2014年11月29日

のんびり

雨が降るとテンションが下がってしまう。
昨日はずいぶん動いたのにな〜と思いつつ、本日はのんびりと過ごした。

昨日はご近所に長年顔なじみの「うえたつ」さん(庭師さん)が来ていらしたし、南側道路のお掃除当番もあったので、ついでとばかりに高枝鋏で残っていた沖縄スズメウリを取り除いたり、切ったり掃いたり色々としたけど。

お庭内の整理がまだまだ残っていて、これはお天気の良い時にしようと考えている。
・鉢植えのバラは毎年の植えかえは無理だから・・・なのだが、コガネムシの幼虫に負けつつあるものだけでもなんとかしてあげたい。
・キャラミアが乱れているのでアーチ側へ誘引したいし。
これらは私にとっては大仕事だから、一度では出来ないから少しずつにする予定。

P1040554.jpg


これはPINS FACTORYさんからのクリスマスプレゼント。

P1040552.jpg


今年の物は動きがあって、冬中うふふと楽しめると思う。
(ちゃんと外してピンになるので、私はお帽子とかバッグとかにくっつけて楽しませてもらっている。)

イラストレーターの吉沢深雪さんの作品は猫・猫・猫でとても可愛くって好きなの。


☆「ある」の心配した連続癲癇発作から二週間経過。
結局抗てんかん薬の連続投与には踏み切れないまま時間が経った。

で、昨日獣医さんと相談して、食欲が落ちてなんとなく私が変かな〜と思う時はセルシンを飲ませておくことにしたの。
一錠が適量なのだが、前回かなりふらついたりしていたので、半錠だけ。

飲んで気分が落ち着いているかと問えばそうでもなく、トストスと歩き回り絶叫して、そして食欲が増す。
食べれば満足らしくって、ぐっすり眠るしご機嫌は悪くない。

今のところはこれで良いかな〜と。

苦痛がない事が一番だもん。




posted by みいしゃ at 23:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

徘徊?

P1040530.jpg


午後からはずっと眠そうで。

P1040531.jpg


ぐっすりと眠ってしまって居る時もある。

それが日付が変わって、2時過ぎになると身体がしゃきっとするらしく、トストストストスとあちこちを歩き回る。
たまに絶叫もしたりして。
で何故か私と娘のベッドに飛び乗って飛び降りって、トストストストス。

様子を見ていると特に何を目的としているものでもないらしく、ただただ歩きまわっているの。

これは徘徊なの?
運動だと思えばどうってことないのだが、時間が時間だけでそれだけがちょっと困る。

夕方からなんとか起こして置けば夜はぐっすり眠るのかな〜と考えてみたりしたのだが、本来猫さんは夜行性だそうだから、これが本能通りの行動かもしれない。

「ある」をケイジに閉じ込めてしまえばそれで解決かもしれないけど・・・
夜中に起こす行動はそれなりに彼にとっては何らかの意義のある事かもしれないので、日中労働をしなければならない人間にはなんとか安眠を確保して、私はまあ今しばらくはだらだらと付き合おうかと。

ベッドに飛び乗って髪を踏んづけて歩かれると痛くって目が覚めるのが、う〜ん、だけど。

今晩は私の頭の方から登れない様に・・・ちょっと対処してみようと考えている。



posted by みいしゃ at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

「ある」その後

明け方には落ち着いて、その後は無事。

癲癇発作なんて起こさない方が良いに決まっているのだが、「ある」に持続して抗てんかん薬の投与はまだ獣医さんが迷っていらっしゃるので、今しばらくは様子見。

食欲はある。
絶叫はなくなって、お目目もどの程度見えているのかは判断が付かないけど、動きは普通。

階下にも同じお砂が入ったトイレがあるのに、どうしても自分で二階のトイレへ行くのだと主張するので、好きなようにしてもらって。
これが明け方の4時で、それで私は安心して眠ってしまったら、5時過ぎに「ある」は娘のお部屋へ行ってベッドに飛び乗って踏みつけて去って行ったとの事。
これは???

ふと気付くとリビングに居ない時は二階のトイレでお取り込み中なの。
動きはしっかりとしているので、今はもう好きにしてもらっている。

癲癇発作を起こす原因は色々とあるのだろうけど、私はもうそれを探る気も無しなので、様子見&必要なら獣医さんの指示に従って投薬をと考えている。


☆犬を遺棄(死体&生きているもの)した人の姿が見えてきた。
何故なのか?と言う理由も・・・。
命あるものをまるで物の様に増やすだけ増やして、その命を粗末にするのは許されることではないと思う。

素人さんでも何らかの理由があって動物を手放すのに、高額を払ったのだからいくらかで買い取って欲しいと言う人がいる。
冗談ではない。

動物と暮らし始めたら、死ぬまで一緒に暮らして欲しい=人間のお傍に置いて欲しい!!!





posted by みいしゃ at 22:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

痙攣発作

「ある」用にケイジを組んだ。
ちょっと目を離すと階段から落ちそうになったから。

急に発作回数が増えて・・・本日通院。
とりあえず本日はセルシンで、明日まで様子を見て投薬も変更予定。

あまり暑くし過ぎない様にとの事なので、大きいペットヒーターの温度の低い方を上向きにセット。
毛布も入れてトイレはシートだけで、お水はちゃんと入れた。

夕方からはぐっと落ち着いたのでフリーにしている。

今晩一晩落ち付いていられたら・・・きっとまた穏やかな生活が戻ってくると思うのだが・・・。

P1040523.jpg


フカフカベッドも毛布もあるのに此処が良いそうだ。

頑張れ・・・。


posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

お誕生日

今日は「ある」の誕生日、17歳おめでとう。

P1040521.jpg


やっと17歳が迎えられた。
昨年の今頃はまさか一年でこんなに衰えてしまうとは露とも思っておらず、あ〜ちゃんやぐるちゃんと仲良しで楽しかっただろうと思う。
それが・・・昨年のお誕生日を過ぎた後で癲癇発作を起こすようになり、何処で何をしたのか判らず仕舞いのまま前足に怪我をして、それを契機にうんと衰えてしまった。

幼い時はそれはそれは弱かったけど、5歳を過ぎたあたりでとっても元気な猫さんになれたのだが・・・。

P1040518.jpg


人間も色々なら、猫さんも色々。
「ある」はまだまだ私と一緒に穏やかにのんびり過ごしていって欲しい。
それが私の望みである。




posted by みいしゃ at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

マグロ

P1040508.jpg


「ある」は起きている時は無いの〜?と思われるほど、いつもいつも同じ様な写真で。
でもご機嫌は悪くない。

本日の食後のデザートはマグロ。
左右に「ある」と「ぐる」を置いて、小さく切ったマグロを一つずつ右へ左へ。
同じくらいは食べた。

私が結核予防のためのお薬を飲んでいるもので、ヒスチジンを多く取ってはいけないとの事。
でも新鮮であれば・大量でなければと言う事で私の分を少し猫さんへ分配。

「ある」の方がぐるちゃんより食べるのは上手だった。
ぐるちゃんは人間の手から食べるのが下手くそだから、次回はちゃんとお皿に入れて目の前に置いてあげよう。

「ある」に抗アレルギー剤(ペリアクチン)を投与始めてから一週間が経過した。
今現在はそれなりに食べているけど、今後は投薬を続けるべきなのか、間隔をあけるべきなのか、これは獣医さんにご相談しなくっては。

食べる事は生きる事。自力で少ないながらも食餌を摂ると言う事は、何事にも代えられず素晴らしいことだと思っている。


☆フィギアスケートでのアクシデントに関して、その後の競技を続行する事の是非が色々と言われている。
大会運営側の時間等の制約はあって当たり前なのだが、なかなか難しい問題だと思う。
まあ私はいつもの様に、多少の無理はお互い様、でもそれが無茶になっては取り返しのつかない結果をもたらす事もありうるので、その場の事のみでなく、将来を見据えて無茶はしない方が賢明であろうと思っている。

人間の身体はそんなにやわな物ではないだろうとは想像できても痛さや辛さは相当であろうと・・・。


posted by みいしゃ at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

「ある」&ご近所色々

☆川の遊歩道のモッコウバラは見事に地面すれすれで切ってあった。
幹が直径20cm位もあって。一年に一度、咲けばそれは見事だったけど、あのままでは遠からぬ将来に護岸が崩れて太いステンレスの柵ごと川側へ落ちてしまっただろう。

で、すぐ横に(黄色いお花の咲く)カロライナジャスミンがあって、あれも柵を遊歩道がわへ倒しつつあるので、今の内に切って柵自体をまっすぐに直せば良いのにな〜と。

文ちゃんを保護する時には、お兄さんがあれを乗り越えて、勿論私なんかがもたれかかろうともびくともしない柵なのだが、植物の根の力って強いもんだと感心している。

みんなの散歩道だし、これは絶対にさっさと修理すべきよね〜?

☆ハクビシンが・・・増えている。
猫さんとは違うからあの川底へ下りても上って来れるし、電線を歩いていたのさえ目撃されている。
柿がなっているお宅もあることだし、特に人の住んでいないお家は危険なようだ。
(ハクビシンは甘いもの=果物が大好物なんだとか。)

ディアナ(ゴールデン)ちゃんのママのご実家にも入り込んでいて、親子5匹を捕獲処分を依頼したとか。
行政側は専門の駆除業者さんを斡旋してくれるそうだけど、処分ったって、何処かへリリースしてくれるのかしら?

ハクビシンが増えているのと反対にタヌキはとんと見かけなくなったけど、ハクビシンとタヌキはどっちが強いの〜?

猫さんよりはずっと強くって行動範囲は広いと思う。

☆そうそう『迷子猫さんかしら?』という電話がかかってきた。
濃いグレーの長毛猫さんで、二、三日まえからうろうろしているそうだ。
ふわふわでとても野良には見えないのだが・・・と言う事で。

これは文ちゃんの時同様、騒ぐ人が居れども手を出す人が居ないって事で。
私になんとかして欲しいと言う事らしいけど、みんなで協力して事が運べないのなら、私一人に「なんとかして」と言ってくるのは間違っていると思う。

残念ながら、今は文ちゃんだけで精いっぱいなんだから。

たまにあるの、こう言う『此処に可愛い猫が居るから、連れて行って欲しい』と言う依頼。
『あなたも一緒に努力してくださらないと、私一人では無理です』とお断りした。

まずはセンターや警察に問い合わせて・・・ご商売をやっていらっしゃるのだから、まずはお店の前に張り紙を依頼。
私も努力するけど、丸抱えは出来ないの。


◎「ある」は昨日通院。
どうしてもオシッコが採れなかったので、まずは本猫だけ触診。
腎臓はゴツゴツしたり委縮している感じはしないと言う事で、血検もしなかった。

ご機嫌は悪くないのだし、ではどうやって食欲を増すのか?

ステロイド?、プリンぺラン(胃腸機能改善剤)?ぺりアクチン(抗アレルギー剤)?
獣医さんと相談して、ぺりアクチンを試してみる事になった。

確かに効果はある。
昨日今日ときちんと食べている。
ご機嫌も悪くないし。

さて、これをどのくらい続けるべきか???
お薬は基本毒には違いないのだから・・・匙加減は難しいと思う。



posted by みいしゃ at 23:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

セミントラのシリンジ

セミントラは経口薬で、体重に応じて量を加減するために専用のシリンジが付いている。

P1040493.jpg


上の青いのがそうなんだけど、体重4kgで約一ヶ月分。
「ある」はもう4kgは無いから、一つを一ヶ月以上かかって消費するのだが、このシリンジがだんだんっ引きにくくなる。
計れない事はないのだが、これはもう消耗品だから仕方がないのだが、獣医さんに相談したら、別のシリンジを使うよう指示された。
針は必要ないかな〜と思ったけど、『針があった方が使いやすいかもしれないから、いくつかお持ちなさい』との事で使ってみる事にした。

ちょっと甘いから、甘みの成分がシリンジの内側にくっ付いて余計に劣化を感じるのかも。
説明には『シリンジは使用後、綺麗に拭って置く様に』指示されているのだが、洗っておいた方が良かろうかとお訊ねしてみたのだが、別のシリンジを使い捨てにすれば、その分の人間側のストレスは軽減されるのだから、そんな事に気を使う必要はない、と言われた。

効果のほどは・・・追跡調査をしていないからよそ様に是非と勧める事は出来ないのだが、まあ食べて寝て叫んで、割と猫らしく暮らせているのではないかと思う。

ただし食欲はないわけではないけど、食べる量は少ないので、体重はずっと減少気味。
お耳はもう聞こえていないと思う。
性格は変わってしまって、私のお膝に乗りたがるとか、一緒に眠るなんてのは無くなってしまった。

ただ、今の「ある」も「ある」に変わりなく、なんと可愛いのだろうかと思う気持ちに変わりはない。

癲癇発作は三週間は起こしていないけど、いつも私が書くとすぐ・・・なので、そろそろかも。

ずっと尿や血液の検査もしていないので、一度やろうかなと思っているけど、内臓の様々な状態が判っても、人間がしてあげられる事はそう多くないので、のんびり穏やかに暮らしているのだから、これはこれで良いのかな〜とも考えている。

食べる事は生きる事なので、もう少し美味しく楽しく食が進んだらいいな〜、と。
それが私の今の「ある」に対する望み。

☆本日のお月さまは・・・大分丸くなってきたな〜、雲が少なくて綺麗だと思った。
明日は13夜のお月さまが楽しめるそうだ。
空を見上げてお月さまを愛でる風流さを、皆様も是非と。
http://www.tenki.jp/



posted by みいしゃ at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

冬支度

お布団を代えて猫用ベッドを出して・・・。
それなのに今日は少し雨が落ちてしかも蒸し暑い。

「ある」はちょっとボケた可愛いおじいちゃんになりつつあって、このお布団ご嫌いになったと言うの。
お布団の上に乗るのも中に潜り込むのむあんなに好きだったのに・・・。
で、今日は一日中此処で寝ていた。

P1040463.jpg


痩せて細々としているけど、ご機嫌が悪いわけではなくって。
このお顔は眠いお顔。

起きていると叫ぶし、トイレにはちゃんと行くし、二階へも行けるし。

P1040460.jpg


お化粧もできる。

のんびり楽しくがモットーだから、私はあまり弄くらない派。
もっと頻繁に検査して何らかの対処をと思われる人がいるかもしれないけど、「ある」には投薬もなかなか難しく、強制給餌は無理。
癲癇に関してもずっと持続しての投薬には至らずのまま。
でも、対症療法、緩和治療は拒否している訳ではないし、無茶はすまいと考えている。



posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

サプリ

友だちの家へ遊びに出かけた。

此処は犬猫が居たのだが、今年残念な事にチワワ君とたっ君(私が保護した黒猫)がお星様になった。
そんなに驚くほどの年ではなかったのだが、別れは必ずやってくるので、哀しいのはお互いさま。

残りは猫さんが三頭。
内二頭は「ある」の一つ上のスコティシュ(♀)と一つ下のチンチラゴールデン(♂)。
このどちらも別に友だちが買い求めたものではなくて、スコのゴマちゃんは迷い猫さんで、チンチラのもじゃちゃんは勝手な自家繁殖で飼い主さんが手放してきた子。

まあ多少の不都合はあって、体重が二匹ともに3kgを切ってきている。
でもね穏やかにのんびりと暮らしているので、彼女はあまり猫さんたちを弄くり回していない。

で、もう一匹が彼女自身が保護した黒猫さんで、そろそろ保護してから4年ほどになる。
この子はFelVのキャリア。
体調は万全ではないけど、特別『発症』と言うのは免れていてのんびり。

P1040437.jpg

そして彼女が「ある」にプレゼントしてくれたのがこれ。
別に「ある」のお腹の調子が割わけではないのだが、チワワのプリンちゃんが飲んでいてなんとなく調子が良かったと言う事で、あの子が残したものをと言う事で。

サプリっていっぱいある。
高価な物も多いから、私はやみくもに何でも与えるのは好きではないけど、副作用はないとの事だから、ご飯にかけてあげてみようかなと考えている。

「ある」はこのところ落ち付いていて。
本日の体重は3.8kg。
痩せたな〜とは思うのだが、セミントラを飲み始めてから猫らしい状態を保っているので、今の所はこれで良しと思っている。

9月の痙攣発作は二回。16日と22日だった。
二回の発作は一週間とあいていなかったけど、22日以降は無し。
と、こう書くとすぐまた・・・なんてやっているけど、穏やかでのんびりが続いて行きますように・・・。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

ある

良ういお天気で気持ちがいいと思ったのだが、「ある」は不調。

朝二階で気持ちよさそうに寝ているな〜と確認してか30分もしない内に、何やらキッキとした表情をして下りてきて、一目散にぐるちゃんのご飯に突進した。
ぐるちゃんのご飯はナチュバラとロイカナのフィットを混ぜたものが基本なのだが、それをいっぱい食べた。
私はもう療法食でなければなんて思っていないので、なんでもしっかり食べれば良いのだが・・・

二階へ急いで失禁やよだれの後を探してみたが見つからず。
でも軽いながらも痙攣発作を起こしたのだろうと思う。

P1040422.jpg


逆光で見にくいけど・・・
昼間はこうやってタワーに登ったりしてくつろいでいて。

痙攣発作はその後すぐに回復するとはいえ、これはやはり身体に負担がかかって居るのだろうと心配である。

で、夕飯はあまり食べず。
キドナはしっかりと飲んだから、今日はこれで良しなのだけど、どうしたもんかな〜と心は曇る。

獣医さんには相談済み。
今の所はまだ様子見。


posted by みいしゃ at 22:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

癲癇発作

「ある」が今朝5時半ごろ震えた。
痙攣発作はやはりまだ残っていたのだが、それでも前回は8月21日だったのだから・・・
何もお薬を使っていない状態でこの間隔なら、私は良しとしたい。

昨晩は私も不調なら、「ある」も食欲不振で。
危ないかな〜とは思っていた。

そんな時にはセルシンをとは言われているのだが、セルシンは発作が無くなるわけではないらしいから・・・
癲癇についてはセカンドオピニオンを・・・別の獣医さんに相談すべきだろう。

P1040416.jpg


これはついさっき。

P1040418.jpg



寝てしまった。

発作後はほんの数分ですくっと起き上がり、その後はとにかく爆食。
私が出すものはなんでも食べるから、あげるは腎臓食だけにしている。
ウエットだろうがドライだろうがなんでもござれなの。
普段一日かけてだらだらと食べている量を一回で完食。

その後は普段と変わりなく、地震の時は「ある」「ぐる」共に、二階で平気で転がっていた。

地震の時は変なセールスの電話を受けていたので、地震を理由にさっさと切ってしまったのでそれは良いのだが、地震は怖い。

今日のは持続時間が短かったし、此処は震度4と言えどもどうってことは無かったが、「ある」は兎も角、ぐるちゃんは重くって・・・私一人の時はどうやって二匹を連れて避難すれば良いのやらと心配になる。

「ある」は絶対にキャリーでなければならないけど、ぐるちゃんなら背負えるかしら?

本当に真剣に考えておかねばならないと思った。


☆トップに『オルレアホワイトレースフラワー』の種プレゼントのお知らせを追加した。
とっても丈夫で育てやすいから・・・もしどなたか欲しい方がいらしたら、ぜひお知らせくださいね。
コメントでもOK。メルアドをお書きくださればみいしゃから連絡します。
(メルアドやHPアドレスはみいしゃにしか見えませんので、プライバシーは守られます。)


posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

半袖OK

暑さがぶり返すとの事だったけど、朝晩の気温がちゃんと下がるから・・・
これなら日中が多少暑くとも構わない。
半袖で全くOK!
もし風が冷たいと感じるなら何か上にちょっと羽織れば全くそれで良しで、快適だと思う。

一旦気温が下がった後なので、「ある」には応えるのかな〜と心配しながら観察していたのだが、どうってことなく、ごく普通に過ごしていた。
そして飼い主の欲目かもしれないけど、セミントラが良い仕事をしているのではないかと思えるの。
のんびりではあるけど、ボ〜っとしているのではないなと感じる。

フォルテコールの様なACE阻害剤を使った事がないので、セミントラ=ARB阻害剤(AT1受容体阻害剤)との比較はできないし、本当の所は確実に阻害剤の役割を理解しているとは言い難いのだが、両方とも血圧をコントロールして前者は心臓、後者は腎臓の負担を軽くしようとしているのだと思う。

「ある」は血圧が高かったの?と疑問なのだが、なんとなく調子がよさそうだし今の所副作用は感じないので、暫くは続けてみようと考えている。

セミントラを与える際にまず心配したのは必要量をきちんと与えられるかどうかという事だったのだが、「ある」は甘い液体は平気で、少量のキドナに混ぜると何事もなくちゃんと飲んでいる。

タンパク尿に関してはまだ未検査。
私はなんとなく調子がよさそうと判断しているだけ。


8月の癲癇発作は5日と21日の二回だった。
7月が三回で、しかも8月5日までは実質二週間とあかなかったので、心配は心配なのだが、結局何もお薬は使っていない。
8/21からそろそろ二週間になるので、ある意味ちょっとドキドキ。
痙攣発作が治らないものでも、なるべく間があいて軽く済んで欲しいな〜と願っている。


☆ワクチンに関して
DogNaturally

英語だけど、読んでみてくださいね。


posted by みいしゃ at 23:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

残暑

いつまで続くのこの暑さ。
明日も暑いらしい。

P1040387.jpg


猫の家さんのデカイサカナはでっかいでしょう?

P1040389.jpg


たっぷりキャットニップが私にもプンプン匂うの。

「ある」が毎日スリスリと楽しんでくれると良いな〜。
ぐるちゃんはキック・キック。


☆お米屋さんのお兄さんに『痩せましたね〜』と言われた。

そうなの、ぐすん。



posted by みいしゃ at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

湿度

午後から弱い雨が降ったり止んだり。
お日様はお休みだから、気温は30℃にとどかなかったのだが、湿度って曲者ね〜。

どうにもこうにも不快で、結局エアコンのお世話になった。
私がう〜むと思っていると「ある」も快調ではないので、私が彼を守るべきだと思っているから、節電はなかなか難しい。

ちょっとご飯もまた進まないので、今日はリーナルケアを久々に開けてみた。
前は飽きてしまったのか、嫌がって飲まなくなっていたのだが、今日はすんなりと。
一度に飲む量は少ないけど、これだってカロリー補給にはなると思う。
何しろ本当にドライフードが進まないから・・・なんでも食べられる&飲めるものを。
療法食には限定していない。

今の時期は暖かいより少し冷たい方が飲みやすいようなので、冷蔵庫から出してすぐにでもOKなのだが、ほんの暫くだけ室温放置でお皿を目の前に置くと、すぐ興味を示す時は成功。
嫌なら頑としてその場を離れてしまうから、そんな時は無理はしない。
と言うか、強制給仕はとにかく受け付けないので仕方がない。

飲まない時はぐるちゃんにお勧めしてみるのだが、ぐるちゃんはリーナルケアは興味なしで。
だから「ある」に勧める時も少量ずつ。

リーナルケアは一缶237mlで、開缶すれば二日以内に消費すべきだったはずなのだが、今日もう一度よくラベルを読み直してみたら『開缶後7日を過ぎたものは使用しないでください』と書いてあった。
と言う事はきちんと冷蔵保存をすれば一週間はそれを飲ませても良いらしい。

P1040385.jpg


たくさん飲めない時には、皆さんアイスキューブにしたりして工夫していらしたが、「ある」は冷凍してしまうと、それは飲まなくなってしまうので、一缶はなるべくさっさと飲んでしまって欲しいわ。

リーナルケアのラベルは読みやすい方だと思うのだが、間違うと困るから、ルーペで拡大して読んだ。
ルーペと言っても100円ショップの所謂虫眼鏡で、今のところこれで十分。

ちゃんと眼科医へ行って『老眼鏡』も作ってみたが、今まで全くメガネの生活をしていないと・・・
確かに見やすいけど邪魔でねぇ〜。

目は割とちゃんとしているみたいよ(笑)。
笑いごとではなく、ありがたい事である。




posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

やっと晴れ間が出て・・・
お庭が湿気て気になっているけど、今年はどうもリウマチが悪化してしまい・・・。
いつもならこの時期には寛かい状態に戻っているはずが、どうも手足の関節破壊が進んでいるようである。

お庭もそれからお庭の隅っこに置いている物置の中の整理もと思うのだが、痛いだのだるいだので動きはスローモー&やる気がしない。

でもこの晴れ間は絶対に利用すべきだと、本日は美容院へそして終わってから食料品を買おうと決めて外出。

「ある」がまた食べないモードに入ってしまい、あ、でも食べたいのにお気に入りが見つからず。
いろいろと出してあげても匂いを嗅いでぷいっとその場を離れ、またすぐに戻ってくる。

はて困ったな〜と思っても、一体何がヒットするのかもわからず。
では獣医さんで血検かな〜と考えながら、個人の店舗を物色して・・・結局鯵を「ある」「ぐる」用に一尾多めに買った。

人間は塩焼きで、お猫様用には何もつけずそのまま焼いて、皮と骨は外して身をほぐし、悪あがきかもと思いながらネフガードを振りかけた。

結果は・・・「ある」がほぼ一尾うまうまと食べてしまった。

缶フードのお魚系には見向きもしなかったのに、これはどうしたことかと思ったけど、ミミも体調が悪くてドライフードやウエットを全く食べなくても鯵だけは食べたのだから、まあ不思議は無いのかもしれない。

まさか鯵だけを続けていく事は出来ないけど、美味しく食べてお水を飲んで・・・そのままさっさと私のベッドに行って・・・ぐっすりと眠っている所を見ると、これはたまには絶対に「あり」だろうと思った。

本当は研究されたフードをしっかり食べる事が大事かと思うのだが、「ある」の様に強制給仕は受け付けない猫さんには食べないよりも何でも良いから食べてもらわねば生命が維持できない。
お口から入った食べ物が消化器官を通って、各栄養素が吸収されたのち、最終的には排泄と言う過程を経て初めて、きちんと生きていけるのだと思う。

食べる事は生きる事だと信じているから・・・
さあて、明日は何を食べてくれるのか?

私が眠っている間に、ドライフードが減っているかしら?


☆鉄粉姉妹とネジ君はパクパクと食欲旺盛。
東窓の出窓へと進路を開拓してしまったわ!
とても元気で何も問題は無し。




posted by みいしゃ at 23:31| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

終わったの〜?

梅雨って終わったの〜?と思われるようなお天気続き。
でも朝晩は涼しいから、気候的には過ごしやすいかと思っている。

昨日の茶白君たち二匹は、毛の長い方が決まった。
ずっと決まらなかったのに、こう言う事もある。

残りは一匹になったのだが、二頭一緒の写真ばかりだから・・・明日にでもさっさと撮ろう。

私は普通の茶白の♂猫さんが欲しいと言う人を探そうと思っている。
健康だし諸検査やワクチンなども済んでいるので、まああせる事もないし。

鉄粉姉妹とネジ君はとても元気。
此処へ来て体格の差も出てきて、ネジ君はやはり大きいわ〜!
小柄なのはキジ(麦わら)ちゃん。
体重差が100g近くになったけど、キジちゃんはキジちゃんのペースで成長していて、食餌も進めば走るのも早く、ちまっと可愛らしく、全く問題は無い。
兄弟姉妹でもこう言う体格の差はありうる。

以前に垂れ目がちのチャトラさん三匹と三毛ちゃんとサビちゃんの兄弟が居て、その内のチャトラの♀さんと三毛ちゃんが同じお家へ貰われていったのだが、成長してみれば三毛ちゃんは『タヌキタイプ』でチャトラさんは『すっきりタイプ』になったそうだ。
FBに写真を上げていらっしゃるので、これは間違いなし。
お名前がちーちゃんとみーちゃんで良く似た風なのだが、見た目は姉妹とは見えないとか(笑)。

まあそんな感じ。

「ある」は女の子が三匹もいるもんだから、「さてどの子にしようかな?」と匂いをかごうとしているけど、まあチビさんたちの動きの速いことったら!
のんびりお爺さんが捕まえるのは大変みたい。

はぐはぐもぐもぐと美味しそうに食べるものだから、なんと「ある」はそれに釣られてついチビさんたちのご飯に顔を突っ込んだ。
で、食べていた!!!

勿論腎不全用ではないけど、食べられるのならなんでもどうぞ。

試しに腎臓サポートスペシャルをふやかして、ナチュバラのウエットを同じように混ぜ込んで「ある」用ご飯を作ってみたが、こっちは撃沈。
だから、チビさん用のご飯の量を増やして、「ある」にも並んで食べてもらうようにした。

量的には「ある」には足りるはずもないのだが、おやつとしてならウエルカムであると思う。

家じゅうでいちばん動かないけど、もう少しいっぱい食べてほしいな〜・・・。



posted by みいしゃ at 00:24| 東京 | Comment(2) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

「ある」と通院

行ってきたの。

キャリーから出す時に気付いたのは、左前足に血が少し付いていた。
表面だけでから別に足に異常があるわけではなく・・・やはり口腔内のトラブルらしい。

「ちゃあ」は歯石が付きやすく、麻酔をかけてスケーリングや抜歯等をしていたけど、「ある」は年の割にはまあそれほどではない。
だから、「ちゃあ」の様にまず保定だけで歯石が剥がせるならそれで良いのだが・・・頭を固定してお口の中を見るだけで「ある」は涎だらだらになってしまう。

他にはあまり検査はしていないので他にも内臓にトラブルがあるかもしれないのだけど、まず食欲不振の第一原因はこれだろうと。

部分のみならぺリオフィールと言う事なのだが、今日は補液50mlと抗生物質(注射)。

麻酔をかけて・・・と言うのは痙攣発作との関連もあるので・・・お仲間の獣医さんのご意見もお訊ねしてくださるそうだ。
今の所痙攣発作は先月10日以降は起こしていないけど・・・。

麻酔の可否&考え方についてはこんなご意見もあるので、私としても迷う所である。

幸い「ある」は抗生物質が功を奏しつつあるように見受けられる。
食べようかな〜と言う気は出てきているのだが、それが何なのか?どういう形状が良いのか?なかなかヒットしないのであれこれ出しては捨てて。

キドナはOK。一袋99kcalだから二袋ならと計算してみたが、二袋は無理だな〜。

あんまりしつっこくあれこれお勧めすると、私がお皿を持って近づいて行くだけで逃げ腰なんだもん。

そして今日は不思議にもキャットニップやマタタビのおもちゃにLOVE。


☆鉄粉姉妹とネジ君は・・・今日も勿論絶好調!
食べる食べる、走る走るで、楽しくって仕方がないようだ。



posted by みいしゃ at 23:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

もう夏?

最高気温が30℃ほど、朝晩は風が冷えているとは感じるけど・・・なんだか暑くって気分がげんなりしてしまう。

これは加齢+持病のせいかもしれないけど、何をやってもたもたとしてしまい、さらにそうしか出来ないことにイライラしがちである。
「まだまだ」(先日亡くなった明雄さんの様に)と自分を励ましのろのろとでもなんとか動く。

やっとの事でまだしまい終わっていなかったふわふわのマット類を何度かに分けてお洗濯して。
お洗濯ものはすぐに乾くから、これはまあ救いね。

そして真夏のお洋服などの入れ替えをもうひと踏ん張りしなくっちゃ。

鉄粉姉妹とネジ君は変わりなく元気いっぱい。
ちょっとふやかしてウエットを混ぜてあげるご飯は一日二回にして、後はケイジ内にドライフードをお水を入れておけば適当に自分たちで食べている。
元々トイレは外さなかったし、お腹が治ってからは私のトイレ掃除は楽。
成長していくって事はなんと素晴らしいのかと思う。

で、「ある」の食欲は戻らずなので、明日は獣医さんに診てもらおうと考えている。
どうも左側上の口腔内に違和感がある様なのだが、哀しいことに「ある」は決してお口の中を私に見せてくれない。
沈静でもかけなければ獣医さんでも無理かと思うのだが、兎に角私では対処できない。

私こそが命であったはずなのだが、なんともはや・・・自分と重ね合わせて、老いるとはなんともまあ・・・。
「ちゃあ」それから「コミケ」や「ミミ」等は(お外の子だったのに)身体が受け付けなくなるまで私には身を委ねていたのだが、「ある」はどうしても嫌だと言う。

食べる事は生きる事なのだから、ちゃんと食べてもっともっと私のそばに居て欲しいと願っている。



posted by みいしゃ at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

不穏

さっきからやっと落ち着きつつあると思う。
風が強く、嫌だな〜なんて思っていて。
要するに強風そのものではなく、強風を引き起こす気圧とか前線とか・・・こう言ったお天気がどうもいけないようだ、「ある」にもそして私にも。

食欲がぐっと落ちて、そのくせなんだかイライラと感情が高ぶっているようで、ぐるちゃんと一戦交えそうな感じだったので、「ある」の方を確保してバリケンに閉じ込め。
暫くしてキドナは飲めたから、それからやっとご飯も少し食べた。

食べないとますます足元がふらついて、階段のすぐ下に私が居たから良かったものの、あのままでは階下まで転がり落ちていたかもしれない。

見た目では特に何処かが痛いと言った感じではない。
でも目に見えない内臓または頭の中に何かがあるのだろうが、「ある」の気ままを優先して人間の心配でいじくり回す事はすまいと考えているので、私がすべきことは穏やかに過ごせる環境を整え美味しく食べられる物をなんとか用意することだろうと思っている。

まず自分で食べられればそれで良し。

あ、また何処かへ行ったと探したら、私のベッドで気持ちよさそうに寝ていた。
(三日ほど前から私のベッドに復帰。で、風子ちゃんがベッドに乗るのは構わないようだが、それがぐるちゃんだとトラブルになるの。)

毎日毎日が一喜一憂ではいけないのだが、明日は落ち着いてご飯が食べられて穏やかに過ごせますようにと願うしかない。

☆風子ちゃんは元気いっぱい。
何事も悪いことはなく、元気に成長中。

ぐるちゃんはもっと堂々としていれば良いのに、変にこそこそするから・・・それが「ある」に変な闘争心を呼び起こしている様な気がする。
一人暮らしでなかったのが良かったと実感するのはこんな時かも。
ぐるちゃんは誰かにフォローされているから、ちゃんと食べるし上手に生きている。
(去年は真夏でも「ある」「ぐる」がべったりとくっ付いていたけど、今は無理。)


posted by みいしゃ at 23:21| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする