2020年01月22日

ぐるちゃんの首輪

一日中曇りなのかと思っていたけど薄っすらと陽の陽のさした明るい時間もあった。
明日こそは冷たい雨になるそうで、そうなれば籠っていようかしら?

うんそうしよう。
のんびりぐるちゃんも居ることだし。

line_1579652935638.jpg


本当にのんびりさんだけど、ぐるちゃんはたまには猫さんになる。

本日は酔っぱらう日だったらしく、何となくルンルンしていたのでマタタビ入りのおもちゃを出してあげたらとっても嬉しかったみたい。
どってんばったんしているうちにシュシュ型首輪も脱ぎ捨ててあった。

ちょっと驚いたけど、首がしまったわけではなく、袈裟懸けに食い込んだわけでもないのでまあ良し。

IMG_20200122_205625380.jpg


猫さんに首輪は別に要らないんだけど、最近は軽くって体に負担のないものを飼い主の好みで付けている。

赤とピンクのはオークションで見つけて買ってみた物。
これらは布を筒状に縫って端は手縫いで止めてあった。

でどうも手縫いの隙間が気になって、私は普通のシュシュ状にした、大好きな黒白のギンガムチェックで。

line_1579658801535.jpg


最初に縫ったのはどうも気に入らなかったのでこれが二つ目。

端切れでできるから当分はこれで良しとしよう。
軽いし、お洗濯もできる木綿だし、捨てるのも簡単だし。

猫さんが嫌がらず安全であることがポイントね。

IMG_20200122_145329385.jpg


クリスマスローズ、今日の一枚。

薄いイエロー&グリーン、ピコ(縁取り)ありセミダブル咲き。
小輪。

小さいのも可憐で好きなの。



posted by みいしゃ at 22:38| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

ほっこり

雨が降ったりしてとても冷たいいわゆる年末らしいお天気だった。
明日はまた気温は10℃も上がる予定だとか。
気を付けて元気でいましょうね。

IMG_20191230_210232720.jpg


ぐるちゃんはほかほかでのんびり。
私はこういった生活を守ってあげたい。

誰かが捨てていった猫さんだったけど、そんなことはどうでも良くって、ただただ可愛いと思うから。

81164398_117852393046365_5901354896577265664_o.jpg


そしてこの子はクッキーちゃん。
いつの間にか来年20歳になるって!

クッキーちゃんはT先生(獣医さん)が保護なさった猫さんで、本来は飼い主さんが居たそうだ。
それが事情があって安楽死を望んで動物病院へ連れていらした。

「僕がきちんと健康管理をしていた猫さんなのに、飼い主が飼えなくなったからといって、どうして殺すことができるでしょう?要らないのなら此処へ捨てていってください」と・・・お引き取りなさった猫さんだったの。

当時4歳、大人の猫さんで、別のボラさんに新しい飼い主を探すように依頼なさっていたのだが、今のように皆がネットで猫さんの新しい飼い主を募集ができたわけではなく、私のところへお鉢が回ってきて。
だから動物病院までクッキーちゃんに会いに行って・・・。

16年前の話で、大人の猫さんはなかなか希望者さんがいらしゃらないなか、クッキーちゃんにはすぐにご応募があって、今があるの。

飼い主さんとはお年賀状のやり取りはしていたのだが、それが今日FBで繋がって。
今のまだ元気なクッキーちゃんと会えた!
パパさんは絵がお上手で、クッキーちゃんはイラストだった。

クッキーちゃんはもう一匹の二歳の猫さんと一緒に飼われていた猫さんだったけど、そのもう一匹はもめにもめて、一旦私がお届けしたにもかかわらず、結局お返しいただいて、その後だいぶん後になってでも無事にもらわれていった。
(お届けは大事。行ってみなければ本当の人間は見えてこない。私は一度信頼している方からの紹介だったものですんなり猫さんを渡してしまったことがあり、警察を巻き込んで騒いだことがある。結局猫さんは戻らず、あれは悔やんでも悔やみきれない私の汚点である。)

80556678_117854949712776_6869906481802641408_o.jpg


クッキーちゃんの譲渡先は杉並だったのだが、その後埼玉へ移動なさり、現地で保護なさったのが、この子・チョビちゃんなんだって!
現在13歳、ちゃんとクッキーちゃんを立てているそうだ。

☆猫さんでも犬さんでも、ほかの動物や鳥さんでも、どんな人間と暮らすかってとても大事。
一旦飼い主になったなら、人間はその子の終生の飼い主たらんと、そう考えて欲しいものだ。

できることしかできないけど、さあ、さあ、これからも細々とでも猫さんの味方になっていきたい。




posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

クリスマスイブ

夕方から風が強く冷えてきた。
お日様は明日も顔を出すそうだけど、いよいよ本格的に冷たくなるのだろう。

冬至が過ぎて、これから昼の時間も長くなるというのに・・・体調に配慮して元気でいたい。

IMG_20191224_134204715.jpg


今のクリスマスローズ。
これはネオン系のシングル咲き。
この株は元々早咲きで、年が変わると一番にお花がほころびるだろう。

今期のクリスマスローズは順調。

line_1577168444712.jpg


お外の寒さはぐるちゃんには関係なしで。

IMG_20191224_231117879_BURST000_COVER_TOP.jpg


相変わらず甘えん坊で、画像を確認し絵見て気づいたのだが、舌がペロ〜ン(笑)。
とかく気ぜわしいのは人間だけなので、ぐるちゃんはそのままのんびり過ごしてほしい。

御ミサに出ようともせず、クリスマスを祝おうともせず、平々凡々と何となく過ごしてしまったけど、明日に合わせるかのように、やっと注文できたぐるちゃん用のプレゼントが届くの。

ぐるちゃんは喜んでくれるかしら???

皆様へメリークリスマス



posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

ぽかぽかは今日まで?

西高東低、太平洋側が穏やかなお天気は今日までと言う事で、週末には冷たい雨が降るそうだ。
今年は暖かかったけど、いよいよ年末に向けて冬らしいお天気になっていきそうね。

IMG_20191205_121505828_HDR.jpg


ぐるちゃんは今日もポカポカ。

IMG_20191205_125506054_HDR.jpg


ふにふに・・・。

IMG_20191205_134556445_HDR.jpg


声を掛けても自分の世界に入ったままで反応は鈍かった。

まあぐるちゃんはウチの子。
誰かが捨てていった猫さんを私が拾ってきて、完全隔離を二週間余り(動物病院預け)の後、動物愛護センターや警察などに全部届けて必要な医療行為も済ませて、定められた一定期間を終了の後ウチの子にした訳で。
だから元捨て猫、元保護猫だけど、今では完全にウチの子としてマイクロチップの登録も済ませた。

いえねえ、保護猫と言う名前を使うなら、譲渡対象としてきちんとしてほしいと言いたいだけ。
自治会が沢山居る猫さんを減らすために捕獲器で猫さんを捕まえて保健所で処分すると決まったから、ご自分が親子4頭を保護した・・・と言うのは美談ではないと思う。

大体が野良猫と言えども誰が捕獲して運搬するの?
保健所がそう簡単に処分を引き受けるとは思えないし。

日本なんていつどこで災害が起こっても不思議はないのだから、総勢15頭の「保護」猫さんたちは万が一の場合は全頭同行避難をしてくださいね。

「気に入らないならフォローを外して欲しい」とのことだったので、私はそうした。
冷たい様だけど二度と立ち入らない。

ごめんなさい、なんだか支離滅裂な部分説明だけでお判りにならないと思うけど、まあ愛媛県ではこう云う事がまかり通っているらしい。
どなたが猫さんが増える事に協力してきたのか?今までどのような事をしていらしたのか?

こんな殺処分が本当に行われているのかしら?




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

猫さんの生活

2016年の今日は雪だった・・・と猫の家さんがインスタとFBに過去写真をあげていらした。
え〜そうだったのかと私も自分の過去記事を見てみたけど、画像には雪の様子を映したものはなく、ぐるちゃんとKiKiちゃんだった。

まあ希々ちゃん(後に今の相棒さんが音を残して改名)が居たんだわ、もう3年も前ね。

KiKiちゃんは友達の管理していた餌場に突然一匹で現れた猫さんで、まあビビリで慎重で、捕獲を担当してくれたKさんは炎天下で3時間以上粘って保護した猫さんだった。

あの場所は片目のメメちゃんとその敷地の持ち主の年より猫さんが居て、メメちゃんはその後死んでしまい、そして飼い猫さんの方も飼い主さんが施設に入られた時に友達が引き取り、そしてその子も死んでしまった。

つまりいずれ閉鎖すべき餌場(実際に閉鎖出来た)に突然出てきた当時三ヶ月程の猫さんをどうやって助けてあげようかと悩んだの。
みんな若くはないのにまだフルタイムで仕事をしていたし私自身は現場も良く判っていなかったけど、うんウチで私が育てると決心して、動物病院で必要な検査等を済ませてからリビングにケイジを組んであれやこれやとやった。

動物病院へは私が迎えにいって、其処で初めてKiKiちゃんと対面した訳で。
KiKiちゃんは人馴れはしていなかったけど、別に凶暴性はなかったし。
とっても可愛い猫さんだった。

さてどなたに貰ってもらおうかとご応募があるたびに色々と悩んで。
でもね、今の相棒さんとは大した込み入った話はせずにすぐ『会おう』と思えたの。

お届してからKiKiちゃんは三日以上ご飯も食べず・・・でも10日目に突然スリスリしてきたそうで、途中相棒さんが困られた事もあったと思うけど、そのまま相棒さんの猫さんになっている。

譲渡契約書なんてどれほどの効力があるのか判らないけど、一応割印も押して、不都合が出来た時はKiKiちゃんは捨てるのではなく私に戻すと言う念書も織り込んでいる。


前置きが長くなったけど、先週ちょっとした不愉快な事があって。

別のグループから断られた人に私が猫さんを紹介したの、もう一年以上前に。
その方は私を飛び越えて音信不通になり、結局保護先の獣医さんから直接猫さんを貰われた。

猫さん自体はおうちにもワンコさんたちにもすっかりなじんで元気なのだそうだが・・・。
・全部終わっているという触れ込みだったのに、貰ってから虫が二回も出た。
だから動物病院へ出向いて二回分の駆虫薬をご自分が負担したと。

私は譲渡には関わっていないからどういうお約束で譲渡が成立したのか知らないわ。
駆虫薬くらい大した金額でないだろうに。

で、毎月のように発情してたまに出血していると。

はあ〜?手術の失敗だと思っていらっしゃるならそれこそ獣医さんにお連れになったら?
大体が猫さんは多発情型だから身体が生育すれば毎月の様に発情するけど、交尾しなければ排卵さえしないのだから出血等はあり得ないにと抗議したら、沈黙。

犬の様に出血する事はないのだから、出血は何処からなのかそれこそご心配ではないのかしら?

さんざん獣医さんの悪口を聞かされた挙句「でも元気だから」と話が終わった。

道でであっただけなのね。
何をおっしゃりたかったのか?何故猫さんや獣医さんへの苦情を私が聞かねばならないのか?とんと判らず仕舞いなの。

KiKiちゃんもぐるちゃんも他にもいっぱい猫さんをあの先生に手術してもらったけど、昔から『リスクを残さないために』卵巣も子宮も全摘で、私が知る限り失敗はない。
それに獣医さんが気に入らないのなら獣医さんなんて近所にいっぱいいらっしゃるのだから、ご自分のお気に入りの獣医さんにいらっしゃれば良いだけの事で。

『大変な猫さんを貰っていただいてありがとうございます。』と私に言わせたかったのかもしれない。

あ〜あ〜、なんだか猫さんが哀れ。
酷い環境下から救い出された猫さんなので、人間と一緒におうちの中で暮しているのは幸せなのだが、飼い主さんにうとまれているのでは・・・ね。

いや私を虐めたいだけなのかもしれない。

IMG_20191124_213520426.jpg


ぐるちゃんは元気で今日も平和。

勿論出血した事は一度もない。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

泥棒

line_1572671554504 (1).jpg


ぐるよ〜、番猫中。

あたちじゃ無理だって言われているんだけど、誰か来たら・・・ニャニャッって騒いだり逃げる事くらいなら出来るはず。

IMG_20191102_130827306_HDR.jpg


私のレモンを誰かが採っていった。

昨年の10月にキャットフードを買いに行ってたまたま見つけた「レモン21」と言うレモンの木に本当に一年目で実がなったの。

ビニルポットの苗を鉢に植えて、太陽光や風など自然の恵みを与え、また台風などの自然の脅威から守って、アゲハ蝶の攻撃にも対処して、じっくりと見守ってきていた。

昨日午前中に、大きくなったわ、もう少しで収穫しようなんてわくわくしていたのに、それが今日見たら実は二つとももぎ取られていた。

なんだかねぇとてもショックで・・・。
私のレモンだったのに・・・。
レモンなんて八百屋さんにいくらでも売っているのだし、採りたてが欲しいのならご自分で育てられたら良いのに・・・と。
(生活クラブのカタログでは国産レモン500gで税込み404円。お高いものではない。)

IMG_20191102_144531689.jpg


鉢は車の横、お隣との境に置いてあった。
昨晩息子が車で仕事に出かけたから、それから誰かが車庫に入って、つまり他人の敷地内へ入ったってことね。

レモンの鉢は一旦お庭へ移動したけど、鉢を変えて土を増してベランダへあげようと考えている。

他人が大切にしている物を勝手に泥棒していく人は嫌いだし、勝手に猫さんを捨てていく人も私は大嫌い。
私はそんな事だけは絶対にすまいと考えている。


☆娘は今日から休暇でニューヨークとシアトルへ。
ぐるちゃんがくっ付くボディは暫く不在。




posted by みいしゃ at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

秋晴れ?

やっと晴れ。でもこれが秋晴れ?とは・・・言い難いのでは、と思った。
そして明日はまた雨が降って冷たいのだそうだ。

IMG_20191028_223450708.jpg


まあぐるちゃんには関係ないのかも。
この長い潜るタイプのベッドにすっぽりと入るようになった。

自分で態勢を低くしてぬる〜んと入っていく恰好がとても可愛い。

今からこんなんでは真冬になったらどうするのかしら?と思うのだが、ぐるちゃんが望むならまあそれで良い。

line_1572059070658.jpg


お外の猫さんはこの位なら全く平気。

あたち三毛ちゃんは毛玉を全部なくして、やっと少し綺麗になりつつある。
この間首元にスポットも付けたから・・・薄汚れた被毛が少しは綺麗になりつつある。

今まで蚤なんて見た事がなかったのだが、梳った毛を石鹸水に沈めたら・・・蚤糞が・・・。

本当はチワワさん宅にちゃんと言ってからにすべきだったけど、もう我慢できなくって獣医さんに相談して私がお薬を付けてしまった。
チワワさん宅ではたまたまお手入れが滞っていたのかもしれないし。

此のところチワワさんたちのお散歩には行きあっていないのだが、お薬を付けた事は言っておこうと思う。
これは別に恩着せがましく訴えるのではなくって、お薬が重ならないようにと言う配慮のみ。

お玄関前でしょっちゅう転がっているから、お互いのためね。
私も蚤なんて嫌だから。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

秋は?

今年は爽やかな日本の秋ではないのだろう。

やれ寒かっただとか雨で日照不足だとかと嘆いてみても、被害のひどかった方々には申し訳ないだけで。
だから今日ももっとできる事があったのに結局ほとんど動けなかった事は反省すべきなのだと思う。

IMG_20191027_172709791.jpg


ぐるちゃん、ぐるちゃんももう少ししゃきっとしようね。

新しいおもちゃをと頑張ってみたけど、5分も経たずに売り切れだった。
ちゃんとパソコンの前に座っていても駄目だったから、今あるもので我慢してもらわねば。

この段ボール箱はちょっと大きめだし、水曜日の資源ゴミの日までの限定よ。

IMG_20191027_204530837.jpg


箱がなくっても転がって誰かにくっ付いていればご機嫌なはずだから、又のチャンスを狙うって事で我慢してもらおう。

☆公園の遺棄=い〜ちゃんが出て来なくなった。
これで5日目。
毎日きっちりと大声で泣きながら足元まで出てきていたのだが、何処かでまたきちんとご飯を貰えるようになったのかしら?

場所移動をして突然捨てていかれる大人の猫さんの動きは把握できないので、探しようもない。

い〜ちゃんを捨てていった人は心配もしていないだろうけど、人間の都合で勝手に居場所を移動させられて放置された猫さんはなんとも哀れなものだ。



posted by みいしゃ at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

急に冷えてきた

この間までガーゼケット一枚だったのに、昨晩はダウンケットを使った。
日中はまだブラウス一枚でどうってことないのだが、最低気温が15℃を下回るようになって。

こう云う変わり目は注意した方が良いみたい。

IMG_20191016_224741368.jpg


ぐるちゃんにはベンチの上に薄いブランケットを敷いてあげたら、すぐに寛いで。
まだまだ籠の中(下にはフリースのお座布団)に居る時の方が多いのだが、明日にはブランケット類を出してあげよう。

無印の人を駄目にするソファには今年は乗らないし、ねころんの中へも入らない。

好みは変わるようだけど、猫さん一匹にいっぱい寝床はあるのだから、好きな様に選べばよいと思っている。

人間は夏物を整理してもったいないと思えども何年も着ていないお洋服は処分していかねば。

IMG_20191016_211918513.jpg


寒さとは全く関係がないけど、猫さんの目を横から見ると・・・なんとも不思議な構造だと思う。
私はいつもこの目の透明さにはっとするのだが・・・。

幼い猫さんで、道路に出てきて危なくって保護なさった『姫』ちゃんをご自分の猫さんになさった方がいらして、今回片目の状態が回復せず、片目を摘出することになさったそうだ。

いわゆるデスメ膜瘤・角膜穿孔の状態らしいのだが、デスメ膜ってって角膜の一番深層にあるもので、何らかの傷害がその膜まで及んでしまった物を指すらしい。

多分もう視力は無いだろうし、眼球は腫れて仕舞っているので、迷いに迷って摘出を選ばれたとの事。

可愛いお目々が・・・何とも残念だと思うのだが、炎症が片目以上には及ばないように、仕方がないのだと思う。

でもね、片目が見えなくっても眼球そのものが無くなっても、猫さんの五感と云うのは素晴らしく機能するものだから、人間と一緒の室内の生活には何の問題も無いわ。

私は両眼球の無い大人の猫さんを保護した事があって、どうしてあげたら良いのか迷い悩んだけど、人間が猫さんを求める場合は何を基準にするのかがこれまた人に因るもので。

大人の猫さんで真っ黒の長毛猫さんは、その子を可愛いと言ってくださったご夫婦に貰われていった。

鈴の付いたおもちゃを階段を下りて探しに行って、咥えて二階へ持ち帰り、飼い主さんの前に落として「遊んで欲しい」と要求するようになって、最後までお世話をして頂いたの。

ちび猫さんはまだ800gほどだけど、幼い猫さんの麻酔管理は割とうまくいくものだそうだから、『姫』ちゃんもきっと手術はうまく済むだろうと、私はそう期待している。

片目でもきっと先住猫さんは受け入れてくれるはず。

だから頑張れ〜と・・・。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

彼岸花

あまり好きなお花ではないけど、季節を違えずお花が咲くから、あの花をみると秋が来たのだな〜と。
所が今年は昼の時間は明らかに短くなっていてもいつまでも気温が高いままな物で、彼岸花でさえ開花が遅れているそうだ。

元々の赤いお花はよく目立つのに、そう云えばこのごろやっとといった感じ。

IMG_20190927_102006852.jpg


それなのに私の一筋アマリリス(シロスジアマリリス)が早くも花茎を伸ばして開花。

これは球根なので植えっぱなしでOK。
割と活発に分球もして、一度植えるといつの間にやら増えていっていると云う物。

但し非耐寒性なので、真冬は軒下あたりでの管理が望ましいのだろうと思う。

放っておいてもお花が咲くので、あまり手入れをしたくない人向きかも。

IMG_20190928_211105931.jpg


ぐるちゃんは元気。

クロネコ茶袋が気に入ったようで何度も出入りして遊んでいた。

茶袋のサイズはもちろん『大』




posted by みいしゃ at 23:46| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

まだ暑い

四国の方によると朝の気温が23℃だったそうだ。

それなのに東京はまだまだ暑い。
湿度も高くって・・・この調子ではまだまだエアコン生活は止められないわ。

気候は変えられないのだから、環境は調整していくべきだと考えている。

line_1567423616887.jpg


ぐるちゃんは元気。
ちゃんと自分であちこちへと移動して自分が快適だと思う所でのんびり。

ちょっと暗くって判りにくいのだが、短めのお尻尾を垂らして放熱中(笑)。

もう猛暑日と云うのは無かろうと思うけど、人間はお手伝いしかできないので、後は自分で色々と判断して快適さを求めていって欲しい。

お外の子達はもっともっと自己管理が求められるのだから・・・頑張ってね。

例の遺棄猫さんたちは・・・白い割と年をとった子の方が公園の西側へ移動してしまった。
あの子は健気で決して争わずにひっそりと場所を探していた。

何処かのお家に入れてもらったとは思われないのだが、誰かの庇護を受けているのだろうと思いたい。

そして騒がしい茶白猫さんは移動したのだろと思っていたら、結局落ち付けなかったようで公園へ戻っている。
相変わらずニャーニャーと煩いのだが、私を見かけたら走って寄って来るようになりシャーシャー言わなくなった。

今は良いのよ。
でもね私がいつまでもご飯を運べるわけではないから・・・。
遺棄した人が迎えに来るのが一番まともな解決方法なのだが、それは多分望み薄なのだろう。


そして黒ママは消えたまま。
生きているのかどうかも不明。

こう云う付き合いしかできなかったのかと残念で仕方がないのだが、私のキャパはこんなものだった様だ。

IMG_20190902_224123585.jpg


お釣りで貰った500円玉がピカピカだった。
ひょっとして令和になってからの物かしらと良く見てみたら、平成31年製だった。

これはこれで数は少ないのかもしれないけど、ぐるちゃんの貯金箱に入れておこう。

満杯になれば30万円になるはずなのだが、ちっとも貯まっていないけど・・・。

さあ、明日は明日で動きたい。
気温は4℃ほど下がるそうだが、それでもまだ30℃前後って、ちょっと嫌である。







posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

雷雨

コンクリートの建物の中に居るとあまり良く判らない。
でも雷雨だった。

明日も不安定なお天気らしいけど、これぞ季節の変わり目のお天気。
秋に近付いているのだと思う。

なんだかちっとも生産的な事をしないで、ただただ無為に時を過ごしていつの間にか夏が終わろうとしている。
こんな調子でいつの間にか人生が終わるのかもしれないけど、まあ自分で道を切り開いていくのはもう無理だろうから・・・人様に迷惑をかけずに今暫くは生きていかねばならない。

P1040389.jpg


『猫の家』さんのデカイサカナはなんと2014年の物だった。
良く見るとそれなりに色あせているのね〜。

それにぐるちゃんのお腹がたるんでいない!

P1040387.jpg


そして「ある」が居たのだわ。

ちょっと寂しい。
みしゃこもちゃあも今も居たら良いのに・・・と栓無き事を望んでみた。




posted by みいしゃ at 22:52| 東京 🌁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

出会い

超大型の台風は大型の台風から熱帯低気圧になって只今北海道あたりだと言う事だ。
被害は程々、大きな人的被害がかなり少なかった事だけが救いだったのではないだろうか?

まずは自分の身を守る事、それが大事だと思う。

東京はかなりの風&高温。
明日もまた恐ろしい様な気温になるだろうと予測されているけど、なんとか頑張っていきたいものだ。

IMG_20190816_141206445.jpg


本日は新宿の京王百貨店へ行ってきた。
2019みんなイヌみんなネコと云うイベント。

画像のサン太君の本物のパネルをどうしても見たかったし、ぐるちゃんにニップ棒を買ってあげたかったから。

サン太君に関してはかつての保護主、今の飼い主のNさんのブログねこの下宿屋クアトロガッティにずっとその成長記録を書いていらっしゃるので、私からは詳細は割愛。

さくら猫と云う言葉がすっかり一般的になっているけど、Nさんはその名前の生みの親でもあるの。
とても素敵なヒト=人間よ。

どうぞ皆様も是非彼女を応援してあげてくださいね。
(私とは面識あり。)

猫さんとどうやって出会うのか?
猫さんとの縁は異なもの味なものだと思う。

猫さんとの暮らしは必ずしも楽しみばかりではないけど、私は猫さんの居ない暮らしは考えられない。

IMG_20190816_181059451.jpg


ぐるちゃん、お留守番ありがとう。

IMG_20190816_181124436.jpg


まずはマタタビ入りの「おりぼん」で酔っ払い。
あ〜〜〜嬉しいわね。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

本当に・・・

猛暑日。明日もさらに1℃高い猛暑日の予定だとか。
まあ仕方がないから、皆さん気を付けましょうね。
他の病気と違って、熱中症は対処できるのだから・・・。

line_1564620346627.jpg


急激な猛暑で、あたち三毛ちゃんはデロ〜ンと伸びて。

line_1564620381489.jpg


そしてぐるちゃんもドアの内側、玄関たたきでデロ〜ン。
去年までこんな事をした事がなかったのに、これはおデブになったせいなのかしら?

あたちちゃんは小柄、ぐるちゃんは大柄でおデブ。
ぐるちゃんの体重はあたち三毛ちゃんの2倍以上だと思う。

line_1564630302568.jpg


ぐるちゃんはお部屋で涼む事も出来るから、どうってことないのだが、お外の猫さんたちはなんとか上手に涼をとって欲しい。


☆遺棄猫さんたちは、若い茶白さんがほとんど来なくなった。
そして白猫さんも此処三日は姿を見せない。

たぶん・・・南側を少し行った大きなお家の方へ移動したのかも。

あそこはある意味不穏で。

誰やらボラさんが入って雌は全部終わったのだと聞いていたのだが、この間生後4、5ヶ月程の仔猫を見かけた。
美容院の人もまた餌付を再開なさっているようだし。

広い敷地内でご飯をあげられるので文句は言いにくいけど、猫さんが増えていくと、はじかれる子達は交通事故にあって・・・。

少し情報を集めたい。

で、黒ママは姿を見せぬまま。







posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

梅雨明け

関東に梅雨明け宣言が出された。

先日来一気にお天気が変わったのを感じていたので、宣言はむしろ遅かったような気もするけど、さあ猛烈な暑さがやって来た。

私は電気代がもったいないとは思わない。
程良く冷やす事は絶対に必要だと思うから。

本日は熱中症に注意を促すお知らせが二度もスマホに届いた。
日中はほとんどTVを付けていなかったけど、ネットでも昨日の熱中症による搬送者に関するニュースは溢れていたのだし。
昨日より今日の方がもっと強烈だったのだし。

エアコンでなくても涼をとる手段は色々あるから、皆さま気を付けていきましょうね。

それと水分は十分に。

IMG_20190729_170907598_BURST000_COVER_TOP.jpg


夕方ウチの大手毬に止まっていたアブラセミ。
どうもうまく鳴けないようだった。

私は昆虫は見ているだけで十分なのだが、長く地中で頑張って来たのだろうから・・・短い命を大事にして欲しいと思った。







posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

夏〜

いやあ〜晴れたわ。
日差しは強烈だからちょっと怖いけど、日焼け止めとスカーフでなんとか腕と首元を保護して、八百屋さんでお野菜をいっぱい買ってきた。

週末は台風を警戒するべきなのだそうだが、これで一息。
お野菜不足はなんとか乗り越えられたわ。

富山では37.5℃だったそうで。
体温より高いのは酷いな〜と思う。

ヨーロッパも大変な高温だそうで、オランダ在住の友達も涼むのも目的の一つでスーパーへだって。

異常気象なのだろうけど、異常は何とか解消して欲しい。

line_1564115634522 (1).jpg


あたち三毛ちゃん。

チワワさん宅でちゃんとご飯もお水も貰っているのに、割とまめにウチへやって来る。

今日は私が買いものに出ていた時だったので左側の黒いカバーのかかった娘の自転車の下で寝ていたらしい。

私が自転車を止めてごそごそやっているのにぐっすり眠っていたようで、ひょっとしてとカバーを叩いたら眠そうなお顔をしてぬう〜と出てきたの。

line_1562286548135.jpg


こうやって人前でゴロンゴロンとお腹を見せるほど気を許しているくせに、相変わらずのシャーシャー猫さんで。
梳かしても梳かしても毛玉を作り身体全体が薄汚れている。

地域猫さんなんだけど、なんとかもう少し身ぎれいにしてあげたいものだ。






posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

TNR+M=地域猫

先日犬の正しい飼い方といおうか、どうやったら犬と楽しく暮らせるのか?・人間はどのように犬に向き合ったら良いかを発信していらっしゃる方がツイッターで呟いていらした。

TNRはMが当然付いてまわているものだと思っていた、と言うもの。

Mとはマネジメント。
managementとは色々な意味合いを持つのだが、本来はmanage to~と言う使い方に語源があって、「なんとかする」と言う人間の努力が求められているのだと思う。

つまりTNRはただ単に捕まえて手術して放すだけでは手落ちであるのだと思う。

TNRすることによってその猫さんは二度と赤ちゃんを産まない(産ませない)のだから、その子にはちゃんとご飯やお水をあげて環境を整えて穏やかに暮らさせてあげましょうね。

・・・と、私はどうしても引き揚げられない保護できない猫さんに関しては、特に公共の場でお世話を続けなければならない場合は、その場の管理者や周辺の住民といっぱい話し合いをして、なんとか穏やかに生きていけるように努力してきた。

あと少し、黒ママとめ〜ちゃんを見送ったら、私はあの場所での猫さんとのお付き合いは終わるのだと考えていた。
黒ママは17歳くらいだし、め〜ちゃんは黒ママの初めての子で、二匹とも随分高齢になったし。

だ・か・ら、突然二匹の猫さんがお耳カットを施して(つまり避妊手術をして)遺棄されたのはまさに青天の霹靂。
私には嘆きでしかない。
今はご飯をあげられるけど、これから先は私の方にあの子たちを最期まで見守っていく時間は残されていないと思うから。

猫さんを遺棄するのは犯罪。
でも捨て猫くらいで警察は捜査をしてくれない。

動物愛護センターは捨て猫が居ても何もできないから、「みいしゃさんは関わり合いになられない方が良いでしょう」と言うお返事だった。

そして黒ママには此処一週間ほど会えていない。

IMG_20190722_212628193.jpg


「あたちも捨て猫だったの〜?」

そうよ、♂猫は2km先からでも女の子の匂いが判るのだだそうよ。
目は悪かったし、もう待ったなしだったから私が持ち帰ったのよ。

獣医さんの所に二週間も預けたのは覚えていないでしょう?

お猫入り先も探したのに、突然肝機能が酷く悪くなったし、「ある」に取り入って甘えまくったから・・・。


いいのよ、のんびりとウチに居れば・・・ウチの人間たちは絶対にぐるちゃんを遺棄しないから。







posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

七夕

東京は雨が降って、止んでも雲が暑く、お星さまは全く見えない。
見えなくってもお星さまは存在しているのだから・・・空を見上げて・・・。
願い事はいっぱいあるけど、何かひとつくらいは努力すれば叶うのかしら?

53555_01-1.jpg


にゃんぱく宣言。

猫さんと暮らすのはこんなに単純なことではないのだけど、昨今の多頭飼い崩壊の事を思うと、言い得て妙であるかもしれない。
まあ兎に角、人間が猫さんと暮らす場合は、その人は猫さんにとって『頼れる飼い主』で居たいものね。

『正しく飼って、ずっと一緒に。』




posted by みいしゃ at 23:52| 東京 ☔| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

曇天

昨日の夕焼けに今日の快晴を期待したけど、結局曇天。

6月には「今からこんなに暑いなんて」って言っていたのに、今は7月、こんなんで良いのかしら?

昨年の梅雨明け早くその後は猛暑。
さてさて今夏はどうなるのかしら?

IMG_20190706_140739496.jpg


娘に貰った長〜い段ボール箱。
ぐるちゃんがとても気に入っていたけど、どうにも邪魔で。
カッターと鋏で少し切ってしまったの。

でも冬に使っていた潜り込むベッドに比べると幅が狭いので、切らない方が良かったかも。

ごめんね〜、上にアジアンチックな布を掛けてあげたから・・・我慢してね。

IMG_20190706_231742115.jpg


ぐるちゃんには(ほぼお古ばかりだけど)いっぱい他にもベッドがあるから、自由に選んで好きな場所で寛いで暮らして欲しい。

体重はちょっとしか減っていないけど、可溶性繊維と乳酸菌でウンチの状態はかなり良くなった。
こんなんで良いのかどうか?また獣医さんに相談しよう。


☆明日の東京杉並の最高気温は22℃という予報。
お庭が乾き切らなくってじめじめだけど、少し整理しなくっちゃ。








posted by みいしゃ at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

遺棄猫さん

雨の被害は相当なものだけど、人的被害はうんと少なかった。
これはやはり気象庁の会見が功を奏したのではないかと思うのだが、人間と言うものはなんでもなかった場合には不平が口を付いて出るものらしい。

避難してみたら食べ物もない寝具もない・・・って。

ふうんじゃあ勝手にしたら、と言いたくなるけど、自分の命は自分が守るべきだと言う事を忘れてはならないと思う。

雨は一旦小休止だけど、まだまだ梅雨が明けた訳ではないので、私は情報を収集して事に対処していこうと考えている。

IMG_20190704_185308542.jpg


遺棄猫さん。
結局誰かが保護してくれる訳ではなく、誰かがきちんと面倒を見てくれる訳でもない。

相変わらずにゃ〜にゃ〜泣いて必死でご飯を乞う。

人からご飯を貰う事には馴れている。
私が一歩踏み出しても別に逃げもしない。

IMG_20190704_185311766.jpg


右のお耳にカットあり。
愛誤者&犯罪者は何処で何をしているのかしらね?

杉並区にあるねこけんさんの病院ではきちんと予約すれば不妊手術代は無料。
ワクチンなども安価で受けられる。

たぶんそう云った所を利用して此の子と白猫さんを手術してもらって、もう仔猫は産まないから後は宜しくね・・・と公園に放置していったのだろうと思う。

兎も角私は心身ともに限界で、とてもこう云った犯罪者の後始末はできない。


☆いつでも里親募集中のミス(6月15日のこのブログに書いた箇所)はいつまでたっても訂正がないので、本日面倒ながら、サイトのお問い合わせフォームを使ってお知らせした。

お返事は一時間ほどできちんとあり、ミスの訂正はあっという間になされた。

サイト運営の費用も寄付を募っていらっしゃるんだから、頑張ってくださいね。

飼い主の居ない猫さんに関わるには沢山のお金がかかる。
寄付だけで賄えるはずもなく、何か事業をしなければ、働かねばならないのは当たり前。

だから、いかなる理由があろうとも、猫さんを保護するのなら、虐待に近いような環境に閉じ込めて置いてはならない。

で反対に、成猫を一頭引き取る費用が30万円ほどらしいのだが、これはお安いと思う。
普通にお家賃のかからない場所に置けるのならいざ知らず、動物病院やホテル等に猫さんを預ける場合は30万円では半年ほどしか猫さんは預けられない。

また一般事業として生き物を扱い、執拗に寄付をお願いしてもそんなものはいつまでも続くはずもないと言う事もお忘れなく。









posted by みいしゃ at 01:56| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする