2018年10月29日

冬鳥

猛暑だ台風だ・・・なんてのが影響しているのかしら?
またまた冬鳥の飛来が遅れている。

公園の小さめの池にも毎年鴨やらキンクロハジロでいっぱいになっていたのに、今年は先日(四日前)にやっと鴨さんたちが7羽やってきたのに、でも今日は一羽も居ない。

幼い子を連れた人とかお年寄りとかがパンくずを持って公園へいらっしゃるのだが、鳥に餌付けはいけないとかで。

P_20181028_162214.jpg


これは昨日の鴨。
鴨って私はあまり区別がつかないけど、カルガモ以外はほとんど冬鳥=渡り鳥なのだそうだ。

昨年までは羽を怪我して飛べないキンクロハジロと鴨さんが居たので、一人の女性が通っていらしたのだが、二羽は死んでしまい&「近隣の迷惑になるから餌付け禁止」という立て札が立てられて、今は定期的に冬鳥の為に通っていらっしゃる方は居ない。

頼まれていたので「来ましたよ」と鳥おばさんには連絡は入れたのだが、今年はどうなさるのかしら?

「鳥に餌をあげないでください」と毎日通ってきて文句を言う小学生の男の子は居るし、「鳥に餌やり禁止、条例だ〜条例だ〜」と騒ぐおじいさんも知っている。

噴水の整備と泥さらえの為に一年で二回も池をお掃除したのに、一メートルはあろうかと思われる黒い鯉がいっぱいで、あの池は今後どうなっていくのかしら???

P1070585.jpg


ぐるちゃんは今晩も「あかん」猫さんだった。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

猫?

台風さんは困り者だと思う。
今日は肌寒く明日はうんと気温が上がるそうだ。
なんとかうまく天候に適応していきたい。

1538744933941.jpg


グミちゃん、♂のチワワ。
ごく普通のどうってことないワンコさんで、この子は私の友達のお嬢さん夫婦の犬。
日中はほとんど私の友達と暮らしているのだが、どうやらグミちゃんは猫さんに変心する素養があるようだ。

1538743469226.jpg


私は「またたびまる」をレオ君(猫)にあげたのに・・・。
何故かグミちゃんがとっても気に入って放さないのだそうだ。

ええっと、「またたびまる」は中身にマタタビの樹皮が詰まっているはず。
猫にマタタビ&犬にもマタタビ?と不思議。

なんでもいいわ、可愛いわ。
こう云った姿を見ると、嬉しいのは人間の方で、それはちゃんとワンコさんが人間の愛情を受け取っているから。

人間側に愛情がないと犬や猫と暮らしても楽しくないのだろうと思う。
だから途中放棄をしてしまうのだろう。
そんなのは止めて・・・と思う。


☆ぐるちゃんは元気。
本日はほぼ一日中私のベッドの上で暮していた。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

憂鬱

昨日より気温が下がる・・・なんて予報を聞いていたのに、なんだか私には蒸し暑い日で、雨が降り出しても(電気工事のせいもあって)静けさとはほど遠く、一人でなんだかイライラしていた。

そんな時ってまた嫌な情報が飛び込んできたりするもので、何らかの解決策も思い浮かばないまま、不可抗力でかかわらざるを得なかった人間を哀れだと悩んでみたりしていた。

こんなのは根本を少しずつでも解決していこうとしない限り、何時まで経っても新たな「哀れ」との出会いに悩み続けることになるのよ。
毅然とした考えをしっかり持つことが大事ではないかしら?


かわいそうな猫がいるので保護してという前にご自分でできることをお願いします。
@ 自分で保護できるネコか?(なついている?)
A 自分で獣医医療面をカバーできるのか?
B 譲渡できるまで自宅でお世話ができるのか?
C 譲渡先が見つからない場合は自分で終生飼育(飼う)覚悟はあるのか?


これはある方が呟いていたもの。

他人に協力を願うなら、自分も動かねばならない。
これこそが愛護で、ただ単に「何とかしてあげたいよね」と書くことは悩みぬいている人間にはいらぬ負担をかけるのだと言う事をお忘れなく。
そしてこれこそが愛誤だと考えている。

猫に愛を感じてなんとかしてあげようと努力している個人や民間団体は多いけど、人が見捨てた猫さんを助けていくには場所が必要&お金も必要。
そして強靭な精神も必要なのだと思う。

で、根本はどなたが一体全体お腹をすかせた哀れな猫さんをこの世に送り出したの???
何故お外で暮らさざるを得ない子が居るのかしら???


P1070541.jpg


ぐるちゃんは今日ものんびりと過ごせた。


☆昨夜の中秋の名月には会えた。
やや断続的だったけど、それでも綺麗で嬉しかった。





posted by みいしゃ at 23:50| 東京 ☔| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

無事

一時的に停電も経験したけど、停電したのは東京ではごく一部。
冠水情報もあったけど、大したことなくすべて解消。
公園等も枯れた小枝が落ちている程度。

ゲリラ的に・・・ほんの短時間だったからこれで済んだのだろう。

本日も雷注意報が出ていたけど、少し雨が降った程度で雷は聞こえず。
気温は大したことないのにとにかく湿度が高くって不快ではあったけど、ちゃんと動ける程度だったので、これで良しと思いたい。

P1070504.jpg


お庭をざっと点検中に見付けた蝉の抜け殻。
地面に落ちていたので泥が付いているけど、触角まできちんとぬけているから、蝉はちゃんと大人になれたのだと思う。

見付けたのは一つだけ。
まだあるのかもしれないけど、昆虫類は減っているのだろう。

犬の散歩中に娘が小クワガタを見付けたなんて事もあったのだが、いわゆる雑木林が無くなってしまったし、ここいら辺は昆虫にとっては住みにくい場所になってしまったのかしらね?
ゴマダラカミキリなんて窓からウチの中へ飛び込んで来ていたのに・・・。

猛暑日がこんなに続く事もなかったし。
地球は変わりつつあるのかもしれない。

地球を虐めないように注意しつつ、しっかり生きていきましょう。


☆ぐるちゃんは元気。
お外の私と付き合いのある猫さんたちも無事。




posted by みいしゃ at 23:45| 東京 ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

10秒00

山縣選手銅メダルだそうだ。
100m走ってすぐ終わるのに、ドキドキ。
たったの10秒に信じられないほどの練習が存在するのだろう。

私はまずはおめでとうと言いたい。

ジャカルタ(インドネシア)も気温が高いのだろうけど、東京の気温も普通の人間の体温より高かったのは確かで。
明日も、そして明後日にはやっと少し気温の低下が見込まれるのだそうだ。

「猛」残暑日なんて書いてあると、文字そのものにもうんざりしている。
何でもかんでも「猛」って付けないで!
感覚は判るのだが、造語を作っていかないで欲しいと思う。

「ら」抜き言葉はすっかり一般的になってしまったけど、例えば何らかの論文を日本語で書く場合、「食べられる」→「食べれる」で日本語の論文として通用するのかしら?

せめて書く場合は、きちんと言葉を大切にして欲しいと、私はそう考えている。

どなたかが話した言葉を書く場合も・・・。
「ざんきに堪えない恥ずかしい話」ってこれは間違っていると思う。
正しくは、「慚愧(ざんぎ)に堪えない。恥ずかしい話である。」とすべきで、勝手に文章を形容詞にしてしまうとは、違和感いっぱい。

誰やらが「清々しい(すがすがしい)」を「きよきょしい」と読んだなんてのは笑っていられるけど・・・ね。


☆満月はとても美しかった。
満月こそは一晩中空の何処かで輝いているから、まだご覧になっていない方は是非・・・と思っている。

さあ明日からは又新しい週が始まる。
てきぱきと動いて行きたいものだ。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

湿度(8/21の分)

気温のせいと言うより湿度が高いと不快感がぐっと増すのだろうと思う。
先日来の爽やかさは影をひそめ、猛暑日ではないけどあまり快適では二日々が続きそうだと思う。

でも文句は言わない、自分が対処していかねばならないのだから、それなりに頑張るのみ。

甲子園の高校野球の決勝戦はTVで観戦。
勝っても負けても・・・暑い中を大きな事故もなく怪我もせずに頑張ったのね〜。

野球は団体でやるもの、個人だけの責任ではないから、チームの選手全員が納得して欲しいな〜と思った。

☆ 捕手が投手のの事を「もっと立派な捕手と組んでいくだろうから・・・」という言葉は不要で、こんなことを言わせないでね監督さんと、私はちょっと寂しかった。

☆スコアボードが大きく変化して見やすくなって。
LEDを使うから電気の消費量も減った&コンピューターで簡単に文字入力もできるのだろう。

暑さへの注意などは文字で示すのも効果あり。

「置き引き注意」なんてのは、当たり前なのかもしれないけど、物を落としても戻ってくるという「日本の評判」があるらしいのだが、事には表裏がある&結局自己が実を守ること・・・と言う事になるのだろう。

電車の中でスマホをバッグから盗まれた、なんてのがあって、まだまだ犯罪は何処にでもあるのだなと実感した。

人殺しもあるもん。

みんなが正直で実直であると考えるのが間違っているのらしいけど、そういう世の中になればいいな〜と儚い希望は持ち続けていたい。

P_20180821_131833.jpg


画像は相変わらず「ぐるちゃん」。

巨大でおデブだけど、元気で宜しい。




posted by みいしゃ at 00:35| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

台風・まだ移動中

東京・杉並は午前中いっぱい台風の影響とみられる雨や風が少し感じられたが、その後はお日様もいっぱいでまた夏が帰ってきた。
九州のあたりではまだまだ渦中。

高潮の被害もあったようだし、停電なども。
避難を強いられていらっしゃる方もあって。

自然災害は避けられないのだし、如何に対処していくかが大事なのだとよく判る。
個人の力だけではどうしようもない事も多いので、行政には頑張って欲しいものだと思う。

P_20180729_185434.jpgkakou2.jpg


これはウチの近所。
妙正寺川の遊歩道の所。
(一般民家が映り込んでいるので加工してあります。)

まさに唖然とした光景が目の前にあった。
確かに台風ではあったけど、あれくらいでこんな風になってしまうとは、如何に普段からの点検整備が不足だったのかと・・・恐ろしい。

昨年やっと枝垂れ桜は一部手入れがなされたけど、その以前にもこの太い手柵は別の場所で傾いでいたのに・・・。
一般区民からの訴えがなければ手は付けられていなかったのかしら?

倒木のため通行禁止と書いてあったけど、誰も見張りはなく、とても危険だと思った。
木の生長する力は自然条件が合えば物凄くって、植えれば良いってものではない。

遊歩道はみんなが通れるお散歩みちで、柵には幼い子がぶら下がるかもしれないし、どなたかが身体を押し付けるかもしれない。
治水工事では川は底からコンクリートで固められているのだから、人間が落ちたら多分大けがをするだろうに。

この下に猫さんが落ちる(落とされる)のを必死の作業で他人の力を頼んで救いあげてきたのだが、猫さんだからこそ怪我もせずに生きていられたけど・・・。

台風一つとってみてもまず本番に備えて、事が落ち着いたら直ちに点検整備が必要。
公立の保育園の角には渋柿のなる柿の木があって、青い実は沢山遊歩道と道路に落ちて潰れていた。
って事は、日曜日と言う事もあって、どなたも確認にはいらっしゃらなかったのね。

そういうものなのか???
なんだか疑問がいっぱいだけど、私もお掃除に行かなかったのだから同罪なのかしら???





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

会見

本日はなんだかな〜・・・でしょう?
まあ飽きなくって良いかもしれない。

忖度(そんたく)の次は乖離(かいり)。
乖離なんてパソコンは変換してくれるけど、私は書けないわ(笑)。
難解な日本語を持ち出して何が面白いのだろうかとも思った。

それにしても指導者と選手の関係は難しいらしい。
ただ日大のスポーツ関係者が全部はこんなはずはなくって、昨夏突然亡くなった「先生」も日大の教授でいらしたけど、あんなおかしげな人間ではなかったし。

昔の脅しにも似た指導と違うはずだろうとは思うけど、指導者と選手は考え方が違うとどちらにとっても不幸だと思う。

なんて考えていた時に思い出した一冊は『風が強く吹いている』・三浦しをん。
一つのスポーツ(この場合は長距離を走る事)を取り上げて色々な感情を描いてある。
何をどうとらえるかは個人によって違うけど、今この機にこの本を読んでみたらどうかな〜と思った。

P1070334.jpg


雨は大したことは無く、涼しくって気持ちが良かった。
窓は閉めてあるけど、最近よく此処に張り付いているヤモリさんにはしっぽがない。

またちゃんと長い尻尾が復活するのかしら?

ウチにはどのくらいのヤモリが住み着いているものか全く分からず。
しかも興味がないのでお部屋の中から「尻尾がない」とか「この子は小さい」とか勝手な事を言っているのみなのだが、代を重ねて生き続けているヤモリさんたちにもしっかり生きていって欲しいと、私はそう願っている。


☆明日は晴れるそうだから、まずこの埃の付いたゴムの木の葉っぱを洗おう。





posted by みいしゃ at 22:59| 東京 🌁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

このまま・・・

夏にはならないとは判っているけど、なんだかね〜気だるいの。

年をとったせいでもあるけど、目標を立てて希望を持ってそれに向かって進んでいこうという気力の欠如と言おうか・・・どうも人生に対して後ろ向きで、こんなものかと自分で自分にガッカリ。
でも毎日を人様に迷惑をかけずに生きていかねばならないとは思っている。

猫さんを拾った(保護した)人が居る。
喜んでではなくって、誰も他の人が手を出そうとしていなかったから、哀れで放っておけなかった結果である。

その保護された猫さんは今は安全に保護されているから良いんだけど、その子の居た地域には人間がかかわってなんとかしていかねばならない猫さんが他にも居そうだという事。
これはもうある意味犯罪ではないかと思ってしまう。

お腹をすかせた猫さんが哀れとご飯を与えることは悪くは無いのだが、その猫さんに対して責任を持たないと、ご飯を与えている人は『お腹をすかせる哀れな猫さんを増やすお手伝い』をしている事になる。

なんとか食べさせるだけで精一杯で、とてもじゃないけど不妊手術などのお金は出せないと、無責任な人たちはみんなそうおっしゃるけど、どんどん哀れな猫さんが増えていけば、困るのはご自分でしょう?

そういった事の判らない人がいまだに居らっしゃるなんて・・・それこそ困ったことだと思う。

車のエンジンルームに入り込んだ猫さんを捕獲器で保護するまでにも、お乳の垂れた,つまり出産を終えた三毛猫さんが歩いていたそうだ。


・まずご飯処を突き止める事
・不妊手術をしてくださるようにお願いする事
でないと、いつまでたっても哀れな猫さんに出会うたびに半分泣きながら個人だけが必死でいなければならない。

一人ではなかなかそういった行動はできないかもしれないけど、愛護センターや行政に相談するときっと「間違った愛護=愛誤」を一緒に説明して良い方向へ向かうように一緒に行動してくださるかもしれない人を紹介してくださるかもしれない。

現実に東京都では動物(犬と猫)の適正飼育を指導するボランティアさんを育て上げつつあるのだし、安価で不妊手術を施してくださるNPO法人や団体さんも出来ているのだし。

みんなが努力していくべきだと考えている。

川に落ちていた猫さんはかなりの雨が降ったのでそのまま流れていって命を落としたのだろう。
私の様な個人にだけ訴えてもたった一匹の命も助けられない。

今から20数年前に、犬の散歩に出た私は川に捨てられた仔猫さんを見つけた。
勿論私一人では三匹の溺れた仔猫たちは助けられなくって、そこを通りかかった高校生の男の子が二人して上へあげるまでは手伝ってくれたの。
それと、私の犬は猫さんが好きで、あの子が捨て猫を見つけたのね、何度も。

一時は年間30頭以上の猫さんを譲渡した事もあった。

それが今では仔猫にはほとんど出会わない。
これは私一人ではなくって、不幸な猫さんを増やしていってはいけないと考える人たちがみんなで努力してきた結果なのだと思う。

猫さんと暮らすと困ったこともあるかもしれないけど、嬉しい事の方が多いと思う。
人間の素敵な相棒になれると思う。

猫さんはちゃんと生きていかねばならないので、努力するのは人間だと、私はそう信じている。
まずはいったん蛇口を閉めましょう。
他にもいっぱい努力すべき事はあるけど、増え続けていく事によってもたらされる喜ばしい結果は決してないのだと断言できるのだから。
(お外で暮らす猫さんだけでなく、多頭飼いの場合も同様。)





posted by みいしゃ at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

一週間

東京は丸一週間、最低気温が氷点下以下なのだそうだ。
明朝もそうね。
ただ少し寒さは薄らいだと思う。

お庭のお水は凍結することなくちゃんと出たけど、散水ノズルは壊れたみたいで。
まあこれは仕方がない。今度ホームセンターへ行ったら、何か適当なものを物色して来よう。

都心はほぼ雪はないらしいけど、杉並の住宅街なんて道路にへばりついた氷はひどいものよ。
これはもう日中の気温が上がっている間に少しずつはがして行くべきだろう。
朝晩は締まってこちこちだもん。

お仕事がお忙しいのか何だか知らないけど、土曜日に朝も早くからカンカン・カンカンと・・・は止めてほしいのだけど、文句を言うのもなんだかなあでしょう?
こんなに氷になる前なら、もっと簡単に短時間で『雪』の内によけられたのに・・・。

他人への思いやりはこんな事にでも表れる。

せっかく寒波が緩みつつあるのだから、明日がある意味勝負かも。
だってまだまだ寒さは続くのだし来週はまた低気圧がやってくるそうよ。

P1070053.jpg


ぐるちゃんの背中は黒毛に差し毛だらけ。

私は最近とみにお顔のまわりに白髪が増えたのだが、だんだんぐるちゃんに似てきたのかもしれない(笑)。
ぐるちゃんの方がずっとバランス良くピッカピカで綺麗なんだけど・・・。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

地震

寝ようとしていたら突然の地震。
ごく短い時間だったけど、一瞬身体が傾いだのかと思った。
緊急地震速報が誤報だったのに、いつ何時災害が起こっても不思議はないと考えておくべきなのだろう。

いろんな事があって、人生とはいったい全体何だろうと思うこともしばしばなのだし、そろそろ終活?なんて御年賀状もあったりして。
なるようにしかならないけど、大事に生きていきたいものだと思っている。

・神戸のクリスマスツリーは材木になるために昨年12月26日に切って運ばれたとの事。
・昨年4月の殺人事件のあったすぐ近所のお宅は、最後の黄色い立ち入り禁止のテープが外された。
 殺人犯はスピード逮捕だったけど、その後の情報は全く知らない。
・これまたご近所の車庫が潰れたままのお宅に変化があって、お家全体を取り壊し中。
 長い間無人だった。
・昨年12月にウチの東側の道路を挟んだお向かいのご主人様が他界なさった。
 93歳でお昼寝のまま。認知症もなく、特別な病院通いもなく。
 最近はご家族だけでお見送りをなさるのが一般的になってしまっているので、何も分からずにいつの間にか  お別れ。
・国立の迷い猫さんのうち一匹は保護。

どんどん世も変われば人とのつながりも希薄になっていく。
それでも人間は全く一人では生きていきにくい世の中なので、人とのつながりは大事にしていきたいと考えている。



posted by みいしゃ at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

私のバッグ

P1060923.jpg


ヤフーオークションで落札したanvaiさんの猫型バッグ。
anvaiさんはたくさんの方が集まった手造り集団で、商品のほとんどがオークション形式で販売されている。
たまたま1000円スタートだったので、私にも買えたお品。

大ぶりでななめがけが出来て、内側にポケットがたくさんあって、尚且つ軽い。
猫さんのお顔にはお好みもあるだろうけど、私は自分の物になってとても嬉しかった。
実物はもっと赤みが少なく、落ち着いた茶色。

街で此のバッグを見かけたら・・・ひょっとしたら私・みいしゃかもしれないので、是非お声をかけて下さいね。
量産品ではないので、こんなのを持っている人間は数少ないと思うから。
(おばあさんですよ、お間違えなく。)

☆例のクリスマスツリーに関して、昨日からちょっと進展(?)があった。
http://www.soratree.jp/message.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000000-kobenext-l28
https://togetter.com/li/1175257

個人の商売にケチを付けはしないけど、神戸市と氷見市の扱いには疑問を呈したい。
こんな事でギネス記録を狙うのね〜?・・・と、とても不思議。




posted by みいしゃ at 23:41| 東京 ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

尊厳とは(記事に追加、訂正などあり)

今日は暖か。
午前11時頃になると、お庭に下りていてもぽかぽかと気持良く、少し剪定をしてお庭を整えた。

空っぽの小さめのプラ鉢はほぼ処分。
テラコッタの鉢も枯れてしまった物は土をまとめて、鉢はそのままではなく、どなたかに何かを植えこんでプレゼントをする事で数を減らしていこうと思う。

P1060914.jpg


狂い咲きかと思われるクリスマスローズはきちんと咲いていた。
エンジのダブルで、これ一輪だけではなく、横にすでに小さな蕾がスタンバイしていて。
尚且つもう一本きちんと花茎が立ちあがって、それにも蕾があった。

此のお花を撮るには・・・片足ずつ足場を確保してアクロバットの様に進まねばならなかった。
狭いなりにもなるべく空間をうまく利用して、高低差を付けての鉢管理はなかなか大変。
こう云った事がいつまで出来るのかは判らないけど、自分が楽しむためだけではなく、クリスマスローズたちにとってもなるべく快適に命を保っていけるよう、出来る事はしていきたい。

私の運動にもなるし・・・。

がーデニングと言ってもそう大げさな事はできていないのだが、木々にだって命はあるのだから、私は植物も大事にしていきたいと考えている。

一昨年、「カラスが来る」「日照が・・・」「落ち葉のお掃除が」等などの理由でマンション西側にあった大きな木を切ってしまったのが、いまさらながら悔やまれてならない。
木はちゃんと生きていた訳で、切り株の周りからヒコバエがいっぱい生えてくるのに、どなたかの提案でハーブ畑にと数種類のハーブを庭師さんに植えてもらったのだが、何がハーブ?誰も手入れをせず雑草との区別がつかない位の荒れ地になっている。

あの木はどれくらいあそこで生きていたのかしら?
木って本当に長生きで、今は亡き私の父は私が生まれた時に桐を植えて、私の子供または孫のお嫁入りの時に桐箪笥が作れるか?って話してくれた。

桐はうまく育たなかったようで、山の一部になってしまったけど、植物だって長く生き残る事は様々な条件が必要なのね。

世界一のクリスマスツリーを作るために、富山県氷見市にあった樹齢150年ほどのあすなろの木を神戸へ移動したのだそうだ。
お山にあって林業と云う事で売り払ったのとは違うとの事。
人間の管理下にあった木ね。

あすなろの木はイベントの終了後は切り刻んで一部バングルとかに加工されて売りだされるとか。
http://piropurin.com/event/kobetree
http://iina-kobe.com/entry85/

こんな事を企画し宣伝した人たち&協力者たちは恥じて欲しい。
少なくとも私はそういった人たちを見損なっていた。
結局は事業欲でしかないもん。

費用は約三〇〇〇〇〇〇〇〇円(三億円)???
寄付等も募って、なんというやり方なのかと恐ろしくって悲しい。

氷見の方々そして神戸の方々、こう云うイベントって楽しいですか?
渋谷界隈で事業を展開している方々、そして多分に浅はかな「動物愛護精神」で利害関係にある方々は地方をないがしろにしているわ。

氷見市サイドは行政ぐるみでこのプロジェクトを応援している。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20171005202.htm
なんてこった、恥を知らないらしい。

人間を含む動物だけではなく、植物だって命はあるのだし、様々な理由でその命を絶たねばならないと言うのも理解はできるのだが、何も言葉を発しないからこそ、なおその尊厳を守っていく事が人間が出来うる事ではないかと・・・私はそう考えている。
命は感謝して利用させていただかねばならない。






posted by みいしゃ at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

命は大事って言っていても、私はベジタリアンでもヴィーガンでもない。
人間は食べなければ生きていけない訳で、動物だけではなく植物の命も頂かなくては生きていけないのだから・・・食べ物は無駄にせず感謝して口にする事にしている。

そんな生活の中で、ネットで簡単に食べ物も注文できるようになって、ずっと一年に一度だけ蟹を注文していた。

昔の郷愁と言おうか、それ以外あまり特別な思いは無かったのだが、私が注文していたのは香箱ガニ。
ほとんどが鳥取のお店なもので、思い出とは違って、呼び名もセコガニとかセイコガニとか云うもの。
いわゆる松葉ガニのメス。

一度産卵するとそれ以降は身体は大きくならないそうなので、一般的に香箱ガニは小さい。
勿論それは承知の上で今年も注文したのだが、解禁後すぐにそれが届いた。

何回か注文していたお店が楽天から撤退なさったので新規にお店を選んだのだが、明けてびっくり宣伝と全く違うの。
注文は一キロだったのだが、どう見ても重量は不足。
それでも奇麗だったしまあ仕方がないかと思っていたら、他に注文なさった方からは散々なレビュウがあがって、尚且つお店の方からお詫びメールが届いた。

別の商品を発送との事で、まあなんとご丁寧な事と思っていたら、現場は混乱している様で、待てど暮らせど蟹さんはやって来ない&苦情レビュウが増えていくのみ。
こんなんだったら、お詫びメールだけにすべきだったのに・・・。
HPにもでかでかとお詫びをお出しになったのに、それは削除されているし。

まあねえ、一度は食べてしまった訳だから、これで良しとすべきで、来年からはもう此の蟹さんは食べるのを止めようっと。

自然相手の商売は大変だろうと思う。
でも、「うそつき」だの「詐欺」だのとお客さんに文句を付けられる様な商売は、これからもうまくいくはずもないのでは???

ぐるちゃんはお相伴。
美味しかったみたいよ。

お味は良かったし、外見は奇麗だった。






posted by みいしゃ at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

ラブラドールレトリーバー

ほんの小雨の時を見計らって外へ出たら、思いがけずジュンちゃん(♀のラブさん)の飼い主さんご夫婦に行きあった。

ジュンちゃんは今年一月に身罷ったイエローラブさんで、昨秋から見かけなくなっていたので、情報はすでに獣医さんから貰っていた。

ご夫婦がお忙しい時でもお散歩はちゃんと人を雇ってでもなさっていた。
訓練済みだったのに、ジュンちゃんは何故か私を見つけるとすっ飛んでくる子で。
何かオヤツをあげた事もなく、ただ座らせて撫でていただけなのに、何故にあのような愛情を私に示してくれたのか?
兎に角ちょっとおデブの可愛いワンコさんだった。

深大寺に最後に連れていくときに、「みいしゃさんチの前にいったん車を止めて、お別れを・・・」なんておっしゃるから・・・。

15歳2ヶ月だったそうで、そのほとんどが外飼いだったので、それだけが私は不満だったのだが、リビングのすぐ前だったし悪天候の時にはちゃんとお玄関には入っていたから、まあまあ。
ラブさんは力が強いし、大変な事もあっただろうけど、「一緒に暮らせて良かった」と思ってくださっているから、これ以上の事はないと思う。

ご主人様のご両親が94歳と93歳でご健在で、若手のご夫婦と言っても私とそう年が違う訳でもなく、まあお互いにもう暫くは頑張りましょうねと言ってお別れした。

ラブラドールリトリーバーは頭の良い子が多く、だから盲導犬として働いている子にもたくさん利用されている。

知り合いに○メイトさんから譲渡された盲導犬をご利用になっている人が居て、すでに3頭目。
大体が私にとってのワンコさんと言うのは労働を強いるのはどうも不向きと言おうか嫌。
あの団体さんが練馬の割とウチから近い場所にあるので、知り合いの女性もそうなのだろうけど、「犬は犬」と何やらうじゃうじゃおっしゃる時には、盲導犬ではなく犬はこうしてあげてと愛情の伝え方を文句半分平気で口にしてきている。

3頭目にして初めて男の子なのだが、オシッコなども女の子と扱いが違うらしく、ファミレスの入り口で粗相をしてしまったと嘆いていらした事があった。
でも「犬」なのよね〜。

犬を蹴ったとかなんとか盲導犬のラブさんの事が昨日から騒がれていたけど、すでに○メイトの方へ引き取りが完了との事でほっとしている。

大変なお仕事をしているワンコさんなので、ユーザーさんはその事を肝に銘じて大切にして欲しいものだと考えている。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(1) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

まだ暑い

お日様いっぱいで嬉しいけどまだ暑いわ〜。
ちょっと動くと汗が・・・って、ちゃんと身体が機能している事を有難いと思わなくっちゃ。

21616192_1460895990612324_506954814855087977_n.jpg


娘が職場から撮ったもの。
夕焼けは奇麗だけど、まあなんといっぱいビルがあるのかしら!

こういう光景は嫌いではないのだけど、東京って一体全体人間がどれほど動いて居るのやら???

きっと人それぞれの困りごと悩みもいっぱ〜いで、毎日を無事過ごしていくだけでもありがたいと思うべきなのかも。

ほんのちょっとでも良いから、何か楽しい事嬉しい事、心がほっこりとする様な事が、みんなにありますように、と願わずにはいられない。

私も含めて・・・ね。
今日はぐるちゃんと一緒にいっぱいお昼寝しちゃったの。
今晩ちゃんと眠れないかも・・・。




posted by みいしゃ at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

暑いわ〜

相変わらず暑いわ〜。
体調は戻ったのでするべき事がいっぱいあるから頑張らねばいけないのに・・・やる気はまだ低下したままで。
困ったもんだな〜と思いつつ、今日すべきことを明日に伸ばしてしまった。

明日こそは頑張らねば、と此処に書いて有言実行を目指そう。

21462822_1454047081297215_6233686930350168548_n.jpg


アメリカも鮭のシーズン。

‘you touch, you buy'(触ったら買ってね)って、成程ね〜実に直接的で宜しい。
日本でなら、『お手を触れないようお願いします』って感じかしら?

最近ヘンテコな日本語が蔓延しているようで、たまに腹を立てて呆れかえっている。

他人の固定電話へ電話をかけてきて『◎さんのお宅で宜しかったでしょうか?』なんて言われるとぞっとする。
大体が何に対して電話をかけてきた主に許可を与えねばならないの〜?

「あなたはどなた?なぜ私の固定電話をご存じなのかしら?宜しいも宜しくないも・・・私は何と答えればよいのかしら?」と、私は手厳しい。
意地悪?

「ら」抜き言葉、例えば「食べられる」→「食べれる」なんてのさえも私はいまだに違和感を覚えていると言うのに、こう云う言葉使いは私は認めない。

普通にまず自分が誰か名乗ってね。
それから◎さんでしょうか?で良いのでは???




posted by みいしゃ at 23:49| 東京 ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

21℃

涼しくって身体が楽。
もっとも外から家の中へ入るともあ〜っと温度差を感じるから、室内温度は21℃まで下がっている訳ではなく、動くと暑いけど・・・。

明日も曇りながら気温は低いそうだから、これをチャンスととらえて体力回復に努めたい。

P1060748.jpg


小雨が降ったりやんだり。
それでも出窓から入ってくる自然の風が気持ち良いらしく、ぐるちゃんはのんびりと此処で寛いでいた。

食欲は旺盛で何やらルンルンと楽しそうだから、身体もうまく回っているのだろうと思う。


☆先日動物愛護法違反で逮捕されたさいたま市の男性に懲役刑を求める署名運動が起こっている。
「大矢誠容疑者に懲役刑を求める会」と言うのが大元の展開者だそうだだが、私はこう云った会が如何なものかがまず判らない。

現在の動物愛護法では今回の様な場合は、2年以下の懲役 、もしくは 200万円以下の罰金となり、大体が略式起訴で済まされることが多く、罰金刑で終わってしまうらしい。

もちろん動物愛護法以外でも、ネットに匿名でおぞましい動画を投稿していたとか、税理士としての資質そのもの(社会的立場)も此の男性の否定材料になるのではないかとおもうのだが、SNSを利用して何やら訳のわからない会が署名を集めていると言うのは・・・飛びついて署名するまでには私は至っていない。

あの人も、此の人もシェア(つまり賛同なさっているの)だが、本当によ〜く考えられたのかしら?と不思議である。

で、まったくの蛇足ながら、此の男性は妻帯者でお子さんが二人居るのだそうだ。





posted by みいしゃ at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

病院へ

朝はお熱が下がっていたので、お洗濯やらお掃除やら。
流石にくたびれてお昼寝をしたら、またお熱があがっていて。

仕方なく主治医にрオて病院へ行ってきたの。
採血&レントゲン。
CRPがとても高いから炎症を起こしている事は確かで。
肺ではない、肝でもない、腎臓や膀胱でもない。
残るは大腸憩室炎の可能性大って。

前科(13年前)があるから今日から入院って言われたけど、ちゃんとお薬飲んで安静にするからと・・・帰ってきたの。

だってお腹は痛くないし。
お熱さえ出なければ大丈夫だもん。

自分で運転するのは危険だと思うから、こんな時はタクシー利用だけど、次回は30日にCT。



posted by みいしゃ at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晴天の霹靂?

昨日突然の発熱。
ふらふらで何もできず。
私は今までいつ熱を出したのか記憶にないほどで・・・。

せめて熱の対処だけでもと近隣の病院に診察をお願いしたら、リウマチ専門医が居ないからと診察拒否。
内科医が当番で居るとのことなのに、看護師がすべてを取り仕切るらしい。
なるほどこう云う病院なのね。

辛くって眠れもしない状態だったけど、6時間ほど我慢していたら、やっと汗が出だした。
今朝には大分まともになってきたけど、新宿区の病院までは行けないので、暫く安静かしら?
今日の様子次第で、万が一回復に向かわないようなら、タクシーで病院へ行こう。

診察拒否とは別に、なんでも自己判断で投薬やら施術やらをやってしまうのはこれまた困ったことで。
資格もないのにそういう事を大ぴらにやっていると、いずれ訴えられてお縄になるわよ。
これは特に動物に関することで、なんといい加減なボラさんが多い事かと嘆く次第である。

患者&患畜(飼い主&保護主&一時預かり)は利口であらねばならない。





posted by みいしゃ at 12:01| 東京 ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする