サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2018年01月19日

お洗濯日和?

是非お洗濯を、という天気予報だったのだが、曇りがちだったし風はほとんどなかったので、いっぱい済ませたお洗濯ものはすっきりとは乾かなかった。
東京の冬は乾燥しているので、雪国の人たちから見たら、いつもは羨ましいほどだろうなあと思うのだが、本日はとんと空振り。
まあこれは仕方がない。


で実は一昨日あたりから気分が落ち込んでしまっていたのだが、なんだかな〜と色々と動いてみたりした。
結局は立ち向かわずに逃げるが勝ちかも。

元々「我こそが」とぐいぐい自分が正しいのだとばかりに押してこられるのがやや苦手なのだが、まあご当人にしてみればそういう気持ちではなく、楽しく絡みたいだけなのだと理解はできている。
ただそれが度を超すと、残念ながら私は逃げるの。

・気分転換その1
綾戸智恵さんの声を聞いてきた。
あんなに小さな(背が低い)女性が・・・我が道を切り開いて生きているって、尊敬に値すると思う。

彼女のピアノと歌、そしてギターが一本(天野清継氏)。
とても音は素敵だった。

KiKiちゃんの相棒さんのギターもこんなのかしら〜?
ジャズである事は確かなはずなんだけど。

・気分転換その2
激安のお花屋さんで出会ったオリエンタリス。
980円。

P1070026.jpg


新聞紙でくるっと巻いてくれるので、そのまま持ち帰って鉢増しをした。

P1070028.jpg


なんだかずいぶんピンクっぽく写ったけど、渋可愛いセミダブル。
大事に育てよう。

さあて、今晩はぐっすり眠れるかしら〜?





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

冬籠り

昨晩は寝落ちといおうか・・・

P1070006.jpg


『下はホカペ、ガスヒーターの前でぬくぬくしてたら、突然みいしゃがくっついてきて寝てしまったの〜。』

小一時間ほど眠っていたかしら、ちゃんと起きたけどどうも不調で、そのまま就寝。
で、今日も今日とてなぜか眠くって。
冬眠のクマよろしくぐうたらと眠って過ごした。

特別どこが痛いわけではなくお熱があるわけでもないので、まあしいて言えば寒さが応えたのかもしれない。
北陸は大雪で、私の友達はみんな車乗りだから、事故の無いように心配していたのだが、雪もない東京に居てこんなことではどうするの?と不甲斐ないのだが、冬籠りに徹するのが良策かもしれない。

P1070011.jpg


ネオン系リバーシブル、シングル咲き。
これは先日黒いセミダブルのクリスマスローズを求めたときに、あまりの華やかさに惹かれて持ち帰ったもの。

ちょっとコントラストを強くしたのでリバーシル状態の色がよく判ると思う。

これも一旦お山に上げて、それから少し加湿&加温で早めに咲くように調節されたものだからか、さすがに此処2、3日の冷たさに朝は萎れたような状態だった。

クリスマスローズは寒さに強いのに、移動して開花を促すのはやはり邪道なのだろう。

P1070013.jpg


なんといっぱい花芽が付いているのか、と、うまくウチで育った物には感嘆。

P1070014.jpg


ニョキっと元気で素晴らしい。

P1070015.jpg


濃いめのエンジ色が見えている物もあるし・・・。
開花が始まるまであと二週間ほどかしら?

私は籠りながら体調を整えつつ、楽しみを待つことにしよう。






posted by みいしゃ at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

夕方になるとひゅ〜っと冷えて・・・冬なんだな〜と思う。

太平洋側は晴れているけど、日本海側ではまたもや雪が降っていると言うし。
晴れるのは嬉しいのだけど、乾燥は進み、これまたいろいろと要注意ね。

P1070005.jpg


先日の選定時に最後のバラ・エンジェルフェイスを切った。
東京って所は放っておくとまだバラが咲く。
でも来季5月に向けて剪定必須。

P1070001.jpg


左奥、裏側から見るときれいではないけど、これがラガーフェルド。
で、右奥はアストレなのだが、あまりに巨大で可愛くないので花弁をすべて取り去った残りの形。

鉢の周辺部分だけを少し掘って、堆肥+肥料+軽い土を増しておいた。
すでに新芽が動き出しているのだが、春に備えて冬をゆっくり過ごしてほしい。

私は湿度の高い夏の暑さも苦手なら、冬の寒さも苦手。
でもそんな事を言っていてもどうにもならないから、しっかりと動いていきたい。




posted by みいしゃ at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

シダーローズ・シーダーローズ

ヒマラヤ杉の松ぼっくりの先端部分。
拾っていらしたのをいただいた。

P1060995.jpg


ヒマラヤ杉は松の仲間で、実は杉ではないそうだ。
https://matome.naver.jp/odai/2147014349333287301
で、松ぼっくりができて、その先端部分がシダーローズ

秋(10月)が開花期で、黄色い花粉が出るそうだが、秋に花粉症は聞かないので・・・名前だけが杉でも杉ではないらしい。

自然の形が美しいと思う。

私は今のところはこのまま愛でたいのだが、近年これって人気が出て、ネットでも販売があるのだそうだ。
私にこれを下さった方も『業者さんが集めに来るようになって。霊園なのに・・・』とおっしゃっていた。
よそで拾ってきた銀杏を販売するようなものかもしれない。
ちょっと残念だけど、ほしい人が居ればそうなってしまうのね。

P1060996.jpg


ぐるちゃんはお手入れ中。
ぽにゃんぽにゃんのおデブさんだけど、結構隅々までお手入れができるらしい(笑)。


☆今晩は日本全国雨。
で、明日東京の最高気温は18℃になるそうだ。
えええ〜〜〜。






posted by みいしゃ at 23:35| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

お庭

東京はずっと晴れ&日差しも強くなりつつあって、春に向けてお花たちも動き出している。

昨日今日とクリスマスローズの花芽の上がり具合を確認しながら葉切りをした。
またアクロバティックな動きが必要とされて、おかげで足やら股関節やらバキバキ。
いつもとは違う動きをするわけだから仕方がないのだけど、こんな程度であちこち痛いなんて軟弱なことは言わない程度の体力は維持していきたい。

ぐるちゃんより重いものは持たないと決めているけど、それにも姿勢が保たれていることが大事で。
片足ずつ一歩ずつ足場を確かめながら行きたいところまで行って、きちんと身体を支えてからハサミを使うの。

クリスマスローズにはなるべく水捌けのよい土に植えてあげる事が大事。
私はついお水をあげすぎてしまうので、夏〜秋にかけて過湿になり過ぎて、駄目にしてしまう。
瀕死状態の苗をひっくり返すと、土はべたべたと固まってしまっていて根っこがちっとも伸びていなかった。
今は植え替える時期ではないのだが、助けられるのは今しかないので、頑張っていくつかの鉢を植え替え。

そして明日は曇り&雨だそうだから、本日はあえて灌水を我慢した。

P1060994.jpg


ぐるちゃんは相変わらず駄目猫さんになっていて。
『う〜ん、おねいちゃん、もう少しあっち行って〜。アンヨを伸ばして伸び〜ってしたいの。』・・・と。

仲良く使ってもらわなくっちゃ。
ウチは狭いからこんなものは二つは置けませんからね。

☆バラの選定は終了。




posted by みいしゃ at 23:21| 東京 ☀| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

ガーデニング

久々に庭いじり。
そんなに大したことはしていないのだけど、それでも二時間ほどはあれやこれやとやっていた。

3月から大規模修繕をと大分脅かされたのだが、とりあえず秋までは急ぎの工事だけという事で落ち着いたので、少しだけ植え込んだ苗のお手入れ等。

P1060986.jpg


ビオラ。
小さめの鉢に二株。
どこにでもありそうなノーラベルのものだけど、鉢は棚の上でお日さまがいっぱいあたるのでモリモリお花をつけている。

P1060991.jpg


こっちは寒色系。

私のお庭はどちらかというとこういった色合いに白をプラスで、クリスマスローズのお花に調和するようにあまり派手なものは選んでいない。

P1060992.jpg


でもって今年は巨大なお顔をしたパンジーを一鉢追加。
お花があまりに巨大なので、お花の数は少ないだろうと想像していたのだが、どんどん蕾が上がってきているの。
パンジーは本当に久々。
いつもはビオラか小輪系のパンジーのみ。

冬枯れのお庭も侘び寂び風情で心動かされるのだが、あまりに可愛らしさがないのも心が沈んでしまいそうだから、やはりこう云ったものを少しプラスして道行く方々にも楽しんでもらいたいな〜と考えている。

立派なものはないけど、それでも良いのではないかしら???

明日は小寒・寒の入り。
それでも寒さにうまく対処して元気に過ごしましょう。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

ピュ〜ン

北北西の風、風速7m/s、湿度が30%あまりで、お洗濯ものはすぐ乾いたけど、さすがに寒かった。
で、なおこの上冬将軍が居座るとは・・・え〜ん、寒いのは苦手なのに・・・。

頑張らねばと思う。
ぐるちゃんはすっかり元気になったことだし、息子の不調も私の不調もほぼ全快だと思うので、これでこそ冬に立ち向かえるだろう。

お節もあまり作らずぐうたらしていたお正月だったけど、作らねばそれなりに何とでもなるものだとよく分かったし、頑張りどころを見極めていくしかない。

新年を迎えるという事は確かに大きな一区切りだけど、『おめでたい』のかどうかは甚だ不明のような気がしている。
一応年明け初めてお会いする方々には『おめでとうございます』とご挨拶はしているけど・・・。

P1060984.jpg


まだいいわと放ってあったベランダの薔薇を剪定した。
まだお花が咲いているんだけど、数輪は散るまで放置することにして、これからはもう咲かないであろう蕾を切ってお部屋に入れた。

ただこれは蕾が固すぎて咲き進むことは無理かもしれない。

ベランダの薔薇は鉢なのにもう何年も土替えもしていない。
それでも毎年五月にはちゃんとお花が開くとは、薔薇とは本当に丈夫なのだと思う。

お庭に下ろしてあげれば良いかな〜と思わぬではないのだが、お庭は狭いしまだ大きなサワラの木が一本あるので、薔薇はベランダでお日さまを浴びていたほうがお花付きは良い。

枯れてしまったら徐々に鉢物も減らしていく予定なので、あと数年はできる範囲で手入れは続けていきたい。






posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

クリスマスローズ

うちのエンジのダブルは二つ目のお花が開いているが、これってとてもおませ。
たまにこう云った早咲きのものはその株の個性として出てくるのだが、本来の東京あたりでは花芽が確認できてもまだ数センチ程度の成長だと思う。

名前をクリスマスローズだなんて付けちゃったから何となくクリスマスシーズンに咲くような感じだけど、本島はレンテンローズ・早春の薔薇。
だから生産者さんたちは夏にはお山へ上げて、シーズンには下ろして加湿して・・・お花を咲かせている。

でも今年は遅いそうよ。

P1060964.jpg


今日出会った黒いセミダブル。
(逆光だったので、明るさなどを加工。)
花弁(本当はガク)は丸くないけど、この色でセミダブルに魅せられて、つい連れ帰ってきたの。

P1060968.jpg


花茎が全部で5本上がっているから、これから徐々に、たぶん来年一月いっぱいは私を楽しませてくれるのだと思う。

お花屋さんへ行ったのではなく、土曜日に行った薬局で血液検査の結果のコピーを忘れてきてしまって、薬剤師さんからお電話をもらったのでそれを取りに行って。
途中のJA(銀行があるのかしら?)のところで区内の加入者さんがお野菜など即売なさっていた処に、ほんの数株クリスマスローズが置いてあった中の一株。
これがなんと野田園芸さんのものだった。

他には多弁の小輪ピコなどもあったのだが、全部同じお値段で私がほしかったのはこれだったの。

今年は開花が遅れていて数が揃わないので、即売所は年が明けてからとの事。
思いがけない出会いにテンションア〜ップ!

薬局へはいつもは車なのに、今日は日中のお日さまに誘われて、自転車で。
だからこそ出会えたクリスマスローズに余計にわくわくしたのだろう。

御年賀状もまだ仕上げていないし、年内にすべきことはいっぱいあるけど・・・頑張らねば・・・。

朝晩は本当に寒くって、いっぱい着込んで暖房をつけて。
娘には笑われるけど、寒いより暖かいほうが良いもん。





posted by みいしゃ at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

東京は晴れ

寒〜いけど、お天気は良くって、空気は乾燥しているのでお洗濯ものは見事に乾く。
これは良い事なのだろうけど、ずっとこう云った乾燥状態が続くとウイルス君たちが元気に活躍するだろうし、やはり程々が良いかも。

ただし足元は不安がないので、自転車に乗れるのは有難い。

日中寒気の緩んでいる間にお庭に下りてビオラを植え付け、五色蔦の中に鉢で仕込んであるギボウシを移動して代わりにピンクのマーガレットの鉢にして。
来年早々に外壁を塗ったり色々と修繕の予定があったから、今冬はあまりお庭はいじらない予定だったのだが、修繕工事は早くても来秋以降との事なので、春に盛りを迎える苗等を少しは植えていきたい。

P1060960.jpg


で丸っちくって芳しいこれは???

これはAさんちのレモン。いただいたの。
フェイジョアのお花がたくさん咲いていたお庭の隅っこに植えてあるレモンの木は毎年たわわに実を付ける。

何かとの交配種だそうだけど、皮は薄くとてもジューシーで少しまろやかなの。

「フェイジョアは?」ってお訊ねしたら・・・
「小さな実がたくさん付いた所で庭師さんが適切に摘果なの。実は木から落ちてからが食べごろとかで、食べる事は全く期待していないの」・・・だそうだ。

私は此の丸っちいレモンが好き。
鉢植えでもちゃんと実はなるそうだから、種を取っておいて蒔いてみようかと目論んでいる。

棘はあるの。
そして私のお庭はもう地植えにできるスペースは無いのだけど、レモンは程々に虐めてもちゃんと実を付けるそうなので、これはもうやってみる価値はあるでしょう???







posted by みいしゃ at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

成程

東京は今日も晴天だったけど、あちこちから雪の便りが届くと・・・成程気温は低かった。
お家の中はお日様が入るし、暖房も使うのでどうってことなく暖かいのだけど。

P1060932.jpg


ウチのドウダン(ツツジ)。
今年は何処でも割と紅葉が奇麗なのだそうだ。
初夏にお花が終わった後でピンピンと伸びる新枝を切りそろえておいたので、全体的に紅葉して奇麗だと思う。

P1060933.jpg


近づいてみると全体が赤く色づいている訳でなく、色幅はあるし、葉っぱの擦れや傷みもあるのだが、これこそが自然なのだと思う。

小さな苗木を植えてから30年以上。
女性が手を入れて育てていくには、こう云った低木が良いのかもしれない。


☆ぐるちゃんは元気。
私と一緒にぬくぬく。

☆一軒立派な赤松のあるお宅があって、其処へは別の庭師さんがいらっしゃる。
此の庭師さんはとても闊達な人で、いろんな事を教えてもらったりしているので、私は必ずご挨拶をしている。

「今年モロッコへ行ってきたよ。いやあ〜とても良かった。」と。

なんとてるみくらぶの利用だったそうで・・・
「10日間で食事も込みで10万円。とっても良かったんだよ〜。まあこんなんだから潰れたのかも。」って。

そうか、うまく利用なさっていた方もいらしたのね(笑)。




posted by みいしゃ at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

コーヒーの木

雨が上がって、やっと少し寒気が緩んだのだと思う。
此のままずっとこの寒さが続くのはちょっと・・・と思っていたので、私的には一安心。

身体が冷えると寝つきが悪いし、不活発この上なくなるので、身体を上手に動かす事を心がけたい。

P1060901.jpg


実を蒔いて発芽したコーヒーの木は室内でやっと本葉が展開しつつある。
気温が高く、もう少し日照が与えられるなら、成長は早いはずだけど、出窓に置きっぱなしで乾燥しすぎない程度に灌水だけしている様では、冬の間の成長はこんなものかも。

P1060903.jpg


手前の三個は小さいままで。
ずっと皮が破れなかったいちばん左の物は、それでもいちばん上の表皮だけはちゃんと剥がれて土に落ちていた。

枯れてしまわないのが偉いといおうか立派だと思うのだが、来春になるまでそのまま命がつずくものかどうか???

これ以上の保温等はできないので、チビさんたちには自分で頑張って欲しいわ。


☆ぐるちゃんは元気。
自分で自分が快適な場所を見つけて移動しながら、寒さも何も関係なしで。
相変わらず良く食べるし、元気で居る事こそが一番ね。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

3℃だの4℃などって

最低気温をきくとびっくりするのだが、まあそんな気温下ではお外に出ないから、私は良しとして(笑)。

それでも取り残してあったユーホルビア(ダイアモンドフロスト)の鉢を車の後ろ=軒下に取り込んだ。

いつもは12月中旬まで放ってあるのだが、東京あたりでは外での越冬は無理。
そろそろ短く切りこんで、尚且つ最低気温が3℃以下になる時には鉢全体にビニール袋をかけてなんとか寒さを防いで何年も同じ鉢で生きてもらっている。

ダイモンドフロストは本来とても丈夫だから、切り取った枝をお水に挿しておけば簡単に発根するので、そのまま冬を越してそれを土に戻せば復活。
買ってもそんなにお高くないのだが、毎年新たに買い求めるのも能がないから、私はもう何年も同じ命を育てているの。

温度さえあれば何処ででも育つし、室内でもお花を付けるのでお勧めのお花なのだが、桜草同様かぶれる方がいらっしゃるので要注意かも。

P1060894.jpg


お日様ぽかぽかの間はずっと二階の窓際にいたのに、陽が陰るとさっさとリビングに下りてきて、本日はベンチの上。

その日によってあっちこっちと場所を変えるのがなんとも不思議だけど、猫さん一匹に居場所はあちこちに作ってあるので、気分によってお好きなように使ってくれれば・・・それで良しね。

ムッとした様なお顔に見えるけど、ぐるちゃんの気分は悪くない。




posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

紅葉

なんだかやっとお日様に会えたような気分で、冷たい空気の中お日様はキラキラだった。

曇っていても結構乾燥はしていたみたいで、お庭の鉢には陽が落ちる前にきちんと灌水。
今年は夏〜秋が天候不順だったので、クリスマスローズの古い葉切りは少し早めにしよう。

花芽がしっかり成長するように、お日様は出来うる限りあたって欲しいから。

P1060888.jpg


ハーモニー(柏葉紫陽花・アメリカ紫陽花)の紅葉が奇麗。

P1060886.jpg


紫陽花としてはお日様が好きで、でもあまりお日様が強いと葉っぱは奇麗でなくなるのだが、今年の葉っぱは素敵でしょう?

10月にはいつまでたっても暑いなんて嘆いていたのに、此処の所は本格的に寒さがやってきた。
暑いのも苦手だけど、寒いのもこれまた身体が縮こまってしまうので、冷えには気を配りつつ、程々に動いていきたい。

リウマチに関しては寒いから関節の状態が悪化する訳ではないけど、冷たさは感覚を鈍くしてしまうので、捻挫をしないように転ばないように・・・小気味に動ける様な身体を保っていきたい。
安静だけが良いのではないわ。





posted by みいしゃ at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

曇り&小雨

寒くは無かったの。
でもどんよりとしたお天気で、私はまあまあ普通。

先週と今週は月曜日にメトレート(抗リウマチ薬)を飲んでもお腹が痛くならなかった。
と云う事は、なんだかだと身体を動かす事で、お熱を出す前ほどには体力が回復したのだと思う。
メトレートはたったの一錠なのだから、これでリウマチが大人しくして居てくれるのなら、オレンシア共々これからもお世話になりたい。

P1060859.jpg


気温が下がりつつあるので、お庭に出しておいたクロトンをお部屋に避難。
小さな観葉植物だったのがだんだん大きくなって、お部屋がジャングル化してしまう。

今後は寒さに弱い観葉植物は絶対に増やさないようにしなくては・・・。

☆ぐるちゃんは元気。
ホカペ大好きでゴロンゴロ〜ン。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

ガーデニング

程々に暖かいし良いお天気で、今日もお庭に下りてせっせと働いたわ。
時間的には短いけど、私にとっては程良い運動だと思う。

ガーデニングって植物を育てる事だけではなく、足し算引き算お片付けも含めて・・・好きだから出来る事。
本来はぐうたらでお家の中は何となく雑然としてゴミだろうと思われるもので溢れているのに・・・。

P1060848.jpg


ラガーフェルド・たおやかで穏やかなバラだと思う。香りも程々。
秋バラは春と違って一斉に咲く訳でないので、これがまた風情があるのだと思う。

夏剪定もしなかったのに、次々と楚々と咲いてくれて、嬉しい限りである。

来年はマンションの修繕のために置き場所も変えねばならないから、春5月のバラはどうなるか判らないので、今の時期の秋バラを愛でていたい。


☆KiKiちゃんは、本日はじめての通院だったそうで。
採血と触診の際には相棒さんとはなされたそうで、ビビリな彼女は暴れて獣医さんの指を負傷させたのだとか。

「扱いが悪くって申し訳ございませんでした」って獣医さんがおっしゃったそうで・・・(笑・笑・笑)。
多分KiKiちゃんは猫だから「猫を被っていた」訳で、特にビビリだからドキドキの内に知らない人に触られて採血されて、びっくり仰天だったのだろう。

ワクチンを打つと副作用があったので、今回はワクチン前に抗体検査をしてからと云うための採血。
こっちのワクチンがフェロバックスだったので油性アジュバンドのせいかもしれないのだけど、抗体価がちゃんとあればワクチンは避けて欲しかったので、健康診断を兼ねての通院。

血検の結果は二週間後。

お家に帰って落ち着けばウニャウニャと甘えて、一人と一匹の生活はすっかり軌道に乗っている。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

コーヒーの木

車は息子が乗って行ったので、車庫のお掃除をして(私の出来る範囲でモッコウバラやその他を切って)コーヒーの木を室内へ移動した。

P1060834.jpg


早速ぐるちゃんがチェック。
同じ木よ、昨年もあったでしょう?
虐めちゃいやなのよ。

P1060836.jpg


声をかけて制止すればその時は一応止めるんだけど、きっとまたチョイチョイしたり齧ったりするだろう。
KiKiちゃんは飛び乗ろうとして鉢ごと倒した事もあったもんね。
ヘンテコな物はチェックするので当たり前。
植物と猫さんと、どちらをとるのか?と問われれば、そりゃ猫さんなんだけど、植物だって生きているのだから、まあお手柔らかにね。

P1060840.jpg


二本立ての片側を小さく剪定したので昨年とはまた趣が違うし、日照不足&肥料不足&お手入れ不足で、今年は「実」は無し。

来春までしっかりとお家で過ごして、来春〜秋にはまたしっかり成長して赤い実を付けて下さいね。





posted by みいしゃ at 23:43| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

金木犀

もう一週間くらい前からかしら、公園のいちばん南側の道路近くを通ると香ってきていた。

ええっ早くない?とある意味戦々恐々としていたの。
だって私はあまりあの香りが好きではなくって、本当に頭が痛くなってしまうから。
強烈すぎるのだと思う。

ウチにも大きく育った金木犀の木があって、お花の最盛期には東側の(ぐるちゃんがよく寛いでいる)出窓は開けられなくなる。

本日物置の残してしまっていた所を整理していたけど、ウチのはまだみたいで、私の活動には害はなかった。

10月10日過ぎあたりが香りの最盛期かも。
どうぞお手柔らかに・・・と願っている。

これが2012年の様子。

ウチのは私が引っ越してきた時から植えてあった。
ご近所にも公園にも金木犀はいっぱい植えてある。

一年中緑の葉っぱは美しいし、虫もほとんど付かないけど、どうしてお花があんなに香るのかしら???




posted by みいしゃ at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

フタバ展開

コーヒーの実の発芽に驚いてから、少しは日当たりの良い棚に鉢を載せて、その後すっかり忘れてしまっていた。

P1060751.jpg


これが今の状態で、双葉が展開して・・・全部で6本。
双葉って丸っこいのね〜。

P1060752.jpg


4本しか見えないかしら?
こっち側の一本はまだ殻を被ったままで、3本が生育不良なの。
で、東京はずっと天候不良なので、殻が被ったままの一本はひょっとしたら此のまま枯れてしまうかと思う。

それでもまだ茎はしっかりしているので、本日から室内の出窓に置いて管理する事にした。

実はちゃんと等分に間を開けて蒔いたつもりなのだが、いつまでたってもなかなか発芽しなかったので、途中で紫陽花を挿したりごたごたしていたので、こんな風に偏って発芽してしまって。

P1060753.jpg


本葉が展開すれば、こんな感じのややとがった葉っぱになるはずなのだが、さあて・・・いったい何時ちゃんと定植すればいいのやら?

テーブルグリーンとしてよく売られているのは、二本もしくは三本で一鉢にしてあるから、本葉の展開が見込めたら、その時に植え替えてみようと考えている。


東京杉並はやや肌寒いとの予報だったのだが、小雨は降れどもなんだか蒸し暑くって。
今朝フォリアミン(葉酸)を飲んで、午後にはかなり身体の調子が上向いたので、ちゃんと基礎代謝が上向いたのだと思いたい。

だから明日からはもっと食べよう。
生きているものはみんな、食べてこそ=お口から食物が摂れてこそ身体が機能するのだと信じているから。





posted by みいしゃ at 23:39| 東京 🌁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

蝉は鳴いているけど・・・

蝉は鳴いているけど、ず〜〜〜と雨で、今やっと止んでいる。
こんなお天気は40年ぶりだとか。
これが初めてならいかなる天変地異が起こりつつあるのかと慄くのだが、前にもあったというのならどうってことない。
(40年前はブラジルへ行く前で実家暮らしだったかもしれない。あまり記憶は定かではないけど・・・。)

でも明日の日中はお日様が出て気温も30℃近くになるそうだから、急激な気温の変化に負けない様に付いていかねばならない。

お庭は放ってあるので、どうなっているのか気がかりなのだが、明日こそはちょっとでも様子を見たいと考えている。

P1060732.jpg


で、これは一体何かしら?

P1060733.jpg


よ〜く見ると芽は6本。
葉っぱが展開しそうでしょう?

最初はキノコが生えてきたのかと驚いたのだけど、ひょっとしてこれは・・・コーヒーが発芽したのかもしれない。

赤い実を剥いて果肉を外して、その後暫くはその存在も忘れていたのだが、捨ててしまうより土に入れてみようとそうした記憶はある。
それがKiKiちゃんをお届けする前だったのかお届け後だったのかそこいら辺の記憶もあいまいで。

すっかり忘れた頃にこんな風にニョキ〜!
外の軒下に放ってあったの。

此のプラ鉢には最初は千両の実を蒔いた。
それはちっとも発芽せず。
で、コーヒーも何も期待せずただ突っ込んだだけだったのでもうビックリ。

そうよね〜、コーヒーの苗は100円ショップにも売っている位だから、発芽は簡単なのね。

さてこれはどのように育つのか?
一苗ずつ分けねばならないのかも・・・。

小さな鉢に定植できたら、どなたか是非貰ってくださいね。
東京・杉並産のコーヒー!!!
冬は室内でないと越冬できないけど、小さな白い花が咲いて赤い実が付くから。




posted by みいしゃ at 23:06| 東京 🌁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

初物

茗荷

P_20170720_195122.jpg


やっと一個、初収穫。
下草に負けているのかもしれないし、ハーデンベルギアに負けているのかもしれない。
ハーデンベルギアは鉢仕立てにして出窓の上部に這うようにいちばん隅っこに置いたのだが、生育があまりにも旺盛で、根っこがすでに鉢から地面に下りて伸びつつあるのかもしれない。
お花が終わってからバッサリと切ったのに・・・。

まあ茗荷は多分これからだと期待して、毎日覗きこんで見よう。

初物ってわけではないけど、この間初めてマンション植え込みのアメリカ芙蓉を引きちぎっていらっしゃる女性に遭遇した。

開けば一両日しか持たないお花で、蕾だって色が付いていないものはまず花開かないのに・・・。

女性は70歳代後半〜いや80歳代かもしれない。
眼鏡をかけて奇麗な格好をした如何にもな奥さまで、素敵なお洋服を着ていらしたわ。
多分お買い物を済ませてバスで帰っていらしたのだろう。

「やめて下さい」って声をかけたら、「すみません」の言葉と共に、先に手折った分をショッピングバックに押し込んで澄まして歩いていかれた。
私はそれ以上はお名前も訊かなかったし、別段後を付けたりもしなかったのだが、気持はうんざり不快感いっぱいだった。

確かにアメリカ芙蓉のお花なんてのはお花屋さんには売っていないけど、欲しいのならご自分でお育てになれば良いのだし、他人が丹精した物を無断で持ち去るなんてのはいけない。
花泥棒は犯罪なのよ。
止めて欲しいと願っている。

☆あと一歩、夜だけでももう2度ほど気温が下がらないかしら〜?
それでも今年は元気だけど・・・。





posted by みいしゃ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする