サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2015年07月26日

暑〜い!(25日の分)

まつわりつく様な湿気があって、日本は亜熱帯になってしまったようだ。

ず〜と前に、夫の転勤に付いていってサンパウロで3年過ごしたのだが、あそこは亜熱帯に属していても海抜が800mあって、日差しは強烈だったけどスコールの後は毛布が必要な・・・そんな気候だった。

何をしても汗が出て、草臥れて仕方がない。
こんなことでは夏は越せないのではと危惧しつつ、なんとかうまくやっていかねばならない。

ぴかさんが無事仔猫を保護。
今の時期のご多分にもれず、お外に居たママ猫さんから離れた仔猫は哀れなものだと思う。
ノミやらダニやら、こんなものでもさっさと処置してあげないと仔猫はいとも簡単に命を落としてしまうのだから。

餅は餅屋よね〜。
かなり保護に手慣れた人間でも何処から処置を始めるのが一番良いか?
獣医さんの判断が絶対に必要だと思う。

ぐっちんちゃん、良かったね〜。

そして、いつも不思議に思うのだが、こう言った仔猫を見つけても泣き声を聞き付けても、嘆いているだけで、「私には無理」とばかりに全く手を出さない人って???
しかも毎年の様に『可哀想だ』と嘆きだけを言う人ってのは、可哀想だと嘆く自分が好きなのかしら?

無視するなら心を鬼にしてでも沈黙を通して自分で自分の感情を処理して欲しいものだと思う。

何所に仔猫が泣いていて可哀想で可哀想でと私に連絡をしてくる人も多いのだけど、私は協力は惜しまないけど、丸抱えはお断り。
一緒に頑張ろうでなければ・・・意味ないと思うの。

通報するだけなら子供にでもできる。

☆この暑さ&湿度は動物にも要注意。
お家の中でも風を通して何処かに冷たい場所を作ってあげて欲しい。

どうしてもお外を移動しなければならない時は、キャリーの中に保冷剤とか、濡れたタオルとか。
キャリーは車の中には置きっぱなしにしない事。
保冷剤は口にすると動物には毒だから、食べない様に・・・。

そして不幸にして(猫さんでも)ハアハアと開口呼吸をしてしまったら、一刻も早く涼しい場所に移動して、濡れタオルなどでお腹を冷やしてあげるのが良いと思う。

身体にお水をかけて濡らす人もいるけど、表面にだけお水をかけても効果はないものだと考えるのが妥当。
お水で冷やすのならお腹全体に・・・。

冬よりも夏のお留守番の方が危険がいっぱい。
気を配ってあげられるのは人間の方なのだ、と自覚しましょう。



posted by みいしゃ at 00:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

続々仔猫

私が見るに見かねてお外の子に手を出し始めたのが二十数年前。
別に記録を残していた訳ではないから保護した猫さんの数は覚えても居ないけど、一番多かった時は年間30頭は超えていた。

これはウチの近所だけの数で、友だちが勤務先で等と言うのも含まれていたが、例えばセンター等から引き出したものではない。

地域を限定すればTNRをしてその際に仔猫さん(捨てられる子も含めて)を保護していけば、徐々にお外で暮らさざるを得ない猫さんは減っていった。

ウチの一角の猫さんたちにはご飯を与えて病気の治療もして、トイレを設置したりお掃除もしたし、最期まで看取ってお寺さんへ納めた。

私がやってきた事は正しいのかどうかは判らないけど、ご近所では少なくとも泣き声も排尿排便もない時が流れていた。

それが今年は違う。
誰かが猫さんを増やして、仔猫たちはウロウロと近所をさまよっている。
誰がご飯を与えているのか?
一人は判っているのだけど。

責任がとれないのに何故安易に餌付けをするのか?
その場限りのいい加減な行為は止めて欲しい&私はもうあなたの行為の尻拭いは出来ない、と実にはっきりと厳しくお伝えしたのに・・・。
ご飯と言ってもハム一枚とか、チーズ一切れとか、牛乳とか、さんまの頭だけとか。
交通事故で死んでもご近所が清掃局へрオているのに。

仔猫がウロウロとしていると、他にも気まぐれでご飯を与えている人が居るのだと思うし、猫さんに罪はないのだけど、協力がなければ・・・私だってもうそう簡単には動けない。
二十数年間、私には苦情しか来なかった。
昨年川から保護した文ちゃん(現ゆずちゃん)の時も私が助けたと判っても、その後は皆さん知らんぷりで誰一人として協力はなかった。

仔猫と言ってももうかなり育って生後半年は過ぎたのではないかと思う。

ウチの庭も遊びに来るのか通り道なのか、ぐるちゃんの尻尾がぶっとくなるのですぐ判るの。
覆面タイプの白黒さんとチャトラさんで両方ともに長尻尾。
今日はチャトラさんが♂だと確認したけど、白黒さんはまだ性別不明。

動物愛護精神がどんなものなのだか、殺処分をなくそうとか、韓国の犬を食べるお祭りを止めさせましょうとか、それらは大いに結構なことだとは思うけど、私はまず自分の身近からだと考えている。

庭へ迷い込んで来ている痩せた仔猫を必死で捕獲しようとしている人が居る。
保護せざるを得なかったシャーシャー仔猫さんを毎日手なずけようと頑張っている人がいる。
まずは此処からだな〜と思う。

不快な気候のもとでも何かをしていないと「ある」の喪失感に潰れそうだが、お片付けには不適な季節よね〜、と「ある」と「ぐる」に文句を言って。
終いにはぐるちゃんを抱いてごろんと横になり・・・。

どうにもならない気持ちを抱えて、夏はこれから。




posted by みいしゃ at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

一気に暑くなって、夏になったのだと思う。

私の足にはテーピング&湿布、そしてサポーターと、自分でできる手は打って。
自分の身はある程度は自分で守る、すなわち他人に迷惑をかけないのだと思う。

P1050043.jpg


またお花を頂いた。
「ある」の死を悼んでくださるのと同時に、私への労わりに違いなく、申し訳ない気持ちとともに、なんとまあ有り難いものなのだな〜と感謝している。

今日は「ちゃあ」の4回目の命日でもあるし。
7月はこんな月なのだけど、真冬の寒さに震えている時よりはましなのか?と思いたい。

そもそも「ある」がどんな猫さんでも受け入れて、自分なりの愛情を惜しげなく注いだのは、「ちゃあ」がそう言う猫さんだったからであり、「ちゃあ」は目も開かないうちに娘と一緒に拾ってきた猫さんだった。
「ちゃあ」がウチへ来た時には生後半年ほどの「みしゃこ」が居て、「みしゃこ」は「ちゃあ」を抱いて舐めて私の仔猫育てに協力した。

そして何よりも、猫たちより先にムク(柴)が居た。
ムクは結構気が強く、気に入らない犬だと川を挟んであっちとこっちで吠えあう様な犬だったのだが、猫が好きで好きで・・・。
新しい保護猫さんが来ると、三日はケイジの傍を離れなかった。

「ある」がウチへ来た時はムクと「みしゃこ」と「ちゃあ」が居て、生後二ヶ月弱からそういう環境で育ってきたの。

犬一頭+猫三頭、30年の暮らしは楽しい思い出がいっぱいある。

ぐるちゃんは息子の猫だし、私自身はもう二度と新しい動物を迎える事はないだろうけど、困っている犬猫さんにはなんとか少しでもお役に立ちたいな〜との思いに変わりはない。


シャムミックスちゃんには個人的にお申し込みがあったので、募集はストップ。
男の子二匹はもう少し育ってからの方が良いだろうと、保護主さんと相談して、こちらもさらなる成長を待とうと言う事になった。
無理して幼いうちに貰ってもらう事もないか・・・と思うので。

勿論保護サイドの努力はまだまだ続くのだけど。



posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

昨日虹が見えたのだそうだ。

IMG_1745.jpg


友だちが私の携帯へ送ってくれたもの。
虹の橋では、先に逝った子たちが飼い主を待っているのだそうだが、ウチの子たちも其処で元気にしていると思う事にしたい。

私は全くの凡人で霊感なんて全く無し。
亡くしてしまった子の何かを普段の生活の中で全く感じる事は出来ていないけど、魂は穏やかに漂ってくれていれば良いな〜と。

虹の見えた時刻には、公園に居たはずなのだが、その直前に雨に降られて自転車から転げそうになり。
ぐっと踏ん張った足をねじったのか、左足膝の後側の痛みにおろおろとしていた。
「ある」を亡くした事が原因で身体の不調をきざすのでは、それこそ「ある」が嫌がるだろうと思うので、ちゃんと食べよう&眠ろう、普通に生活しようと自身で自分に言い聞かせている。

で、やっと獣医さんに「ある」の事を報告して、補液や針など、使用しなかった物をお返しした。
誰かが使ってくれるはずだから・・・。


P1050032.jpgP1050038.jpgP1050041.jpg


友だちが係った葛飾の仔猫さんたち。

保護後直ちにこちらへ搬送だったので、「ある」のかかっていた動物病院に入院。
いわゆる猫風邪が酷くって、4匹居た仔猫たちは全員失明の恐れがあり、眼球そのものも残せるのかどうかが危ぶまれるほどだった。

一番小さかった子は残念ながら命を落としてしまい、残った三匹がやっと此処まで来た。

本日ウイルスチェックを済ませたので、みいしゃが人間家族を募集開始したい。

シャム風の子のみ♀でキジ白とキジさんが♂。
キジ白君とキジ君の左目に瞬膜の癒着あって、キジ君はその内瞬膜を剥がした方が良いかもしれないとの事。
シャム風の女の子もやはり左目に白濁が少し残っているけど・・・。
視野はやや狭いかもしれないけど、全頭視力はあるし、眼球摘出なんて事はなくなった。

FIV&FelVはマイナス。
駆虫済み。
少しハンディはあるのだが、是非ともどなたかのかけがえのないパートナーになって欲しいと願っている。

ママ猫一匹なら「おじさん」が管理している駐車場に居ても良いのだそうで、その子はTNR済み。

◎どうぞ応援してください。
仔猫たちはすっかり甘えん坊で、グルグルフルフルと人間を信頼しきっています。
お見合いは動物病院で、診療時間内ならいつでも会って頂けます。



posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

きゃ〜あ〜

キャーキャー言うほどうぶな訳ではなく、庭いじりをしていると虫は付き物で。
それにしてもこのサイズ、さすがに素手では触れもせず。

P1050003.jpg

あまり綺麗なものではないからサムネイルにしておいたけど、クリックすると拡大可。

P1050005.jpg

尖っている方が頭で、お尻の方に飛び出しているのが外敵から身を守るための針だと思う。

多分これはヨトウムシ。
この後「蛹」になって蛾になるのだろう。

昼間はあまり人間の目に付かないはずなのだが、今日は私がお掃除をしていると、道路をのそのそと歩いていた。
勿論捕獲して、掃いた葉っぱ等を一緒にゴミ収集に出しちゃったわ。

此処の所ずっとまさに梅雨空で今日だって少し雨が落ちた。
お洗濯ものは室内で乾燥機や除湿機を使ってさっさと乾かしてしまうのだが、お庭へ出るのはさすがにためらわれて、紫陽花もスノーフレイクが恐ろしい事になっている。

暑くなる前に、今月中旬までには何としても風が抜ける様に・・・来年の姿を予想して、手入れをしたいものである。

☆「ある」の食欲は戻らず。
腎臓が悪いと糜爛性で難治性の口内炎がますます体力を奪って。
これでは楽しくないので、獣医さんと相談しなくっては。

ステロイドが肝機能に悪影響を及ぼすらしいけど、このままでは可哀そうだもん。
今日なんて何処かへ籠ってしまって・・・ちょっと探したくらいでは何処に居るのか見つけられずで。
これは狭いウチの中で、整理整頓が行き届かず雑然と潜って行ける場所を私が作ってしまっているのが一番の敗因なのだけど、口腔内が痛くって気分がすぐれないのだろう。

ついこの間まではお口からの匂いも減って、それなりに体調は落ち付いていたのだが、腎不全がさらに進んだのか?それとも他の原因が何かあるのか?
お口から何らかの食餌が摂れないと、高齢猫さんはそのまま衰弱してしまうから・・・なんとかしてあげたい。

☆仔猫の訃報があちこちから。
たくさん生まれるから仕方がないのかもしれないけど、それならやはり不妊手術を進めて生まれてしまう飼い主の居ない猫さんを増やしていかない事が大事だと思う。

なんとか助けようと必要以上に必死で人工乳を飲ませすぎるのも間違っているのだが、新生児が飲みたくないのに無理やり飲ませすぎる人のなんと多い事かと、残念である。
新生児は100gにも満たない子が居て、頭から尻尾まで全部含めて100gなのだから、そう言った子の胃の大きさや消化能力などをちゃんと考えて欲しい。

多少足りな目でもそれなりに赤ちゃん猫は育つけど、多すぎるとあっと言う間に消化不良を起こしてしまう。

ママ猫さんは赤ちゃん猫さんの排尿排便をすべて舐めて処理していくのだから・・・それを考えても目も開かない赤ちゃん猫がシャーシャーといっぱいオシッコをするわけではないと思う。

少しずつ時間をかけてちんまりと授乳したら、それがちゃんと消化するのを待って次の授乳にしてあげてね。
本当に小さな赤ちゃん猫でもお腹が空けばちゃんとニャーニャーと訴える事が出来るのだから。




posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

不調

また肩がこってうっすらと頭痛。
でもまあ夕食(ちゃんと作って)を食べたら気分は上向いた。
まったくもって暑いのだが涼しいのか判らず、基本は半袖でカーディガンを羽織ったり脱いだり。

そんな訳で午前中の「ある」の補液も少し漏らしてしまったのだが、てきめんに夕方から「ある」も不調。
あれこれお勧めしてみたのだがちっとも食べてくれず、娘と相談して補液を少し追加した。

で、それはすぐにきちんと吸収されつつあるようで・・・
キドナを飲んで、トイレに行けたので、今晩は良しとしよう。

明日はまたかなり雨が降るとの予報が出ているけど、「ある」の不調が続くようなら、通院しようかと考えている。

P1050002.jpg


ぐるちゃんは此処、段ボール製の爪とぎを二つ並べて入れられる・ダブルの爪とぎ(又や堂製)の上。
お願いすれば綺麗に彩色してもらえるのだが、「ある」は木の部分でもガリガリするから、彩色無しでオーダーしたもの。
研いだあとの屑が溝にのみ落ちる優れものなの。

中に入れる段ボール製の爪とぎは、先日ネットで注文したのだが、みんなそれぞれ違うのね?
随分お安いな〜と思っていたら、丈は長くって、その分とっても厚みがなかった。

一つは厚みのある物が残っていたので、向かって左側にはそれを、そして新規に購入した物を右にセットしたら段差が出来てしまったけど、「ある」も「ぐる」も別に気にせずバリバリやっているからそれで良しとしておこう。

ただしこうやってぐるちゃんが寝るには・・・段差は不適ではないかと思うけど、本猫は全く気にせずわざわざ此処で寝ているのから、私が思うほどの違和感は感じていないのだろう。

ごく普通に元気で宜しい。

☆予定では明日の高井戸のCHICHIさんでの譲渡会に、チビチビちゃんとその姉妹二匹、そしてママ猫ちびちゃんが参加。
土砂降りでなければ良いな〜。

9457229_2163341028_205large.jpg

http://ameblo.jp/goe-c/

☆葛飾の子たちもその後順調に回復しているそうで、この子たちのネットでの募集は私が引き受けた。
「ある」にお風邪がうつっては大変と獣医さんは慎重で、私はまだ面会をしていない。
なんでも一頭がシャムミックス風で、残りは普通とか。
普通って(笑)???

まだ性別さえもお聞きしていないから、「ある」の通院とは別にちゃんと出かけて写真をとって、状態(特に目の様子)をしっかり確認の上、正しい情報で募集をしようと考えている。
性別や毛色のみが猫さんを家族に迎える条件ではないと、私はそう思っているので、適猫適所となるように、お手伝いはしっかりとする予定だ。





posted by みいしゃ at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

いやあ〜東京もよく降ったの。
お昼前「ある」の通院時なんて土砂降りで。
「ある」は濡らさなかったけど、人間の方は傘も持って車だったのに、かなり濡れて全部着替えた。

落ち付いて居るのだと思うけど、なんとなく覇気はなくって。
こんなものかな〜と思いつつも、週一で出来る事をと通院は欠かせない。
動物と人間とは如何にやっていくかと考えると、身の丈に合った生活が望ましく、兎に角途中放棄はしない事=死ぬまで傍に・・・これが最低限のお約束だと思う。

お外は土砂降りでも、「ある」「ぐる」はいっぱい眠って。
湿度は高いけど気温はまあまあだから、空気の流れを作ってあげると満足な様だった。

P1040999.jpg


ぐるちゃんったらこんな所に入って・・・。
中の敷物は「ある」が使ったままで代えていないから、「ある」と補液などのニオイがいっぱいなのにね。

「ある」が無言だからか、このごろぐるちゃんが頑張っていると思う。
小さい蚊の鳴く様なお声で・・・。

明日は今日の様な雨ではないらしい。



posted by みいしゃ at 22:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

ガウラ

宿根草 白蝶草(ガウラ)

宿根草 白蝶草(ガウラ)
価格:324円(税込、送料別)



昨年よそのお庭で見かけてずっと探していた。
今の季節なら別にネットでなくても何処か近くで買えるはずと、お花屋さんの前を通るたびに気にかけていたのを、本日見つけて白いのを一ポットのみ購入。
(小さいからか150円だった。)

P1040981.jpg


もう植える場所はないので・・・鉢で小ぶりに育てたい。

P1040980.jpg


日当たりと風通しが良いと地植えで80cmにもなり、こぼれ種でかなり増えるそうだ。

P1040980.jpg


『せめて三つくらい一緒に大きい鉢にしたら?』と勧められたのだが、
『鉢が重くって・・・』
『だよな〜、お互いに年をとったな〜』と古くからの付き合いのあるお花屋さんはこんな調子だった。

娘でも植物に興味があればまた違うのだろうけど、まあそうではないから、一人で自分が出来る範囲のみにしておかねばならない。

☆先週末にかけてちょっと重い物を運んだり整理したりしたのが堪えた様で、体調不良である。
週末は籠っていたのだが、お野菜も足りなくなったので、やっと買い物へも出かけて。

明日は曇天との事。
「ある」はまあまあ落ち着いているので、ガウラを植えたら・・・
後はのんびり過ごそうと考えている。




posted by みいしゃ at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

晴れ間

朝日が降り注ぐと、やはり雨の時よりずっとテンションがあがる。
今日はお洗濯ものがすっきりと乾いたし、気分も晴れやかになるはずだったのに、(うまく眠れなかったので)動けたのは午前中のみ。
後はグダグダで、さわやかな日が勿体なかったな〜と反省。

☆葛飾から保護中のチビ猫さんたち
その内私が何らかのお手伝いをと申し出ているのだが、獣医さんは「ある」への感染にとても慎重で、私はまだ会わせてもらっていない。
例え「ある」無しでも人間がウイルスの運び屋さんになってしまってはいけないからと。
たかが猫風邪、されど猫風邪。ウイルス的にはヘルペスウイルスなのだが、感染初期でないとなかなか回復は難しい。
それにヘルペスウイルスは表面上風邪の症状が治まっても、神経細胞の奥深くに潜んで、二年以上にわたって隙あらば牙をむこうとするし。

そうよね〜、ぐるちゃんならまずは大丈夫だけど、「ある」には猫風邪はいけない。

・4匹の内、二匹は少し大きめで後の二匹は小さめで、一番小さい子は助からなかった。
・ad缶+ミルクから始めて、すぐにドライフードも食べられるようになったのだが、お目目の回復は芳しくなく、これからうまくいったとしても、かなり白濁が残るだろうと。
最悪は角膜が癒着してしまうと手術が必要。
諸々が落ち着かないと視力がどの程度確保できるか判らない、と前途多難である。

ママ猫さんが付いていたのに、ママ猫さん自身の栄養状態も悪かったのだろう。
TNR予定だそうだが、出来たら早めに。そして終了後はご飯だけはきちんと与えられるようにして欲しい。

まさに食べる事が生きる事。お口からしっかり栄養を取れないと命の継続は難しい。

頑張れ〜!
今はそう応援するのみ。



posted by みいしゃ at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

シャンプー

実はチビ猫さんをシャンプーするのが好き。

9457229_2161285542_121large.jpg


この子はチビチビちゃんの姉妹猫。
(あ、まだちょっと目やにが・・・。)
この後タオルドライしてドライヤーをかけたから、多分綺麗になっているはず。

チビチビちゃんより三日あとに保護された子なのだが、その三日間が問題で。
あっと言う間にノミが付いてしまっていた。
チビちゃん(ママ猫さん)と別れて一週間だし。ママ猫さんのお手入れが行き届かなかった結果なの。

ノミ自体は今はお薬が色々とあるから駆除は簡単なのだが、困るのはその糞。
何しろ原材料が猫さんの血液だから、皮膚にべたべたガサガサと張りついてしまい、終いには皮膚炎を起こしてしまう。

いくら櫛梳ってもなかなか全部はとりきれないから、そんな時は洗ってあげるのが良いと思う。

たいていの猫さんは・・・大人しい。
お湯の中で汚れが落ちて行くのが気持ち良いのだろう。

だから『私が洗いた〜い』って言って、連れてきてもらったの。

勿論トリマーさんの方がずっとお上手だろうけど、私の目的は汚れをとってあげる事で、手早くなおかつ嫌がらずにを心掛けるだけ。

洗面台で、小さな洗面器がチビ猫さんの浴槽。
ウチに来た子は全員みいしゃのシャンプーを経験済み。

猫さんは洗わなくても良いと言う人もいらっしゃるけど、皮膚も被毛も生きているのだから、普通の健康な猫さんの汚れは、たまにはとってあげる方がより良いと思う。
ただし猫さんによってはとても嫌がる事もあるから、そう言う時は専門家に任せる方が良いだろう。

☆猫さんの訃報がまた一つ。
モハさんのクロさんが・・・。
「ある」と同い年なので、次の目標は海の日までとおっしゃっていたのだが、これはもう仕方がないと思う。

猫さんが逝く時は、猫さん自身が決めているのだし、人間同様個々の差はあってしかるべしで、持って生まれた身体の強さも関係するのだし。

クロさんまたね。
チャトラコ姫と仲良しだったそうだが、晩年は女の子に囲まれて、楽しかっただろうと、私はそう信じている。

「ある」はまあまあ。
好きなようにのんびりと。

私はそれで良い。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

次の仔猫

どうしても放っておけない・・・しがらみ(柵)があるそうで・・・。
昨日保護されてきた仔猫さん4匹は目が開いていなかった。
で、生後一ヶ月ほどとか。

直接ではなくって間にもう一人友人が入って居たものだから、私の方も情報をしかと確認できなかったんだけど、要するにいわゆる猫風邪で目が周辺ごと炎症を起こして、目やに等でくっ付いて目が開けられない状態なのだそうだ。

私はまた新生児だとばかりに勘違いしていて、授乳は引き受けるわなんて言っておいたら、獣医さんの方から、『今の「ある」さんとの同居なんてとんでもない。仔猫たちは生き延びるかどうかの瀬戸際です』と言われたのだと。

仔猫たち4匹は隔離して入院となり、ママ猫さんにはしっかりご飯を与えてもらって、TNRするのだそうだ。

東京でもまだこんな状態なのね。

ただ嘆いていても仕方がないので、抗生物質や抗菌剤等がうまく功を奏するように、なんとかご飯が食べられるように・・・祈るしかない。
私が出来る事はほんのちっぽけな事だけで、歯がゆいけど仕方がない。

P1040972.jpg


これはさっきの「ある」。
とってもお痩せになってしまったけど、補液を受け入れ季節の変化にも順応しつつ・・・
のんびりと生きている。

よれよれでもとっても可愛いと思う。




posted by みいしゃ at 22:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

観察力・処理能力

9457229_2160601389_183large.jpg


親子猫。
最初がキジ白のママ猫(お外に居る時にはチビちゃんと呼ばれていた)、次が黒猫(チビチビちゃん)、でキジ白、キジと、一応全員が保護できたそうだ。
仔猫たちは全員女の子。

で、チビチビちゃんが身体が一番大きいそうで。
となると、仔猫三匹は本当に姉妹なのかしら〜と、ちょっと疑問だけど、まあもう一緒になっちゃったからそれはそれで(ひょっとしたら姉妹ではないかもしれないとという意識を持って)対処していけばそれでOK。

頭の上にアンテナをいっぱい立ててしっかり観察して何か異変があればどういった事が考えられるか情報を処理して・・・。

断定するには研ぎ澄まされた神経=アンテナが物を言うのかもしれない。

今回はママ猫さんがちゃんと育ててくれていて、ご飯もある程度は手べられるようになっている月齢だし、駆けつけられる獣医さんもあちこちに居てくださるし。

みんなしっかり成長しますように!!!



posted by みいしゃ at 23:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

お知らせ

☆甘・銀・丸・千の四匹が、高井戸の譲渡会にデビュウします。
日時:6月21日(日)
12:00〜4:00PM
会場:高井戸「フラワーショップCHICHI」
東京都杉並区高井戸東2-25-15
井の頭線高井戸駅徒歩2分

チャトラの甘太くんが一番人気だとか。
外見だけではなく、性格等もちゃんとお考えになって選んでいただけたらと思う。

みいしゃが望むのは兎に角死ぬまでお傍に置いていただける事、それに尽きる。
人間側が努力しなければならない事も多々あり、安易な気持ちで猫さんを迎える事がない様に・・・と。

☆下肢一部欠損の黒猫ちゃん(チビチビちゃん)の兄弟二匹が本日無事保護。
性別毛色など、追って報告予定。

☆明日14日、葛飾区で親子猫保護予定
随分前に、お手伝いを募集して居た現場。

施設に入る予定の方のお家で子育てをしていた猫さんを、仔猫ともどもヘルパーさんがお外へ追いやった子たちの末裔。

ずっと延び延びになっていたらしく、結局最後に残って居た猫さんが仔猫を産んだ途端に、広い駐車場を管理していらっしゃる方が親子猫ともどもを殺処分希望だとか。

避妊手術が遅れたのがいけないのだろうけど、せめて仔猫が生後一ヶ月ほどになるまで・・・と交渉したが決裂。

友だちの行きがかり上・・・捕獲や金銭的な物はなんとかなるそうだが、はるばる杉並へ!!!

何処の猫さんでも命は同じなのだが、猫さんの負担を考えると、本当は地域の猫さんはその地域で解決していくのがよかろうと考えている。
この子たちはまあ同じ東京都ではあるが、あっちからもこっちからも東京へ東京へと犬猫が移動してくるのは、果たしてそれでいいのかしら?と疑問がいっぱいである。

☆ウチの近所でも生後半年未満であろうと思われる猫さんの姿を見かける様になった。
私がウチの近所の猫さんに係って、不妊手術を始め、譲渡も行い、20年かかってお外で暮らす猫さんが居なくなっていたのに・・・。

年齢的にも経済的にも、これから先の20年なんて無理だから、私自らが手を出していく事は出来ない。
無責任で勝手な人間の尻拭いはもう止める。

生きているのだから、誰かが食べ物を与えていらっしゃるのだろうけど、一時の気まぐれではなく、猫さんの生活にきちんと責任を持って欲しいものだと願ってやまない。



posted by みいしゃ at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

五体不満足

乙武さんのご本のタイトルと同じだけど。
昨晩保護されてきた黒猫ちゃんは後ろ足が欠損していた。

9457229_2160155643_245large.jpg

(抱いているのは私。)

猫ちゃんは黒猫で♀。
体重が470gだったけど、月齢的にはひと月半ほど。
短めの鍵尻尾。
離乳は出来ていると思う。

ママ猫さんが先週の土曜日までは傍にいたので、その後は昨晩までどうしていたのか不明で。
その分お痩せだけど、身体はしっかりしていると思う。

欠損箇所は後左足、肉球部分から先がない。
でもね、目立った傷口もなく、毛が綺麗に生えそろっているから・・・
感染も受けておらず、多分先天的なものではないかと。

様々な検査等はこれからだけど、お外でなく人間と一緒にお家の中で暮らせば問題はないはず。
爬行はあるだろうけど、そんなものはどうってことない。
ささっと櫛梳ったけど、蚤も居なかったし。

ちょびっと風邪っぴきだったので、「ある」との同居は今は無理だけど、ちゃんと食べれば、あの程度の風邪なんかはすぐに追い出せると思う。

で、今日になって同じ場所でもう二匹の仔猫の目撃があり、今現在捕獲中。
ママ猫さんはすでに捕獲&避妊手術済みで現在は保護中。

チビさん二匹、早く捕まってぇ〜〜〜!




posted by みいしゃ at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

こんなもの〜?

こんなものなのかな〜?
夜中になんだか寒くって薄い羽毛布団を引っ張り出した。

そして朝起きるとうっすらと頭痛。
無理はしないでさっさと鎮痛剤を飲んだけど、今日は一日中頭が痛く気分のすぐれない日だった。

昨年の6月は体調最低だったから今年も気をつけねばと思っている。

私が体調不良の時は「ある」も具合が悪い時が多いのだが、今日は無事。
結構快調に何度も二階と階下を行ったり来たりして、娘のお部屋に行っては何かにスリスリしてまた消える・・・なんてのを繰り返していた。
昨日の補液+α(強肝剤や造血剤)が今日になって少しは効果が出たのかもしれない。

気分の良い時にこそもっと食べないものかと思うのだが、そう何もかもが良い方向へ向かう訳でもないらしく、食餌量はまあほどほど。
チビさんたちのご飯に首を突っ込んで食べていたドライフードはもう食べなくなってしまったけど、飲まなかったキドナが復活。
二日続くとマグロはもう食べないし、相変わらず何なら喜ぶのか?いつまで経っても手探りの状態なのだが、そう言うもんなのだろう。

ぐるちゃんは元気。パリンポリンとドライフードが大好きで、色々と「ある」のご飯を試食して。
ミルク系の物は絶対に食べなくって、お肉系の物もビーフは食べない。
ドライフードが好きなのはそれはそれで人間は楽だし、良い事なのだが、本当は何でも食べてくれた方がより良いだろうと考えている。

ぐるちゃんは生後半年ほどで公園から連れ帰った子だけど、あの当時はウエットしか食べなかったの。
少なくとも動物病院に入院中は全くドライフードは食べなかったとか。

食の好みは変わりうるから、美味しく食べて元気なら、それで良し。


☆日本全国あっちでもこっちでもパルボの発生が報告されている。
お外から猫さんを保護したら・・・二週間は隔離して他の猫さんへの感染を防いでくださいね。
潜伏期間が一日〜二週間。
感染直後にはインターフェロンが有効だけど、発症してしまったら、パルボウイルスをやっつける有効な抗ウイルス薬はないので、基本的には猫さんの体力がウイルスに勝てるかどうかしかないの。

種が違うから、人間は絶対に感染しないけど。

三種混合ワクチンが有効で、でもワクチン接種済みだからと言って、不用意に猫さんをお外に出す(脱走を含む)のは止めましょうね。



posted by みいしゃ at 23:11| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

移動、遺棄

甘太くん、銀太くん、丸ちゃんそして千ちゃんは、本日お迎えに来てくださって、無事に次の保護先へと向かった。

二匹ずつ二つのキャリーで移動したのだが・・・
「え、何なに〜?」と思ったかどうだが判らないけど、車でブィ〜ン。

みんな一緒だから大丈夫よ。
譲渡会へのデビュウは来月半ばなのだが、それまでにはもっときちんと成長できると思う。

私に希望者さんの選択権はないのだが、あの子が良いな〜なんて感じでご興味のおありの方にはちゃんと連絡を付けますので、コメントやメール等でお知らせくださいね。

そして本日は5月にして真夏日だったそうで。
それを狙ったのかなんだか知らないけど、私が通う公園にチビ猫さんが遺棄された。
見つけたのは幼い男の子を二人育てていらっしゃる若いママさん。

遺棄は犯罪
本来なら猫さんを捨てて行った人が犯罪人で、若いママさんには犯人の尻拭いをする責任はない訳で。
そしてだからと言って、私が丸抱えしなければならないと言うものでもないと思う。

どうしたもんかな〜と一応悩んで。
『どうしたいのか?』お話を聞く所から始めた。

ウチに行きつく前に、すでに警察にも動物病院にも相談していらして。
なんとか命を繋げたいと言う意志はお持ちだった。

ウチの玄関内で、まずパパさんに許可を取って。
賃貸マンションで終生飼う事が出来ないけど、保護ならOKと。

さあそうなれば後は私も精一杯のお手伝いをしようと決めた。

必要なお道具は揃えて、猫さんと坊ちゃんとママごとお家まで運んで。
飼育のポイントを説明して、連絡先を交換して、一晩頑張ってみて・・・無理なら私が育てると約束をした。

チビ猫さんは甘太君たちを預かった時と同じくらいのサイズだから、まあ生後一ヶ月ほど。
一回は私がシリンジでミルクを与えて、チビ猫さんの胃の大きさとか、離乳食について説明。

まあ三匹で性別の判断もお出来だったし、猫さんたちの状態は良いし。
お子様たちは幼いからは煩いけど、彼女なら出来ると思う。

キジ♀、黒♂♀。キジちゃんは短めのお尻尾で、黒二匹は長尻尾だけどちょっとカギ。
手を差し伸べてくれたのが彼女だが、見ていて手を出さなかった人の話では、もう一匹居たのだそうだ。
誰かが持って行ってくれたのか?移動してしまったのかは不明。

それで、何もしなかった人が『可哀想に』「かわいそうに」と言葉でだけ「いい子ぶりっ子」をなさっている。
ゆずちゃん(文ちゃん)の時だって、煩く騒いだ人は騒いだだけでその後は知らんぷりだったから、そう言う人の心情は理解できるけど、口先だけの憐みは何の役にも立たないと思う。

で、もし若いママさんを応援してくださる方がいらっしゃれば、私が代理でカンパを集めたいと考えている。
私もお手伝いはするから、沢山集めたいとは思っておらず・・・。
一口500円で最大四口まで。
報告はあげるけど、御礼は何もできない。
検便(必要なら駆虫)、ウイルスチェック&ワクチン費用の一部に使わせてもらえれば、と。


もし支援してくださる方がいらしたら、コメントorメールでお知らせください。
おってゆうちょ口座をお知らせいたします。

猫さんたちは細長い深い段ボール箱に入れられて、その段ボール箱は大きな持ち手の付いた紙袋に入れてあった。箱も袋も無地・・・って用意周到で厭らしい・・・。





posted by みいしゃ at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

暑い

夏になるとウンザリするから・・・今の内にもう少し整理整頓をと思うのだが、掛け声だけで根気が続かず。
いったいTシャツは何枚あるのかと思いつつ、今年の可愛いのをまた買ってしまって、う〜ん自己嫌悪。

何処かに引っ越ししたいな〜。そうすれば思いっきり物が捨てられる・・・なんて考えたりしている。
(そのためにはまずは息子と娘を追い出さなくっては!)

P1040911.jpg


「ある」が仔猫のご飯を横取り中。
みんなは少し食べて、猛烈に走り回って遊び中。
で、私はケイジをお掃除中。

療法食なんて食べてくれないから、まあ仔猫のためのご飯でも食べてくれればそれで良しと・・・酷い飼い主だと思うけど、食べないより食べた方が生命維持ができるのだから、と。

P1040914.jpg


「私はもう朝ご飯は終わったの。チビさんたち元気ね〜。
別にチビさんたちは嫌いではないけど、沢山居ると目が回りそうだから・・・見・て・る・だ・け〜。
寝るわね!」

暑くても風は気持ちが良く、朝晩はちゃんとそれなりに気温が下がっているから、これで良いと思っている。
何よりも猫さん総勢6匹が無事で、特にチビさんたちは絶好調だから、これに勝る喜びはない。

明日の予報は曇り。
でもお洗濯はしたい。
洗ってくれるのは洗濯機だけど、綺麗になったお洗濯ものを干すのが好き!



posted by みいしゃ at 23:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

ドロ〜ン

ドローン・・・意図的に侵入か?って嫌である。
まあウチの辺りはただの住宅しかないから、政治的な物にまず侵入される事はないであろうけど、要するに覗き見?あるいは何かをばら撒く?って、下に居る者にとっては楽しいものでない事は確かである。

日本では結構何処にでも売っているものらしいが、目的のはっきりしていないものは安易に売るべきではないとも考えている。

P1040817.jpg


今年の一番花はイントリーグだった。
他にも蕾がいっぱい上がって色の見えているものも多々あって。
昨日にはもう花開いていて、甘い香りでベランダに出た時にすぐ気付いた。
(写真はさっき暗いベランダに出て、フラッシュをたいて無理やりこっちを向いてもらって撮ってきた。)

4月にはもっとお手入れが必要だったのに、雨が続き日照不足だし、追肥も思うようにできていない。
でもこれからは晴れの日が続きそうだし、施肥なども出来るだろう。

何と言っても「ある」が少しは持ち直したから。
これが一番大きい。
毎日の通院は時間的にも経済的にもかなりの負担ではあるが、私は「ある」の先生の匙加減を信じているので、まだ通院は続けると思う。

今日は先生がお留守で。
なんでもお孫さんの緊急のご用がとの事。
別の先生はいらしたのだが、補液だけではなくその子に合わせて何かを入れているはずだから・・・補液だけならいつでもOKだけど、勝手にお薬を入れられないって言われて。

「出直します」とお返事したら、その時に先生が帰っていらした。

「ある」は尿毒症を起こしていたのだろう。
本来なら入院して静脈点滴となる所、「ある」の性格を熟知していらっしゃるからこそ、毎日の通院になっているのだと思う。

今晩は娘が食べていたクリームチーズが欲しかったらしく、テーブルの横にへばりついておねだりをしていた。
ふらふらとコケルので危険なのに。
勿論少し貰っていた。

鶏肉も少し。
お口はまだまだ不調だから痛いのだろうけど、食べたいと思った物を食べても良いと考えている。


☆チビさんたちはまあ良く食べる。
ケイジをよじ登って取っ組みあって、元気いっぱい。

給水器もはずみで舐めてはいるが、お水の容器はすぐひっくり返すから一旦止めて。
代わりに食餌の際にミルクも足している。

人工乳は嫌だったのだろうけど、背に腹は代えられぬとばかりにシリンジのミルクは一滴もこぼさず上手に飲めるようになった。
シリンジは小さめの方が私が使いやすいので、本日動物病院で6mlの新しいのを調達。

今週末にはケイジをもう一回り大きいのに代えて、お水入れも工夫して、それでミルクは終了にしようと考えている。

お腹の調子はとても良いけど、検便もしようね。



posted by みいしゃ at 23:32| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

今日の一枚

11009865_791790044249581_3706504448222384503_n.jpg

(photo by Hiro)

予測通り、今朝にはちゃんとウンチが出た。
トイレ内に二匹分、もう二匹分は場外に。

夜にももう一回で、今度は全員がトイレ内だったわ(笑)。

ご飯を食べ始めると途端に身体も心もぐっと成長する様で、日曜日の夕方に預かったばかりだと言うのに・・・朝起きてチビさんたちのお顔を見ると、私でさえその成長に驚くほど。

チビ猫さんの離乳は急ぐ必要はないと思う。
この子たちだってママ猫さんと一緒だったら、まだお乳だけだっただろうけど、まあ人間側の諸事情により、ママ猫さんと離れざるを得なかったようで、2、3日ちょっとひもじい思いをして・・・。

でも機は熟していたから、あっと言う間にご飯の美味しさに魅せられたのだろう。

兎も角今の所健康状態はとても良い。


☆「ある」が怒った、シャ〜〜〜。
通院時に出会った見知らぬワンコさんが気に入らなかったようだ。
まさにタイミング良く『無礼者〜』って感じで。

補液のお陰でBUNが多分少しは低下したのだろうと思う。
もう暫くは通院で、それから私が補液をする様にしていこうと考えている。



posted by みいしゃ at 23:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

う〜ん立派

9457229_2149889350_18large.jpg


サイズはこんな感じ。
おチビだな〜と思うけど、なかなかしっかり成長して実に立派。

ご飯が美味しいそうだ。
一匹ずつまずシリンジでミルクを少しあげてから、小さなスプーンで離乳食を口元に持っていくと、自分ではがはがとちゃんと食べる。
で、私がある程度与えた後、食べたりない子はお皿に顔をつっこんで存分に食欲を満たしているわ。

ご飯は基本的に一日4回、朝・昼・夜・寝る前。

そして今日からはちゃんとトイレが使える様になった。
外している子も居るけど、大丈夫。
一丁前にお砂を掘り掘り出来るから、何も心配していない。

オシッコの出が悪いと言う事だったのだが、うまくお腹が満たされていなかったせいだと思う。
ウンチもこれだけ食べたのだから明日にはきっと・・・。

本能なのだろうけど、ママ猫さんに教えてもらった訳でもないのに、これもまた立派だと思う。

☆「ある」は補液効果がかなり出てきた。
腎臓食は好まないけど、普通のウエットも口にするようになり、それに何よりも寝姿が変わった。
なんだかうなだれた様な頭を下げた姿から、ちゃんと横になって『気持ちよさそう〜』と見えるんだもん。
貧血の問題もあるから沢山補液すればOKってもんでもないけど、まずは効果は出てきつつあると思う。

毎日沢山のワンコさんに会っているけど、健康に関しては『若さには勝てない』と心底そう感じる。
年老いたワンコさんや猫さんにはそれなりの愛おしさゆったりとした時間の良さは勿論あるけど・・・。

みんな急がずゆっくりと穏やかに年を重ねていけたら良いな。



posted by みいしゃ at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする