2014年05月22日

驟雨

気圧が不安定だったらしい。
突然の激しい雨・雷・・・そしてまたお日様が出たり。
一日の内の気温差もあったし。

それでも風子ちゃん始め、「ある」「ぐる」が元気なのが嬉しい。

風子ちゃんは一応レディなので、あまり体重がどうのこうのと言うと、たとえ猫さんと言えども気に病むかしら?とも思わぬではないのだが、ええっと、体重はもう900gなの。
ウチに来た時の二倍以上になった。

とっても元気でコロンコロンで。
何故だか「ある」をとても気に入って、「ある」の尻尾でじゃらしてもらうのを最高の喜びとしているみたい。

そして「ある」も風子ちゃんの事が女の子だと判っていて、あ〜ちゃんの時とは全く態度が違うのには笑ってしまう。
風子ちゃんが移動すると、必ず「ある」が付いていく。

まあまあ若い女性に興味を持つのは悪いことではないけど、程々にね。

☆今年はバラの写真をほとんど撮らなかった。
強風で傷んでしまったのと、昨年と同じお花しかないから・・・かも。

でも今から咲くものもあるので、また写してみようかな・・・。

posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

「ある」

10日、日付が変わってのちの痙攣発作(てんかん発作)以来、「ある」の状態はそれなりに落ち着いている、と思う。
そう感じているのは私だけなのだろうけど。

・絶叫は少し落ち着いて
・目が合うと、「ルルッ」とか小さく「ウニャ」とか言うの。
・食欲は以前の「食べない食べない」と嘆いていた時よりはずっと増して
・体重は増えないけど下げ止まっている。

もっとまめに血検をして細かに身体の状態を把握して何らかの対処をすべきなのかもしれないけど、しょっちゅうそうすることで一喜一憂してもなぁ〜・・・とも思い、まずは私はきめ細やかに「ある」の状態を把握することが大事ではないかと考えている。

P1040239.jpg


風子ちゃんと遊んだ後で、もう今にも眠ってしまいそう。
(風子ちゃんはとっくにケイジ内で就寝中。)

あまりべたべたとした接触は風子ちゃんが様々な検査を済ませていないので、まあ私の監視付ではあるのだが、まず風子ちゃんが小さいながらも「女の子である」と言うのが判っていて。
そしてちびさんだけど走るのは「ある」よりずっと素早く、だから「ある」がのんびりゆっくりの移動したのでは間に合わないので、頑張る。

風子ちゃんがあまりに美味しそうにナチュバラを食べるもので、つい横取りしてみたり。

ぐるちゃんが横を通ると風子ちゃんを取られるとでも考えるのか、いきなりぐるちゃんに挑みかかったり。

まあ物は考えようかもしれないけど、風子ちゃんの存在が「ある」には吉と出ているような気がする。

で何故だかわからないけど毛がもうなんだか脂ぽくって・・・(今の調子なら)、週末に軽くシャンプーしてあげたいなと考えている。
これは娘次第。
一人より二人の人間の手のある方が短時間で身体への負担が少なく身体を綺麗にしてあげられるから。



posted by みいしゃ at 23:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

通院

午前中に通院。
「ある」と風子ちゃんと。

「ある」はいつものキャリーで良いけど、風ちゃんもキャリーにすると・・・
自転車では無理だから、風ちゃんは洗濯ネットに入れてキルティングのバッグにして前籠に。

「ある」はステロイドがうまく働いているので、さらに一日当たりの量を減らしてこの調子を保つ事になった。
獣医さんの見立ても何らかの脳障害があるのだろうと言うことだから・・・私は完治はあり得ないだろうと思っているし、「ある」が楽ならそれで良いのだと考えている。

で、風子ちゃんは昨日の下痢以来、朝うまくウンチが採れず。
念のため採っておいた昨晩のウンチで検便。
結果は虫卵は何も発見されず、今のところは単なる消化不良として整腸剤のみとなった。

午後は私が出掛けてしまったのだが、帰宅してからトイレ掃除をしたら、軟便ながらある程度形のあるものになっていたので、とりあえずはこれで良しなのだと思う。
元気はあるし、食欲もまあまあで、なおかつ体重は増え続けているから。

消化不良の原因は一度に大量のドライフードを食べ過ぎて、お腹に溜まっている時間が長すぎたのでは?と言うことだった。

そうかもしれない・・・から、(あまり好きではないけど)ドライフードはふやかしフードにして、一度にあまり大量には食べさせないで様子を見ようと思う。
整腸剤はそのまま続けてOKと言うことだから、検便はまた続けていくけど、この調子で現段階は大丈夫だと考えている。

今日は何故か寒くって・・・。
ドーム型?かまくら型のベッドではないから、風子ちゃんの毛布の下に敷いたヒーターを付けておくことにした。

また昨日沖縄雀瓜の種を蒔いたのだが、これでは発芽しないかも。
紙コップを利用したので、二つだけビニールで覆って室内へ入れたのだが、失敗したな〜と思う。
上手な方は4月の半ばに室内で発芽させて育てられるのだけど、私は室内管理は下手だし、自然環境で育てたいから気温の上昇を待っていたのになあ〜。

苗を探す方が早いかも。


posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

絶叫

今日は朝から「ある」の絶叫がと〜っても好調。
ウチの家族は「ちゃあ」も晩年は絶叫猫だったので、どうってことはないのだが、はてご近所にはご迷惑をかけているのでは?と少し気がかりである。

お隣の奥様なんかは、「あるの声なんて全く平気よ。夜は寝てしまえばそんなことで目を覚まさないし」と
言ってくださるのだが、これからの季節窓を開け放つことも多かろうと思うから、気配りはしていかねばならないと考えている。
もっとも猫の声は犬と違って、そう長時間は続かないし・・・なんとか対処していけると思う。

P1030124.jpg


「ある」の絶叫は何が原因なのか?
私はこの16歳という年齢でいまさらCTとかMRIを利用して検査をしようとも思っていないし、老化以外の原因が判ったとしても内科的な治療以外は切ったり貼ったりしたくないの。

痙攣は4月6日を最後に今のところ起こしていないけど、前回もそう書いた途端だったので・・・どこかから落ちたり何かにぶつかったりしないように、注意は怠ってはいけないとは肝に銘じている。

頭の中、脳内に何か異常があるのだろうと思う。
ほんのちょっとだけど身体が右側に傾いでいるし、頭を振ったりすると右側へぽてんと倒れてしまう。

ステロイドを少し飲みだして・・・三日目あたりから効果が見えてきているから・・・
これはどうするのかまた獣医さんと相談しよう。

P1030125.jpg


内科的な治療で「ある」が少しでも快適なら、それは続けてあげたいとは思うけど、「ある」は投薬でさえ大変だから・・・

まあ「ある」の思うがままの生活の手助けができるような、そんな努力はしていきたい。


☆風子ちゃんは順調。
ドライフードにa/d缶を少し混ぜてあげたら、美味しい・美味しいと夢中だった。
体重476g。太った!

ぐるちゃんがちょっと食欲が減って・・・これは胃薬を飲ませておいたので様子見。
元気で素っ頓狂な楽しい子だけど、意外とデリケイトで胃液の分泌が時として多すぎて気持ちが悪くなるタイプなの。

posted by みいしゃ at 23:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

食欲不振

「ある」の食欲が戻ってこない。
まるで懐石料理よろしく禁断のお魚系の一般食も含めてあれやこれやとお勧めしてみてもちっとも食べずで。

これは困った。
明日にでも獣医さんに診てもらおうと考えている。

片やぐるちゃんは暇を持て余し、あ〜ちゃんと一緒に走ってカロリーを消費出来ず・・・

10001366_670715739630357_6568741554651282083_n.jpg


ドデ〜ン。
「ある」に甘えようとしても拒否されているから、仕方がないのかも。

でも本当にあっちでドデ〜ン、こっちでドデ〜ン。

anaberu.jpg


あ〜ちゃんも平気でドデ〜ンと出来るようになった様よ〜。
猫さんはあ〜ちゃんだけだから、頼るは人間のみとべたべたと甘えているそうだ。

今度会ったら、もう私の事は忘れているかもしれない。



posted by みいしゃ at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

食べない日

「ある」が食べないモードに入っているようだ。
昔の甘えん坊で愛らしい「ある」はもう居なくって、自分しか見えないと言おうか、自分の世界にだけ居ると言う感じ。
人間で例えるなら殻に閉じこもってしまった老人風。

みしゃこやちゃあとは全く違う経過だし、変化が急激で私は戸惑いばかりなのだが、別に凶暴性は全くないから、気持ちよく眠っているのなんかをほっとしながら見つめている。

食べたい気持ちはあるのだが、それが何なのかなかなかヒットしなくって、最終的にはキドナで満足らしい。
キドナが好きで良かったと思おう。
(腎機能が衰えてキドナをと思っても猫さんが好きでない場合も多いらしいから・・・。)

そろそろ大手毬が真っ白になりそう。
バラも蕾が見えてきた。

過ごしやすい日が続きそうだから、「ある」ものんびり過ごせたら良いな〜と思う。


鳥インフルエンザって凄いのね。
全部殺しちゃうんだと、ちょっとびっくり。
鶏なんて自分では移動できないのに、生かしておいても損ばかり出るからかしら?
人間のために生かされて、人間のために殺されるって事ね。

お庭のポッポさんたちは順調に成長中だってのに・・・。

posted by みいしゃ at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

ドッドッド〜

ドッドッド〜トストストス。
ドッドッド〜トストストストス。
ドッドッド〜トストストストストス。

私はキッチンの方に居て、最初は音だけ聞いていて。
三度目くらいに白い猫と黒い猫を確認。
白いのは勿論あ〜ちゃんだけど、黒いのはなんと「ある」だった。
「ある」が走っているなんて、久々でびっくり。

「ある」って穏やかな子で、自分からは決して戦いを挑んでいかない。
え〜〜〜、逃げているのがあ〜ちゃんだから、あ〜ちゃんが何かちょっかいを出して、久々に「ある」がむっとしたのだろう。

タワーの下にあ〜ちゃんが追いつめられていたから、おもちゃで釣ってあっさり救出。

「ある」が走った!
そりゃ逃げ足はあ〜ちゃん方が早いけど、何度も追いかけるほど今日は元気だったって事ね。
(食欲はまあまあ。絶叫あり。)

あ〜ちゃんは良く出来た子で、ぐるちゃんとは取っ組みあってドッタンバッタンして居ても、「ある」にはきちんと敬意を払っているらしい。すぐにごろんと転がって降参のポーズ。
これはぐるちゃんでも「ある」に対しては同じ。

年をとってぼ〜っとしていても、年寄りを敬い(?)本気になれば「ある」の方が偉い(?)と判っているのだろう。

事情が許せば、勿論猫同士の相性も重要だが、多頭で暮らすって楽しいものだと思う。


続きを読む
posted by みいしゃ at 23:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

ある

P10300351.jpg


「ある」、寝落ち一瞬前。
やっとの事で食欲が出だして、まあ本当に一安心。

事の始まりはどうしたのか全く判断のつかない傷。
猫さんの傷はすぐに塞がりやすく、「ある」の場合も内部が治りきらずに塞がって内部が暴れたらしい。
たかが傷されど傷。
ご飯も少ししか食べず、当然覇気はなく・・・痩せたし、しかも痙攣発作が増えた。

獣医さんは必ず治るとは言ってくださったけど、連続して抗生物質を与え続け。
これがまた大変だった。
「みしゃこ」や「ちゃあ」はどんなお薬でも私が与えれば平気だったけど、「ある」の抵抗は凄まじく、ならば注射でと言う事で毎日通院して。
で、その間に大雪が二回。
最終的には私が毎日注射をした。

異変に気付いたのが1月26日で、抗生物質は断続的に一ヶ月以上、そしてそれからまた一ヶ月近くが経過して、昨日今日あたりでやっと食欲の増加を感じた。

腎臓食に拘っていられなくって、色々と食べさせたし、お友達のボラさんが「フェロビタも試して」って。
食べる事が生きる事だと、私はそう思っているから、ある程度のタンパク質制限とリンの制限だけに気を付けて・・・。
あんまりよく判っていないんだけど、とりあえずは傷が治り、食欲が出て、そしてまだ判らないけど、3月1日にごく軽い痙攣発作の後は、今月は発作がないの。

お耳はますます聞こえにくくなっているようで、絶叫は増しているけど、このままの食欲が続けば、ひと山越えたかな〜?と。
これで腎機能も悪化がなければ・・・ね。

そして今日ツイッターで見つけたの、『獣医師が教えるキャットフードの選び方』。

猫さんには美味しく楽しくご飯を食べて欲しいと思う。

P1030037.jpg


あ〜ちゃんは能天気でぐっすり。
うん、あごが少しキチャナイかも???



posted by みいしゃ at 23:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

コーヒーの木

やっとの事で、引っ張って押し上げて、コーヒーの木を庭へ出した。
いやあ〜体力の衰えを痛感。
と言うか、今年は関節炎(多分リウマチと相まって)が酷いんだわ。

でもこれでお庭の方は大物は暫く無し。
クリスマスローズは別に交配も種の採取もするつもりはないから、気を付けるのは水撒きだけ。
ポッポさんも頑張っている事だから、お庭は・・・「あ、お花が咲いた」とか「今年も忘れずにこんにちは」とか楽しんでいれば良いはず。

出窓のアンスリウムとスパティはなんとかしなければならないのだが、こっちは株分けもとても大変だし、移動も陶器鉢で重いし。
もっと暖かくなってからの方が良いから、当分放置しておこう。


腎臓食は進まないけど、「ある」の元気の度合いは上向きだと思う。
ますますお耳が聞こえにくいのだろう。
大声で喚く様に泣く事が増えたが、それが彼なりの運動らしく、その分ご飯が欲しいと訴えるようになった。
だから、その時に食べるのが療法食だとある程度は安心なのだが、ウエットは一般食の方がお好みで。
仕方なくネフガードを混ぜて食べてもらっている。

食べないより・・・いえ食べないと生命維持が出来ないから、私はまず食べる事を優先する。
ネットでアニモンダを頼んで、今日は土を買いに行ってホームセンターで見つけたメディファスの15歳以上用のウエットはタンパク質とリンもかなり抑えてあった。
美味しく食べられる事も大事だから、こう言ったものも私は与えていくつもりだ。

あ〜ちゃんやぐるちゃんと比べると運動量はそれはそれは少ないから、それだけでも筋肉量は減っているはず。
だから、体重が減っても当たり前なのだが、足のけがをきっかけでその減りが酷かったから、なんとか今ここでそれを食いためたい。

あ〜ちゃんは元気。ぐるちゃんも元気。
そしてポッポさんもしっかり抱卵中(だと思う)。

ぐるちゃんは昨日シャンプー。
濡れて縮んだのはお顔の周りだけで、身体はむっちむっちのままだったわ(笑)。



posted by みいしゃ at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

もわ〜ん

少し雨が降って。
暖かいわけではないけど、最低気温が上がりつつあるので寒くはない。
春なんですね〜。
なんとなく’もわ〜ん’として、窓越しに眺めると一気にクリスマスローズのお花が開きつつある。

午前中に「ある」と通院して、午後も少しお出かけして・・・帰り道お花屋さんへ寄ってみたら、1000円以下でクリスマスローズがいっぱい販売されていた。
シングルもダブルも色々とあったけど、全く何の変哲もないオリエンタリスだからか、『皆さんの触手は伸びない様で』と言うお花屋さんの話だった。
池袋のクリスマスローズの世界展は盛況だったそうだけど、素人でも交配は難しくはないからか、珍しい綺麗な物にしか一般の目が向いていないのかもしれない。

お花が咲くまで種をまいてから三年はかかるのだし、育てるには気の長さも必要。
バラの様な華やかさには欠けるとは思うけど、私は大好きなの。

昨年と比べてなにも珍しい物は増やしていないけど、少し写真を撮ってみようかと考えている。

20140227.jpg


「ある」の傷は悪化はないから・・・早くを目指さずじっくりと治そうと言う事になった。
だから今まで通りの抗生物質を続ける。

この一ヶ月で少し痩せてしまったので、なんとか美味しくご飯を食べてもらいたい。
キドナが好きだと判ったので、これなら腎臓へも負担は少ないから・・・ネットでまとめて注文した。
リーナルケアも好きなのだが、一缶二日で飲むには飲むけど、キドナの方が管理が楽なので、とりあえずはキドナだけにした。
(それにしても、もう少しお安いとありがたいのだけど・・・。)

今まで「みしゃこ」や「ちゃあ」はクレメジンのカプセルさえも難なくお口へぽんで飲んでくれたのだが、「ある」にはそれが通用しない。
強制給餌なんてのも相当苦労しそうだから・・・だから「ある」さん、しっかり自分で食べてくださいね。



posted by みいしゃ at 23:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

「ある」の左前足

今度こそ良い具合の様に見えていたのだが、また昨日午後から三本足歩行に戻ってしまった。
その前日なんてちゃんと普通に歩けて傷もすっかり乾いて、あとは毛が生えるのを待つばかりだったのに。

内部の炎症がとりきれない内に外部がふさがってしまうからだろうと思うのだが、こう言う事を何度も繰り返していたのでは埒が明かないと思う。
今使っている抗生物質は確かに効果があるのだが、完治には結びついていないと言う事で、お薬の変更をしてもらった方が良いかもしれない。

内部に何か重大な病変があるのだろうか?
レントゲンも撮っていないし、撮ったら原因が判る?
それとも感受性のテストをしてもらって、よりぴったりと合う抗生物質を選択すればよいの?

もう一ヶ月になるので、早くなんとかしてあげたい。

あ〜ちゃんより小さくなってしまった・・・。



posted by みいしゃ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

軽く痙攣

20140224.jpg


気持ちよさそうに眠っている。
食欲もあったしご機嫌も悪くなかったし、低気圧が接近している訳でもないのに・・・
夕方また痙攣を起こした。

前回が14日、で今日は24日。
癲癇発作はごく軽く、持続時間は短く呼吸もすぐに戻ったけど、こんな調子なら一週間に一度は予防的にお薬を飲ませておいた方が良いかもしれない。
発作なんて起こさずにいられるのならその方が良いし。

今日も椅子の下の自分のベッドで眠っていて突然。
あ〜ちゃんはケイジの中だったし、ぐるちゃんは猫タワーのてっぺんでうつらうつらしていただけ。
そして私より先にぐるちゃんが異変に気付いて、「ある」の様子を見に行った。

私が覗き込んだ時にはもう呼吸も戻っていて、失禁やよだれもほとんど無し。
発作後はいつものようにご飯はいっぱい食べた。

足は随分良くなって、動きが軽快になれば当然食欲も増して、ちょっと一安心だと思っていた矢先の事。
明日からは暖かいそうだから、気温の変化が「ある」にどういった変化をもたらすのか?注意して見守ろうと考えている。


続きを読む
posted by みいしゃ at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

「ある」通院

20140218.jpg


『赤』と書いてあった方のヒアシンスも咲きつつある。
赤ではなくて濃いピンクだけど、こっちの方がコンパクトん引き締まって良いかもしれない。

雪の被害が大変なのに、お家の中は一足早く春。
杉並は大したことはなかったので、お庭のクリスマスローズは無事で、バラの新芽も展開しつつある。
肥料をあげたいのだが、バラはともかく、クリスマスローズは有機肥料は気温が低すぎて効果のほどが疑わしいとの事で、ホームセンターへ行けたら、と言う事にしようと考えている。


「ある」は通院。
傷は治りつつあるので、抗生物質を今しばらくは続けるように・・・と言う事になった。
この間一度、必死に飲ませたのに・・・お掃除の時にブランケットの下から錠剤を発見!
がっくりしてしまい、その後は娘の帰宅を待って夜にしっかり飲ませる事にしている。

注射に通っていた時は注射そのものは一瞬で終わるし、その後はお手手をみせるだけなのに、やはり動物病院は嫌いなようだ。
今日なんてキャリーをお部屋に持ってきた途端、こそこそと椅子の下に隠れてしまった。

あとちょっとだから頑張ってお薬を飲んで早く治しましょうね。
治れば・・・当分は通院の必要はないはずだから。

痙攣発作に関してはまず軽いお薬を試してみる事になった。
朝からなんとなく大人しい、そして食欲が落ちる、なおかつ低気圧が接近している時が要注意な気がするので、そういった時には一錠飲ませてみるようにと。

完全に発作を起こさない様にするにはお薬は連続投与となるので、その前にまずはお試しからという事。

私の責任重大であるのだが、しっかり「ある」の様子を観察していこうと思う。

☆ネットで頼んであったお水の配達遅延のお知らせが届いた。
大丈夫、余裕があるから。
それより雪のために孤立して居る方々のためにさっさと除雪が進みますように!



posted by みいしゃ at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

また雪

予報ではこんなに降るはずではなかったのだろうけど、結局朝からずっと雪が降り続け、また真っ白になってしまった。
折角お庭の植物をレスキューしたのに、今回は移動もせずだから、花茎が伸びてお花が咲き始めていたクリスマスローズに被害が出てしまうだろう。
そんなに寒くはなかったから、最初はびちゃびちゃで・・・これなら大丈夫と思っていたのにな〜。

これから(暴風)雨になるとの事だが、どうせなら雪が解けるほどいっぱい雨が降って欲しい。

夜8時過ぎにまた「ある」が癲癇発作を起こし。
今朝から食欲が落ちていたので気を付けていたのだが、これはもう私が防げる事でもなく。
なかなか治らない足の傷もぶつけたらしく出血するし、可哀そうだな〜と思う。

すぐに治まるから、お口の周りを蒸しタオルで拭いてあげると気持ちよさそうにしているの。
体重は測っていないけど、今年に入ってから大分痩せてしまった。
まだまだ元気でのんびり過ごして欲しいのだが、そのためには私は何をどうすべきなのか?
明日獣医さんに診て欲しいけど、この天候でははたしていけるかどうか?

フィギアスケートを見るのに早起きするけど・・・朝のお天気でどうするか決めよう。

20140214.jpg


あ〜ちゃんはこのベッドも好き。
若くって健康状態が良いと言う事はなんと素晴らしいのだろうか・・・。



posted by みいしゃ at 23:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

「ある」通院

午前中に「ある」の傷の経過を見てもらうために通院。
内部の奥深い所に炎症が残っているらしく、すぐには良くならない。
仕方がないから抗生物質は続けなくてはならない。

病院ではキャバリアさんが腹水を抜いている最中で・・・いまどきまだフィラリア予防が出来ていなかったのに驚いたけど、此処まで来るのに飼い主さんは治療をしてみなかったのかしら?
腹水を抜けば一時的にあの子は楽かもしれないけど、これは一時しのぎで完治へ向けての治療ではないのに・・・。

昔ながらの古い病院だから、一旦外へ出て待つ積もりだったのだが、『寒いから「ある」さんとソファーでどうぞ』と。

FIVの感染および治療に関する文献を見せて下さって、読んでいる途中で別の猫さんも治療にいらした。

「ある」は手だけなので、キャリーに入ったままで獣医さんに診てもらい、一回だけ大きくシャア〜〜〜。
大体が漫画チックなお顔だから、別の猫さんの飼い主ご夫婦にも笑われたわ。
『大きなお顔で大きなシャア〜が可愛いですね〜』と。

まあ別に攻撃するわけでも噛みつくわけでもないから・・・確かにも面白いかもしれない。
癲癇発作はその後無し。


午後は息子が積み上げた雪山を少し崩し、お玄関を洗いあげ、寝不足に動くとヘロっとしてぐるちゃんをモフモフしながらうとっとして。

早く寝ようと思っているのに、若い子の活躍に胸躍り、ついつい・・・。
中学生&高校生って可愛いわね〜。
普段はたいして興味もない競技なのに、(半分寝ながらも)わ〜いと見てしまった。

でももう限界なので、今晩は自粛しなくっては。


posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

通院

結局「ある」は通院。

夜は自分で移動して私の所に居たり何処かへ移動したりはしていた。
そして朝は・・・左腕先端が腫れていた。

歩く様子を観察&触診してもらって、そして(レントゲンは撮らなかったけど)肉球に傷が見つかった。

治療は抗生物質(ペニシリン系)の服用。
先端だから、抗生剤は効きにくいそうだけど、猫さんの場合はそれ以外に方法はないみたい。
これが人間なら湿布をしたりもするのだろうけど。

病院でまず一回目を飲ませてもらったのだが、ウチに帰って一時間ほど後にそれは吐いてしまった。

午後は獣医さんが他の子の手術と聞いていたので夕方電話をかけて指示を仰いだ。

・今日はもう抗生物質を追加しない事
・明日は朝のご飯と同時に抗生物質をあたえて、嘔吐がなければそのまま続行
・もし吐いてしまうようなら、注射に変更

「ある」は大人しいけど食欲はあって、羽毛布団の上が気持ちが良いらしく、すぐ二階へ自分でひょこひょこ上がっていくし下りても来る。
左前足はほとんど地に付けないから三本脚で。

傷の部分には一回だけ消毒をという事だったので、イソジンを少し塗っておいた。

何処でどうやって傷を作ったのか全く判らないのだが、私が不注意だったに違いない。
腎不全に膀胱炎、癲癇に今度は傷。
まだまだ人間側の注意が足りないのだろう。
「ある」がのんびり過ごしていけるように・・・さらに私の努力が必要だと思う。


続きを読む
posted by みいしゃ at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

今日の「ある」

昨日から低気圧が近づき、本日は低気圧の真っ只中。
また痙攣が起きるのではないかと恐れていたのだが、どうやら無事に過ぎそうである。
前回と前々回の間が一週間なかったので、この一週間は私の方がかなり神経質に観察して居た積りである。

食欲はあって、たまには雄たけびをあげてみたりで、まあ普通通りの生活をしていたようなので、まあこの調子ならと考えている。

P1020891.jpg


でもね、夕方二階から下りてきた時には、今度は左手が変。

P1020889.jpg


左手をかばって上にしている。
歩く時はかっくんと・・・。
ひっくり返して肉球なども調べてみたのだが、特別何もなく、腕全体に腫れもない。
ご飯やお水の場所へは自分で移動するし、トイレもちゃんと使っていたので、様子見にしようと思う。

みんなウチに居たので、私は少し買い出しに出て、帰ってきた時には「ある」は珍しく私のベッドの上でお昼寝をしていた。
娘の部屋にも何度も現れたとかで、ひょっとして私を探していたのかしら?

で、帰ってきた時は気持ちよさそうに眠っていたので、目覚めて床へ降りる際にねじったのかも知れない。

年をとっていくと言うのはこういうものなのかもしれないけど、「みしゃこ」も「ちゃあ」も急激な衰えはあまり感じなかったので、心配であるのは確かである。

20140126.jpg


「ある」のすぐ近くではあ〜ちゃんとぐるちゃんが取っ組みあい。

P1020893.jpg


あ〜ちゃんは利口だと思う。
ちゃんと状況を理解しているらしい。

風が少し治まってきたらしい。
昼間は暖かだったのに、夕方からの風は嵐の様だった。
今晩はこれからもっと冷えそう・・・。




posted by みいしゃ at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

まあまあ

「ある」も私もやや落ち着いたと思う。
やはり日本列島が高気圧に覆われているのがポイントかも。
これは25日までという事で、25日以降が問題になるのだろう。
週末は気を付けよう。

でも気圧と言うのはそんなに動物の身体に影響があるものなのかしら?
どうしたら低気圧に打ち勝っていけるのやら・・・。

20140123.jpg


今日はよく食べて、叫んで、よく寝て。
派手なボアの上でぐっすり。

この毛布(人間用の膝かけ)は表がキルティングで裏がマイクロファイバーのボア。
色がこれしかなかったのだが、たたむとバッグ型になって。
そしてなんと210円だったの。

化学繊維の塊なのだが、手触りがよくって洗濯機でガンガン洗えて、猫たちみんなが気に入っているから、お安い買い物だったと思う。

赤はともかく、ショッキングピンクはあまり私好みではないのだが、黒っぽい子と白い子と、無彩色の猫さんしかいないのだから、これはこれで許せる〜?


続きを読む
posted by みいしゃ at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

うん

うん、うん大丈夫。

kaihuku.jpg


「ある」は順調に回復してきていると思う。
ちゃんと食べるし、さっきちょっと絶叫していたし、ニップ棒はスリスリ。
ウチで自然に排尿したそのオシッコを持って来るようにと言われているだが、今日は私が失敗。
ずっと見ていたつもりだったのだが、トイレに入った「ある」のしたのは違う方だったわ(笑)。

P1020876.jpg


で、この子は元気で。
ドアチャイムがなると、『お客しゃま、お客しゃま!』とお玄関へと走る。
お米屋さんのお兄さんの様に、猫をよく判っている人は心配ないんだけど、宅急便はお兄さんたちが結構代わるから・・・ドアを開ける時はその都度しっかり抱いていたのだが、私の左手が今は無理だから、ついに小ケイジを玄関に設置して、其処へあ〜ちゃんを入れてからドアを開ける事にした。

脱走と言う感覚はないのだろうけど、お外を知らないのに突っ走られたら、これは大変。
今の内にお外には出ない・お家の中の方が楽しいのだとしっかり覚えてもらおうと考えている。

「ある」はドアや窓を開けっ放しにしておいても決してお外へ出ないけど、ぐるちゃんはお庭へは飛び出しそうになる。
だから私がお庭へ下りる時や雨戸の開け閉め時には、必ずぐるちゃんがどこに居るのかを確認して・・・。
人間側の注意が大切なのだと思う。
ついうっかり不注意で猫さんをお外へ出してしまうから、その子によっては迷子になってしまうのだから。


寒いな〜と思う。
関節のぎしぎしした痛みと腫れは、一日くらいの養生では良くなる方が無理って事。



posted by みいしゃ at 22:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

ぼろぼろ

「ある」通院。
あちこちとトイレジプシーをしているのに気付いたから。
良く見るとトイレの中のお砂に血がちょっと付いていた。

幸いオシッコは溜まっていなかったけど、残尿感で気持ちが悪かったみたい。
採尿が出来なかったけど、抗生物質(今回はビクタス=ニューキノロン)を出してもらった。

体重は5kgで変化なしだし、食欲もあり特別な変化はないけど、不調が続くようになって・・・。

今回は投薬が早かったので効き目は顕著で、午後はゆっくり寝て過ごしオシッコもまとめて二回は確認。

このまま多分回復してくれるだろうけど、次々と不調が続くようになりつつあるので、気を使ってあげたいと考えている。

で、もう一つ気付いた事、こう言った不調の時は絶叫がない。
成程ね〜、今の「ある」には絶叫するのが元気な証拠なのね。

若くはないと言う事はこう言う事なのだと思う。


続きを読む
posted by みいしゃ at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする