サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2018年04月18日

寒い

なんだか寒くって、ホカペ付けたりエアコンまでオン。

なんと軟弱なと思えども、寒いもんは仕方がないと開き直ってどんよりと過ごしてしまった。


お天気もどんよりだったから、そのせいにしておこう。


P1070242.jpg


クレマチス・モンタナがいっぱい咲いている。

曇天でも白いお花は美しいと思う。


P1070248.jpg


剪定が下手だったのか高いところでも低く垂れさがってもお花がいっぱいなの。


P1070239.jpg


そして一重のバラ、ナニワイバラ。

雄蕊がすぐ茶色っぽくなってしまうのだが、それが野趣に満ちて、可愛さとはまた違い、がっしりとして庭植えには良いかしら?


これはお花屋さんがお花の後で売れ残ったものを剪定していらした枝をもらって挿し木したもの。

イバラだから棘がすごいのだけど、丈夫で放っておいても毎年お花を咲かせる。

一年に一回しか咲かないのがちょっと残念。



もっと元気に過ごしたいな〜と思うけど、今の体調では大人しくしているのが回復への第一歩だろうと・・・。




posted by みいしゃ at 00:01| 東京 🌁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

ほっ

予報通り気温が下がってほっと一息、お花たちも私も。
勿論耐えられない暑さではなかったけど、春4月初めではなかったもん。
時は穏やかに過ぎてほしいと切に願う。

P_20180405_163125.jpg


ウコン桜


今年も無事に咲いた。
あかね(小梅)さんが回復なさったら是非ともお迎えに行ってお見せしたかったグリーンの桜。
税務署にも何本かあったはずなのだが、移転に伴ってあれはどうなったのかしら?

P_20180405_163546.jpg


川の反対側からみるとこんな感じ。
個人のお宅のお庭からぐっと南側にせり出して成長して。
樹齢40年は過ぎているはず。

P_20180405_163326.jpg


そして八重桜も満開。
たわわに実ったお菓子の様。

いずれも例年より10日〜二週間は早い開花ね。


☆久々に車を運転した。
(ボロでも前の車のほうが私には良かった。)

「車が何も言わなくなったのね」と息子に言ったら、「前の車も何も言わなかっただろう?」って(笑)。

ほんのちょっとしたことでピーピー鳴る警告音が煩わしくって、いちいちなにやら教えてくれるシステムはまるで運転を誰かに「監視」されているようだったの。
ほんのちょっと前の車に迫りすぎたピーピー&左に寄りすぎピーピー等。

こんな音に教えてもらわねばならないのなら車を降りようかと・・・いえ今はまだ降りるわけにはいかないんだけど・・・。
私でさえそうだったのだから、もっと運転の上手な人にとってはこういったシステムは反って煩わしいのではないかしら???

一部の音の配線を切ったのだろう。
車はすべて息子任せで、私は必要に応じて運転するのみ。
だから私が運転できればそれで良し。








posted by みいしゃ at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

急がないで〜

なんともう少しで夏日になるところだった。
ついこの間まで寒い寒いって言っていたのに、あまりの急激な気候の変化は驚きに値する。
明日は今日より8℃の気温低下が予想されているけど、今となってはその方がありがたいような・・・急がないで〜と思っている。

桜が終わってからのはずだったのに・・・

P_20180328_142251.jpg


木蓮が・・・

P_20180329_132140.jpg


そして花海棠が・・・。

これは私のお庭のものなの。
まあピンクピンクでしかも一斉で、くらくらしそう。
たいして広くはないマンションの専有庭なのに、私自身が負けそう・・・(笑)。
今年は特に。

だから焦らないで急がないでと願っている。

花海棠は中学の卒業記念樹。
申請すれば頂けたので、息子と娘の分が都合二本もあって。
こんなに丈夫で育つのなら娘の分は申請しなければ良かったかしら?と今更ながらちょっと後悔。
だから南側の後から植えた分はいっぱい剪定してこじんまりとお花が咲くようにしてある。

「卒業記念樹」なんて習慣は今も残っているのかしら?
鉢植えでも育てられるってのが謳い文句だったけど、昨今の住宅事情では鉢でも要らないっていう方が多いかも。お引っ越しもあるかもしれないし。

季節の移ろいが感じられて、お花も木々もなかなか良いものだと思うのだが、手間暇かかるものはすたれていくだろうな〜と思う。


☆ぐるちゃんは元気。
少しずつ被毛が抜け変わってきているので、週末には一度シャンプーをしてあげたい。

猫さんにシャンプーは必要ないと言われているけど、私は断然猫さんを洗う派。




posted by みいしゃ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

泰然自若

東京に限らず日本全国ぽっかぽかだったようで、北海道でも10℃以下の地域がほとんどなかったそうだ。
ただし最低気温はそれなりにばらつきがあって、南北に長い日本の特徴なのだと思う。

するべきことはいっぱいあるけどぼ〜っと眠くなってしまうので、久々に歩いてお散歩に出てみた。

P_20180328_141558.jpg


まあ「あたちミケ」ちゃん、あなたってこんなところでお昼寝しているの〜?
このお家のおじさんはすぐ横で家庭菜園のお手入れ中だし、お花見に来ている人が指差してあなたを見ているっていうのに・・・。

いやはやとても不思議な三毛ちゃんで。
アメリカへなんぞ移住しなくっても、自分で選んだ今の生活を大いに楽しむのが良いのだろう。

どう見ても根っからの野良さんではないような気がして、一緒にお散歩しているオジサンにもお話を聞いて、やっとわかった真実は・・・ずっとずっと前に元の飼い主さんが田舎から連れてきて、シーズーさんと一緒に暮らしていた三毛さんなのだとと言う事。

元の飼い主さんがちゃんと迎えにいらしても頑として帰らなかったそうで、「それなら宜しく」となったのだそうだ。
この元飼い主さんのことを私は知っている。そして「三毛猫」が居なくなったとも聞いていた。

それがなんと「あたちミケ」ちゃんだったの。

出入り自由であったのだとしても帰れるお家があったのに、なぜにどうしてお家を捨ててこっちへ流れてきたものやら?そしてそして、どうしてウチへ通ってくるようになったの?
(オジサンとチワワさんたちのお散歩道にウチがあって、ふと何かを感じたのかもしれない。)

まあどうでもいいけど、具合が悪くなったらその時こそウチへ素直に入って欲しい。
入ったら出さないけどね。

P_20180328_141428.jpg


一部の枝が枯れこんでみすぼらしくなっていた川の枝垂れ桜はいつの間にかやっと手入れがなされていて、伐採もあったらしくまあまあそれなりになっていた。

P_20180328_141047.jpg


染井吉野とはまた違って派手派手で美しい。

P_20180328_141329.jpg


目の前でこんな近くで愛でることができるのも「枝垂れ」桜であるから。


急激な気温の上昇と相まってお花もいっぱいすぎて・・・私はちょっとお腹いっぱい状態かも(笑)。






posted by みいしゃ at 23:10| 東京 ☀| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

ウチの近所には桜の名所と云うものはない。
でも普通の町並みの中にちゃんと桜は存在していて、それはかなり年を経たものが多く、たとえたったの一本であっても素晴らしいの。

P_20180326_130702.jpg


街角に一本。根っこは角の普通の民家の敷地内。
私がその幹に抱きつこうとしてもとてもじゃないけど両手はつなげない。
誰かと二人なら手をつなげるのか?それでももう一人必要かしら?

IMG_20180326_182128_487.jpg


こんな札が巻いてあって。
生き物は代わって行って当たり前だから、指定日は代わって行くのかしら?

たくさんの人が出かけてお花を楽しむのも良いだろうけど、普通の生活の中で普通に目に入る桜はなお美しいように思う。


☆ロイヤルカナンのドライフードがいよいよ韓国での生産を始めるのだそうだ。
なぜに韓国なのか?
原材料も現地調達ということで、日本では大分反対運動があったはずなのだが・・・。

韓国の食に関してはあまりよく知らないから最初から恐れるのは間違っているのかもしれないけど、私は既にロイヤルカナンは与えていないの。

ロイヤルカナンのドライフードは一時期ブラジルで生産されたものもあった。
お船で運べば、ブラジルから日本へは航海日数が40日以上。
輸送経費だけでも大変だ〜なんて感じたこともあった。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

お散歩

暖かくって良いお天気で。
身体にはあちこちまだ痛みがあるけど、じっとしていることだけが回復に繋がるわけでもないので、ぶらりとお散歩に出たの、自転車で。

P_20180325_133459.jpg


桜は9分咲き。
これなんかはかなりの古木だろう。

P_20180325_133522.jpg


ね、幹のなんと立派なことかと思った。

これだけの巨体を支えている根っこは見えないけど、目に見える部分よりもっともっと素晴らしいのに違いない。

日本の春には桜が似合う。
海外から荷物などにくっついて日本に入ってきてしまったクビアカツヤカミキリムシと云うのが桜の木を枯らしてしまうそうなので、こんな虫を見つけたら捕殺してしかるべき公的な機関(土木事務所など)へ通報するしかないのだそうだ。

ウチのヒメリンゴの木が突然枯れたのも種類は違うかも知れないけどカミキリムシのせい。
切り倒した幹にはいっぱい穴が開いていた。
(ヒメリンゴは桜と同じバラ科)

P_20180325_125903.jpg


都立農芸高校の一角。
これはたったの一株。
きちんと不要な古葉が切ってあって美しかった。

ここは南側の道路に面しているので、夏にはカンカン照りだし、今年などは雪の下にも埋もれていただろう。

クリスマスローズって本来はかなり丈夫。
地植えにすればこんなもの。

ウチもお庭にスペースがとれれば地植えにしたいのだが、ないものねだりなので・・・なんとか鉢で管理していこう。


農芸高校のお馬さんたちも気持ちよさそうだった。





posted by みいしゃ at 23:38| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

ハーデンベルギア

苗を一つ植えたのが数年前。
伸びて伸びてお花が咲くとそれは美しかったのだが、寒さに耐えられず、今年は雪にも苦しめられて、株自体は生きているけどお花は咲かず。

仕方なく1m以下に切ってしまった。

P1070198.jpg


ハーデンベルギア

東京での地植えは難しいのかもしれない。

P1070197.jpg


鉢で行燈仕立てにして冬は何かを被せて軒下で管理が望ましいのだろう。

本日脚立を持ち出して物置の上にまで伸びて、でも茶色く枯れてしまっていた部分を切ったの。
ゴミは45Lの袋にほぼ一杯。

庭師さんには外壁を塗る前に下ろしてあげる・・・って言われていたのだが、枯れてしまっている部分は取り除いておこうかと。

結構くたびれたけど、少しはすっきりしたので良しとしよう。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

気温の変化

寒暖の差?
でもこれこそが春先の不安定さだと思う。
私自身は急激な気温の上昇にやや負けぎみだったのかも・・・と、今晩のほうが気持ちが良いの。

P1070179.jpg


雨の前に・・・イエローのダブルやや小輪で多花性。
のはずなのに、今年のお花は少なめ。
でも派手さが少なくって私好み。

P1070184.jpg


まだ蕾も残っていいるけど、この一角だけでも十数種類。
一つ一つ味わうのもいいけど、畑のように咲き誇っているのはこれまた良しでしょう?

P1070186.jpg


東側の一隅は一部鉢もあるけど地植えにしたアーグチフォリウス(コルシカス)で、グリーンのみで色味はなし。

大した広さはないけど、いろんな風にお花は楽しめる。
運動も兼ねて、作業が楽しい。


☆明日には天候も回復するそうで、皆々様楽しい週末をお過ごしください。

猫仲間の年上の方からрり。なんと84歳になられたそうで、お家を売ってベネッセの施設に移られるそうだ。ご主人様は昨年他界なさったそうで、お嬢様はアメリカ暮らしだし、お一人でお食事のことなど悩まずにのんびりと・・・と。

もうねえこんなお話ばかり。







posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

啓蟄

本日は啓蟄
「冬籠りの虫が這い出る」と言う事で、お庭も要注意って事になる。

東京は急に暖かくなっていたので、すでにカエルさんは動き出し、カエルーランドさんの情報によると、すでにヒキガエルさんは産卵しているのだそうよ。

ウチの近辺ではもうカエルさんには会えなくなったけど、中野あたりの早稲田通り近辺では交通事故に遭っているカエルさんを見かけるのだ、と娘が言うの。
『カエルさんが潰れているのをみると・・・春になったのだと思うの』って。

もうそんなことで春を感じないでと思うのだが、カエルさんたちが繁殖の時期=確かに春なのね。

P_20180306_125836.jpg


多弁のピンク。
えっと、昨年はなぜかこんな感じで割と派手な物を増やしたようで、今年咲いてみると自分でびっくりしている。

可愛いは可愛いのだが、多弁の物は小輪が多く、しかも頭が重いせいもあってみんなうつむいているので、そばに行ってお顔を覗きこまないとなんだか判らないのね。

う〜ん、これでは本当の意味で私の楽しみからは外れているのでは?と自問自答。

もうお庭は満杯だから、本当にもう増やすのは止めなくては・・・。

P_20180306_130056.jpg


この色も・・・ちょっと派手すぎかも。
これはいつからウチに居るのか覚えていない。


☆今晩からまた冷えるそうだ。
身体が春仕様になりつつあるので、寒くなるのだと自覚して負けないようにしよう。

花粉アレルギーは全くないので、花粉アレルギー持ちの方よりは元気に過ごせるはずだから。




posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

さてさて

クリスマスローズは東京では今この時期に花茎が確認できなければ・・・今季はもうお花は咲かないって事で。
昨年気に入っていたのに枯らしてしまったものもあるし、でも地表面に何もなくなってしまったのにいっぱい新葉が出てきたりして。
難しいけどどうしたら良いのか考えながら育てていきたい。

P1070154.jpg


シルバーバックと言われるもの。逆リバーシブルとでもいおうか・・・。
ちょっと離れた所に置いてあるのでお顔がよく見えなかった。

P1070158.jpg


で頑張って鉢を手元まで引き寄せて覗いたお顔がこれ。
ラベルが残っていて、昨年野田園芸さんから連れ帰ったらしいの。
ちっとも覚えていなくって、昨年の画像もないし。

P1070159.jpg


画像は上手くないのだが、ダブルで丸こくって、「底白」と言われるタイプだった。
もう少し経てば雄蕊が花火のように展開するかもしれない。

脇芽が確認できているので、それをちゃんと育ててあげなくっちゃ。

俯いているのがちょっと残念。

P1070156.jpg


横向きのタイプの子は花茎から花までの首が短い。
これが横向きで花開く理由なのだと野田園芸さんで教えてもらった。
一枚目と比べると首の長さがうんと短い。

横向きに咲くように、個体を選別して交配をしてきた結果なのだそうよ。
成程ね〜、生産者さんはそこも違うのね。

クリスマスローズは交配をして種まきをして結果としてお花が咲くのは3年後。
私にはとても無理だわ。
知識も根気も足りないから。




posted by みいしゃ at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

ぽかぽか

本当に寒の戻りというものはあるのだろうかと思われるほど今日もぽかぽか。
そして明日もまた20℃に達するという。

普通に動いていたけど、気温の上昇とともに気持ちが緩んだのか、お昼寝もたっぷりしてしまった。

私はそんな感じだけど、お花たちは自分の思うまま・・・元気いっぱい。

P1070136.jpg


これは地植え、といおうか、鉢植えからの種が飛んで勝手に成長した物。
親株は枯らしてしまったのに、やはり地植えは強い。

P1070138.jpg


白のSDはモコモコになって・・・

P1070141.jpg


もうこうなれば鉢の畑状態。

P1070144.jpg


まだ雪のある地域の方々、早春を此処で楽しんでくださいね。

シングル、セミダブル、ダブル・・・背の高さもお花の大きさも実に幅広いの。





posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

風は?

春の嵐と言う事で、雨が降り始めているけど、これから風が強くなるのかしら?

私のクリスマスローズはほとんどが鉢植えだから、雨は大丈夫でも風で鉢が転がって欲しくないの。
ウチへ来て二年以上経過している株はしっかり根が張っているからあまり問題はないけど、今年鉢増ししたもの等は土がこぼれてしまうから・・・。
一応転がって欲しくないものは寄せておいたけど、無事に低気圧が通り過ぎてほしいものだと願っている。

P1070131.jpg


これなんかは何も心配ないの。
鉢のまま10年以上経っていて、一株だけど花茎が10本以上立ち上がって。
お花自体は昔のタイプでも、いっぱい咲くと可愛いらしい。

P1070126.jpg


こっちのグループも大丈夫なはず。

ハウスもないし、風避けを作るのも無理だけど、クリスマスローズは思いのほか強いので、なんとかなるだろうと思い悩む事はしないでおこう。

この嵐が過ぎたら・・・完全に春になる。
公園の大きな柳にも緑が出てきて、樹の色全体に変化があるし。

人間は木の芽どきには体調を崩しがちだけど、うまく休息を組み入れて、しっかり動いていきたいと考えている。


☆ホームセンターの療法食コーナーが見やすくなっていた。
腎臓食はロイヤルカナンとヒルズがあって、腎臓食のパウチがあったので試しに一つ買ってぐるちゃんにあげてみた。

ぐるちゃんはロイヤルカナンの腎臓サポートパウチには全く反応を見せなかったの。
ちょっと匂いをかいだだけで、舐めもせず。

何でも食べる猫さんだと思っていたのに、これには驚いたわ。
残念ながら選択肢が一つ減ったって事で・・・。





posted by みいしゃ at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

クリスマスローズ

開花が遅れ気味だった早春の花、レンテンローズがどんどん花開いて、花茎も伸びてきた。
今シーズンは本当に遅かった。
東京でもずっと低温が続いていたから、普通にお外で育てているのはこんなものなのだろう。

個体差はあって、早くに咲くものもあれば、今からやっと花茎が確認できるものまであって。
また昨夏が暑すぎて鉢内で根っこが蒸れて駄目になってしまったり、株自体が弱ってお花を付けないものもある。

でもほとんどが『お久しぶり〜』とまたお顔を見せてくれている。

P_20180226_121532.jpg


イエローのSD(セミダブル)赤いピコ入り。
まだ花茎が短いけど、これからすぐに伸びてくるはず。

P_20180226_121727.jpg


これはすっきり伸びてきちんと開いた普通のダブル。
マゼンタという赤みの強い色が美しいと思う。

P_20180226_121456.jpg


俯いて楚々とした感じで咲く子。
もう少しきちんと開くのだが、楚々感は今だけで、意外とお花は大きめなの。

10℃ちょっとの外気温の中で鉢を多少移動しながら色のバランスを整えて。
あ、それからノリウツギの大きな鉢も移動したので、明日は身体が痛いかも。

パンジーやビオラもきちんと根付いてモリモリ。
私のお庭は一足早く春爛漫になりつつある。

紫陽花の時期は大人っぽいけど、春は可愛いお庭になっているから、お近くにいらしたら是非覗いてみてね。


☆ノルウェージャンフォレストキャットミックスの多頭飼い崩壊が起きている。
これも自称猫好きだった人の愛誤の結果。
困るのは猫さんたちなのに、勝手な人間の行為が間違っていたのだろうと思う。
(始まりは二頭のノルウェージャン。それに不妊手術をしないでミックス猫さんを保護。あっという間に猫さん父が増えてしまい人間の生活が破たん→当然猫さんの生活も破たん。)

純血種であっても、こう云う風になりうるので、猫さんの命をやり取りする場合は、いかにしていくべきなのか???
販売でも譲渡でも同じなの。

安易な気持ちでは猫さんとの暮らしは成り立たない。




posted by みいしゃ at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

カーリング

日本人女子選手たちのなんと可愛い事!
メダルおめでとう〜。
普段あまりTVなどでも目にすることが少ない競技だけど、なかなかの頭脳戦で面白かったわ。

実はその前に、夕方男子の試合を見ていたのだが、カーリングの試合って長いのね〜。
ぐるちゃんと一緒にTVの前でごろんとしてたらつい眠ってしまって・・・。
マリオに似ている選手の居るアメリカが金に決まるところはみていた。

久々に気持ち良く晴れて、気温も上昇して、やっと少しは元気に動けたし。
明日にはまた気温が下がるそうだが、しっかり身体を動かして行きたい。

P1070120.jpg


白いセミダブルがいっぱい花開いてきた。

P_20180224_135829.jpg


こっちはこれからのシングル咲き。
ブロッチと呼ばれるそばかす模様がまた可愛いでしょう?
これから雌蕊・雄蕊が展開してさらに華やかさを添えていくの。

昨年お花を付けなかったものが今年はOKだったり、反対に今年はどうしたの〜?と思うものもあり。
でもこれからが早春花のピークを迎えていく。

一年が12カ月で、そのうち花茎が立ち上がって蕾からお花を付ける期間が二ヶ月間強。
それでもこの美しい子たちを育てていきたい。





posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

横向き・上向き

特別寒い訳ではなかったけど、やっぱりお日様にちょっとでも会えたら・・・と対応のありがたみを実感した日だった。

P1070112.jpg


朝一番、『き〜』ちゃんおはよう。

あなたねぇ〜さんざん寒いのなんのって変な格好をしていたくせに、なんとまあ美人に花開いたのね〜?
完全に横向きで、「えっへん」と威張っていた。

昨年はもう少し赤みが強かったような気がするけど、とても綺麗だと思う。

P1070110.jpg


横側にもう一本花茎が上がっているし、今年は5輪が花開くことになる。
しばらくはじっくり楽しもう。

P1070115.jpg


これは昨年完全に上向きで咲いていたのが面白くってウチに連れ帰った子。
成程ね〜、今年もパッカンと上向きらしい。

ダブルや多弁系の物はまだまだうつむいて咲く個体が多いけど、シングルとセミダブルはこれから横向きが主流になるかも。
私自身はうつむいて咲く子が好きだけど、お顔を楽しむには横向きが楽しいかも。

明日も曇りがちだそうだけど、ちゃんと普通に動けたら良いな〜と考えている。

P_20180221_171428.jpg


ぐるちゃんはすぐくっつく。
前は抱っこなんか嫌いって言っていたくせに・・・。







posted by みいしゃ at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

ハイシーズンへ

良いお天気だった。
二月の私に適した気候とは最低気温が氷点下でない事、最高気温が10℃以上である事、そして風が強くない事。・・・って、これって三月の気候らしい。

まあ兎に角、気分はアップ。

クリスマスローズがいよいよハイシーズンを迎えようとしている。

P1070106.jpg


今年はまあなんといっぱい花茎が上がったのかしら!
見事だと自賛している。

P1070104.jpg


今から開いていくのだが、白のセミダブル。
で、雌蕊だけがちょっと赤っぽく色づくタイプ。

これは白のダブルとセミダブルの交配種で、ほんの赤ちゃん苗の時に買った物。
二株買ったのだが、もうひとつは普通の白いダブルのお花が咲く。

これもクリスマスローズの不思議なのかも。

これっていったいいつ買ったのかしら?と調べてみたら、2010年の12月だった。
(楽天のお店だったので購入履歴が残っていたの。)

この大きなテラコッタの鉢に植えてからは一度も植え替えもしていないのに、なんと丈夫に育ったのだろうと感嘆しきりである。
鉢は重くって動かせないし、この鉢のところに私が行くには実にアクロバティックな動きが要求されるし、離れた所からホースでジャージャーお水をかけているし。
(テラコッタ鉢には模様があるように見えるけど、ネットフェンスの影が写りこんでいるだけ。)

こんなにいっぱいお花が咲いたら、そのまま枯れてしまわないかとちょっと心配になっているので、今年こそは種を取ろうかしら?と考えている。








posted by みいしゃ at 23:19| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

人それぞれ

人それぞれ好みはあれども、今の私のヒロインは『き〜』ちゃん。

P1070091.jpg


6〜7分咲き。
昨日の暖かさと冷え込みがちょっと和らいだ結果ね。

逆光だし本来の色はまだ出ていないけど・・・。

P1070093.jpg


ね、可愛いでしょう?とyesを求める(笑)。

一年ぶりにお顔が見れて嬉しくって。
花茎は一本から二本になったし、元気で育っていってほしい。
まだギュッと固いままの雄蕊の真ん中の赤い雌蕊も可愛いと思う。

『き〜』は勿論希々ちゃんから。
ビビリが心を開いていく状態がとても好ましかったし、あの健康さは何よりも魅力だったし。

世の中のTVはフィギアのSP結果で持ちっきりだけど、今の私のヒロインはこの子。
ヒーローではなくって、ヒロインね。


☆若いネイサン君、負けるな〜。


posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

天気予報

予報通り雨が降って今は上がって、予報はこのところしっかりしているのだな〜と思う。
その予報によると明日は西から冬型の気圧配置が強まって、日本海岸はまたしてもや荒れ模様で、そして東京は気温が上がるそうだ。

雪の後始末は今日ということだったのだが、後始末で命を落とす方もいらっしゃって、何ともまあ・・・死んでしまうより放っておいた方が・・・とウチでは話し合っていた。
雪は大変だけど、決して無理はすべきではないと思う。

P1070078.jpg


またもやクリスマスローズだけど、これが多分『き〜』と名付けた赤みの強い子だと思うの。
もう少し開かないとしかとは確認できないけど、もし『き〜』ならパッカンと開くタイプだったので、もうしばらくは待っていなければならない。

P1070081.jpg


気温が低かったので、ゴールドのセミダブルはまだネクタリーを保っている。
全体の雰囲気はあまり背も高くないしずんぐりしているけど、お花は優しくって美しいので、これはセルフで種を取ってみようかしら?

P1070087.jpg


黒〜いセミダブル。
右が種鞘ができ始め、下がまだ蕾。
花茎が5本もあって、来年のための脇芽もしっかり確認できている。

たまたま自転車で薬局へ行ったからこそ出会えた逸品。
8週間前だったのだから、なんと長く楽しませてもらっているのだろう!

お山に上がってそして下りて加温加湿と乳母(おんば)育ちだったから、雪が降りそう(実際に降った)なら移動して雪よけを施し、その後の氷点下にもちゃんと耐えたのだから、偉いな〜と思っている。

私ったらいつものスリット鉢でなくてテラコッタの鉢に鉢増しして植えてしまったので、移動はちょっと大変だったの。


二月も十日を過ぎて、これからがいよいよクリスマスローズのハイシーズンに入っていく。



☆ぐるちゃんは元気。
メインフードを変更しだして一週間が経過。
外見上はあまり大きな変化はないけど、フードの切り替えは順調なはず。

これ以上は太らせないようにしなくっちゃ。




posted by みいしゃ at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

日射しは・・・

どんどん強くなっているのに、最低気温はいまだに低いまま。
それでも雪の無い生活は安泰で、日中はお外でもキラキラ。

P_20180207_131922 (1).jpg


私をわくわくさせていたクリスマスローズが完全に花開いて、一輪だけではなくほっこりと膨らんだ別の蕾も顔を出した。

私のクリスマスローズは特別立派なものではなくって、最近はもう小さな苗から育てるのは止めてしまい、その都度出会えた程々の価格の物をちょっと増やしている程度。
交配もしないし、セルフの種でさえも蒔いて増やすのも止めてしまっている。

だってクリスマスローズは種をまいてもお花が見られるのは三年後だから・・・自分の年を考えると待っていられないの。
それと東京の夏はクリスマスローズには厳しくなりつつあるから、それも種まき&育成をしない理由ね。

昨年イルミリオンという名前で一斉に出てきた多弁系が今年はほとんど見かけず、代わってクレオパトラという名前で、ダリアの様に花弁(本当はガク)いっぱいの物が数万円で取引されている。
でも私はちっとも魅力を感じないから、自分の好きなものだけ。
古いタイプの物でも全体が調和していればOKだし。

私のクリスマスローズはシングルとセミダブルが多い。


P_20180207_131801 (1).jpg


ずいぶん赤く写ってしまったけど、小輪の多弁系のもの。
左側に私の指が写っているから、小さいのはお判りかも。

本物はかなりのグレー系。
お花が小さい分、のっぽでひょいひょいと同時にお花が咲くのが面白いと思う。

P_20180207_131720 (1).jpg


これは前にも載せたもの。
ネクタリーと呼ばれる部分がネットをかけたように見えるタイプ。

低温は続けども、他の物も順調に花茎を立ち上げ、蕾は色づいてきている。
今年野田園芸さんから連れ帰った物は最初の雪と低温を避けるため置き場所にも苦慮したけど、もう低温にも馴れて、これからはすんなりお花をひらかせていくだろうと思う。

今年はやはり寒いの。
いくら日射しは春になっていてもみんなのんびりじっくりって感じ。

五月のバラは一斉だから、クリスマスローズはこんな感じの方が良いのかも。

☆ぐるちゃんは元気。
KD(腎臓食)は美味しくないだろうから少しは体重が減らせるかもって獣医さんに言われたけど、どうしてどうして『美味しいの』っていっぱい食べている。

みんなにオネダリするもんで・・・『少なめにね』とは言ってあるんだけど・・・。





posted by みいしゃ at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

日差しは春

ほんのちょっと雨が降ったけど、日差しは春。
外がキラキラと輝いて見えたわ。
でもその割には自転車で走ると空気は冷たかった。

みんな出かけて一人だったし、ぐるちゃんは気持ちよさそうで眠っていたので、運動を兼ねて野田園芸さんへ。片道2km強だと思うので、運動にはならないかもしれないけど、まあ気分転換にはなる。

行くたびにお花が出てくるけど、私を呼び掛ける子は居たり居なかったり。

P1070064.jpg


迷いに迷って、このゴールドのセミダブル・ネクタリーの巨大な子を連れ帰ったの。
温室であまり低温にはあたらないし、ファンが回っていてもコートがいらないほどの温度下に置いてあるせいか、お花は咲き進んでしまい、温室から下げる所だったみたい。

蕾が一つしかないので迷ったのだが、来年を夢見て頑張ろうか・・・と。

昨夏が暑かったせいか、何鉢も駄目にしてしまったし、気を付けていたのにラベルが読めなくなっていたりで、昨年の今頃のお気に入りが見つからないし。
私の所へ来るよりよそへ行くか、もう一年野田さんに残った方が良いかもと考えたりして。
ただ野田さんは生産者さんだから、売れ残りは処分される場合も多いから、だから「私が」と屁理屈を付けちゃった。

ぱぱっと別の綺麗なセミダブルを選んでくださったのだけど、プロは私が何を望んでいるのかお見通しで、咲き進んでしまった物より、綺麗な状態の物をお売りになりたかったのだろうに、少し値引きをして私に渡してくださった。

昨年の今頃は、私のお庭はクリスマスローズが次々と咲いてきていた。
でも今年はやはり寒いから、なかなかなの。
『キ〜』なんて名前まで付けた赤いクリスマスローズはどこへ行っちゃったのかしら?

P1070066.jpg


元気な子もあるの。
これは白のセミダブルなんだけど、花茎は何本あるのかしら?
数えていないけどいっぱ〜い。

P1070068.jpg


これなんて・・・去年もいっぱい、そして今年もいっぱい。
根がパンパンに張っているだろうから、お花が終わったら何とかしてあげたい。

☆ぐるちゃんは昨晩も私のところに来て、ちょっとフミフミのちぴったりと抱きついて眠っていた。
ホワホワモコモコぷにぷにで、私もとても気持ちがよかった。

でもKiKiちゃんが貰われてからずいぶんと太ったわけで。
いっぱい食べるのもぐうたらのんびりも良いけど、それこそが腎臓に負担をかけているのでは?と思った。

KiKiちゃんはもう絶対に戻ってこないのだし、預かり猫さんは来るかもしれないけど、自分でももう少しるんるんと動いてほしいわ〜〜〜。




posted by みいしゃ at 23:43| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする