サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2016年08月13日

あ・く・び

昨年の今日。

http://miesha.seesaa.net/article/424121650.html

画像自体は2009年の物なのだが、大きなお口を開けて、屈託なく大あくびをしている「ある」のなんと可愛い事か・・・と。

笑っているようで、「ある」の大らかさと可愛さがお触れる画像だと思う。

ぐるちゃんは女の子だし、まだまだこんな域には達しておらず、でもまあ素っ頓狂さでは負けていないかも。
ずいぶんと人見知りをするようになって、人間家族以外の人間には幻の猫さんになってしまったけど、またその内変わるかもしれない。

P1050864.jpg


チビ猫さん(と言っても3ヶ月ほど)の保護予定の情報があるので、隔離が終わったらウチへ来るかも。
さあ、そうなったらどうするの〜ぐるちゃん?

☆土曜日だからちゃんとオレンシアを打って、夕食もいっぱい食べた。
昨年は8月後半はぐっと気温が下がったけど、今年はお盆以降はどうなるかしら〜?

東京の猛暑日はうんとすくなかったけど、あれはもう辛いから、此のまま少しずつ秋が近づいてきて欲しい。

☆昨日〜今日にかけて、seesaaブログでシステム障害が発生していました。
文字化けがしばらく続きましたが、本日は障害が解消されています。



posted by みいしゃ at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

命日

7月13日は「ある」の命日。
丸一年がたった。

今がお盆と言う事だから、今年が新盆になるのかしら?

別にウチへ帰ってきているのだと言う感じはまったくしない&霊感は全くないから、鈍い私には気配は全く感じない。

それでも良いの。

時折まだひたすら寂しくって涙することもあるけど、ウチで長い間私と一緒に暮らしてくれたことに感謝するのみ。
可愛かった事を思い出すのみだけど、それで良いのだと思っている。

P1050806.jpg


小雨に濡れても、アメリカ芙蓉の大きなお花が綻びていた。
昨年はどうだったのか?全く記憶にないのだが・・・。

私はほとんど毎日必ずお庭へ下りるから、何処かお空から、たまには私を見降ろしてくれるのだと思いたい。

「ある」はお庭に出ている私を観察するのが好きだった。
例え網戸を閉め忘れたとしても、決して自分からは外へ飛び出す事はなかった。






posted by みいしゃ at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

春の嵐

東京の気温が20℃まで上がって、明日はさらに上がるのだそうだ。
ただ今も南風が強く、湿気を含んだ強い風がピューピュ〜。
春の嵐である。

薬局へ出かけて。
図書館へも行って、お野菜も調達した。
もちろんダウンコートなんて着ていられなくって・・・薄いコートを羽織っただけ。

だいぶんぼろっちくなっているけど、ぐるちゃんの毛布の下にはキルトマットが敷いてあって。
今はまだそのままだけど、その内毛布は外し、タオルに替えよう。

☆「ある」が居なくなってからもう7ヶ月もたった。
ぐるちゃんに気をとられている時間も多いのだが、ふとした事で「ある」を思う。

P1040697.jpg

これは昨年の一月のもの。

今日友達の猫さんが急に具合が悪くなって、フードやら何やらの相談電話があった。
15歳を過ぎてくると、ちょっとした不調がちょっとした事ではなくなってしまうので、どういう風にどの程度の治療をすれば良いのか、色々と迷ってしまう。

猫さんはどういう風に思うものやら?

「ある」に会いたいな〜・・・。


posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

二ヶ月

20110528.jpg


誰も口に出しては「ある」の事を話題にしないけど・・・
これでもう二ヶ月が経った。
今までと同様に、それ以上にぐずぐずと引きずっているのは、多分私だけかもしれない。

棚の上の方からフェロビタとかニュートリカルが箱ごとでてきたりするもので、なんとまあだらしない買い物をしていたのかと呆れてみたり。

今までは暫く残しておいても他の誰かに役に立ったのだが、今回ばかりはぐるちゃんは若いから、結局はゴミ箱へ入れるしかない。

でもまあこうやって愚図愚図しながらも時は過ぎていくのだから、もう少し有意義に過ごしていきたいと思っている。
ただし思ってはいるだけでちっとも積極的な行動は出来ていないので、自己嫌悪は無くならない。

だから、せめて人に迷惑はかけたくないな〜と、これだけは心している。


☆豪雨で被害にあった地域で泥棒行為が横行しているとか。
命の繋がった人間や動物たちをまずは安堵して、これからの生活を憂えている時に、これはなんとした事か!
恥だと思う。



posted by みいしゃ at 23:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

一ヶ月

「ある」が私の傍に居なくなってから一ヶ月が過ぎた。

大笑い.jpg


これは2009年9月10日のブログに使った写真。

私が「ある」に貰った一緒に居た生活には、楽しい思い出がいっぱいである。
それなのに、死に至るあの子の病には最善を尽くしてやれたのかと問うと、そうではなくって。

それでもあの子の心にはずっと寄り添ってこれたのだと信じている。

何らかの拍子に「ある」を思い出していまだにぐっと胸がつまるような生活はまだまだ続いているのだが、悲しければ泣けば良い・無理して忘れる必要もないのだし。

その内時薬は効いてくるだろう。


まだまだ蒸し暑い不快な日が続いています。
皆々様&尻尾のある子たち、健やかで楽しい日々を過ごせますように!

「ある」の死に際し、あの子とそして私に心を寄せてくださった方々、本当にありがとうございました。



posted by みいしゃ at 21:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

お花

「ある」と私にって、ひまわりのいっぱい入ったにぎやかなお花を頂いた。

P1050029.jpg


ぐるちゃんがどうしてもお花(多分ルリタマアザミ)を気にするので、結局窓際のキャットタワーを暫くの「ある」の定位置にしたの。
これなら登れないだろうと思う。

ぐるちゃんは何をどう感じているのか判らないけど、「ある」が居なくなった事だけは理解しているようだ。

今日の東京は台風の影響で基本的に不快。
突然雨が降ったり風が強かったり、まるで私の気持ちの様にめまぐるしく変化した。

お花を見たら・・・また涙。
何故かぐるちゃんを見ても胸がいっぱいになったりして。

それでもこうやって時を過ごして「ある」の居ない状態を受け入れていくのだろう。

毎日通っていたのに、まだ獣医さんにお電話もしていなくって。
明日こそは・・・。



posted by みいしゃ at 23:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

帰宅

「ある」が今日午前11時過ぎに帰ってきた。

P1050024.jpgP1050025.jpg


「おかえり、ある。」

おべべの中は白い陶器の円柱形のお骨壷で、手書きで名前と年齢等が書かれていて。
動かすとかさっと、お骨の触れあう音がする。

見てくれは全く違ってしまったけど、またその存在を迎え入れられて、少しは気持ちが落ち着いたと思う。

昨日友だちが持ってきてくれたお花を添えて、「ちゃあ」たちとは別の所で暫くは休んでもらおうと思ったのだが、ぐるちゃんは二度も花瓶をひっくり返した。
お花の中にルリタマアザミがあって、ひょっとしたらそれを猫ジャラシだと思ったのかどうか?
明日には引っくり返らない花瓶にアレンジをし直して、「ある」の居場所を確保しよう。

ぐるちゃんは「ある」が居なくなった事をどのように感じているのかは判らないけど、普通に自分の生活を守っていると思う。
ただ、今晩は台風の影響で風がかなり強いので、そのざわめきにやや挙動不審気味である。

火入れは昨日午前11時半だった。
私はお庭へ出ていた頃で、お空に登るときに、ひょっとしたら私の心を感じてくれたかな〜?

「ある」は私がお庭へ出てあれこれやっているのを眺めているのが好きだった。
網戸を閉め忘れていても決して外へは出ようともせずに・・・。



posted by みいしゃ at 23:15| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

その後

経過を書いてすぐ後、「ある」は死んでしまった。

ブログなんて何と言っても自分の記録なのだし、よその方にとっては他人事で。
所がこの私のブログはFBに連動させている物で、思いがけずにFBから「経過」にコメントを頂いた。
そして「ある」は死んじゃった等と私が反応したもので、それにまたお悔やみを頂いてしまい、それにて事が全て済んでしまった・・・と思いこもうとしていた。

何しろ喪失感が半端なく、泣けて泣けて。

でも私自身は食事もして少しずつ家事もやってはいるのだが、私も一緒に死ななかったのだから、「ある」の事を気にかけてくださる方もいらっしゃるやら知れぬと思い直し、記録は残しておこうと思い直した。
友だちが「どう?」なんて電話をしてきてくれて、それからすぐに駆けつけてくれたのも一因かも。


私は「ある」のすぐ傍に居て。
「ある」はお口を動かして。
気持ちが悪いかな〜と思ったのだが、それが呼吸停止の合図だった。

まず呼吸が止まり、心臓はその後ゆっくりと動きを止めた。
痙攣も無しで、静かな旅立ちだった。

おおよその時刻は2015年7月13日13時30分。

14日11時前に深大寺動物霊園から迎えに来てもらい、ウチを離れた。
17歳と7ヶ月。
深大寺さんに後二日で8ヶ月だったと言ったら、書類上は17歳8ヶ月となった。
別に年はどうでもいいのだけど、お若いボラさんたちは猫は25年は・・・と言う事だから、「ある」(みしゃこもちゃあも)は早死だったのかも。

P1050020.jpgP1050021.jpgP1050023.jpg

今の時期は急激に暑くなったのもあるのだろうか?深大寺さんはとても混んでいるそうで。
「ある」の火入れも昨日だったのか今日だったのか、後できちんと書類を見るまでは判らないけど、きっとちゃんとお空へ昇れたのだと思う。

明日16日にはお骨になって、私の所へ戻ってくる予定だ。

以上、皆々様への報告でした。
一言でいえば、本当に良い子だったもので、悲しみはその分とてつもなく。
こういった思いをどうやって昇華させていけばいいものやら・・・静かに暮らして時の流れを待つしかないのだろう。





posted by みいしゃ at 17:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

経過

腎不全末期に苦しむ子が居ると言う糜爛性口内炎は急速に悪化して。
食べたい、飲みたい気持ちがあるのにそれが出来なくって。

此処が安楽死のタイミングかとも思ったけど、私が「ある」の時間を止める事も出来ずで、結果緩和治療(なるべく苦痛を和らげる)をする事にして毎日通院した。

治らなくても痛みが軽減されて、静かにその命を全う出来たらな〜と。

12日の朝までは自分で階段も上り下りしていたが、その後はいよいよ立つのがやっと。
昨晩こそかと、一晩中「ある」と一緒に居たけど、今も静かに呼吸を続けている。

糜爛は続いているので、痛くない訳ではないけど、本日は猛暑なので通院は止めて、少量の補液のみにして・・・私はずっとついていようと考えている。

以上が「ある」の経過。

☆急激な暑さ。
皆々様、どうぞご自愛ください。



posted by みいしゃ at 11:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

晴れ

晴れたらする事がいっぱい。

で一番願うのが「ある」が穏やかに過ごす事なのだが。
食べられないしお口は気持ちが悪いし、この苦痛さえなかったら・・・。
此処まで進む前に、例えばネスプ等を使って貧血になるのを遅らせていたら、あるいは月単位での延命が期待できたかもしれないのに。

もっとはっきりと自分の意志を獣医さんに伝えておけばよかった、せめて一度でも試してみてあげたかったと後悔しきりなのだが、反対に『延命』と言うのは良い状態でのんびりできる状態を伸ばす事を大前提とするべきで、いずれは・・・と心は千々に乱れる。

今朝はウンチが出て。
腎不全の子が便秘でカチカチでと、そう言うのが全くなく、お口以外の消化器官はまだちゃんと動いているのだろう。

本日は通院で補液+α。
で、私が出来るのはなんとか興味を引く食べられそうな食餌を用意する事、室温湿度などに気を配り、出来るだけ快適な空間を作ってあげたい。

☆薄々感じていて、だから心配していたのだが、お向かいのご主人様が昨日亡くなられた。
家族葬で送られるそうだが、内緒は嫌だからとお電話いただいた。

あまり詳しくはお聞きしていなかったのだが、3年前からのご闘病だったそうで、不調はないわけではなかったけど、実に坦々と過ごされたそうだ。

奥様は「ウチの車とバイクがある時はきっと○君(息子)が在宅だから安心だ」とご主人様に言っていらしたようで、「そうかそうか、それは安心、宜しく言っておいて」と。
(お子様方はお二人ともお医者様で独立していらっしゃる。)

ほろり・・・。

ご冥福をお祈りいたします。


posted by みいしゃ at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

涼しい?

この所私はずっと長袖。
この間までは半袖にカーディガンを羽織るというスタイルだったのだが、薄い長袖の方が楽である。
もっとも明日は最高気温が27℃まで上がるとの予報が出ているので、久々の半袖にしようかと。

ずっと雨で、しかも○活クラブの食材のネット注文をミスしたようで、いくらストックは多めに持っているとはいえ、お野菜が危機的状況なので、明日こそは調達に行きたい。

・雨のためお庭へはほとんど出ていなかったのだが、お部屋の中から見てみると、バラが一本・・・葉っぱが丸坊主になっていた。
これだけ雨が続いていたと言うのに、チュウレンバチの幼虫は必死で葉っぱを食べていたようよ。

仕方なく、幼虫(芋虫)はトングでつまんでとって、スミチオンの希釈液をかけて置いたけど、雨で濡れているから、効果の程は疑問で。
明日はきちんと見回りをしよう。

・「ある」は食べない、いえ食べられないので、ぐっと衰えが目立つようになった。
今日は通院を止めて、補液+ビタミン剤は私が注射。
何処まで何をしてあげるのが良いのか判らないけど、ソルデムなどは少し持っておこうと思っている。

「ちゃあ」の様に強制給餌を受け付けてくれたらな〜と思うのだが、「ある」だけはどうしても駄目だから、無理強いは出来ない。

時間は十分に取れるのに、大した事をしてあげられないのも辛いものだ。

P1050012.jpg


ぐるちゃんは元気でパツンパツン。
マグロやエビやと娘が仕事帰りに買ってきてくれたのだが、結局はぐるちゃんのお腹に入ってしまって。

横取りしても平気とは・・・。



posted by みいしゃ at 23:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

通院

「ある」通院。
腎不全がさらに進みかなり末期的な症状を呈していると言われた。
先日来自宅補液が漏れただの入りにくい等と感じていたのは、さらに脱水が進んだ結果だったようだ。
そしてその結果が貧血で、口腔内も細胞そのものが痛みつつあるのだそうだ。

私は静脈点滴も腹膜透析も、「ある」の自由を奪うものはすまいと決めているので、残るは輸血なのだが・・・。
ほんの一時的(数日〜一週間)には効果があるだろうと思うけど、「ある」の場合はぐるちゃんから血を貰い受けるのだが、双方の危険がありうるし。

だから輸血もしないでおこうと考えている。

今日明日にでも、と言う事がありうるのだそうだが、それは最終的に「ある」が決めるのだろうから、私はそれに従おうと思う。

P1050008.jpg


帰宅直後の「ある」。
目が釣り上がっているかのように見えるのも、脱水のなせる技で、気分がすぐれないのはあきらかだ。

P1050010.jpg


でも階段の上り下りは出来るし、食餌も少しは・・・。
なので、今晩死んでしまうような事はないだろうと思っている。

無理に頑張らなくっても良い。
「ある」の思うがままに、である。

願わくはもっともっと私の傍に居てくれたら・・・と。




posted by みいしゃ at 23:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

ひんやり

梅雨寒?
日中はひんやりとして、夜になってやっと雨があがったら今度は蒸し蒸し。
湿度が高いと言うのは不快だな〜と思う。

その雨の中ちょっと無理やり野菜を買いに出かけた。
車でとも思ったけど、やはり八百屋さんの方が良いので自転車で。

お顔が濡れるのは嫌なんだけど、傘をさして自転車に乗るのは違反だし。
この間は車でさえも乗り降りだけでかなり濡れたから、レインポンチョをポッチっとした。
お値段も色々あって迷ったけど、敢えてまっ黒にしたわ。
魔女になってやる〜。
願わくは何らかの魔法が使える魔女or妖怪になりたい。

「ある」は落ち付きつつあるけど、やはりぐっと衰えたと思う。
お口の中の違和感が増したようで食べにくいし、食べた後の不快感が見てとれて、なんだかとても可哀そう。
肝臓に悪影響はあるだろうけど、もう少しステロイドを飲ませるかどうか?また獣医さんと相談しよう。
(胃薬は嘔吐がないから・・・今晩でお終いにして様子見。)

それでもリーナルケアは一缶をこの二日でかなり飲み干した。
そして補液の用意をして「ある」の傍へ行くと・・・
今日なんてさっさと私のベッドの下に入ってしまい、なかなか出てきてくれなくって。
暫く待ってから、やっとこさ引っ張り出したの。

お耳はほとんど聞こえていないだろうけど、目はまだ見えていて、嫌な事は嫌と察知する感覚も衰えてはいない。

のんびり楽しく生きていけばそれが良いけど、補液+αはそのためにしているのだから、逃げないでね、としっかりと言い聞かせて置いたけど、判ってくれたかしら???





posted by みいしゃ at 23:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんとか・・・(5日の分)

「ある」はなんとか落ち付きつつあると思う。

野暮用で午前中に通院できなかったので、お薬箱をひっくり返してどうしたもんかな〜と。
で、とりあえずステロイドを半錠弱(2mgほど)を飲ませて様子見。

ほんの少しだけど食べたけど・・・
夕方ちびちびちゃんの鼻水が〜と言う事で、こちらへ来ると言うので、私も「ある」無しで出かけたの。

朝起きると胃液状の物が吐いてあったと報告したら、胃薬の指示が出たて、『腎臓の悪い子は胃も潰瘍ができたりして悪くなる事が多々あり』と言う説明を受けた。

帰宅後イサロンを半錠。
キドナは嫌だと言ったので、久々にリーナルケアをお運びしたら、こっちはお気に召したようで美味しそうに飲み干してくれた。

リーナルケアは一缶の量が多いので管理が大変だけど、小さいシッパーいくつかに小分けして一部を冷凍にした。でもこれはさっさと消費しないとお味が落ちるらしく、結局残りは捨てる事になって・・・。

ただでさえ徐々に衰えて痩せていっているのに、こう言う事があるとさらに細ホソになってフラ〜リとしたりすのが心配だけど、無理矢理の強制給餌は受け付けないので、「ある」に任せるしかない。

昨日と比べると不調は上向いているので、明日にはもっと食べられるかな〜と期待しておこう。

☆ちびちびちゃんは鼻水が・・・と言う事で抗生物質がでた。
欠損部分に異常はないけど、獣医さんによっては断脚をと勧められたようだが、まあ様子を見て不都合(すれて皮膚を傷つけ感染症を引き起こす等)があれば、それからでも遅くはないから、暫くは成長を見守る方が良いのでは、と言う「ある」の獣医さんの意見が通りそうだ。
ウイルス検査を済ませてFIV&FelVはマイナス、駆虫済み。
お申し込みがあったのだそうだ。

一人っ子でお留守番も短くって。
まずは三姉妹で一番先にトライアル決定!!!

後ろ足の先端が一部欠損していても、人間と一緒にお家の中で暮らす分には、ちゃんと生きていけるわ!
少し毛が長め。
艶々ピカピカの猫さんになれると思う。
願わくはお笑い系に!




posted by みいしゃ at 00:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

しとしとと・・・

今日は「ある」の通院日。
自転車で大丈夫と思っていたけど、出かける時間には少し雨が降り出したので、結局車で出かけた。
「ある」は自転車でも車でも、全く泣かずに平気。

雨は降っても涼しさが幸いしているのか、この所「ある」の状態は落ち着いていて。
太るのは無理だろうけど、自分でご飯置き場まで行ってウエットなら少しずつ食べている。
もう少し通院回数を減らせるかな?と思わぬでもないのだが、私が毎日しているのは補液+ビタミン剤だけなので、他のお薬(造血剤や強肝剤、時にはプリンペランやステロイド)に関しては、状態を診てもらって獣医さんにお任せで。

好きなように動いて、寝て、食べて・・・辛そうでないから・・・こんな感じでいいのかもとも思っている。

P1040975.jpg


ぐるちゃんは相変わらずお笑い系で。
物を少し整理していたら、あっと言う間にゴミ袋を乗っ取られた。

P1040978.jpg


私がすぐ傍にいるから良いようなものの、せめてこの位にしておいてね。

☆雨があがってから、いつもより少し遅めに公園へ。
シャムミックスのランちゃんは結構濡れていたけど、まだ公園で過ごしていた。
本猫の望む様にではあるのだろうけど、どう考えても正しい飼い猫さんの姿ではない様な気がする。

昼間は他の猫さんの姿をみる事はないのに、ランちゃんはいっつも居て、イチョウや他の木々に爪とぎの痕が目立つようになりつつある。

お家のない猫は嫌いで『臭っせえんだよ〜』と怒鳴り散らすおばさんは、飼い猫なら遊びに来ても良いのだそうだ。

喧嘩をする気はないので、私はとり合わず。
動物愛護法もあることだし、個々の人間性の判断は個々がするものではなく周囲の他人なのだと・・・私は不遜だわ。





posted by みいしゃ at 23:32| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

通院日

毎週金曜日は「ある」の通院日。
ウチに私がやっているのは補液+ビタミン剤で、セルシン(ジアゼバム)は様子を見ながら加減して与えている。

後の造血剤や強肝剤など諸々は週一似通った時に獣医さんの匙加減でその都度薬剤は選択して補液とともに入れてもらう。
昨日補液を少し漏らしてしまったので、本日は少し多目を希望。

はて、今日はステロイドは入ったのかしら?
(お任せしてしまっているので、何が入ったのか確認するのを失念。)
食べたい気持ちが夕方ごろ最好調だった。
それに気付いて色々とウエットを物色していたら・・・私を無視して息子にくっ付いてあっち行きこっち行き、終いにはキッチンスペースに座っていた。
息子におねだりしても、何かあったら怖いからと、息子では何も貰えないのに・・・。

一度にたくさんは食べないけど、(療法食以外)何でも食べたい日だったようだ。

何度も階段を往復して、疲れたのか?只今二階で熟睡中。
しかも私のベッドの上ではなく階段の際の所だったので、タオルを敷き直してベッドの上運んできたけど・・・そのまま寝に入ったかしら?それともまた移動したかしら?

ぐっすり眠れたら何処に居ても良いようなもんだが、階段際は転落すると困るから、止めようね。

☆捕獲予定のチビさんは昨晩は捕まらず。
どうやら白い♂猫さんが保父さんよろしくご飯処へ誘導しているとか。

でも折角のチャンスだから、人間と室内で暮らすために、まずは捕まってねと祈る事にする。

先の黒猫ちゃん=チビチビちゃんはいきなりいっぱい食べだしたせいか、どうやら軟便らしいけど・・・
大丈夫、どんどん体重を増やしているそうだ。
チビチビちゃんこそ、一番に人間の所へ来られて良かった!



posted by みいしゃ at 23:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

いやあ〜かなり本格的な雨。
もう暫くは持つだろうとお買い物に出かけたら見事に予想は外れて濡れた。

昨日午前中に庭師さんが展着剤を含めて農薬(消毒薬と称して)を庭木に散布したのだが、こんなに雨が降ると・・・耐雨性は?
チャドクガ対策がほとんどだが、散布即雨だと、果たして本当に効果があるのかどうか疑問だわ。

でも仕方がない。
人間の方が自然を上手に利用すべきなのだから。


「ある」は午前中に雨に会わずに通院出来た。
ある程度は食べているのだが、衰えは進んで行って。
年を重ねるとは人間同様、猫さんでもそういうものであるとは理解しているけど・・・。

「ある」は辛くないのかしら?ちょっとでも楽しい事があるのかしら?
と、心を砕くのはその事だけ。

明日お日様が出たら、今日よりご飯がおいしいかもしれない、と期待する事にしよう。


posted by みいしゃ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

通院

「ある」通院。

P1040909.jpg


昨晩はあまり食べないな〜だったのだが、日付が変わる頃になってなんとか自力で食べた。
日によって波があるのは確かだと思うのだが、症状としては落ち付いているので、これからは週一での通院になった。

自宅補液が6日になったのだが、動物病院は近いし何か変化があれば直ちに通院できるので、やってみようと思う。
目安としてはちゃんと少量でも食べる事、きちんと眠れる事、辛そうに見えない事位かしら?

今現在BUNはどの程度なのか確認はしていないのだが、出来そうな事はやっているので、「ある」がのんびり好きなように暮らしていくことが私の望む所である。
検査数値に一喜一憂したくない・・・って。


☆調子に乗って千ちゃんと丸ちゃんにもclipnosisを試してみた。
二匹ともOKで、特に千ちゃんはぐてんぐてんだった。

そしてぐるちゃんも前爪を切った。
元々どでんと引っくり返っていたので、そのままのまんま。
ただしぐるちゃんはおデブちゃんでパツンパツンだから、挟みにくかったわ(笑)。


posted by みいしゃ at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

湿度

気温は高くても、湿度が低いと気分もカラリ。
日差しの強さは凄いな〜と思ったけど、風が抜けて気持ちが良かった。

「ある」定期通院。
そして明日から4日分の自宅補液セットをお持ち帰り。
200mlの補液パックを持ち帰っているので、それを二つではなく三つにしてもらえたら、自宅補液がもう二日延びる事になる。
(一日100ml)

「ある」の様子と相談して・・・にしようと思う。

暖かい季節で良かった。
水分吸収が冬よりずっとスムーズにいくそうだし。

☆甘・銀・丸・千
お腹はぐ〜んと調子が良くなった。
お薬が効いて本当に良かったと思っている。

食欲倍増&活発さも恐ろしい程に伸びた。
自分で遊ぶおもちゃも人間が操るおもちゃも、そしてまあ悪戯は四頭揃うとさあて何倍になるのかしらね〜?

本日は譲渡会への参加は見合わせたのだが、ご希望者さんが車でウチまで回ってくださったのでお見合いをした。
結果は保護主さんへ。

四匹は人間の区別が付いていたようで、いつもと違ってちょっと躊躇し、そろりとケイジから出てきた。
その後はすぐに全く平気でいつもの様に走り登りドドドドド〜〜〜。

二年前まで猫さんが居たそうで。
ワンコさん(ブリタニースパニエル・9歳・♀)に馴れてもらうために小さい方が良いかなとお考えだそうだ。
ケイジは必需品だと思うけど、この4匹は犬に苛められた事がないので、どの子でも馴れていけるはず。

ブリタニーさんは猟には使った事がない全くの家庭犬で前の猫さんとはとても仲良しだったそうだが、お散歩で鳥などはしっかりポイントして動かなくなってしまうそうで。
元々の性質をしっかり見極めて楽しく暮らしていける様に、人間側が配慮すべきだと考えている。



posted by みいしゃ at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

子供の日

端午の節句。男の子の健やかな成長を祈願する日。
お雛まつりの時に、「ある」は男の子だから、なんとか端午の節句まではと祈っていた。

ある程度の腎不全は判っていたのだが、急激に此処まで症状が進むものかと唖然としながら、それでもなんとかと願って・・・。

BUNは計器が測定できる最高値よりは低かったけど酷いもので、本来なら入院して静脈点滴だっただろう。
でも皮下補液でも危機はなんとか乗り切れた。

ネフロンは再生しないと言う事で、人間同様腎機能は回復しないから、またいつなんどき尿毒症になるかも知れず。そうなったら次の回復はないだろうと理解している。

本日より自宅での補液+αを開始。
腎不全で補液=皮下点滴をする目的は脱水の予防と循環血液量の確保。
α にも目的があって、そのために毎日通院して獣医さんの匙加減に任せていたのだが、お金も沢山かかることだから、通院での治療は毎日ではなく週に2、3回になる。

私がするのは補液とビタミン剤位のもので、経口で投薬出来る物はその日の判断でジアゼバムであったり、ステロイドくらい。
経口の物はごく単位を少なめにして、それ以上の造血剤やプリンペラン(胃腸機能改善剤)等は通院時に獣医さんにお願いする事にしたの。

その日その日によって身体の状態が違うから、微妙な匙加減は獣医さんにお任せと言う事。
だって昨日だって無事だったはずなのに、ふと見るとお口に血餅が付いていてびっくり。

腎臓が悪いと歯石がなくても口腔内がびらん性の炎症を起こすの。
単純な口内炎ではなくって、独特な臭いもある。

今は治まりつつあるけど、昨晩の血餅の様な物もびらん性の口内炎に因るものだろう。

昨日は結構食べていたのに今日は撃沈・・・といった具合で、色々と変化もある。

人間と同じような透析は出来ないし、腹膜透析も年を考えると、負担の方が大きいような気がするから、私が選択している治療は姑息な手段かもしれないけど、「ある」がのんびり過ごせる事が望みなので、あれやこれやとやって究極の延命を望みはしない。

毎日何か美味しいや楽しいがあって欲しいと、それだけである。

☆現在の預かり猫さんの甘太君、銀太君が男の子。
今日も元気でご飯が美味しかったはず。
子供の日のお祝いに、丸ちゃん千ちゃんと一緒にほんの少し鶏肉を食べた。

子供の日が楽しく過ごせたと思う。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする