サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2015年12月17日

やっと

冬になったのかな〜と思えるような気温。
でも昨年と比べるとまだまだ薄着。
最近体重を量っていないけど、食事は美味しいから・・・十二分なお肉(脂肪?)を蓄えたのかもしれない。

昨年の今日は「ぐるちゃんの目が・・・」なんて言っていたのだが、猫さんを一頭飼うと、生涯経費が300万円ほどだと聞いた。

そんなにかかるかしら?と思うけど、確かに体調を崩すと多額のお金がかかることもある。
持って生まれた身体の強さにも因るのだが、その子に合った良質なフードを与え、生活環境にも人間が配慮するならば、それなりに猫さんはうまく生きていくと思う。

ただし備えあれば憂いなしなのだから、いきなりの出費となった場合に備えて、毎月少しずつでも猫さん貯金をしていけたらな〜と、皆様にもお勧めしている。
(例えば1週間に500円よけておく。一年が52週だとすると、1年で26000円、10年で260000円。)

P1050343.jpg


うんとこしょ、と、ぐるちゃんはすっごい恰好でお化粧中。

猫さんは思い悩む事なかれ!
努力すべきは人間なのだから、猫さんは憂う必要はない、と断言したい。



posted by みいしゃ at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

お日様と会えないと・・・

何となく不活発。
でもそんな事を言ってられないので、出たり入ったり色々ととにかく動いた。

私が出入りするたびにぐるちゃんは律義にお玄関まで出てきたけど、基本的にはお布団の上でのんびりと。
のんびりと言うより『惰眠をむさぼる』?といった感じなのだが、それもまた良いだろうと思っている。
だいたいが猫さんは一日24時間の内14時間〜16時間ほどを睡眠に充てるそうだから、いつみても眠っていると人間は感じるのかも。

一日の半分以上の時間を眠っているとなると、安全で穏やかな眠りを保証してあげたいな〜と思う。
もちろんご飯も大事、眠りも大事、嫌な事はなるべく避ける・・・のが良いのかしら?

最近は長生きする猫さんがとても多くなってきているけど、人間側がいくら大事にしても持って生まれた壮健度の違いはあるようで、早世してしまう猫さんもあり。
人間でもそういう事がありうるから、私は長生きが飼い主さんの自慢の対象にはならないと考えている。

「ある」が逝って、昨日で5ヶ月が経過してしまった。
まだまだ此処に居て欲しかったのだけど・・・寂しい・・・。




posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

ぽん

P1050338.jpg


お判りかしらん?
ぐるちゃんのお尻尾がぽんぽんなの。

車庫側に誰かが来ていると身体全体で私に訴えかけた。

カーテンを開けてみたけど見えなくって、窓を開けてみたけど判らなくって。
懐中電灯を付けて覗いたら、確かに仔猫さんが逃げて行った。

色柄は判らなかったけど、白っぽくはなかった。
サイズ的には生後二ケ月ほどに見えた。

この前は三毛ちゃんだったけど、もうちょっと黒っぽくって・・・。
どこかでウチの近所で猫さんが増えつつある。
で、ずいぶん探してみたけど、ママ猫さんらしき猫さんは判らず、と言うか日中は大人の猫さんは全く目にしないの。

お外で暮らす猫さんは増えていって欲しくないので、何とかしたいと思う。
でもそれにはまた家へ来てくれねばならない。

車庫側にご飯を出して餌付けするわけにはいかないから、木戸を少し開けておいてお庭へ誘導してみようかと。
夜ご飯を置いてみて、それが減るようなら捕獲しよう。

小さいから人馴れするはず、と信じて。

誰か人間が気まぐれでご飯を出していらっしゃるのだろう。
放っておけばその内どこかへ行くだろう、なんて思っていらっしゃる人がほとんどで。
そんな人には本当の意味での『動物愛護精神』は欠如しているのだと思う。
お外で暮らす猫さんには辛い事が多くって自由気ままな生活を満喫しているわけではないわ。

今年はこれで三回目の仔猫の出現。
先の猫さんたちは確かに目にしなくなったけど、幸せに暮らしているわけではないだろうと思っている。



posted by みいしゃ at 23:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

気温

今日も今日とて同じような姿でドッテ〜ン。

P1050335.jpg


娘のお土産が生マグロだったので、ご飯を食べた後だったのに、大きなブツを2個ぺろりと。
こんな事をしているから痩せないのだろうけど、太らなければ良い。
食べ物がおいしいという事は元気のバロメーターだもん。

気温が上がったのにお日様が出ないと何となく寒くって、と、友達と電話しながらそう言っていたら・・・
夕方公園まで歩いて行ったら、ちっとも寒くなかった。
雨が降り出すとのことだが、気温も上がっていくそうで、明日の最高気温は21℃と予報が出ている。

これなのよね、だから体調管理が難しいのだと思う。

お外で暮らさざるを得ない子って、丈夫なんだな〜と思う。
あ、違う。
色々な環境にきちんと対応していける子だけがお外で暮らしていけるのね。

お外で暮らさざるを得ない猫さんが減りますように。
人間と一緒にのんびりと生活をしていく方が猫さんには絶対に良いと信じているから・・・。




posted by みいしゃ at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

う〜ん

東京杉並の最低気温が4℃&最高気温が11℃・・・これが普通なのだろうか?
今日はお日様となかなか会えなかったので、なんだかう〜んと思ってしまった。

お日様が当たっている間は、ぐるちゃんはあちこち移動したり、お米屋さんのお兄さんにわざわざ挨拶に出てきたり。
それが夕方以降は私の椅子の下、ブランケットに隠れてずっと出てこず。

『お迎えにも出てこなくって』と帰宅した娘に文句を言われていた。
『ご飯をいっぱい食べたから眠いんじゃな〜い?』等とぐるちゃんを庇っていたのだが、私自身も足元が何だか冷え冷えで。

P1050331.jpg


ヒーターの温度を1℃あげたら、やっとブランケットから出てきて、ぬう〜としていた。

寒い時期は飲水量が減る猫さんが多くって、やれ膀胱炎だなんだかだと飼い主が心配する種も増えるかと思う。

ぐるちゃんは若いし多分尿路系は今のところ大丈夫なはずだが、それでも飲み水にお湯を足したり、ホカペは豆に付けなおしたりして対処している。

赤ちゃんのお尻拭きを温める物とか、マグカップに入れた飲み物を冷めないようにする物とか、色々と試してみたけど、今一つ温度が気に入らずで、まだ試して居ないのが熱帯魚の水槽の水温を一定にする物。
容器がぐっと大きくなりそうなのが難だろうけど、今度どこかで実物を見て検討しようかな〜と考えている。

ぐるちゃんはおデブさんだからたくさん脂肪を身に付けているのだが、寒いもんは寒いらしいわ。



posted by みいしゃ at 23:31| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

風もなく・・・

ぽかぽかで穏やかな日だった。
12月なのに・・・と思わぬでもないけど、とてもありがたい。

P1050321.jpg


アメジスト(メキシカン)セージを全部切った。
今暫しと残しておいたのだが、暖かい国の物だし、来年の茎が早くも展開しているし。

P1050322.jpg


しばらくはお部屋の中で愛でたい。
けど・・・長いままバケツに突っ込んでなの。
本当は私は枯れこむまでお外で頑張ってほしいのだが、それが見苦しいと思う人もいるから、まあまあ妥協しよう。

囲い込み猫さんの件は走り出して。
なんでこんなに揉めるのか不思議なほどだったのだが、お外に居た時の状態を耳にはさむにつけて、餌やりさんたちのやり方もまずかったな〜と思っている。
現場に直接入りこんで居なかったし、それぞれの断片的な思いしか初めは伝わってこなかったのだが・・・。

住民が代わったと言うのにご飯の保存場所まで作っていた?
お掃除をしていなかった?
ただご飯を与えるだけで逃げるようにその場を離れていたの?
この寒い時期になっていたと言うのに三匹は蚤だらけって。

囲い込み後も早く室内フリーにと言う事だが、二重ドアがまだ完成していないと言うので、それまでは『ダメ』とストップをかけた。

『猫が可哀そう』と大義名分のように唱えているだけでは前途多難である。

結局動物病院への預け代もお家賃もご飯やお砂も一人が負担しているなんておかしいと思うのだが、お金を出したくない人はああだこうだと屁理屈を付けて逃げるのね。
猫だけ哀れで人間は哀れではないとでも考えていらっしゃるらしい。

トラブルがあったからこそ、狡さが見えてしまった。

猫さんも人間もできることとそうでない事がある。
私は猫さんの見方でありたいと思うけど、口先だけの協力なら何も言わずに黙って居てねと言いたい。


☆飼い猫さんは人間家族がお家へ戻った時に迎えに出てくるか?
うんと眠いとか、その時々の状況によって違うのだろうと思うけど・・・

P1050325.jpg


このお嬢さんはまあまあ合格。

ぐるちゃん、眠いなら、もっと可愛いお顔で寝てくださいね。






posted by みいしゃ at 22:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

アメリカン

今日私が会ったのは、アメリカンショートヘアにアメリカンコッカースパニエルに、アメリカンピットブルテリア。

アメショウやコッカーは別に珍しくもないけど、ピットブルさんに触ったのは初体験。
毛色はいわゆるブルー。去勢済みの子で、とても人懐っこくって。
なんでもピットブルは噛む力が強く、攻撃的な性格で、人間を死亡させることもあるとか言われているけど・・・
女性が一人でコッカーと一緒にふつうにお散歩をさせていらした。

私を見ると、何が嬉しかったのかお尻ごとお尻尾ふりふりで、身体をグイッと寄せてきて。
ちゃんと躾けられているようで、別に飛びついても来なかった。
飛びつかれたら大変よ、体重が35kgもあるそうだから(笑)。

今年アメリカから二匹を連れて帰国なさったそうだが、獣医さんを探すだけでも大変だったそうだ。
ピットブルって言うだけで門前払いだったとか。

そうかもしれない。
本気になったらさぞかし強かろうと思われた。
知らない犬は、事故がないようにしましょうね。
私は何故か犬に好かれるけど、知らない犬には自分からは手を出さない。

で、アメショウちゃんは一歳のきれいな女の子なのだが、突然キレるようになってしまったと獣医さんに相談に来ていらした。
獣医さんにおっしゃるには、初期の子はそういった子も居たそうだ。
強い子は強いと。
だから「ある」の様な子は昔は珍しかったそうだ。

今年ニュースになって居たのは猫さんがキレてしまって人間がお家に入れなくなってレスキュー隊が出動したというもの。

今日のアメショウさんもガーっと襲ってくるらしい。

どうしてなんだろう?
くたびれると大人しいだろうと必死で遊ぶのだそうだが、ひょっとしてそれで興奮しすぎなのでは???

ウチはみんな人見知りせずお客様は特に歓迎だった。
ただ「みしゃこ」とぐるちゃんは人見知り気味。
ぐるちゃんなんて生活クラブのお兄さんが嫌らしく、決して出てこないもん。
男の子より女の子の方がそういった傾向があるように思う。

P1050303.jpg


暖房を使うようになったので、ぐでんぐでん。

P1050304.jpg


自分から抱っことは言ってこないけど、べったりとくっついて盛大にぐるぐる言って激しくモミモミをして。
ヘソ天で眠る。

日本生まれの雑種だけど、十分可愛いわ。
生後半年ほどで捨てられていた子だけど、どうってことない。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

囲い込み

お外猫さん、ご飯所を移動してみるのではなくって、囲い込みをなさるのだそうだ。
ご飯を届けていらした方が4人いるのだが、誰も触れない子たちだそうで、そんな子たちがアパートに閉じ込められて、何方が何日其処へ通うかでさえももめているのに、どうしてそうなるのかな〜?と疑問なのだが、止められないのだから仕方がない。
やりたい人が強引ではいけないと思う気持ちは変わりないけど・・・。

こうなれば、途中で嫌にならずにきちんとしてほしいと願っている。
毎月お家賃がかかるのだし、人間の身体の都合だってあるはずなのだが、どうにもならない時には駆け参じる心積りは・・・表明していないけど、そうするわ。

半長毛さんが二匹と黒猫さんが一匹だそうなのだが、アパートに入れても人間がごく短時間お世話に通うだけでは、猫さんたちはそう簡単に人間に心を開いてくれるとは私には思われないけど、飢えない事は確か。
病気にならないとは断言できないし、其処から逃がしたらどうなるの〜と心配は尽きない。

個人活動なのだし、他人に頼らねばいけないのなら、事はそんなに甘くはないと断言しておこう。

P1050289.jpg


アンスリウム。
暫くお花をお休みしていたのだが、少し手入れをして施肥したら、またきちんとお花が上がってきている。
リビングの東側の出窓はお気に入りのようだ。

環境への馴れも大事よね。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

猫さんは色々、人間も・・・

雨が降って気温が下がって・・・ついに薄いダウンを着込んだ。
明日はまた暖かいそうだけど、ある程度は気温の変化に柔軟に対応していかねばと思っている。

明日からはちゃんと起きなければならないし、でも仕事に出かけていく人間が居ない内はのんびり・・・のはずが、突然の電話があって。
2013年の12月〜2014年1月に、ロシアンブルーの迷子さんをお家へ帰すのにすったもんだいろいろと苦労したのだが、『保護したんだけど、飼い主さん宅はどなたもいらっしゃらないの』と。

またか・・・。
聞けば何度も小脱走は繰り返しているようで、去勢後は遠くへ行かないからすぐ保護されていたようだが、今回もお外に1週間ほど居たようだ。
大きなマンションでお外も気持ちがよいかもしれないけど、新青梅街道に面しているのだし、飼い方が云々と理事会でも問題になりつつあるのだそうだ。

電話してきたのはたまたま同じマンションに住んでいる私の友達。
でもね、とにかくお外に興味のある子だし、リビングのドアノブには何らかの対処をするようにと散々お伝えしてあったのだし、理事会云々はそちらサイドで解決していただかないと・・・。

気になったので私も飼い主さんに電話してみたのだが、留守電になっていて、メッセージは残したけど折り返しのお電話はないのだから、あまり個人的に介入はできない。

ホクちゃん自体はオシッコもひっかけなくなって、陽気で人懐っこくって、とても美しい素敵な猫さんなのだが、飼い主さんは大らか過ぎると言おうか、いまだに首輪や迷子札も無しだと云うから、う〜んどうしたもんかしら?

「飼い主さんから何らかのご相談があればまたちゃんと応じます」とだけ、今のところはそれ以上でも以下でもない。

先日来色々と猫さんがらみの事があって。
病で救急搬送されたおじいちゃまのメインクーンを同じアパートのおばあちゃまがって。
何やら向かってくるような猫さんだそうで、私はケイジをお貸しして運搬したのみ。
介護側と行政や福祉は違うから、心配はしてもできることはお手伝いのみに留めよう。

さらにもう一件、地域猫さん三頭が住民が変わったため居場所がなくなったというもの。
なんでもお安くアパートを借りて其処で猫さんの面倒を見ていこうとしていて、お金を出す側とお世話する側がもめている。
あの地域に私が出入りしたのはもう15年も前で、依頼者のお家の中とお外の子たちは全頭不妊手術をして、仔猫は預かって。
保護した仔猫たちも残り一頭が友達のお家にいるだけだから、あとから寄りついた長毛2匹と黒猫さんなんて見たこともない。

依頼者であった息子さんが亡くなり、そのお母様も今年亡くなったそうで、相続人が住むことになったら猫のご飯所は提供できないからご飯を置いてはいけないのだそうだ。

ふうん、だからってお外でずっと暮らしている猫さんをアパートに入れるの?
だいたい不妊手術は済んでいるの?年齢は?人間が触れるの?
猫さんが可哀そうと言いながら、餌やりさんの誰かが何かをごまかしているわ。

私は居場所は猫さん自身が決めれば・・・と考えている。
どこか近所でご飯を置かせてくれる所を開拓すれば、今の交代制でやっている餌やりさんたちで何とかできるのではないかしら?

人間たちがかなり高齢になってきているのだし、囲い込むことだけが猫さんにとっては幸せなのかどうか?
何よりも人間側の負担が大きすぎて破たんが目に見えているようである。
アパートを借りて猫さんが住めるように整えてだなんて、そう簡単にできることではない。
一時金は出すけど、お世話はもうしたくない、ってそれは酷いと思う。

猫さんはお家の中で人間と一緒に暮らすのが一番幸せであると信じているが、人間の負担があまりにも大きいと、人間だって幸せではないだろうし、そうなると猫さんだって幸せではないと思う。

いつも言っているけど、多少の無理がどんどん重なって無茶になってしまうと、その先にあるのは『破綻』である。
一時的な『可哀そう』と言うだけの感情は長続きはしないと思う。




posted by みいしゃ at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

曇り

最高気温24℃&湿度が高くってぼあぼあだった。
今の季節にしては『蒸し暑い』って感じだったのだが、明日は雨で最高気温は20℃には達しないそうだ。
まあなんでも良いわ。
この程度なら着るもので調節していけばいいから。

食料品は確保。
買い出しついでに娘のスカートなどを福祉のお店に届けたのだが、あのお店は12月28日閉店するのだそうだ。
統一教会系の資金集めのためのお店という噂もあったけど、宗教色は全く感じず、ゴミとして捨てるにはもったいない品物(新品同様)の持って行き場としては重宝していた。
ないならないで・・・不用品は結局捨てるのが良しってことだろう。

明日は引き出しを引っ張り出して整理したいわ。

☆猫さんの不調のニュースがあっちからもこっちからも。
私自身が今までいったい何匹の猫さんを見送ったのやらなのだが、口をきかぬ猫さんを見守る人間の辛さは本当に筆舌に尽くし難い。

そういった経験をするのは一人ではない。
だから・・・猫さんの前では泣かないで、そばにいてあげたいものだと思う。
自分だって大いに取り乱していたのだろうけど。

私が望むのは猫さんも人間も、苦しみは最小限であること。


posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

紅葉は・・・

今年は暖かいのかしら?
東京杉並では今からが紅葉が進むのだろうと思う。

P1050249.jpg


メキシカンブッシュセージ(アメジストセージ)は今が盛り。
道路側へ、お日様が当たるほうへとどんどん伸びるので、来年は夏前に背丈を抑えるべく切り縮めてなるべく低くこんもりと育ててみたいと思う。
ビロードのようで・・・ご所望される方も多いのだが、残念ながらあまり水揚げが良くないもので、ちぎっていかれてもすぐにダメになってしまうだろう。

P1050247.jpg


五色蔦もこれからが紅葉なのだが、所々の赤が美しい。

P1050245.jpg


カシワバアジサイのハーモニーも本当に美しく色づくのはこれからだと思う。

ただ残念なことに、今年は庭師さんが週明けから剪定&伐採に入るという事で、落葉の前の紅葉は楽しめないかもしれない。
ここに住んでいるどの住民よりも長生きしている奥の大木も切り倒すのだと言うし、住民が変われば木に対する思いも変わるのは当然かもしれないけど、これこそ本当に残念だといまだにそう考えている。
カラスが来るのは別にあたりまえ、常緑樹でも葉っぱは落ちるものだと思うのだが、ずっと生きてきた木をそんな理由で切り倒すものかしらね?
たった一本だけど大きな木で、切って撤去費用が30万円だそうよ。

まあ週明けは雨が降るらしいから・・・そのあとで、もう一日位は色の変化を楽しめるかもしれない。
(雨なら庭師さんはお休みだから。)


☆ぐるちゃんは元気。
抱っこが嫌いなわけではなくって・・・自分でお膝には乗ってこないけど、乗せてしまえば脱力してぐるぐるうっちょり。
お布団の中にではべったりとくっつくし。

私のことが嫌いなわけではないようだが、なんとも愛情表現が素直じゃないわよね(笑)。




posted by みいしゃ at 23:52| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

七五三のお祝い

Rちゃんの素敵な写真がFBにアップされていたので、その中の一枚をモザイクを入れてこちらで紹介。
Rちゃんはそれはそれは素敵で可愛らしい。
よそのお子さんってあっという間に成長していくような気がする。

753.jpg


え、なにこれ〜?
はい、しいふぁ君の映っているRちゃんとパパとママと神戸のおばあちゃまとの記念撮影よ。

しいふぁ君・・・ちっちゃかったんだから。
2011年4月生まれ。
http://miesha.seesaa.net/article/206686699.html
一姫三太郎の内の一頭で、生後半年ほどでミグノンさんから譲渡。

センター出身。
という事は誰かが一度は処分を願った子だったという事。

コクシジュウムを持っていたし、真菌と疥癬のダブル感染もあったし。
トレイアルに出てバセンジーちゃんと仲良くできなくって戻ってきたりもした。

でもそんなことは人間がちょっと手を貸せば乗り越えられて。
一姫三太郎(ちゃう=しいふぁ、姫=なな、モコ=はちろく、くるりん=ぽっきぃ)はみんな自分のお家を見つけた。

安易に増やすなかれ、そして殺すなかれ、と思う。



posted by みいしゃ at 22:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

高円寺へ

ちょっと用があって高円寺へ。
さあてどうやって行こうかな?と考えて。
一番楽なのは車なのだが、駐車場を地図で探してみて・・・遠くに止めて歩くのでは電車と変わりないし、お天気も悪くはなかったから、自転車で出かけた。

中央線の駅にして二つ分。
電動アシストだし、どうってことはなかった。

娘が小学校5年生〜高校卒業までは高円寺に通ったのに、私は学校にしか行かないかったという、まったくもって探究心がないと言おうか、当てもなくうろうろはできないと言おうか。

高円寺と言っても広いけど、猫さんを何頭も貰ってもらっている。
ミグノンさんの猫だけでも周辺という広めの範囲で考えると、あ〜ちゃん、キックとクック、チームうにょのビオラ、しいふぁ君、それからコイモ。
通って行った阿佐ヶ谷にもアンとドゥにロンにハンクと、いやぁ沢山居るわね。
みんなみんな元気で楽しく暮らしていってね、とそう思いながら自転車を漕いだ。

P1050232.jpg


一度行ってみたかった木ごこちさんに寄って、久々にほしいものを買ったの。
通販もあるけど、車でお店の前を通るたびに、お店に入りたいって思っていたので、とても満足。

本当はこんな小物ではなくって、木の椅子がほしいけど、私よりずっと長生きだろうし、今ある家具とは合わないかもと迷い中。
きっとずっとず〜っと迷うだろう。

☆一つの懸案(いや義務だわ)無事終了。




posted by みいしゃ at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

お散歩三毛ちゃん

前は確かにチャトラ君だったような気がしていたのだが、ワンコさんのお散歩のお伴は三毛ちゃんと断定。

やっと今朝お話ができた。
結果から先に・・・で、三毛ちゃんは三年前からお庭に居付いている子で、避妊手術は済んでいるのだそうだ。
あ〜良かった。杞憂に終わってほっとしたわ。

ワンコさんたちは三頭のチワワさんと一頭のシーズーさん。
♂♀の確認はしていないけど、全頭不妊手術済みなのだとおっしゃったから、多分そうなのだろう。

四頭のワンコさんたちは、チワワさんたちはロングコートを割と短めにカットしてあり、シーズーさんもそう。
整然とゆっくりと歩く子たちで、咆えているなんてのは一度もない。

どの子か一頭でも私に興味を持ってくれれば・・・とかがんでみたら、一番小柄なベージュ色の子がじっと私の顔を見て、いや〜んお尻尾が揺れているじゃない!

お家にはこのワンコさんたちの他に猫さんも二頭居るとの事。

お散歩三毛ちゃんはどう勧めてもお家に入ってくれないので、お庭にハウスを作って其処にいつも居るそうだ。
そしてワンコさんのお散歩時に、数メートル離れて後を付いて歩くとの事。

たまに大型犬を見かけると固まってしまうそうで、それが大体ウチの近辺で・・・
『お宅の車の下でしばらくやり過ごさせてもらっています。』なあんて。

三毛ちゃんの件は解決。
残るはさんまの頭の彼女の所。

程ほどの大きなお宅が小さめの建売2〜3軒になってきていて、其処から苦情が出つつあると言う事だから、さらに情報を集めて、お外で暮らさざるを得ない猫さんが増えない様にしていきたい。

最近は痩せたチャトラ君と白黒君を見かけないのだが、いくらなんでもさんまの頭とかチーズとかハムの切れっぱしでは生きていけるはずが無いので、他にもどこかにご飯処があるのだろう。

こそこそ隠れて気まぐれにご飯をあげると、猫さんも人間もちっともハッピーではないので、私の出来る事は微々たるものでも、なんとか少しでも努力していこう。
破綻の前にね。


☆ぐるちゃんの気に入った籠はシャワーをジャージャー当てて埃をとった。
陰干しで乾かしたら、まあまあ綺麗になった。
と言う事で、当分はこのままで良いかも・・・。

ミシンが修理中なので、戻ったらカバーでも付けてあげる方が、ペンキやニス塗りより私向きだろう。
(・・・って、きっともたもたと何もしないかも・笑)



posted by みいしゃ at 23:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

今年の冬至は・・・

最近は午後5時を過ぎるとあっと言う間に暗くなる様になった。
今のお月さまは細い三日月。
これから気温が下がるにつれてお月さまは煌々と暗い空に光を放つようになる。

今年の冬至は12月22日。
猫さんはこれから冬至までは『発情』が起こりにくくなって、そして冬至を過ぎお昼の時間が長くなるのを身体全体で感じると、『発情』が起こり始める。

♀猫さんが発情を迎える前の今の時期が・・・避妊手術の最適期なのだと思う。
男の子も同様ね。

ご近所でお外で暮らす猫さんが増えていかない様に・・・お金もかかるけど・・・是非あなたが手を出して欲しいと願っている。

今年やっと引き揚げた葛飾の猫さんは、最初はおばあちゃまの施設入居時にお外に出されてしまったママ猫さんと仔猫が二匹だったのに、一年半で仔猫だけで10頭以上になっていて。こちらで引き受けられたのは3頭のみ。残りはすべて命を落としたそうだ。
今年はママ猫さんと男の子たちもすべて不妊手術が出来たので、やっとあの一か所はこれ以上は増えないはず。

ご飯を与えていらしたのは駐車場を管理していらした人と、後は通りがかかりの人と、そして元々の猫さん一家をお家から追い出した福祉関係の人。

費用はなんとか工面するから、なんとか捕獲して運搬できる人をとずっと探していた結果が今年やっととなったの。

何らかの理由で不妊手術を済ませずお外で暮らすようになると・・・こんな感じで猫さんはいっぱい増えてしまい、人間にも猫さんにも不幸の連鎖が起こってしまう。

如何に一代限りで、そう言った猫さんたちを見ていってあげれば良いのか???
猫さんはいっぱい居るから一匹だけを手術してもどうにもならないから、等とは思わずに、たとえ一匹でも、是非と思う。

協力獣医さんも増えてきていることだし、私が捕獲をして、いわゆるTNRをしていた時より様々な条件はずっと整ってきているのだから・・・。

☆区の公共施設の周りは、お一人の努力が実を結び、これ以上猫さんは増えていかなくなった。
で、次のお願いはウチの割と近所。

チャトラと白黒の♂二匹の内、チャトラ君がワンコさん4匹を飼っていらっしゃるお宅のお庭にお家を貰った。
このチャトラ君はワンコさんたちにすっかり慣れてしまい、お散歩時には数メートル後を一緒にお散歩をしている。
白黒君は落ち付かず、何処に居るのか判らないけどたまに姿を見かける。

で、この間のお散歩のお伴はなんと三毛ちゃんだった。

大元はウチに庭にずっと居付いた「ぽあん」たちにチーズとかハム、さんまの頭等を与える方の「おもちゃ」なの。

直接はまだワンコさんの飼い主さんにお話はしていないけど、ご近所の方には『増えたら猫さんが哀れである』とお話はしたけど・・・。

今度ワンコさんたちに会ったら、意を決してまずはお話ししてみよう。

ワンコさんたちと一緒にお散歩をしている猫さんは、見ていてとても可愛い。
でもね、付いて歩く猫さんがいっぱいになったら、あるいはどんどん生まれて死んでいったら・・・嫌である。



posted by みいしゃ at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

異変?

首を切られた猫とか鳥とか・・・気味が悪い。

ただ人間が人間を殺してしまう事件も起こることだから、誰かがうっぷん晴らしのために弱きものを殺しているのであれば、対象が人間になってしまう前になんとか対処を出来るならすべきだろう。

動物愛護法によると、遺棄も立派な犯罪なのだが、某SNSでも譲り受けた純血種を若い奥さんの妊娠が判ったので公園に遺棄されて、それをまた警察に届けもせずに新しい飼い主を募集したりしている。
届ければいずれセンターへ回されて殺されてしまうから、と言うのが募集の理由だったのだが、これは違う。
・・・と、そう書いたら、募集ごと削除されていた。

確かにセンターに収容された犬猫の命をなんとか繋ごうと、本当に毎日の様に『どなたか助けて〜』と言う叫びがFB等で回ってくるのだが、犬や猫と暮らす事はいい加減な気持ちだけではとても無理なのだから、私等は反対に心が締め付けられて麻痺してしまっている様な感じである。

私が通う公園も、20年以上かかってやっと黒ママとめ〜ちゃんだけになったのに、ぐるちゃんが捨てられて結局ウチの子になり、その後のさびちゃんは保護出来ぬまま、今年の仔猫は若いママさんが奮闘努力してもらわれて行ったの。

そのさびちゃん・・・
此処一ヶ月あの子を憐れんで通ってくださる人が居て、ゆくゆくは持ち帰りたいと。

お家には他にも猫さんが居るとの事なので、私が検査した時はFelVが+で、お耳は蚊のアレルギーだと説明はして。
アレルギーは移らないけど、ウイルスは移りうるし、それにさびちゃんは他の女の子とはいたって仲が悪いからご家族ともよくご相談なさってくださいと言ってあった。

『他の猫と別にしてでも・・・』『だってこんなにして待っている子は今迄に居なかったから』と。

この間から段ボール箱を工夫してハウスを作り、雨の時には傘を立てかけ、『目立つと危険だとは判っています』ともおっしゃっていたのだが・・・。

本日その箱が消えて、周辺はお掃除が入り、さびちゃんとは会えなかった。

ぐるちゃんもさびちゃんも、出会ったときから抱けたから、元は飼い猫だったのだろうと思う。
ぐるちゃんと出会ったのが2012年の4月でさびちゃんが7月。
ぐるちゃんは生後半年ほどで、さびちゃんはすでに大人だった。

さびちゃんは3kgもないような小柄な子で、毛色が寂色だから・・・子供にまで追いかけられたりして・・・。
人間は分別のあるはずの大人でも全員が猫好きではないし、子供もそうで、年寄りも身勝手で意地悪な人が多いし。

異変でなければ良いな〜と思っている。
わんぱくマラソン開催のため公園占有のお知らせが出ていたから・・・その準備のためのお掃除だけだと思いたい。

明日は少し早めに様子を見に行こう。




posted by みいしゃ at 23:11| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

暑い

ちょっと動くと暑くって。
道行く人はすっかり秋仕様のスタイルだって言うのに、私は半袖で自転車時だけちょこっと羽織る程度。

securedownload.jpg


マー君が正式譲渡となったそうだ。
先住猫さんと取っ組みあって、楽しそうね。
♂×♂(もちろん両方ともに去勢済み)だと相性が良くないとおっしゃる方も居るのだが、オス同士だって普通は全く平気だと思う。

元気ですばしっこいから、脱走にだけは要注意。

2、3年もすればかなり落ち付くのだが、猫さんはお外にも興味津々なのだから、人間が注意してあげましょうね。

☆お片付け、お片付け
頑張らなくっちゃ。


posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

さびちゃん

公園のさびちゃん。
この所、私が行くと必ず出ては来るのだが・・・すでに食事済みで。
スリスリと甘えたりするのは変わりない。

会えたわ、ご飯運びの方に。

毎日お散歩とラジオ体操に来ていらして、お耳の状態がどうも気になって、この所毎日夕方お薬を塗りに来ていらしたのだそうだ。
抗生物質入りの軟膏との事で。

『蚊のアレルギーなので』と説明して、お薬がダブらない様に投薬は私がするので、塗り薬はお願いする事にした。

仔猫だと思っていらした様よ。
さびちゃん、小さいもんね。
それにこの夏は暑さに負けて食欲不振で、多分体重はぐるちゃんの半分ほど、いや半分もないだろう。

はじめは「あっ」と思って通り過ぎたんだけど、め〜ちゃんと黒ママにご飯をあげた後で同じ場所を通ると、さびちゃんは(小雨が降っていたのだけど)傘をさしかけてもらって、まだもぐもぐとご飯を食べていた。

こそこそと逃げ隠れしていらっしゃらなかったので、お声をかけたの。

お家では5匹の猫さんと暮らしていらしゃるとの事だから、お家へ持って帰っていただくのは無理だけど、あの子に愛情をかけてくださる方が居るのだと、ちょっとほっとしてとても嬉しかった。

絶対に飼い猫さんだったのだろうと思っている。
さび猫さんは毛色がああだからか、汚らしいと思う人間が多々あり。
『野良猫だ〜』と子供に追っかけられるのはあの子だけ。
私はさび猫さんフェチで、猫好きの中には『さび猫さんでなければ』って方も多いのだけど・・・。

違う人間から貰う違うご飯は、また美味しいだろう。

私も勿論見捨てたりはしないから・・・
頑張って美味しいを続けていこうね。




posted by みいしゃ at 23:51| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

マグロ

12002987_901780849857177_8479277762680355312_n.jpg


マグロに会いに行った。

12042842_901780969857165_6869156200646042458_n.jpg


多分この子が最期まで生き延びていた子。

水族館とか動物園は虐待なのだ、なんて考えもあるけど、大事にされている事は確かなので、私は良いのではないかと考えている。

12003886_901779989857263_7002182456158452458_n.jpg


小さな虹にも会えたし。

休み休みだけど、歩けたし。

マグロ〜、マグロ〜!


posted by みいしゃ at 21:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

まだ八月・・・

まだ八月なのに・・・半袖ならカーディガン、ほとんどが長袖のシャツで過ごしている。
一気に涼しくなって嬉しかったのだが、まだまだ曇り空が続くと言うので、いよいよ日照不足が気になりだした。

猛暑一転冷夏で終わるの〜?とちょっと心配なの。
なすとかトマトとか枝豆とか、夏のお野菜が好きだし、身軽い格好でもう少し夏を楽しみたいものだと思っている。

公園はその後安泰。
さびちゃんはすっかり食欲を取り戻しドライフードも食べる様になったし、三年目にの夏にして蚊のアレルギーが大分改善しつつあると思う。

お外で暮らしていて蚊のアレルギーのある子はとても可哀そう。
お耳など毛の薄い部分がぼこぼこになって、痒いから掻いて・・・血がにじんで。
知らない人が見ると怪我をしている様に見えるらしい。

蚊が少なくなるにつれて皮膚の状態は改善していくのだが、私はその頃を見計らって獣医さんと相談してステロイドと抗生物質をご飯に混ぜてあげてきた。

今年もお薬をあげる予定だが、投薬期間は短期間で済ませられると思っている。

黒ママちゃんが此処三日ほどは毎日ちゃんとやってくるし、巨顔のチャトラ君を久々に見かけた。

公園に現れる猫さんたちは、私が与えるご飯だけで生きている訳ではないだろうけど、みいしゃは頑張るから・・・みんな頑張ってちゃんと生きていこうね。

猫を捨てないでください。



posted by みいしゃ at 23:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする