2020年06月23日

ホスタ(ギボウシ)

雨の後、普通い気温が上がった。

私のお庭は鬱蒼としてきた。
グリーンまたグリーン。
まだ蚊が少ないのでどうってことないけど、今のうちに今月中にある程度の剪定は済ませたい。

茗荷が今年はもの凄い勢いなの。

IMG_20200623_171716703.jpg


中型のホスタ、ポールスグローリー。
芽吹き時は普通にグリーンなのに成長に従って鮮やかに黄色くなる。

IMG_20200623_171729720.jpg


こっちは大型のリーガルスプレンダー。
鉢が小さいので今年も一株なのが残念だから、冬に鉢増しをしたい。

場所が悪すぎてお花の付きが悪くしかも遅めだけど、ホスタは葉っぱを楽しんでこそ・・・と思っている。

IMG_20200623_170945137.jpg


お多福は今年も可愛くって。

IMG_20200623_171001926.jpg


名前も忘れて仕舞った丸い子はこれからが見ごろになる。

私の紫陽花は地植えと鉢が半々くらい。
挿し木も簡単だけど、喜んで貰っていただけるのはアナベルくらいなので、もう挿し木はしないでおこうと考えている。

紫陽花は白以外は肥料や雨の状態でも驚くほどお花の発色が違ってしまう。
ピンクは紫色っぽく、鮮やかなブルーは薄くなってしまう事もあって。
香りはほとんど無い。

まあそれでも手間もかからず季節をきちんと告げてくれるから、好きなのだと思う。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

爽やか

雨が上がって爽やかだった。

沢山のお洗濯ものもすっきりと乾いて気分は上々。
気温はやや高めでもこれなら大丈夫。

こんなお天気なら街中の人出は増えるのだろうけど、今までの経過を顧みてCOVID-19を背負いこまないように・・・。
これからがこそ人間の英知が試されるのだから。

1592654234063.jpg


あたち三毛ちゃん。
娘が出かけようとしたらお玄関前に転がっていた。

本当に不思議な猫さんだと思う。
チワワさん宅でちゃんとご飯はもらっているし、お散歩も一緒に楽しんでいるのに、突然誰かに甘えたくなるのかしら?

基本的にはシャーシャーで人を選ぶくせに、ゴロンゴロンとお腹を見せて・・・。

蚤が付くと厄介だから、動物病院でスポットをもらってこよう。

ぐるちゃんには付けない。
ぐるちゃんはお外に出さないから。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

寒いにゃん

今日はなんだか寒かった。
Tシャツにひょいとスカーフをひっかけて、カーディガンを着込んで、それでも何となく寒くってホカペを付けたの。
だって冷えると足首が・・・。

IMG_20200520_232856746.jpg


ぐるちゃんも丸まっていたし。

ぐるちゃん用のヒーターは全部仕舞ってしまったけど、薄いのを一つすぐ出せるようにしておかなくっちゃ。


☆猫さんに新型コロナウイルスは感染する・・・と思う。
でも猫さんから人間に感染するか?となると種の違いがあるので、それはまた別問題なのだが。

以前からの猫さんのコロナウイルスが突然変異をおこすとFIP(伝染性腹膜炎)を引き起こす、という事になっていて。
最近特に猫さんがFIPになってしまったというお知らせを目にする。

アメリカも日本もいまだに未承認なのだが中国製の治療薬ができた。
中国から取り寄せるその薬代が高価なので、治療をあきらめる人も多い。

猫さんへの思いは人それぞれだし、私などは身の丈にあった治療で良いのではないかと考えてしまうのだが、お金は出せないけど自分の猫は助けたいからクラウドファンディングを利用するなんてのもある。

先日目にしたのはお薬代全額(140万円)だった。
もちろんその他にも検査代などもかかるのだが。

人間でもある種のお薬はとても高価だから治療にチャレンジすることをあきらめる人も多いのに、そのお薬を使う事で完治するとは限らないのに・・・他人様に助けて〜って、そんなものかな〜と甚だ疑問を抱いている。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

ストーカー?

一昨日突然75歳だという男性に喚かれた。
猫に餌をやるな!カルガモを襲うのはご飯を食べさせるからだと。

本当に大声でびっくりしたけど、なぜか私はス〜っとトーンがさがる。
決して大声で対応しない。

相手はいきり立っているので、私はその分とても冷静で。

はて困った・・・と思っていたら、なんとどなたかが110番通報なさったみたい。
「誰かが喧嘩をしている」と。

たぶん私はおばあさんだし、どなっているのはお爺さん。
私の事を心配なさっての事だったのだろう。

原因はめ〜ちゃんで、め〜ちゃんはもう17歳。
避妊手術はもちろん済ませてあるのだが、当時は桜耳カットが一般的ではなくって、赤いビーズをテグスで縫い付けたピアス形式だったの。

ピアスは二年弱で取れてしまっているのだが、割と小柄で可愛らしい猫さんだからまさか17歳だとは思われなかったらしい。
動物愛護法があるし杉並ルールってのもあるし、私は特別どうってことなくすぐ返されたのだが、次の日にその男性が公園の入り口で立っていて。キャ〜キャ〜これは怖いと逃げ帰った。

で、今日は一度警察に相談してから公園へ。
『退路を断ってしまうと人はパニック状態に陥るから、明るいうちに他に人がいるうちに何気ない風を装っていきなさい。猫にご飯を上げてもよい。いつでも110番通報ができるように携帯はすぐに出せるようにしておくこと。」と。

お爺さん自分だけが正しいと信じていらしたらしい。
それでも北部公園事務所に出向いて私を取り締まろうとなさったらしい。
警察が私を認めていたというのに・・・。

でもやはり間違いは正されたようで、今日は態度が全く違った。

ずっとお一人だそうでお寂しいのだろうけど、私はあまり懇意に付き合う気はないし、まずよく調べて&どなるのはお止めいただくようにだけはお願いしてきた。

猫さんと付き合う事は人と付き合う事。
とても難しいので、やはりもうそろそろ卒業したい。

ゆっくり眠ろう。


posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

特別なことはなく

IMG_20200408_183039399.jpg


遊歩道、公園への道に続くところの八重桜。
まあ今が最高で。
重たげで美しい。

この春の美しさをもっと素直に楽しめたら良かったのに・・・。

IMG_20200408_190004941.jpg


下手な画像だけど、ピンクムーンの雰囲気だけでも楽しんでいただけるかな〜?
ひどく人工的な川だけど、雰囲気は悪くないので・・・東京でも田舎の方はこんなものなの。

お月様も写してみたけど、ただまあるいぼやぼやしか映らなかったのでアップは自粛。

IMG_20200408_230448673.jpg


ぐるちゃんは変わりなしでそろそろ眠いし。
何事も変わりはなく一日が過ぎた。

このままでは快適とは言い難いけど、こういった社会情勢だとある種の我慢や譲り合いはこなしていかねばならないだろう。


☆ピコ太郎さんが「wash,wash」と言って(踊って)手洗いを推奨しているのを見て笑ってしまった。
私はたぶんよく手をしっかりと洗っている方だろうと思っている。

自分の猫以外に訳の分からない猫さんとの触れ合いも多かったし、その分お薬に触れる機会も多かったし。
何よりも病気をして以来は自分のお薬を飲まねばならなかったし、そして今では自己注射もしているので手は洗わざるを得なかったからかもしれない。

石鹸で良いのに、いまだに除菌剤の入ったハンドソープなるものがいっぱい売れるらしい。

ドラッグストアに石鹸がなかったことはない。
液体が良ければ石鹸主体の物もちゃんとあるし。

除菌と言う言葉に振り回されないで欲しいな〜と思っている。

石鹸も界面活性剤だけど、合成の界面活性剤の様にしみ込んでいかないので、人間にはとても安全で役に立つものだと思う。

手を洗うという事は物理的に汚れなどを流し落とす事であることをお忘れなく。

☆エイズ治療薬や抗インフルエンザウイルス薬、BCGなど、まあ色んな薬品がCOVID-19に「効く」と言うような情報がネット上に上がっている。
もし自分がこの感染症にかかって苦しむ場合には、「なんでもいいから使ってください」となるだろうと思うのだが、果たしてこういった薬品は特効薬になりうるのかしら?

イベルメクチンが有効であるというものも。
これだったら良いな〜とは思うけど、事はそんなに簡単にはいかないだろう・・・とも思っている。
(狸さんにも与えたことがあるの。)



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

まばらに咲く今年の桜。
開花の早かった割には長持ちしているのかな〜と言う感じ。

どこかにお花見に行くのではなく、身近な所に存在する桜を愛でて満足している。
元々お外で物を食べるという習慣はないし、お酒は飲まないし・・・。

IMG_20200331_152907518.jpg


曇り空だったし、この染井吉野はあまりに巨大で。
桜なんだか何だかよく判らないほど。

此の木には青空が似合うのにな〜。

IMG_20200331_152928731.jpg


此の桜の木は根っこ(幹)の部分を見ると感嘆に値すると思う。

小さな照明器具が無粋だけど、私は毎年お花よりも幹の部分こそを愛でているのかもしれない。

IMG_20200331_213735226.jpg


ぐるちゃんは今日も変わりなし。

フードの手配も済ませたから、美味しくいっぱい食べても良しとしよう。

4月にまた血検を予定していたので獣医さんに電話した。
ラボは正常に動いているけど、元気なら急ぐことはないとの事。
初期の腎不全に対処するにはまずはフードで身体に負担の無いようにしていくことくらいしか特別な対処はないから・・・との事。

まあそれでも良いかな〜と考えている。


☆ここ最近はお世話になることもなかったのでコンタクトはなかったのだが、子供たちがそして私も何かとお世話になっていた整形外科の先生が先週亡くなっていた。

大先生でなく若先生(息子さん)で、55歳。
お医者様としてだけでなく、犬やら鳥(大型のインコ&オウム)やらでのお付き合いもあったの。

大先生も若先生も男性としては小柄なのに大型の犬がお好きで、アフガンハウンドやシェパードやグレートデーンやアイリッシュウルフハウンドやら・・・。
鳥は私は門外漢で怖いだけだったけど。

大先生の奥様とは迷いピレニーズに四苦八苦したこともあった。

あ〜これはいったい何なんだろう。
不条理としか思われない。

☆私への批判は直接伝わるようにお願いしますね。
ブログのコメント欄でもダイレクトメールでもOK。
縁を切っていただいても全く構いませんし。

2020年の2月3月は恐ろしい日々だった。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

配慮

戦いではなく配慮かしら?

IMG_20200217_122021744.jpg


私の小さなお庭は今まさにクリスマスローズでいっぱいだけど、ほかのものが無いわけではない。
より小さなお花たちも今冬の穏やかなお天気のおかげで順調に次々とお花を咲かせてきている。

池袋のサンシャインでは今週末「世界のクリスマスローズ展」が開かれて、新作の発表などの展示とともに即売会もあり、こんなお花にと思われる方もいらっしゃるかもしれないけど、結構遠方からたくさんの人がいらっしゃるの。

建物の中だから人でいっぱいになるから、主催者側はそれこそCOVID-19に対してアルコールを用意して
posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

今日も暖かかった(2月16日、追記あり)

人間は例えばお洋服などで調節できるけど、ここのところの暖かさを猫さんはどう感じてどう調節しているのかしら?

ぐるちゃんはその日の気分によって私のお布団に来たり、階下で一匹で寝ていたり。
気温差をどのように感じているのかよく判らない。

寒いのが好きでないことは確かだけど、常にぽかぽか状態を望んでいるのではないことも確か。

ねえぐるちゃん、教えて。

IMG_20200215_153851480.jpg


猫さんには猫さんなりの素晴らしんセンサーがあるのだと思っている。


☆新型コロナウイルスの「2019-nCoV」という呼び名はまだ暫定的に名付けられているのに過ぎないのだそうだ。

なんだかね〜後手後手だと思うのは私だけではないのだと思うのだが・・・。

情報が小出しでしょう?本当のことが一般市民に公開されているような気がして・・・。
ただただ感染者が出たと騒いでいるだけでは決して解決の糸口は見えない。

だからまずは個人個人がバランスよく食べて、しっかり休息もとりましょうね。

多少の無理は仕方がないけど、度を超すと無茶になって。
無茶は決して良い結果に結び付かない。

2月16日追記:新型コロナウイルスの呼び名は13日(日本時間)の段階でWHOの発表を受け]て「COVIT-19」と表示した。ところがそれから時間が経過しても「2019 n-Cov」と言う名称も見受けられる。

呼び名なんてまた変わる?のかもしれないのだが、此処では今後今のところ「COVIT-19」と表示したい。

しかし、WHOは本当に信じるに値する情報を全世界に発信しているのかしら?
WHOに限らず、情報は正確に伝えて欲しいものだ。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

冷たい中で自転車に乗ると涙&涙。
ドライアイよりはずっと良いそうだけど、これはこれで困りもの。

ポケットティッシュを持参してそっと拭う程度。
冷たさが刺激になっているのだそうで、特別異常なことではないとの事なのだが、なんと涙で自分の肌が荒れる。
老化なのかも・・・。

1581155293470.jpg


ぐるちゃんは8歳でまだまだ若いと思っているし、日々観察していてもあまり衰えは感じていない。
寒い冬を乗り越えていくにはこれで良い。
むっちむち。

でもお外で暮らさざるを得ない猫さんたちはとても元気そうに見える猫さんたちでもかなり寒さには堪えている。
体調の良い子はこのくらいの寒さはへっちゃらで、し。水玉ちゃんなんて元気いっぱい。
わあ〜と走っている姿を見ると、本当に驚くほど速い。

ただ休む時は暖かいに越したことはないはずで、水玉ちゃんはハウスがあるけど、め〜ちゃんなんてどこで眠っているのか?いまだにその場所がつかめていない。

そして水玉ちゃんと一緒にご飯を食べている茶トラ君の具合が悪いと今日電話がかかってきた。
蓋付きのトイレを利用したハウスの中に居るけど、動物病院へ連れていきたいから一緒に捕まえて、と。

彼女一人でできるはずなのだが、うまくできなかったらどうしようとプチパニックに陥る人なので、すぐにヘルプへ。

タオルで包む様にしてあっさり捕獲。
今日は時間がなかったので病院には付き添わなかった。

持って生まれた体調なのかあるいはFIVなどのウイルス感染があるのか、茶トラ君だけが弱っちいので、しばらく動物病院で養生してもらわねばならない。
このところ寒いから仕方がないのだけど、夜は湯たんぽでも入れなければならないだろう。

昨日今日のことではないだろうけど、こういう弱っちい猫さんこそ人間のお家でぬくぬくしてもらいたいものね。


☆満月は過ぎているのだが、今日のお月様は冷たい空気の中雲も吹き飛ばされて煌々と輝き美しかった。
あと半月ほど、そこを我慢すればお外暮らしも一山超えるはず。

猫さんも人間も頑張らねば・・・。



posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

ぐるちゃんの首輪

一日中曇りなのかと思っていたけど薄っすらと陽の陽のさした明るい時間もあった。
明日こそは冷たい雨になるそうで、そうなれば籠っていようかしら?

うんそうしよう。
のんびりぐるちゃんも居ることだし。

line_1579652935638.jpg


本当にのんびりさんだけど、ぐるちゃんはたまには猫さんになる。

本日は酔っぱらう日だったらしく、何となくルンルンしていたのでマタタビ入りのおもちゃを出してあげたらとっても嬉しかったみたい。
どってんばったんしているうちにシュシュ型首輪も脱ぎ捨ててあった。

ちょっと驚いたけど、首がしまったわけではなく、袈裟懸けに食い込んだわけでもないのでまあ良し。

IMG_20200122_205625380.jpg


猫さんに首輪は別に要らないんだけど、最近は軽くって体に負担のないものを飼い主の好みで付けている。

赤とピンクのはオークションで見つけて買ってみた物。
これらは布を筒状に縫って端は手縫いで止めてあった。

でどうも手縫いの隙間が気になって、私は普通のシュシュ状にした、大好きな黒白のギンガムチェックで。

line_1579658801535.jpg


最初に縫ったのはどうも気に入らなかったのでこれが二つ目。

端切れでできるから当分はこれで良しとしよう。
軽いし、お洗濯もできる木綿だし、捨てるのも簡単だし。

猫さんが嫌がらず安全であることがポイントね。

IMG_20200122_145329385.jpg


クリスマスローズ、今日の一枚。

薄いイエロー&グリーン、ピコ(縁取り)ありセミダブル咲き。
小輪。

小さいのも可憐で好きなの。



posted by みいしゃ at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

ほっこり

雨が降ったりしてとても冷たいいわゆる年末らしいお天気だった。
明日はまた気温は10℃も上がる予定だとか。
気を付けて元気でいましょうね。

IMG_20191230_210232720.jpg


ぐるちゃんはほかほかでのんびり。
私はこういった生活を守ってあげたい。

誰かが捨てていった猫さんだったけど、そんなことはどうでも良くって、ただただ可愛いと思うから。

81164398_117852393046365_5901354896577265664_o.jpg


そしてこの子はクッキーちゃん。
いつの間にか来年20歳になるって!

クッキーちゃんはT先生(獣医さん)が保護なさった猫さんで、本来は飼い主さんが居たそうだ。
それが事情があって安楽死を望んで動物病院へ連れていらした。

「僕がきちんと健康管理をしていた猫さんなのに、飼い主が飼えなくなったからといって、どうして殺すことができるでしょう?要らないのなら此処へ捨てていってください」と・・・お引き取りなさった猫さんだったの。

当時4歳、大人の猫さんで、別のボラさんに新しい飼い主を探すように依頼なさっていたのだが、今のように皆がネットで猫さんの新しい飼い主を募集ができたわけではなく、私のところへお鉢が回ってきて。
だから動物病院までクッキーちゃんに会いに行って・・・。

16年前の話で、大人の猫さんはなかなか希望者さんがいらしゃらないなか、クッキーちゃんにはすぐにご応募があって、今があるの。

飼い主さんとはお年賀状のやり取りはしていたのだが、それが今日FBで繋がって。
今のまだ元気なクッキーちゃんと会えた!
パパさんは絵がお上手で、クッキーちゃんはイラストだった。

クッキーちゃんはもう一匹の二歳の猫さんと一緒に飼われていた猫さんだったけど、そのもう一匹はもめにもめて、一旦私がお届けしたにもかかわらず、結局お返しいただいて、その後だいぶん後になってでも無事にもらわれていった。
(お届けは大事。行ってみなければ本当の人間は見えてこない。私は一度信頼している方からの紹介だったものですんなり猫さんを渡してしまったことがあり、警察を巻き込んで騒いだことがある。結局猫さんは戻らず、あれは悔やんでも悔やみきれない私の汚点である。)

80556678_117854949712776_6869906481802641408_o.jpg


クッキーちゃんの譲渡先は杉並だったのだが、その後埼玉へ移動なさり、現地で保護なさったのが、この子・チョビちゃんなんだって!
現在13歳、ちゃんとクッキーちゃんを立てているそうだ。

☆猫さんでも犬さんでも、ほかの動物や鳥さんでも、どんな人間と暮らすかってとても大事。
一旦飼い主になったなら、人間はその子の終生の飼い主たらんと、そう考えて欲しいものだ。

できることしかできないけど、さあ、さあ、これからも細々とでも猫さんの味方になっていきたい。




posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

クリスマスイブ

夕方から風が強く冷えてきた。
お日様は明日も顔を出すそうだけど、いよいよ本格的に冷たくなるのだろう。

冬至が過ぎて、これから昼の時間も長くなるというのに・・・体調に配慮して元気でいたい。

IMG_20191224_134204715.jpg


今のクリスマスローズ。
これはネオン系のシングル咲き。
この株は元々早咲きで、年が変わると一番にお花がほころびるだろう。

今期のクリスマスローズは順調。

line_1577168444712.jpg


お外の寒さはぐるちゃんには関係なしで。

IMG_20191224_231117879_BURST000_COVER_TOP.jpg


相変わらず甘えん坊で、画像を確認し絵見て気づいたのだが、舌がペロ〜ン(笑)。
とかく気ぜわしいのは人間だけなので、ぐるちゃんはそのままのんびり過ごしてほしい。

御ミサに出ようともせず、クリスマスを祝おうともせず、平々凡々と何となく過ごしてしまったけど、明日に合わせるかのように、やっと注文できたぐるちゃん用のプレゼントが届くの。

ぐるちゃんは喜んでくれるかしら???

皆様へメリークリスマス



posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

ぽかぽかは今日まで?

西高東低、太平洋側が穏やかなお天気は今日までと言う事で、週末には冷たい雨が降るそうだ。
今年は暖かかったけど、いよいよ年末に向けて冬らしいお天気になっていきそうね。

IMG_20191205_121505828_HDR.jpg


ぐるちゃんは今日もポカポカ。

IMG_20191205_125506054_HDR.jpg


ふにふに・・・。

IMG_20191205_134556445_HDR.jpg


声を掛けても自分の世界に入ったままで反応は鈍かった。

まあぐるちゃんはウチの子。
誰かが捨てていった猫さんを私が拾ってきて、完全隔離を二週間余り(動物病院預け)の後、動物愛護センターや警察などに全部届けて必要な医療行為も済ませて、定められた一定期間を終了の後ウチの子にした訳で。
だから元捨て猫、元保護猫だけど、今では完全にウチの子としてマイクロチップの登録も済ませた。

いえねえ、保護猫と言う名前を使うなら、譲渡対象としてきちんとしてほしいと言いたいだけ。
自治会が沢山居る猫さんを減らすために捕獲器で猫さんを捕まえて保健所で処分すると決まったから、ご自分が親子4頭を保護した・・・と言うのは美談ではないと思う。

大体が野良猫と言えども誰が捕獲して運搬するの?
保健所がそう簡単に処分を引き受けるとは思えないし。

日本なんていつどこで災害が起こっても不思議はないのだから、総勢15頭の「保護」猫さんたちは万が一の場合は全頭同行避難をしてくださいね。

「気に入らないならフォローを外して欲しい」とのことだったので、私はそうした。
冷たい様だけど二度と立ち入らない。

ごめんなさい、なんだか支離滅裂な部分説明だけでお判りにならないと思うけど、まあ愛媛県ではこう云う事がまかり通っているらしい。
どなたが猫さんが増える事に協力してきたのか?今までどのような事をしていらしたのか?

こんな殺処分が本当に行われているのかしら?




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

猫さんの生活

2016年の今日は雪だった・・・と猫の家さんがインスタとFBに過去写真をあげていらした。
え〜そうだったのかと私も自分の過去記事を見てみたけど、画像には雪の様子を映したものはなく、ぐるちゃんとKiKiちゃんだった。

まあ希々ちゃん(後に今の相棒さんが音を残して改名)が居たんだわ、もう3年も前ね。

KiKiちゃんは友達の管理していた餌場に突然一匹で現れた猫さんで、まあビビリで慎重で、捕獲を担当してくれたKさんは炎天下で3時間以上粘って保護した猫さんだった。

あの場所は片目のメメちゃんとその敷地の持ち主の年より猫さんが居て、メメちゃんはその後死んでしまい、そして飼い猫さんの方も飼い主さんが施設に入られた時に友達が引き取り、そしてその子も死んでしまった。

つまりいずれ閉鎖すべき餌場(実際に閉鎖出来た)に突然出てきた当時三ヶ月程の猫さんをどうやって助けてあげようかと悩んだの。
みんな若くはないのにまだフルタイムで仕事をしていたし私自身は現場も良く判っていなかったけど、うんウチで私が育てると決心して、動物病院で必要な検査等を済ませてからリビングにケイジを組んであれやこれやとやった。

動物病院へは私が迎えにいって、其処で初めてKiKiちゃんと対面した訳で。
KiKiちゃんは人馴れはしていなかったけど、別に凶暴性はなかったし。
とっても可愛い猫さんだった。

さてどなたに貰ってもらおうかとご応募があるたびに色々と悩んで。
でもね、今の相棒さんとは大した込み入った話はせずにすぐ『会おう』と思えたの。

お届してからKiKiちゃんは三日以上ご飯も食べず・・・でも10日目に突然スリスリしてきたそうで、途中相棒さんが困られた事もあったと思うけど、そのまま相棒さんの猫さんになっている。

譲渡契約書なんてどれほどの効力があるのか判らないけど、一応割印も押して、不都合が出来た時はKiKiちゃんは捨てるのではなく私に戻すと言う念書も織り込んでいる。


前置きが長くなったけど、先週ちょっとした不愉快な事があって。

別のグループから断られた人に私が猫さんを紹介したの、もう一年以上前に。
その方は私を飛び越えて音信不通になり、結局保護先の獣医さんから直接猫さんを貰われた。

猫さん自体はおうちにもワンコさんたちにもすっかりなじんで元気なのだそうだが・・・。
・全部終わっているという触れ込みだったのに、貰ってから虫が二回も出た。
だから動物病院へ出向いて二回分の駆虫薬をご自分が負担したと。

私は譲渡には関わっていないからどういうお約束で譲渡が成立したのか知らないわ。
駆虫薬くらい大した金額でないだろうに。

で、毎月のように発情してたまに出血していると。

はあ〜?手術の失敗だと思っていらっしゃるならそれこそ獣医さんにお連れになったら?
大体が猫さんは多発情型だから身体が生育すれば毎月の様に発情するけど、交尾しなければ排卵さえしないのだから出血等はあり得ないにと抗議したら、沈黙。

犬の様に出血する事はないのだから、出血は何処からなのかそれこそご心配ではないのかしら?

さんざん獣医さんの悪口を聞かされた挙句「でも元気だから」と話が終わった。

道でであっただけなのね。
何をおっしゃりたかったのか?何故猫さんや獣医さんへの苦情を私が聞かねばならないのか?とんと判らず仕舞いなの。

KiKiちゃんもぐるちゃんも他にもいっぱい猫さんをあの先生に手術してもらったけど、昔から『リスクを残さないために』卵巣も子宮も全摘で、私が知る限り失敗はない。
それに獣医さんが気に入らないのなら獣医さんなんて近所にいっぱいいらっしゃるのだから、ご自分のお気に入りの獣医さんにいらっしゃれば良いだけの事で。

『大変な猫さんを貰っていただいてありがとうございます。』と私に言わせたかったのかもしれない。

あ〜あ〜、なんだか猫さんが哀れ。
酷い環境下から救い出された猫さんなので、人間と一緒におうちの中で暮しているのは幸せなのだが、飼い主さんにうとまれているのでは・・・ね。

いや私を虐めたいだけなのかもしれない。

IMG_20191124_213520426.jpg


ぐるちゃんは元気で今日も平和。

勿論出血した事は一度もない。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

泥棒

line_1572671554504 (1).jpg


ぐるよ〜、番猫中。

あたちじゃ無理だって言われているんだけど、誰か来たら・・・ニャニャッって騒いだり逃げる事くらいなら出来るはず。

IMG_20191102_130827306_HDR.jpg


私のレモンを誰かが採っていった。

昨年の10月にキャットフードを買いに行ってたまたま見つけた「レモン21」と言うレモンの木に本当に一年目で実がなったの。

ビニルポットの苗を鉢に植えて、太陽光や風など自然の恵みを与え、また台風などの自然の脅威から守って、アゲハ蝶の攻撃にも対処して、じっくりと見守ってきていた。

昨日午前中に、大きくなったわ、もう少しで収穫しようなんてわくわくしていたのに、それが今日見たら実は二つとももぎ取られていた。

なんだかねぇとてもショックで・・・。
私のレモンだったのに・・・。
レモンなんて八百屋さんにいくらでも売っているのだし、採りたてが欲しいのならご自分で育てられたら良いのに・・・と。
(生活クラブのカタログでは国産レモン500gで税込み404円。お高いものではない。)

IMG_20191102_144531689.jpg


鉢は車の横、お隣との境に置いてあった。
昨晩息子が車で仕事に出かけたから、それから誰かが車庫に入って、つまり他人の敷地内へ入ったってことね。

レモンの鉢は一旦お庭へ移動したけど、鉢を変えて土を増してベランダへあげようと考えている。

他人が大切にしている物を勝手に泥棒していく人は嫌いだし、勝手に猫さんを捨てていく人も私は大嫌い。
私はそんな事だけは絶対にすまいと考えている。


☆娘は今日から休暇でニューヨークとシアトルへ。
ぐるちゃんがくっ付くボディは暫く不在。




posted by みいしゃ at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

秋晴れ?

やっと晴れ。でもこれが秋晴れ?とは・・・言い難いのでは、と思った。
そして明日はまた雨が降って冷たいのだそうだ。

IMG_20191028_223450708.jpg


まあぐるちゃんには関係ないのかも。
この長い潜るタイプのベッドにすっぽりと入るようになった。

自分で態勢を低くしてぬる〜んと入っていく恰好がとても可愛い。

今からこんなんでは真冬になったらどうするのかしら?と思うのだが、ぐるちゃんが望むならまあそれで良い。

line_1572059070658.jpg


お外の猫さんはこの位なら全く平気。

あたち三毛ちゃんは毛玉を全部なくして、やっと少し綺麗になりつつある。
この間首元にスポットも付けたから・・・薄汚れた被毛が少しは綺麗になりつつある。

今まで蚤なんて見た事がなかったのだが、梳った毛を石鹸水に沈めたら・・・蚤糞が・・・。

本当はチワワさん宅にちゃんと言ってからにすべきだったけど、もう我慢できなくって獣医さんに相談して私がお薬を付けてしまった。
チワワさん宅ではたまたまお手入れが滞っていたのかもしれないし。

此のところチワワさんたちのお散歩には行きあっていないのだが、お薬を付けた事は言っておこうと思う。
これは別に恩着せがましく訴えるのではなくって、お薬が重ならないようにと言う配慮のみ。

お玄関前でしょっちゅう転がっているから、お互いのためね。
私も蚤なんて嫌だから。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

秋は?

今年は爽やかな日本の秋ではないのだろう。

やれ寒かっただとか雨で日照不足だとかと嘆いてみても、被害のひどかった方々には申し訳ないだけで。
だから今日ももっとできる事があったのに結局ほとんど動けなかった事は反省すべきなのだと思う。

IMG_20191027_172709791.jpg


ぐるちゃん、ぐるちゃんももう少ししゃきっとしようね。

新しいおもちゃをと頑張ってみたけど、5分も経たずに売り切れだった。
ちゃんとパソコンの前に座っていても駄目だったから、今あるもので我慢してもらわねば。

この段ボール箱はちょっと大きめだし、水曜日の資源ゴミの日までの限定よ。

IMG_20191027_204530837.jpg


箱がなくっても転がって誰かにくっ付いていればご機嫌なはずだから、又のチャンスを狙うって事で我慢してもらおう。

☆公園の遺棄=い〜ちゃんが出て来なくなった。
これで5日目。
毎日きっちりと大声で泣きながら足元まで出てきていたのだが、何処かでまたきちんとご飯を貰えるようになったのかしら?

場所移動をして突然捨てていかれる大人の猫さんの動きは把握できないので、探しようもない。

い〜ちゃんを捨てていった人は心配もしていないだろうけど、人間の都合で勝手に居場所を移動させられて放置された猫さんはなんとも哀れなものだ。



posted by みいしゃ at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

急に冷えてきた

この間までガーゼケット一枚だったのに、昨晩はダウンケットを使った。
日中はまだブラウス一枚でどうってことないのだが、最低気温が15℃を下回るようになって。

こう云う変わり目は注意した方が良いみたい。

IMG_20191016_224741368.jpg


ぐるちゃんにはベンチの上に薄いブランケットを敷いてあげたら、すぐに寛いで。
まだまだ籠の中(下にはフリースのお座布団)に居る時の方が多いのだが、明日にはブランケット類を出してあげよう。

無印の人を駄目にするソファには今年は乗らないし、ねころんの中へも入らない。

好みは変わるようだけど、猫さん一匹にいっぱい寝床はあるのだから、好きな様に選べばよいと思っている。

人間は夏物を整理してもったいないと思えども何年も着ていないお洋服は処分していかねば。

IMG_20191016_211918513.jpg


寒さとは全く関係がないけど、猫さんの目を横から見ると・・・なんとも不思議な構造だと思う。
私はいつもこの目の透明さにはっとするのだが・・・。

幼い猫さんで、道路に出てきて危なくって保護なさった『姫』ちゃんをご自分の猫さんになさった方がいらして、今回片目の状態が回復せず、片目を摘出することになさったそうだ。

いわゆるデスメ膜瘤・角膜穿孔の状態らしいのだが、デスメ膜ってって角膜の一番深層にあるもので、何らかの傷害がその膜まで及んでしまった物を指すらしい。

多分もう視力は無いだろうし、眼球は腫れて仕舞っているので、迷いに迷って摘出を選ばれたとの事。

可愛いお目々が・・・何とも残念だと思うのだが、炎症が片目以上には及ばないように、仕方がないのだと思う。

でもね、片目が見えなくっても眼球そのものが無くなっても、猫さんの五感と云うのは素晴らしく機能するものだから、人間と一緒の室内の生活には何の問題も無いわ。

私は両眼球の無い大人の猫さんを保護した事があって、どうしてあげたら良いのか迷い悩んだけど、人間が猫さんを求める場合は何を基準にするのかがこれまた人に因るもので。

大人の猫さんで真っ黒の長毛猫さんは、その子を可愛いと言ってくださったご夫婦に貰われていった。

鈴の付いたおもちゃを階段を下りて探しに行って、咥えて二階へ持ち帰り、飼い主さんの前に落として「遊んで欲しい」と要求するようになって、最後までお世話をして頂いたの。

ちび猫さんはまだ800gほどだけど、幼い猫さんの麻酔管理は割とうまくいくものだそうだから、『姫』ちゃんもきっと手術はうまく済むだろうと、私はそう期待している。

片目でもきっと先住猫さんは受け入れてくれるはず。

だから頑張れ〜と・・・。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

彼岸花

あまり好きなお花ではないけど、季節を違えずお花が咲くから、あの花をみると秋が来たのだな〜と。
所が今年は昼の時間は明らかに短くなっていてもいつまでも気温が高いままな物で、彼岸花でさえ開花が遅れているそうだ。

元々の赤いお花はよく目立つのに、そう云えばこのごろやっとといった感じ。

IMG_20190927_102006852.jpg


それなのに私の一筋アマリリス(シロスジアマリリス)が早くも花茎を伸ばして開花。

これは球根なので植えっぱなしでOK。
割と活発に分球もして、一度植えるといつの間にやら増えていっていると云う物。

但し非耐寒性なので、真冬は軒下あたりでの管理が望ましいのだろうと思う。

放っておいてもお花が咲くので、あまり手入れをしたくない人向きかも。

IMG_20190928_211105931.jpg


ぐるちゃんは元気。

クロネコ茶袋が気に入ったようで何度も出入りして遊んでいた。

茶袋のサイズはもちろん『大』




posted by みいしゃ at 23:46| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

まだ暑い

四国の方によると朝の気温が23℃だったそうだ。

それなのに東京はまだまだ暑い。
湿度も高くって・・・この調子ではまだまだエアコン生活は止められないわ。

気候は変えられないのだから、環境は調整していくべきだと考えている。

line_1567423616887.jpg


ぐるちゃんは元気。
ちゃんと自分であちこちへと移動して自分が快適だと思う所でのんびり。

ちょっと暗くって判りにくいのだが、短めのお尻尾を垂らして放熱中(笑)。

もう猛暑日と云うのは無かろうと思うけど、人間はお手伝いしかできないので、後は自分で色々と判断して快適さを求めていって欲しい。

お外の子達はもっともっと自己管理が求められるのだから・・・頑張ってね。

例の遺棄猫さんたちは・・・白い割と年をとった子の方が公園の西側へ移動してしまった。
あの子は健気で決して争わずにひっそりと場所を探していた。

何処かのお家に入れてもらったとは思われないのだが、誰かの庇護を受けているのだろうと思いたい。

そして騒がしい茶白猫さんは移動したのだろと思っていたら、結局落ち付けなかったようで公園へ戻っている。
相変わらずニャーニャーと煩いのだが、私を見かけたら走って寄って来るようになりシャーシャー言わなくなった。

今は良いのよ。
でもね私がいつまでもご飯を運べるわけではないから・・・。
遺棄した人が迎えに来るのが一番まともな解決方法なのだが、それは多分望み薄なのだろう。


そして黒ママは消えたまま。
生きているのかどうかも不明。

こう云う付き合いしかできなかったのかと残念で仕方がないのだが、私のキャパはこんなものだった様だ。

IMG_20190902_224123585.jpg


お釣りで貰った500円玉がピカピカだった。
ひょっとして令和になってからの物かしらと良く見てみたら、平成31年製だった。

これはこれで数は少ないのかもしれないけど、ぐるちゃんの貯金箱に入れておこう。

満杯になれば30万円になるはずなのだが、ちっとも貯まっていないけど・・・。

さあ、明日は明日で動きたい。
気温は4℃ほど下がるそうだが、それでもまだ30℃前後って、ちょっと嫌である。







posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする