サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2015年05月28日

癲癇発作

前回が4/25。
で、今日。
昨日何だか様子がおかしくって食欲も減退で、口腔内が気持ち悪そうだったので、ジアゼバムではなくてステロイドにしたのが凶と出たのかもしれない。

本日息子が休みで、私は階下にいて「ある」は二階。
息子が気付いて私を呼びに来た。
急いで駆け付けた時にはすでに痙攣は止まって呼吸も戻っていたのだが、涎の痕があったので、いつもの様に呼吸が停止していた時間はあったはず。

蒸しタオルを作ってご飯を用意してお運びして・・・
いつもの様にしっかり食べたのを確認してから、涎跡等を始末して、ふと見たら「ある」はすでに階下へ降りていた。

大丈夫だな〜と思ったものの、様子を見に行ったら、折角食べたご飯は全部吐いてあったの(涙)。
明日の通院を今日にする積りだったのに、私がばてて行けなかったのが敗因かも。

その後は落ち付いているから重積発作にはならないだろうけど、補液等の追加も兼ねて絶対に明日は通院しよう。


お隣の住民が代わってから、朝は6時過ぎ〜8時までと、夕方6時以降10時過ぎまでが、実は魔の時間になってしまった。
ウチとそして反対側のお隣は大人だけの生活だから、多分感覚的に音がどういった風に響いているのかが判っていらっしゃらないのだろうと思う。

固いボールが床に跳ねる音、階段を走り抜ける音、途中に挟まるバ〜ンというドアの音など、特に朝の連続二時間は・・・辛いの。
坊ちゃんお二人だからこんなものかもしれないけど、せめてボールは止めてもらいたい。

日中はお仕事に学校に保育園にと全員がお留守の様で、物音一つせずに静かなんだけど・・・。

☆ドーベルマンって利口なワンコさんで、私が知っている子たちは全員飼い主さんの言う事は聞く。
サイズ的には大きいから、いえ大きいからこそきちんと制止が出来るべきだと思う。

生まれるたびに仔猫を殺していたおばさんは言語道断。
一度避妊手術さえ施してもらっておけば、こんなバカげたことにはならなかったのに。
何が飼い猫だ・・・って。
猫さんはおもちゃではないと思う。



posted by みいしゃ at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

癲癇発作

P1040697.jpg


「ある」が発作を起こしたらしい。
らしいって言うのは・・・

昨日強風、今日は穏やかでぽかぽか、明日は雪が混じるかもと言う予報で、だからお洗濯ものをもっと洗っておこうかと。
それをベランダに出しに行って戻ってきたら、まさに爆食を始めたところだった。

急いで別のご飯(スペシフィック・FKWウエット)を出して「ある」の居た場所を点検したら、床に涎の跡があった。
そして手が少し汚れていたから、お口の中から少し出血があったらしい。

やはり昨日の食欲不振は今日の発作の前兆だったのね。
でも今朝は少しだけど食べて、キドナ+セミントラも飲んでいたけど・・・。

発作時は私が傍にいても安全を確保するしかないのだけど、ほんの暫くの間に発作を起こし回復して、さっさとご飯に向かったのかと思うと、なんだか哀れで私の方も辛かった。

スぺフィックは前のタイプだからアルミトレイ一つが150gで、半分はペロリとたいらげて、少し落ち着いてからキドナも10g。
その後は落ち着いているので、重積発作になる事は無いと思っている。

前回の発作が1/15だったので、一ヶ月ぶりと言う事になる。
昨日おかしいと思っていたのだから、せめてセルシンを飲ませておくべきだったのだろう。

リビングで寝ている時は、何処にいようとも、そこから落ちてしまっても、頭を打つような事は無い様に、それだけはぬかりは無いけど、発作前にもっとはっきりとしたサインを出してくれないものかしら?と思う。

老猫さんの癲癇発作は老化現象だと思う。
勿論全部の猫さんが癲癇発作を起こすようになるわけではなく、実際「みしゃこ」も「ちゃあ」も起こさなかった。
慢性腎不全も老化現象の一つだと思う。
診断がついても療法食などで食べ物の身体への負担を減らしたり、心臓のお薬とか血圧のお薬、そして血中の老廃物を薄めるための補液・・・結果貧血も起こりうるし、完治は無い。

せめて強制給仕を受け付けてくれるなら、またなんとかやりようもあるのだが、「ある」に関しては全く駄目で、自力で食餌を食べてもらうしかなく。
食べなければ生命維持はできず。

でも「ある」が今の状態を苦しんでいない内は、穏やかに過ごして行って欲しいと願っている。

P1040695.jpg


後ろ足の爪が伸びている。
引っかからない程度に切ろうね。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

癲癇発作

先月は三日ほど連続して。
それがお誕生日の15日から。

その後は落ち着いていたのだが、本日久々の発作を起こした。
今日は26日だから一ヶ月以上無事に過ごしていたのに。

郵便局、お花屋さん、銀行を回って二時間ほど家をあけていた時の事。
私が帰ってきたときには発作から覚めて、爆食中だった。

失禁はなしで、床に置いてあったクッションの端っこにちょこっと血が付いていた。
これはたぶんお口の中を軽く傷つけたのだろう。

どの程度のどういった発作だったのか全く分からないけど、しっかり食べて落ち着いているから、先月の様に日をまたいですぐに、と言う事は無かろうと思っている。
ブラシをかけてあげると低くごろごろ言っているし。

でも久々であればそれなりにまた・・・私の方がショックでねえ。

P1040631.jpg


表情も悪くはない。
自分で階段等も平気で上り下りしているから・・・
大丈夫だと思いたい。


☆明日は今年最後のミグノン譲渡会
今年の子は今年の内に・・・っていつもそう思っているけど。

文ちゃんも年をまたぐ。
良い子なのに、私があの子の魅力を伝えきれていないから、ごめんね。

あ、ガスコちゃんが明日お見合いだわ。
女の子の先住猫さんが二匹と言う事で、でもしっかりと自己主張が出来たら良いな〜!



posted by みいしゃ at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

痙攣

さっき私が見ている目の前で、「ある」が痙攣した。
いつものように特に前触れは無し。

10/13日以降は?
一度もなかったのかと自問すると、今月2日に朝起きると猫ご飯の入れ物が全て空っぽになっていたから・・・
あの日も私が起きる前に痙攣を起こしていたのだろう。

となると、間が二週間空かなかった事になって、今月が二回目。

15秒ほどでちょっと長いかな〜とは思ったけど、回復はいつも通り速やかで、すぐに爆食。
FKW(旧トレイ)を半分で75g+ドライフードを大匙いっぱいほどを全部食べた。

癲癇発作と言おうか、痙攣なんて起こさない方が良いに決まっているのだが、「ある」の場合は重積発作になる事はないので、特にお薬は使わず経過観察のみを続けている。
『なんでこうなるの〜?』と突然の不調に「ある」が戸惑っているのは確かなのだろうけど、持続して抗けいれん薬を使う積りは今はまだないので、意識の無い時に怪我をしない様に、それだけは十分配慮したいと思う。

P1040512.jpg


これは今さっき。
左目に目やには付いているけど・・・

P1040515.jpg


ほっぺも小さくなって痩せているけど・・・
可愛い可愛い大事な「ある」には変わりない。



posted by みいしゃ at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

痙攣

気持ちよさそうに寝ていたのにふっと眼を覚まし・・・
あ、起こると判った。

察知してもどうにもできず、ただ見守るだけで。
かなり強めかなと思ったけど、呼吸はすぐに戻り、意識がはっきりするまでもほんの数分で、今日は冷たいタオルでお顔を拭いてあげた(涎はほんの少し)。
その後はご飯処へ直行したので、この時とばかりにウエット&ドライフードともに腎臓食にした。

夢中だから・・・ドライフードをたまに噛む音が聞こえて。
その後はいつも通りで気持ちよさそうに眠っている。

P1040391.jpg


7月の最終が23日、8月に入ってからが5日、そして今日が21日。
「ある」は癲癇発作は起こすものらしいけど、獣医さんは連続しての投薬にはまだ躊躇なさっているから、私はさらに様子を観察してしっかり報告をしなければと思っている。

P1040394.jpg


もぞっと動いたと思ったらちゃんと寝がえりもうって。
ひじ掛けに持たれていると変に隙間が空くのでは?なのだが、「ある」の下にはぎっしりと綿の詰まった『あごマクラ』があるので、体重はちゃんと分散されているのだと思う。

P1040395.jpg


ぐるちゃんは此処。
リビングでは此処が良いらしいので、そのまま放置。

「ある」の発作は重積にはなった事がないけど・・・
どうしたもんかな〜と。

あまりの暑さに通院も躊躇中。
この今の猛暑が落ち着いたら、尿検査と血液検査をしてもらおう。

10288720_652780008150586_7211818986342765742_n.jpg


ガオ〜〜〜。
襖、こんなに破ったのね?






posted by みいしゃ at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

湿度

東京は昨日と比べて何が違うの?
湿度ってこんなに気温の感じ方に影響を及ぼすものかと思った。
今日は暑いながらもどうって事はなかったもん。

でも「ある」がまた痙攣発作を起こしてしまった。
割と元気でご飯も食べていたのに、それでもこういった症状が出て、結局だんだん衰えてしまうのかな〜?
と少々どんより。

大体が久々に早朝に緊急地震速報の音で起こされ、緩〜いやや長い揺れは地震なのか眩暈なのかって。
ウチは大人だけだから、猫二匹の無事さえ確認できればまずは安心。
その後も何事もなく午後からのゆったりと落ち着いたお昼寝を確認していたのに突然の痙攣で、しかもちょっと長かった。

痙攣を起こしたのが夕方4時過ぎだったので、5時からの診察時間に合わせて通院してお薬の相談。

そして痙攣発作後はいつものように食べていたのに、夜になって吐いてしまい・・・
でもまあキドナは飲んだし、ちょこちょこと食べているので、今晩の所はこのまま様子見にすることにした。

暑さも痙攣の原因になりうるとの事だから、緩くエアコンは付けておくことにしよう。

「ある」の痙攣=癲癇発作はいつもぐっすりと眠っている時に起きるから、椅子やベッドで眠っている時も周囲に頭をぶつける様な危険さえ回避しておけばまずはなんとか対処できていると思う。
階段を転げ落ちる様な事はないはずなのだが、万が一に備えて余分な危険はないように配慮したい。

で、明日はミグノン譲渡会だけど、鉄粉さんたちはお腹に虫が居たのかしら〜?
ごめんね、ちゃんと検査して対処してあげられなくって。
多分明日は譲渡会への参加はない様だけど・・・自分のお家が早く決まればいいわね。


続きを読む
posted by みいしゃ at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

7/6日曜日

今朝4時過ぎに「ある」が癲癇発作を起こした。
私と一緒に寝ていたのですぐに気付いて・・・
前回の軽い発作が6月18日だったので、今回は二週間と少ししか間があいていない。

昨晩は特別変わりは無くご飯も割と食べた方だし、どうしてこんな風になるかが全く分からないので対処のしようもない。

発作の後は・・・正気に返るとすぐに「食べなきゃ」と言うのは変わりないので、ドライフードだけを出してみた。
食べる、ほぼ丸飲みだけど。

で、食べ終わって自分で身繕いをすると、お水を飲んでみたり、トイレに行ったりとごく普通。
そしてその後はリビングでのんびりしていた。

私の方は昨晩は寝つきが悪くうつらうつらしていた挙句だったので、午前中は使い物にならず、猫さんたちをぼ〜っとみていただけという体たらく。
まあ良いわ、日曜日だもん。
明日からまた頑張ろうと思う。


☆鉄粉姉妹とネジ君を本日全員シャンプー(してもらったの、娘に。)
この兄弟もシャンプーは全く平気。
好きではないようだが、誰も暴れず声を立てる事もない。

足音だけは実に高らかだ。


続きを読む
posted by みいしゃ at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

あ〜〜〜

何故か頭が痛くなるし、強い風は嫌いなの。
バラなんてお外でなければ自然の恩恵を受けられないのだが・・・程々の風が良いな〜と思う。

P10301371.jpg


やっと切ったアーグチフォリウス(=コルシカス、立木のクリスマスローズ)。
もう来年のための葉っぱがかなり伸びていた。

P1030138.jpg


種もいっぱい付いていたのだが、それを採取保存してもその後の根気がもうないから・・・
もっと早く切ってあげるべきだったな〜と思う。

ウチのお庭は私がなんでもどんどん植え過ぎて、鉢もいっぱいあるから、今年もまた獣道を残してもっさもっさになりつつある。

柏葉アジサイのスノーフレイク&ハーモニーにも花芽がいっぱい確認できるようになってきているが、今年はお花が見ごろになったら、さっさと切って・・・空間を大切にしたいな〜と考えている。
・・・って、いつも同じことを言っているわね〜(笑)。

やれやれである。
シンプルライフを目指していかねば。



続きを読む
posted by みいしゃ at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

9日目

「ある」がまた痙攣した。
4月に入って初めて&前回が3月28日だったから9日目と言う事になる。
今日は朝からあまり食欲なく怪しいかな〜と思っていたの。

「ある」は椅子の下のベッドの中で、あ〜ちゃんが椅子の上だったから、異変に一番に気付いたのはあ〜ちゃん。ぐるちゃんもすぐに駆け付けるけど、何が出来るわけでもなく・・・。
発作はすぐに終了。

発作の後には食欲中枢がどう刺激されるものやら、「ある」は生気付くとすぐにご飯の場所へ向かう。
ドライフードなんか丸のみ。
ひたすらパクパク。
途中でウエット(腎サポ・トレイ)を足して、さらにアニモンダも少し足した。

P1030056.jpg


「もうお腹いっぱい・・・眠い」・・・。

ほんの10秒、されど異常な10秒。
「ある」の場合は寝ている時に起こるので、何処で寝ているかが大事だと思う。
今の所は、あ〜ちゃんのケイジの上に置いているベンチで寝ている時だけが要注意で、落下して頭を打たない様に、床には毛布を敷いておくことにした。
人間様のシングルサイズを半分に折ってだが、多少の緩衝材にはなるだろうから。

今年に入って急に老化が進んでしまった様に思う。

P1030058.jpg


じょーやんちゃんの残した貴重なキドナを頂いてしまって・・・。

「ある」が大好きなものだから、先日友達の食欲不振で腎機能の衰えた猫さんにお試しにあげたのだが、たっ君は見向きもしなかったそうだ。
猫さんの好みは色々で難しいわね。

ぐるちゃんは元々抱っこが嫌い、でもスリスリは出来て、私が横になっているとくっ付いてヘソ天で眠る。
「ある」は私にべったりだったのだが、傷を負うて以来全く私に寄りつかない。

「ある」の頭の中に変化が起こっているのは確かなのだが、「ある」は「ある」。
私はちょっと寂しいけど、「ある」がそう望むなら、そうしているのが良いのだろう。



㝒←これ何て読むのかしら?ぐるちゃんがキーボードに乗っかって勝手に打ったようなの。
posted by みいしゃ at 23:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

あ〜あ〜

昨日書いたのに・・・
「ある」が今日痙攣発作を起こした。

ほぼ4週間はあいたけど、やはり治まったわけではないのね。

今日は高気圧に覆われていたし、低気圧が近づいて来ていたわけでも無し、朝はきちんとご飯を食べたし。

発作は珍しく午後二時半ごろだった。(いつもは夕方〜夜)
すぐに治まったけど、お口の所を拭いたら少しタオルに血が付いたから、ちょっと傷つけたみたい。

直後に食欲全開。
腎サポススペシャルをまる飲み込みでいっぱい食べた。

頻度的には・・・様子見でこんなものらしい。
「ある」も辛ければ、見ている人間も辛くって・・・。

呼吸はすぐに回復するので、痙攣後の涎はほんの少し。
失禁は無し。

気持ちよさそうに寝ていて突然だから、私はなす術なし。

危険がない様にする事、まずはそれだけ。

続きを読む
posted by みいしゃ at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

土曜日まで

お日様はちゃんとご機嫌なのに、とっても冷え込んでいる。
家の中に居る間は良いけど、外の寒い事ったら。

雪で萎えたクリスマスローズは気温が低すぎてまだ完全回復には遠い。

こういった低気温が続くのが土曜日までとか。
しかも土曜日はまた昨年の様な積雪が・・・って。

私のクリスマスローズはほとんどが鉢植えなので、夏には直射日光の影響がない場所に移動して、今のシーズンにはまたお日様の恩恵が受けられる様に移動し直している。
それは時間をかけて少しずつの移動なので、土曜日に向けて明日だけで・・・なんてのは無理。
もうすぐに花開きそうに背丈を伸ばしている物にだけでも、傘でもさしてあげられるかしら〜?

そして、今怪我でただでさえ不快な思いをしているであろう「ある」がまた癲癇発作をおこした。
夕方6時少し前。リビングには私しかおらず、TVもCDも付いておらず、私はお茶を飲んでいた。

カタカタと音がしたので振り返ると、今まですやすやと寝ていた「ある」が倒れていた。

痙攣して居た時間は今までよりちょっと長かったので、そのまま息が止まってしまうのではないかと、私の方が震えそうだったのだが、痙攣が止まるより先にゼェゼェと大きく息が復活した。

暫くは横になったままだったが、呼吸が正常に戻った所で抱いてバスタオルの上に移動して、そっとお顔を拭いた。
失禁は無し。
その後はまた食欲全開。

確かに今日は大人しかった。
でもご飯もちゃんと食べていたし、他には目立った変化はなかった。

今年に入って、1月が13日と、18日は軽く。そして今日が2月6日。
まだ何もお薬ははじめていない。
今は毎日通院中だから、明日は獣医さんに報告するけど・・・。

20140206.jpg


落ち着いてしまえばいつも通り。
あ、あ〜ちゃんが起きてこっちを見ている・・・。

「ある」の発作時には、あ〜ちゃんはケイジの中で、ぐるちゃんは「ある」のそばで寝ていただけ。





posted by みいしゃ at 23:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

痙攣

ごっちゃごちゃ。

sanbiki.jpg


最初は「ある」で次に「ぐるちゃん」がくっ付いて。
最後に「あ〜ちゃん」。
だから起きているのはあ〜ちゃんだけで、ぐるちゃんをアガアガ。

まあなんと平和な・・・なのだが、昨晩「ある」がまた痙攣した。

前回が12月15日だったから、一ヶ月未満での発作(?)と言う事になる。
今回も時間は10秒ほどで短いのだが初めて失禁した。

苦しんでいる時に手を出すとさらなる痙攣を誘発する様な事もあるからと言う事で、危なくないよう見守っているのだが、これは辛い。

今回は治まってから・・・あ〜ちゃんが譲渡会へ行く時に使ったキャリーが手元にあったので、「ある」を其処へ入れて、その間に急いでお掃除。
それから蒸しタオルで身体を拭いて。
その頃にはもう元通り。

コロナウイルスの抗体値が高いから、そのせいの神経症状と考えるのが妥当だと獣医さんはおっしゃるのだが、加齢による「てんかん」と言う場合もあるそうで、原因が判っても治療は同じで、月一位ならお薬の連続投与はしない方が良いとの事。
・「ある」の場合は全く前兆なしで、気持ちよさそうに寝ている時に当然始まる。
・時刻は、必ず夜。
・その前二、三日はちょと食欲が落ちているかな〜と感じる。
・室温などには気を付けているから、酷く寒くも暑すぎる事もないはず。

発作が終わると凄い食欲で、療法食(ドライフード)だけでもがつがつ食べて、いたってご機嫌で階段を駆け上がって娘の部屋に行ったりもする。
そして私のベッドにもぐりこんですやすやと一緒に眠るの。

獣医さんは火山の爆発みたいな物と思いなさいとおっしゃって。
何かうつうつとした物がたまった時にある時点で爆発して、それが痙攣だと。
爆発してしまえば必ず落ち着くと。

爆発頻度が高い場合、または持続時間が長くなっていくと、その間は呼吸が止まっているので・・・持続して投薬が必要となる、と説明を受けた。

はあぁ〜とため息なのだが、どうしたもんかと悩んでも仕方なく・・・。
お勉強しよう。
「ある」が穏やかに過ごせるように・・・。




posted by みいしゃ at 22:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする