2019年07月22日

TNR+M=地域猫

先日犬の正しい飼い方といおうか、どうやったら犬と楽しく暮らせるのか?・人間はどのように犬に向き合ったら良いかを発信していらっしゃる方がツイッターで呟いていらした。

TNRはMが当然付いてまわているものだと思っていた、と言うもの。

Mとはマネジメント。
managementとは色々な意味合いを持つのだが、本来はmanage to~と言う使い方に語源があって、「なんとかする」と言う人間の努力が求められているのだと思う。

つまりTNRはただ単に捕まえて手術して放すだけでは手落ちであるのだと思う。

TNRすることによってその猫さんは二度と赤ちゃんを産まない(産ませない)のだから、その子にはちゃんとご飯やお水をあげて環境を整えて穏やかに暮らさせてあげましょうね。

・・・と、私はどうしても引き揚げられない保護できない猫さんに関しては、特に公共の場でお世話を続けなければならない場合は、その場の管理者や周辺の住民といっぱい話し合いをして、なんとか穏やかに生きていけるように努力してきた。

あと少し、黒ママとめ〜ちゃんを見送ったら、私はあの場所での猫さんとのお付き合いは終わるのだと考えていた。
黒ママは17歳くらいだし、め〜ちゃんは黒ママの初めての子で、二匹とも随分高齢になったし。

だ・か・ら、突然二匹の猫さんがお耳カットを施して(つまり避妊手術をして)遺棄されたのはまさに青天の霹靂。
私には嘆きでしかない。
今はご飯をあげられるけど、これから先は私の方にあの子たちを最期まで見守っていく時間は残されていないと思うから。

猫さんを遺棄するのは犯罪。
でも捨て猫くらいで警察は捜査をしてくれない。

動物愛護センターは捨て猫が居ても何もできないから、「みいしゃさんは関わり合いになられない方が良いでしょう」と言うお返事だった。

そして黒ママには此処一週間ほど会えていない。

IMG_20190722_212628193.jpg


「あたちも捨て猫だったの〜?」

そうよ、♂猫は2km先からでも女の子の匂いが判るのだだそうよ。
目は悪かったし、もう待ったなしだったから私が持ち帰ったのよ。

獣医さんの所に二週間も預けたのは覚えていないでしょう?

お猫入り先も探したのに、突然肝機能が酷く悪くなったし、「ある」に取り入って甘えまくったから・・・。


いいのよ、のんびりとウチに居れば・・・ウチの人間たちは絶対にぐるちゃんを遺棄しないから。







posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

七夕

東京は雨が降って、止んでも雲が暑く、お星さまは全く見えない。
見えなくってもお星さまは存在しているのだから・・・空を見上げて・・・。
願い事はいっぱいあるけど、何かひとつくらいは努力すれば叶うのかしら?

53555_01-1.jpg


にゃんぱく宣言。

猫さんと暮らすのはこんなに単純なことではないのだけど、昨今の多頭飼い崩壊の事を思うと、言い得て妙であるかもしれない。
まあ兎に角、人間が猫さんと暮らす場合は、その人は猫さんにとって『頼れる飼い主』で居たいものね。

『正しく飼って、ずっと一緒に。』




posted by みいしゃ at 23:52| 東京 ☔| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

曇天

昨日の夕焼けに今日の快晴を期待したけど、結局曇天。

6月には「今からこんなに暑いなんて」って言っていたのに、今は7月、こんなんで良いのかしら?

昨年の梅雨明け早くその後は猛暑。
さてさて今夏はどうなるのかしら?

IMG_20190706_140739496.jpg


娘に貰った長〜い段ボール箱。
ぐるちゃんがとても気に入っていたけど、どうにも邪魔で。
カッターと鋏で少し切ってしまったの。

でも冬に使っていた潜り込むベッドに比べると幅が狭いので、切らない方が良かったかも。

ごめんね〜、上にアジアンチックな布を掛けてあげたから・・・我慢してね。

IMG_20190706_231742115.jpg


ぐるちゃんには(ほぼお古ばかりだけど)いっぱい他にもベッドがあるから、自由に選んで好きな場所で寛いで暮らして欲しい。

体重はちょっとしか減っていないけど、可溶性繊維と乳酸菌でウンチの状態はかなり良くなった。
こんなんで良いのかどうか?また獣医さんに相談しよう。


☆明日の東京杉並の最高気温は22℃という予報。
お庭が乾き切らなくってじめじめだけど、少し整理しなくっちゃ。








posted by みいしゃ at 23:47| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

遺棄猫さん

雨の被害は相当なものだけど、人的被害はうんと少なかった。
これはやはり気象庁の会見が功を奏したのではないかと思うのだが、人間と言うものはなんでもなかった場合には不平が口を付いて出るものらしい。

避難してみたら食べ物もない寝具もない・・・って。

ふうんじゃあ勝手にしたら、と言いたくなるけど、自分の命は自分が守るべきだと言う事を忘れてはならないと思う。

雨は一旦小休止だけど、まだまだ梅雨が明けた訳ではないので、私は情報を収集して事に対処していこうと考えている。

IMG_20190704_185308542.jpg


遺棄猫さん。
結局誰かが保護してくれる訳ではなく、誰かがきちんと面倒を見てくれる訳でもない。

相変わらずにゃ〜にゃ〜泣いて必死でご飯を乞う。

人からご飯を貰う事には馴れている。
私が一歩踏み出しても別に逃げもしない。

IMG_20190704_185311766.jpg


右のお耳にカットあり。
愛誤者&犯罪者は何処で何をしているのかしらね?

杉並区にあるねこけんさんの病院ではきちんと予約すれば不妊手術代は無料。
ワクチンなども安価で受けられる。

たぶんそう云った所を利用して此の子と白猫さんを手術してもらって、もう仔猫は産まないから後は宜しくね・・・と公園に放置していったのだろうと思う。

兎も角私は心身ともに限界で、とてもこう云った犯罪者の後始末はできない。


☆いつでも里親募集中のミス(6月15日のこのブログに書いた箇所)はいつまでたっても訂正がないので、本日面倒ながら、サイトのお問い合わせフォームを使ってお知らせした。

お返事は一時間ほどできちんとあり、ミスの訂正はあっという間になされた。

サイト運営の費用も寄付を募っていらっしゃるんだから、頑張ってくださいね。

飼い主の居ない猫さんに関わるには沢山のお金がかかる。
寄付だけで賄えるはずもなく、何か事業をしなければ、働かねばならないのは当たり前。

だから、いかなる理由があろうとも、猫さんを保護するのなら、虐待に近いような環境に閉じ込めて置いてはならない。

で反対に、成猫を一頭引き取る費用が30万円ほどらしいのだが、これはお安いと思う。
普通にお家賃のかからない場所に置けるのならいざ知らず、動物病院やホテル等に猫さんを預ける場合は30万円では半年ほどしか猫さんは預けられない。

また一般事業として生き物を扱い、執拗に寄付をお願いしてもそんなものはいつまでも続くはずもないと言う事もお忘れなく。









posted by みいしゃ at 01:56| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

鹿児島、熊本、宮崎

九州って温暖で住みやすい所なのだと思っていたけど、火山があるし今回のような記録的大雨もあって。
う〜ん・・・何しろ皆様の無事を祈るしかない。

お外で暮さざるを得ない猫さんたちも絶対にいるはずだけど、安全な所に逃げていてくれたらな〜と思う。
猫さんって籠るから、籠った所が安全でないと・・・。

自然の猛威の前には人間は微力な存在でしかないのだと、しっかり理解して生きていきましょうね。

IMG_20190703_162537938.jpg


東京は今のところは全く無事。

先週は○活クラブの注文に失敗してあせったけど、まあ何とかなったし、今週はしっかり注文品を届けてもらった。

IMG_20190703_163027434.jpg


ぐるちゃんは捨て猫だった。

たまたま私の方に余裕があったので、すんなり拾ってきて結局ウチの猫さんになったけど、あのままお外猫さんになっていたら今頃どうしていたのかしら?

こんなにのんびりと人間の傍で寝そべっている生活ではなかった事は確かだ。

猫さんに対する思いは人それぞれだけど、産ませてしまったのなら最後まで責任を持つべきだと、私はそう考えている。





posted by みいしゃ at 23:34| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

やっと梅雨入り?

四国の方はやっと梅雨入り?即降りすぎ?
日本は長〜い国だから地方によって違いがあるのは判るけど、それにしてもね〜・・・。

東京杉並は今日はもう蒸し蒸し。
昨晩何故か寝付かれなかったせいもあって、日中はもう諦めて休息のみ。
無理をすると結局は家族にも他人にも迷惑をかけるから、と勝手に自分で決めてあるの。

IMG_20190627_222508048.jpg


ぐるちゃんだってぐうたらで。
ね、ぐうたらな人間にはぐうたらな猫が似合うでしょう?

IMG_20190627_223806212.jpg


エアコンが付いているのだし、別にご機嫌は悪い訳ではない。

一緒にぼちぼちやっていければ、良いわね。


☆公園に遺棄された猫さんの内若くって見てくれが可愛い子の方は何処かに居場所を見付けたのか、ほとんど姿を見かけなくなった。
若いから・・・なんとかなるのかしら?

白い猫さんはいじいじしながら、したたかに食餌の時間を覚えてしっかり食べるようになった。

そして懸念した通り、黒ママが出て来なくって。

本当に何をしてくれるのかと腹がたって仕方がない。
私は犯罪者の尻拭いはしない。

大体が公園の環境改善のためにも猫さんの命を繋ぐためにも、何度も公園管理事務所や警察と話し合いを重ねて、やっとあと二匹と言う状態を作り上げてきたのに・・・。

公園には『猫に餌やってはいけないのよ』という姿の美しい太ったおばさんが歩いていたり、『臭えんだよ』というおばさんがいたり、『死ね〜』と叫ぶ若者が来たり。実際に虐待事件もあった。

猫さんは住んでいない。ちょっと集まってすぐに解散しているだけ。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

アメリカ紫陽花

日付が変わってしまったけど・・・。
折角紫陽花を映したのでアップ。

IMG_20190625_094012156_HDR-EFFECTS.jpg


アナベルの色が変わって来た。
アナベルはグリーンになっても美しいのでそのまま・・・まだ切らない。

お庭の中にある分はほとんど切って人にあげてしまったけど・・・。

IMG_20190625_094003727.jpg


大きなお花が咲いて頭が重いので・・・一部はビニタイで止めたけど、自然に倒れるのもまあ良いだろう。

IMG_20190625_093942452_HDR.jpg


そしてハーモニーの方はどんどんグリーンに変わりつつある。

ハーモニーはこの後茶色くなってしまうので、もう暫くでカットしてしまおう。

今シーズンは泥棒さんが来なかったの。
どうして〜?なのだが、一つにはお向かいの建物が無くなって更地になっているし、もう一ヶ所も更地のままだから、ウチから川そして小学校までがすっきりと見渡せるのね。

だからいつもより人目があって、泥棒さんは動きにくかったのかも。

お花がお好きならご自分で調達すべきで、勝手に持ち去るのは育てている人間の気持ちを無視して不快にさせるのだと判って欲しいわ。


☆夏物がまだ全部は出せていない。
光線アレルギーが怖くってまだほとんど長袖で通しているけど、もうそろそろ軽やかな恰好に代えねば・・・。

ぐるちゃんの抜け毛はまだ治まらず。
乳酸菌がうまく働いて・・・身体ももっとすっきりして欲しいな〜と考えている。

元気は元気で、ご飯はもっと食べたいみたい(笑)。







posted by みいしゃ at 00:29| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

ノエルちゃん

ノエルちゃんが「虹の橋へ逝った」と連絡を頂いた。
今月9日だそうで。

譲渡してから17年弱。
大人の猫さんだったので実際はもっと年上。

白黒猫さんご希望で、私でなく知人が保護してお家の中での生活を望んでいた猫さんを貰ってもらったの。

最初の白猫さんは「どうも望んでいた猫さんとの生活と違うような・・・」と言う事で、別の白黒猫さんをお試ししてもらったら、その子がノエルちゃんになった。
もう一頭白黒の大人猫さんが居たの。
お届け日が12月23日だったのでノエルちゃんだと思う。

ぐるちゃんと違ってお鼻が黒い子で、ちょっとそれがずれている鼻水タイプの女の子で。
ご夫婦の生活にもしっとりと馴染み、いっぱい可愛がってもらったの。

あの当時は猫さんは沢山居たし、私の方も実におおらかに、『白黒猫さんがもう一頭いるから、大人猫さんだけとお試しになる?』とお勧めしたのだが、外見ではないのだな〜ひどく若くなくっても良いのだな〜とあのご夫婦の、特に奥様の好みに好ましい思いを抱いた。
(奥さまはとっても美人さんよ。)


最近はなにやら譲渡条件とやらがあまりにも難しく、私も勿論人は選ぶのだが、もう少しあらゆる門戸を開いても良いのではと思うのね。

例えばある団体さんでは『猫さんは25年生きるから(と決めつけて)』新しく飼い主になる方を年齢で厳しく制限する。
25歳だなんて可能性はあるかもしれないけど、生まれながらのその子の寿命があるのだし、どなたか必ず引き取り手が居るようにしておけば問題は解決する。

まあ飼い主側が病気になったから経済的に余裕が無くなったから・・・猫を手放したいと言う飼い主さんが多いけど、兎に角猫さんの一生を飼い主が守ると言う強い意志は持っていて欲しい。

猫さんを譲渡する際の負担金も、実は私は最初から明言して『一部負担金』を頂いたのはKiKiちゃんが初めてだった。
団体さんのお手伝いをしていた時でさえ、ほんの何頭かは指定病院で団体さんにお世話になったけど、後は丸抱えだったし。

自分で飼ってあげられないけど命を慈しんで可愛がって欲しいと譲渡するのだから、自分からはとてもお金の要求は出来なかった。
『交通費に、また別の子のために』と新しい飼い主さんが自ら出してくださった分は遠慮なく頂いてきたけど・・・。

猫さんを助けるには確かにお金がかかる。
だから団体さんは様々な事業を行ったり寄付を募ったりしている訳だけど、だからと言って肝心の猫さんのお世話に不備が出るのは何としても避けて言って欲しいと願っている。

IMG_20190623_223918510 (1).jpg


ぐるちゃんは元気。
だけど、ご飯を少し減らしたからって・・・こんなんで大丈夫かしら?

一旦おデブにしてしまったのを痩せさせるのは大変だわ。

本日から乳酸菌をプラスしたので、排便がスムーズになれば良いな〜。





posted by みいしゃ at 00:39| 東京 🌁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

移動

IMG_20190606_231808.jpg


KiKiちゃんよ〜。

本日は飼い主さんに決めてもらったお誕生日。
KiKiちゃんは三歳になったの。

本当はもう少し早く生まれていたかなと思うけど、多少の違いはどうでも良くって。
元気で楽しく暮らしているのだから・・・それが大事。

相変わらず艶々で可愛いわ〜。

IMG_20190614_234359403.jpg


勿論、ぐるちゃんも可愛いわ。

やっぱり猫さんはお家の中で人間と一緒に暮らしてこそその可愛さが余計に際立つのだと思う。

KiKiちゃんは多分野良さんが産んだ子。
友達の餌場に突然現れた子で、さあてチビさんをどうするべきか迷って私の方へ相談が来た子。

猫さんを保護するとはやはりお金がかかることだし、捕まえてみなければ本当の意味での健康状態もしかとは把握できずだし。

でも餌場はあの時点で閉鎖予定だったので、結局何人もの人間が手伝うと言う事で保護に踏み切ったの。

ぐるちゃんは捨て猫だった子。
生後半年ほどで人馴れはしていたので、迷子の可能性もあったから、センターや警察にきちんと届けたのに、身体が弱くってあまりにも「ある」を慕ったのでウチに残した子。

二匹とも私の方でも受け入れられたからその後の道は続いたのだと思う。

猫さんは生まれた所で一緒を終える方が少ないと思う。
たいていは移動をするもので、それには人間が関わる。

移動はちゃんとしたものでなければならないと思う。
勝手な遺棄とは違う。


☆見てくれの良い茶白さんは結局野良度をうんと増して・・・本日姿を現した。
常に逃げ腰&もう泣かない。

私は白さんと此の子の責任はとらない、とれない。
置き餌はしていないので、食べ物に関しても責任はとらない。

今の私はそうんな風にしか出来ない。

リビングには保護猫が何頭も居て、二階にはケージをいくつも組んで、年間40頭近くを譲渡していた時期もあったけど、時は流れて気力体力経済力はすっかり衰えてしまった。








posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

数珠珊瑚・ジュズサンゴ

IMG_20190613_215247162 (1).jpg


ジュズサンゴと言う植物。
寒さに弱いけど、耐陰性があって、直接日光が当たらなくても室内光だけでも成長できると言う代物。

私が行く美容院の鏡の横に置いてあって、白い小さなお花が咲いていたり赤い実がなっていたりで、すっかりその姿に魅せられて・・・美容師さんにお願いして先端の5pほどを貰って。その後また色々探してヤフーのオークションでも苗を求めた。

寒かったので室内で管理。
そのたった5p程の物がこれなの。
コップに挿しておいたらちゃんと発根して、それを鉢上げして・・・。

オークションで買った物はいっぱい送ってくださったので、冬は室内で管理の後今はお外で管理して、そっちも小さなお花が咲いたと思ったら、赤い実がなっている。

いやあお見事。
秋からしか赤い実は楽しめないものと思っていたのに、あっという間にその成長が見てとれるのは年寄りには特に嬉しいポイントだと思うの。

株が充実すれば、地上部は枯れても気温の上昇とともにまた復活するそうなので、完全に外でも育ててみたい。

(残された)時に追われる様に・・・結果が素早く目に見えるのは悠長に過ごしていられないという老人特有の焦りかもしれない。
昨晩は何故か急に具合が悪く、関節がぎしぎしして久々に鎮痛剤を飲んで湿布を張って、ちょっと辛かったので、余計にそう思うのかも。

今日はかなり回復したので一過性のものだろうと思いたいけど、なかなか・・・ね。
持病がある+加齢は致し方ないのだが、上手に休息をとりいれて穏やかに過ごしていきたいと考えている。


☆公園に遺棄された二匹の猫さんの内、若々しくって見栄えの良い茶白さんの方の姿が見えなくなった。
根っからの野良さんには見えなかったけど、どなたかがお家にすんなり入れてくださったとも思えないのだが、頑張って生きていく道を選択してくれたのだと思いたい。

汚れて痩せている白猫さんの方は私が行くと黒ママたちと一緒に姿を見せるので、この猫さんは私が見守っていくしかないのかも。

今の私にできるのはこんなもの。
もしどなたか私を批判(批難)なさるのなら、批判は甘んじて受けとめるので、あなたが猫さんを助けてあげてくださいね。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

梅雨入り

日中は激しい雨。
気温は然程高くなかったのに、湿度は高くって。

日本の四季、四季あっての日本なのだが、うまく気候に対処していかねばならない。

IMG_20190606_235639952.jpg


ぐるちゃんは広がってみたりベンチに乗ったり、はたまた二階で惰眠をむさぼったり。

自分でうまく移動して上手にやっているな〜と感心するわ。
でもそうできるのは人間が環境を作って上げているからで。

遺棄された猫さんたちは今日の雨を何処でしのいだのか?
ご飯はどうしたのか?

哀れだな〜と思わないの〜?遺棄した人は・・・。
ちょっとは心配するのかもしれないけど、愛誤者だもん、平気なのだろう。

結局は猫虐め。
で、私は犯罪者には加担しない。





posted by みいしゃ at 23:51| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

青空はでたけど

あちこち急激なお天気の変化ありで雹が・・・なんてニュースもあって。
東京杉並は夕方青空がのぞいていた。

明日は気温が高くその後はいよいよ雨模様が続くそうだ。

地球の様子はどんどん変わるらしいけど、これから長く生きていく人たちは頑張って欲しい。

IMG_20190605_165456445.jpg


スモークツリーとハーモニー。

スモークツリーは根を制限してあるので巨木にはならないのだが、後ろ側のハーモニーが一本随分と背が高くなって見事なお花を付けている。
私が切り忘れたのだろうけど、まあ此処なら泥棒さんの手には届かないから・・・これは良しとしたい。

それにしても狭いお庭にお花の咲くものがいっぱいで。
すっきりと洗練された庭作りは失敗した訳だが、まあこれが私らしいと言えばそう・・・。

鉢ものは処分しようと思えばなんとでもなるのだから、身体の動く内にお世話が楽にできる程度に減らしていく積りよ。

☆遺棄された猫さんはお腹をすかせて泣いている。
センター等は捨てていかれた猫さんはどうにもできないので、放っておいた方が私のためだ等とおっしゃる。
いちいち捨て猫などには関わっていられないと言うのが現状なのだろう。

確かに世の中にはもっとひどい状況の猫さんも存在する。
こはる日和

そしてこんなことを私が此処で書いていたって何もなりゃしないのも良く判っている。

願わくは遺棄した人が猫さんを拾いに来てくれますように。

猫さんたちは喧嘩しているし、車はすぐ傍をいっぱい通るのだし。
誰かがご飯を運んだりお世話をするような事は多分ない。





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

愛誤を愛護と考えないで!

もう二週間になるかしら?
また大人の猫さんが公園に遺棄された。

遺棄したのは不幸な猫を増やすまいとしている表面上は猫の愛護家で、その実いい加減で他人に迷惑をかけてもなんとも思わない人たちよ。
一人ではないと思う。

前からこう云う事はあったの。
公園の前に駄菓子屋さんがあって、其処のおばさんに『手術をしてあるから宜しく』なんて言い置いて猫を遺棄する人がいた。
勿論私は激怒したのだが、どこの誰だか名前も知らない人には何も伝わらず・・・。
(駄菓子屋さんのおばさんはもう80半ばで介護を必要としているし、私の顔と名前も一致しない。)

最近は雌だけ手術して黙ってそのまま猫さんを放置していく。
なかなか貰われないから仕方なく・・・なのかもしれないのだが、野に放たれた猫さんを誰が面倒をみていくのかそんな事には一切配慮がない。

二年半前は♀一頭と♂二頭で、雌だけが手術してあった。
♀一頭と♂一頭はどこでどうしているかは判っているけど、真っ黒な巨大な♂はたまに姿を確認できるだけ。

今回は♀二頭で、お耳カットがあるから多分避妊手術済み。
一頭は白で薄汚れてある程度年を取っている子で、もう一頭は茶白で若い子で結構大柄。

猫さんたちは遺棄されるまで全く人の手が入っていない猫さんたちではないのね。
今回の茶白の猫さんなんか煩いほどににゃ〜にゃ〜泣いて、お腹をすかせて黒ママやめ〜ちゃんを押しのけるようにご飯を貪るし。

め〜ちゃんは怒るし黒ママは逃げる。

私は俗に『老人』と呼ばれる年代で、しかも今は体調不良で余分なお金もない。
なのにこの猫さんたち二匹をどうせよと言うのかしら?

あのお耳カットは多分あの病院だろうと思うけど、一応電話して先生ではなく管理団体の方へまず相談してみよう。
センターにも相談するわ。

そして猫さんを遺棄するのは犯罪なので、警察にも届けようと考えている。

ぐるちゃんも捨て猫だった。
2012年の4月で、警察に届けセンターにも届け(遺棄だろうと思ったけど)迷子ナンバーも取ったわ。
結局はウチの子にしてしまったけど・・・。

IMG_20190604_125050783.jpg


すぐにくっ付くし。

IMG_20190604_221422643 (1).jpg


狭い箱にミチミチに入って、みんなを楽しませてくれてはいる。

ウチは狭いし、勿論リッチでもないけど、ぐるちゃんに関しては公園で生きていくよりウチに居た方が絶対に良いだろうと信じている。


TNRのRは単純にリリースではなくリターンだと思っていたけど、捕まえた人は手術を済ませれば、適当に何処かへ放しても許されるのかしら???

私はどうすべきか、ご意見を頂きたい。





posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

嬉しいからお裾分け

連休も明日で終わり。

特別どうってことなく私は普段通りの生活で。
昨晩は寝落ちしてしまって・・・少し明るくなってからもう一度寝なおしたり。

大人だけの生活だからまあどうってことなく、明日はせめて衣類の整理を終わらせたい。

image1.jpg


コロ助くん(アナベル・あ〜ちゃん)。

赤ちゃんが後から生まれて、まあ本当にどうってことなくちゃんと一緒に生活しているのね。
まったくもって嬉しい限り。

image2.jpg


ほうら一緒にTVを見たり。

image3.jpg


お尻尾の毛繕いまでしてもらって。

コロ助君の所はおじいちゃまやおばあちゃ間も一緒で、皆様の配慮あってのことだろうけど、人間がそれなりに配慮すればこうやって赤ちゃんが増えてもちゃんと生活が成り立つ。

しいふぁ君もそうだし、基本の飼い主さんが猫と赤ちゃんとの生活にそれなりの配慮があれば・・・どちらかを邪険にするなんて事はないのだと思う。


別にずっとブログを書いていらっしゃる方がいらして、本日私の所から貰ってもらったボン君は何と16歳になったのだそうだ。
まったくもって驚きだわ。
生後二ヶ月ちょっとだったから、あれから16年近くも経ったのだなんて!

16年ねえ〜、大変な年月を過ごしてきたものだ。
これからの16年なんて多分ないだろうけど、まあ時を大事に過ごしていきたい。

コロ助君だってもう6歳・・・。


☆都内でまたパルボが発生中。
新型のパルボだなんて騒いでいらっしゃるけど、症状の出方は色々なので、実際には検査機関に血液を検査してもらわねばパルボウイルス感染の有無は確定できないので・・・新型かどうかは疑わしいけど、兎に角(特に)幼い猫さんは命を無くす事が多いのだから、人間が細心の注意を払っていかねばならないのだと思う。

ウイルスは目に見えないけど、安易に知らない猫さんと接触しない事。
譲渡会のはしごや猫カフェで出かけるなんてのは愚の骨頂である。

空気感染はしないのだけどお洋服やお靴に付いたウイルスでさえも感染源になりうるのだと言う事をお忘れなく。






posted by みいしゃ at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

今年の連休はお天気に恵まれないようで、夕方から早くも雨がポツリと。
明日は終日雨だそうで、嫌だな〜と思っている。

折角外壁が綺麗になったし、家の中の整理整頓にも頑張りたいのだが、一旦暖かくなった後の今の気温では、なんだか寒くって動きたくないの。
遊びには行く元気がないので、本でも読みながらぐうたらしたのだが・・・。

終日雨と言う事でお庭の対処はしておいた。
枯れた葉っぱを取り除いて、必要な肥料を施して。

バラが不良。
今から蕾があがるのかどうか判らないけど、根元に土を足したりして今年の今後の健全な発育を促したの。

さんざん踏みつけられていた茗荷の生える場所は、数は減っているけどツンツンと茗荷が出始めている。
出窓の下なのだが、これを機会にお庭の通路をもう少し確保すべく整理した方が良いかも。

昨年の庭師さんの手入れがまた今度復帰となる庭師さんの手入れと違ったせいか?足場のせいで風の流れが変わったせいか?あるいは天候不順だからか、今年はお花の付きが悪くってただただ鬱蒼と緑だけが増している。
一つ思い当たるのは肥料を有機肥料から化成肥料にシフトしてしまったせいかも・・・。

もういろんなものを増やさないのだから、今ある物をきちんと育ててあげたい。

IMG_20190428_105637879.jpg


Aさんのレモンの木。
今年も蕾がいっぱい!

IMG_20190428_105646253.jpg


もうすぐ小さな白いお花が咲く。

そしてすぐに小さな実がお花の数だけ付くのだが・・・全部実らせる訳にはいかないので、庭師さんが寄って適切に摘果。

何かの柑橘との交配種だそうで、丸みを帯びてオレンジ色がかった実が実るの。
皮が薄くってジューシー。

いいな〜羨ましいな〜なのだが、ウチには植える場所がないので、よそのお宅のレモンを愛でる!






posted by みいしゃ at 00:08| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

夏日

東京は夏日だったのだそうだ。
うん、確かに・・・友達は半袖のTシャツだった。

でもこのくらいが私にはありがたい。
動き回るには不適だったけど、のんびりしたので体調の回復を感じるし。
なるべく元気に動き回りたいわ。

58379536_2152475918120991_1597865105561747456_n.jpg


富士山。
あ〜たまを雲のう〜えに出し・・・。

58378125_2152475878120995_3793066063558606848_n.jpg


娘は無事台湾から帰ってきて、家に寄って別の荷物を用意して、今度は仕事で大阪へ出張。
雲・雲を下に従えた富士山もなかなか素敵だと思った。

ええっと娘の本日の移動距離は・・・台北から成田、自宅へ寄って、今度は羽田から関空へ。

元気で宜しい。
ぐるちゃんも元気よ!





posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

花茎切り

暖かかったし、なんとか本日中にクリスマスローズの花茎を切ってしまいたかったのだが・・・。
鉢がギッチリ過ぎて結局鉢の移動がままならず、もう少し時間がかかる。

今日は道路側のお掃除もお当番だったので頑張ったわ。
(暫くしか立っていない・歩いていないのにやはり足が不調なので、根をつめての作業は出来なかった。)

花海棠がはらはらと散っているので、掃いても掃いても全部は掃ききれなかったけど、これは桜同様仕方がないのだと思う事にした。

昨年突然マンションの管理組合側でお願いする庭師さんが代わって。
大きく伐採した木も多いからか、ドウダンのお花はほんの少し&ツバキサやザンカもお花はほんの少し。
そしてヤマボウシはこれからお花が咲くのだが、少ないわ〜。

都会の限られた空間だから野放図に伸ばす訳にもいかないけど、来年に期待するしかない。

IMG_20190413_182315640.jpg


MUJIの人を駄目にするソファは猫も駄目にするソファ。
ただし猫さんに因る。

IMG_20190414_230059922.jpg


ぐるちゃんは大好きなの。

人間も使うからか、なんだかちょっとヘタって来た様な感じ。
ビーズが足せると良いんだけど、多分無理で買い替えしかないかも。








posted by みいしゃ at 00:17| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

気温up

私の好きな桜の木

IMG_20190404_134500980.jpg


車の通る・片側一車線の道の際に一本だけ植わっている。
上部には電線や電話線やらがいっぱいになって無粋だけど、道路側への大きく枝を広げて実に堂々とあでやかで。

IMG_20190404_134543411.jpg


一体いつから此処に居るのやら・・・。

しか〜し、此の札もなんとかもう少し味を持たせられないものかしら?

IMG_20190404_134500980 (1).jpg


電線も建物も入らないように切り取ってみた。

桜さん、あなたは素敵です。
私より年上?
今年はもう少し早くあなたのお花に会いたかったけど、私ったら寒さに負けていたし、あのひどい事件のせいの黄色い規制テープが嫌だったの。


IMG_20190404_194208196.jpg


ぐるちゃんは元気。

綺麗な目の色は写せなかったけど、お髭もなかなか立派で宜しい(笑)。

☆明日は今日よりまた5℃ほど気温があがるそうだ。
例年なら春〜夏にかけて体調は良くないのだが、今春の寒さは堪えた。

暖かさが嬉しい。





posted by みいしゃ at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

曇天

ぐるちゃんはのんびりなのか?怠惰なのか?

IMG_20190226_220636365.jpg


まあ家の中限定だけど好きな様に動いて、ご飯もお水もちゃんとある。
ブラシもかけるしシャンプーもして、獣医さんと相談しながら必要と思われる医療行為も施している。
勿論トイレもあって、排泄物の確認のため私自身がお掃除もするわ。

こんな事(シャンプーは別として)猫さんと暮らすのなら、当たり前の事だと思っていた。
だから保護猫さんをご希望者さんにお渡しする時には、こう云った事がお出来になるのかどうかを一つの譲渡判断基準としている。

猫さんが満たされていれば、人を信頼してよく馴れてくれるから、猫さんと人間は楽しく暮らしていけるのだし、普通はそんなものではないかしら?

預かり猫さんの場合も同様で、年齢や身体の状態に因って移動には制限をかけるからケージを利用したりもするけど、心身の状態が整えば自分の飼い猫と同じである。

今福島で問題となっているのは一人の人間が一軒家で100頭もの猫さんたちをお世話していた事。
ハウス型シェルターと言うのはご自分が一緒に暮らしてお世話する・だからご自分の生活をも寄付で賄いたいと言う事らしい。

自分が出来ない事を此の当事者の方が代わってやってくださるのなら、生活費もみんなで負担すれば良いじゃない?なのだろうけど、まずこの根本が私とは違う。
私は自分の生活は自分で何とかして余力を猫さんがハッピーで暮していけるようにすることだと思っていたので・・・。

ネットの情報は玉石混交なので、受け取る方がご自分で判断していかねばならないのだが、その中で一つで★拡散シェア希望★となっていたので、それをご紹介しておきたい。

あちこちのブログなどで画像は共有されているようで同じようなものばかりだけど、これが事実なのだろう。

普通は猫さんがハッピーになって欲しいと願うものではないかと思うのだが、それを実現していくために何をどうしていくのが良いのか、人間個々で考えも違うので、私自身からはああして欲しいこうして欲しいと言う事は言えない。

ただ嘘はつかないで、今は多分ご病気なのだろうから、治していけるように・・・とお願いすることから始めたい。

とっても抽象的で駄目だな〜とは思うけど、これが今の私の限界かも。






posted by みいしゃ at 15:49| 東京 ☁| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

気温は上昇、心も暖かくなりたいのに・・・

朝電車が止まっていて、尚且つほんの少し雨だったので、自転車で通勤する娘を心配していた。
でもね、雨はほとんど降らず日中はお日様いっぱいでぽっかぽか。

で、頑張って阿佐ヶ谷のお茶屋さんへお茶を買いにでかけ、帰りはコジマに寄ってウエットも少し買って。
ホームセンターにはないものが買えるので、ごくたまに・・・。
ほぼすべてがお外猫さんの物。

公園の黒ママちゃんが今一つ食べが悪いもので、何か好みの物を探そうと思った。
此の子は絶対にお肉系。
昔『トラ』のお肉ご飯を盗んで命を繋いでいた子なので、そのせいかお肉系が好き。

もう16歳のはずなので、好きなものはしっかり食べさせてあげたいから。

本当は出会う子たちみんなを家猫にしてあげたいのだが、私にはそんな事は出来ないので、増やさない事飢えさせない事、それだけは何がなんでもやりぬこうと思っている。

公園は黒ママと娘猫のめ〜ちゃんの二匹だから、なんとしてでもあの子たちは・・・。

あ〜それなのに、飼い猫のシャムミックスのダンくんが冬になってからやっとお家に落ち付いているようだったのに、今日の様に暖かくなったら、また出入り自由になったようだ。

私はよそ様の飼い猫の責任はとらないのよ。
何度もお話をしてお家の中で過ごす様にとお願いしてきたけど、どうしてこう云う風になさるのか?本当に判らない。
事故にあったら可哀そうだし、他人に迷惑をかけているとはお考えにならないのだろう。

私は年をとったし、身体的にも経済的にも自分の出来る範囲の事しかしたくないの。

IMG_20190224_215136326 (1).jpg


ウチにはこんなどら猫が居るのだし、飼い主さんたち、出入り自由にすると言う事は、ご自分の責任を放棄してしまっているのだと言う事をお忘れなく。

遊歩道だって、『ウチの猫が太るから、ウチの猫にはご飯をあげないで』なんて言いに来る小学生もその親御さんたちも、私は嫌いなの。

私はお付き合いをする猫さんは、ぐるちゃん以外は飼い主の居ない猫さんだけよ。


☆私は部外者なのだが、とてもショッキングな出来事を知ることになり、とても心が塞いだ。

aihamalteseのブログ

人間が一人で100頭もの猫さんのお世話は絶対に出来ない。
猫さんが哀れだと思う。


一班社団法人が3年も前に破綻していたのに、延々と昨年末まで手続きがなされていなかった&貴重な支援物質が賞味期限が切れたりしたまま管理できていなかった・・・って当たり前じゃない。

私はしつっこく福島の猫さんの状況をaihamaltese(Hさん)のブログで追跡していた。
今回の当事者さんは早い段階であまりにも『辛い辛い』との訴えが私には辛くって、フォローは止めてしまっていた。








posted by みいしゃ at 00:32| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする