」とか「らしい」という言葉で他人の行為を批判していらした方が私のお友達にもいらしたので、万が一迷惑をおかけしたら申し訳ないから、お二人をお友達から削除した。
私がFBにアップしているのはブログ更新情報だけで、ブログは一般公開をしているのだから別に支障はないだろうし。




posted by みいしゃ at 23:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

・・・

出かけて・・・思いのほか時間がかかってしまい、お庭は口頭でお願いしただけで点検ができなかった。

でもいいの、大まかな所さえ押さえてあれば、後は少しずつ好きなように時間をかけてやっていけば良いから。

だいぶん気温が下がったけど、室内に避難すべきは、後はユーホルビアだけかしら?
今年は小さな鉢のままコーヒーの木の鉢の上に置いて管理してみよう。

P1050261.jpg


沖縄スズメウリは発芽させるのも定植も何度も失敗したので、青いまま庭師さんに取ってもらった。

昨年の三分の一以下だけど、これを楽しみに待ってくださっている方もいらっしゃるので、葉っぱをとってきれいにしようと考えている。

これは、心此処にあらずの結果。
外で木にしがみついて赤く色づく実をまっていらした方、ごめんなさいね。

お花よりも実よりも、「ある」の方が大事だった。



posted by みいしゃ at 23:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

エケベリア

お花屋さんからメルマガが来て、「オランダからエケベリアが入荷した」とのこと。
12cmもあるというので、まあ目の保養にと見に行ったの。

多分お水のあげすぎなのだろうと思うけど、私は多肉と言われるものの栽培が下手くそで、アロエでさえも枯らしてしまう。
ハオルチアだってダメにしたし、黒帽子も育てられなかった。

で、オランダからのものというものは実に美しく大型で素敵だったのだが、なんと頭だけ!
根は無しで、箱の中にずらりと並んでいたわ。
検疫の関係なのだろうけど、まあとても衝撃だった。

お値段は980円+税だから、買えないわけではないけど、いったいこれをどうしたらいいのかと・・・。
店員さんに訊いても、切り花として入ってきているとしか返事がないの。
このまま萎れるまで器に入れておけばよいのか?それとも土を入れた鉢の上に置いておけばいいの?等と迷って、結局怖くって買うのはやめにした。

だから買ったのは、パンジーの苗をほんの少しだけ。
うちのお庭ではヤマボウシなどが落葉してからではないと背の低いお花の類はとてもじゃないけどお日様が足りないし。
少しずつ落葉の前の紅葉が始まっているから、まずはそれを楽しもう。

P1050233.jpg


これ、ぐるちゃん。
私の膝掛けの下にわざわざ潜り込んだ。
いろんなベッドがいっぱいあるのに・・・変な子だわね〜(笑)。




posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

コーヒーの木

P1050211.jpg


コーヒーの木を中に入れた。
気温が10℃くらいまでならお外で平気なのだが、クリスマスローズのための場所の確保をしたかったので、これをお庭から移動したの。

鉢が14号位で、移動を考えて軽い土で仕立てたから・・・お庭はずるずると鉢ごと引きずって、お部屋にあげる時だけ一瞬うんとこしょと頑張る。
鉢の下にはキャスター付きの受け皿なので、お部屋での移動は簡単よ。

右側のこんもりした方が、ぶっつりと切って再生した木で、左側がひょろりと伸びているから、来年は程々に切ってしまうかも。
で、切ると新しい枝&葉を伸ばすために栄養をとられるので、お花は咲かず従って実もならずなのだが、インテリアグリーンとしては葉っぱが艶々と美しいので、お勧め。

P1050213.jpg


お庭の整理のついでに物置からぐるちゃん用の冬籠り用品を出した。
籠に毛布をと思っていたのだが、これもあったので、まずはこれから。
ペッタンコに広がるタイプで、ぐるちゃんがウチで初めて冬を過ごした時は、広げた状態で「ある」と一緒に使っていた。
(2012年〜2013年の冬には「ある」「ぐる」が一緒に使っている→右サイドバーから探せる。)

「ある」は跨いで入るタイプの物はすぐにオシッコを引っかけたので、縁のあるベッドは彼にはいたって不向きだった。

ねころんも出したのだが、ぐるちゃんは興味無し。
みしゃこやちゃあはとっても好きだったのに・・・。
猫さんの好みも色々である。




posted by みいしゃ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

バラが・・・

防水工事が終わったので、お庭の中と道路のお掃除をした。
草と称されたクレマチスは切っても良いOKとしていたのだが、なんと鉢植えのバラが根元からバッサリと切ってあった。

とってもショック!
鉢に植えてあったのだし、クレマチスの様に絡みついていた訳でもないのに・・・。

切ってしまったクレマチスの枝は持ち帰ってくれたのだが、多分間違えてバラも切ってしまったのね。
失敗は失敗で、だったら一言謝罪をしてから帰ってくれたらよかったのにな〜。
(知識が無くって・・・切っても根が残っていれば簡単に復活するものだと、つまり綺麗に切ってあげたと言う位の認識かもしれない。)

シークレットパフュームは香りが良くって、ウチへ来てから4年は経っていて大株に育っていたので、とても残念だわ。
根元から切られているので、残念ながらもう復活しないと思う。

バラはもう止めよ、と言うお告げなのかもしれないけど、よい職人(工事人〉さんと言うのは、専門外の事にも気配りができる人の事だと思う。



posted by みいしゃ at 23:18| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

やれやれ

頭痛止まらず。
大した事は無いのだけど、なんとなくボ〜っとした感じで何もしたくないので、ぐるちゃんを抱いてゴロゴロしていた。

でも折角この間種蒔きの準備をしたので、矢車菊(矢車草)の種蒔きだけでもと頑張ってみたのだが・・・。

FYG140.jpgygurumagiku.jpg


この画像はタキイさんからお借りしたもの。

キヨミさんのブログで育てていらしたのを見て、種を買い求めた。
他の矢車草の種と同じ様なのだが、今の私にはちょっと無理だったかも。

種まきトレー土を入れてピンセットで一粒ずつ・・・なんて思ったのだが、風が吹けば手元が狂うし、きちんと種が掴めなくってこぼすし。

80粒と言う事だったけど、地面に落としてしまったものは何処へ行ったか判らずで、これはもう無理だと理解して、程々の鉢に種をばら撒いて少し土をかぶせて、種まき完了としてしまった。

10日〜二週間で発芽と言う事だが、果たして発芽して本葉が展開するのは、その内いくつなのかしら?

紙コップに土を入れて、室内でちんまりじっくりとやれば良かったなぁ、と反省。
と言うか、オルレアとか朝顔とか、ある程度種が大きくなければ、私にはもう無理なのだと実感した。

種をまいて育てて、お花を楽しみ、また種を収穫して・・・と言う、日本の四季に合わせて、秋に種をまけば春に、春に種をまけば秋にお花が楽しめると言うものは、壮健でこぼれ種で勝手にそのサイクルを繰り返すのではない限り、もう目も根気も続かないんだわ。

二週間後あたりに、どんな報告が出来るものやら?
どうもall or nothing (いちかばちか)の様な気がして・・・いる。

直播でもOKと言うものだそうだから、そういった情報に期待しておこう。




posted by みいしゃ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

頭痛

火曜日には友達に誘われてランチへ出かけて、昨日は野良仕事。
そして今日はなんだか草臥れて頭痛がして不快。
風は強めなれど、秋らしく青い空で爽やかだったのに。

若いころの元気印のみいしゃは何処へ行ったのか?と思うのだが、あまり無理のきかない身体になったようだ。
テニスをしてムク(柴)といっぱいお散歩をしていたのが嘘みたい・・・。

まあ仕方がないので、自分の限界をきちんと知っておくのがよかろうと思う。

P1050185.jpg


ブラックティー(バラ)の上に何か葉っぱが落ちてきたのだと思ったけど・・・

P1050186.jpg


よ〜く見たら・・・なんとバッタさんだったわ。
ええっと、殿様バッタさん???

あまり農薬を使わないので、こんな感じでウチのお庭は虫さんの遊び場になっているらしい。

頭の尖がったショウリョウバッタさんも結構いるし。
少なくなったとは言え、蝉の抜け殻もいくつか見つけたし。

コマルハナバチやカミキリ虫にはめったにお目にかからなくなったけど、昆虫が楽しく飛んでいる自然は愛でたままで・・・お庭の手入れをしたいものだと考えている。




posted by みいしゃ at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

この間やっとこさ鉢の土を掻きだして袋に入れて・・・その後雨が降ったのにビニール袋の口を閉じておくのを忘れたの。
お陰で乾かそうと目論んでいた土がまたベタベタ。
土の再生は大変だわ。

でもなんとかしなくてはいけないから、頑張ろうかとお庭へ下りたら、相変わらず蚊が凄いの。
特にこの辺り。

P1050167.jpg


これはユーバトリウム’チョコレート’

P1050164.jpg


私の腕もカメラも大した事が無いから、銅葉が綺麗に写っていないけど・・・茎が銅色だってわかるかしら?

何年も前にホームセンターの園芸売り場で枯れそうでひしゃげていたのを確か100円で買ったのだが、ひょいとバラ鉢に植えこんだら、毎年今頃に白い小さなお花をいっぱい付ける。
放っておくとうんと背が高くなるので、春〜3回くらい刈り込んで、こう言う状態になるの。

勿論一株。
宿根草で毎年こうなるって、とっても丈夫なのだと思う。

でも何で蚊がぶんぶん飛んでいるのかしら?とググってみたら、こんなの見つけた。

yurierion2さん
2006/6/2910:04:33
蚊の通常の餌は蜜や植物の汁だが、
メスは卵を発達させるために
必要なタンパク質を得るために吸血するそうです。
蚊の種類にもよりますが、ほとんどが吸血するタイプです。
あとオスは吸血するような口の構造をしていないので
吸血するのはメスのみ。
(Yahoo!知恵袋の回答)

へえ〜そうなんだ。

私は勿論長袖長ズボンだったのだが、蚊には刺されない方がよかろうと思って、土など云々は止めてしまった。
今年はちっともニュースにはなっていないけど、デング熱って今年も何処かで誰かが発症したのかしら?

ウチの庭には蚊がいっぱい。
バッタもカマキリも、他にも何の幼虫だか判らない芋虫も。
ガーデニングって、あまり健康には良くないのかもしれない。

でも好きなのだから、気を付けて・・・やっていこうかしら・・・ね。


☆シアトルで「ダックボート」が大変な事故を起こしたようで。
亡くなられた日本人の方や他の国からの留学生の方々の無念さたるやいかなるものかと。
ご冥福をお祈りするとともに、怪我をなさった方々の回復をも祈りたい。

娘は留学で滞在中に乗った。
(学校は違うので、個人の意志で乗った。)
あの事故の起こった橋は何度も通ったとの事。
ダックボートは水陸両用車でまるで戦車の様に頑丈なつくりだそうだが、一体全体何が起こったのかしら?

シアトル在住のアメリカ人の娘の友達がいち早くニュースを伝えてくれたのだが、情報は錯綜して、結局はsad
tragedy(悲しい悲惨な出来事)。

残念で仕方がない。



posted by みいしゃ at 22:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

くたびれた〜

ホームセンターは行けず。
だって息子が車を使うって言うので・・・だから車のない時に車庫側のお掃除と片付け。

で、やっとお隣の若いママさんとお話ができた。
ガーディニング初心者で、何をどうしたら良いのか全く判らずだったそうだ。

切ってみたらそのゴミ処理が大変で。
そうでしょうね。
何でもかんでも切れば良いってもんではないと言うのがやっと判っていらしたみたい。

それにかぼちゃは受粉がうまくいかないと実はならないし。
なんでブロックが地面に埋め込んであるかも???だったみたい。

フルタイムのお仕事をお持ちだし、男の子が二人やんちゃだし。
今年は年内に庭師さんが入るから・・・何をどうすれば良いか、まずはご相談なさると良いだろう。

庭師さんといっても、マンション管理組合でお願いしているのは「伐採」だから、後は抜根や植栽は別にお願いしなければならず。
古くってぼろぼろになっているカイズカイブキはなんとかしたい、と言うのはお互いに考えが一致した。
(先住民の奥様は、風が抜けると気温が一度は下がるのだと頑として残していらしたのだが、それには木自体がきちんと手入れされていればであって。長年放置してあったのでは枯れ枝と埃がこびりついて、風だって通らない。)

一旦庭師さんの手を借りて大まかに伐採か抜根をしてもらって、空いたスペースにお好きな物を植えられたら?と提案しておいた。

野菜用の大きくって深めのプランターの物はオクラだって!
お野菜は、カボチャもそうだし、手をかけなければ人間の口に入るものは育たない。

ウチとの境の車庫側にはみ出すツバキはチャドクガが危険だから切ってもOKで、ヤブカラシや芋づる等もはみ出たものは処分しても一向に構わないのだそうだ。

と、まあ二人して口も手も動かしながらなんだかやとやっていたら・・・
まあくたびれたことったら。

大きな一鉢のどうにもならない土を掻きだすだけで大仕事だったわ。
この土は一旦少し乾かしてから、配合のし直し。
野良仕事は一筋縄ではいかない。
例えお金がかかっても、土も簡単に捨てられたら楽なのに・・・ね。



posted by みいしゃ at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

庭仕事色々

庭仕事色々。
今夏はあまりの猛暑の後、秋雨前線が停滞中で。

バラは夏剪定をしそびれた。
秋のお花を付けるべくすでに新葉が展開し始めているので、追肥だけにしてそのまま放置の予定。
鉢で管理すると植え替えもしなくてはならず・・・体力的にも無理になりつつあるので、今あるものを維持していくだけになるだろう。

注文した花苗が届いたのだが、今の時期の入荷品ではなくかなり店舗で持ち越ししていたものらしく、根が張って土はカチカチでかなり残念なものだった。
ビニールポットが小さいからこんなものかもしれないけど・・・。

P1050103.jpg


ぺラルゴのシドイデスは頑張って枯れた葉っぱを取り除いてくれたようだけど、ヒョロッヒョロ。

斑入りコロキアラージリーフ9cmポット

斑入りコロキアラージリーフ9cmポット
価格:432円(税込、送料別)



コロキアってすっきりと上へ伸びるはずなのに、私の物は45度ほど傾いている。
え〜ん、何これ〜?と思ったのだが、勢いは良いから・・・さっさと植えてあげよう。
でもね、まっすぐの状態に傾けた方がよいのか?それとも傾いたまま育てるのが良いのか?どうしようかしら???

ギボウシはごく普通のタイプしか残っていなかったので、まあこんなものかと。
名前は「オウレオマルギナータ」って格好いいんだけど。

花苗は旬の時に、自分の目で見て選ぶのが正解のようだ。
次回は億劫がらずに、オザキフラワーパーク位まで出かけよう。

車で行けばすぐなのに、広すぎて・・・。

P1050102.jpg


ぐるちゃんはドッテ〜ン。



posted by みいしゃ at 23:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする