2020年02月10日

君の名は?

クリスマスローズがどんどん咲いてきている。

IMG_20200210_104521453.jpg


ウチはお庭が狭いのでほとんどを鉢管理して程々のサイズのものは移動してお日様の当たり具合を調節している。

クリスマスローズの花色・お花の姿かたちは人間が交配を繰り返してきたことで信じられないくらいいっぱい存在して。
沢山の育成家さんがあるものにはオリジナルの名前を付けて、そのクリスマスローズがお好きな方々の間で実に高額で取引されている。

私が買い求めるのは500円くらいからのもので、ほとんどが無名の名前が特別付けられていないもの。

野田園芸さんのものが多いのは、栽培所が自転車ですぐ行けるくらい近くって、なおかつ本当にお世話をしている野田さん(息子さん)や栽培をしている方々に直接お会いできるから。
そして野田園芸さんのクリスマスローズはSS(シングル)SD(セミダブル)とか他に花色などで区別はつけてあるけど、クリスマスローズはクリスマスローズであえて特別な呼び名がつけてないから。
つまりブランド化されていないの。

言い換えれば商品のほとんどはJAを通じて卸されているので、私たちは知らないうちに野田園芸さんの育成苗を手に入れているっていう事。

栽培農園で一般に開放されているのは一つの温室のみ。
でもそこには100鉢をゆうに超えるクリスマスローズが販売対象にされていて、私はその中で私に微笑みかけてくれるもの=私の好みに合うものを選んできている。

時にはまだ手入れが終了していなくって、初花は咲いていても根本はゼニゴケで覆われていて次のシーズンのわき目が見えないものもあるので、「これが欲しいけど、わき目はありますか?」とお尋ねして・・・その場でゼニゴケを払って「二つありますよ」というお返事を信じて持ち帰っている。

以前は種を蒔いたり小さな苗を買って育てたりもしていたけど、何しろ種を蒔いてから3シーズン経たないとお花が見られない植物なもので、もうそんな悠長な時を待つのはできなくなった。

それに同じ交配をして出てくるお花は同じだとは限らないし。
だからクリスマスローズのお花を楽しみたいなら、まずは開花しているものの中からご自分のお好きなものを選ばれたら良いのではと考えている。

IMG_20200210_134956308_HDR.jpg


白のセミダブル咲き。

IMG_20200210_113730659_HDR.jpg


白のダブル咲き。

この二つは親が同じだという苗を二つ買って育てたら、一つはセミダブル、もう一つがダブルで咲いたわ。
撮り方で色も違って見えるけど、色は同じで白。

IMG_20200210_113540558_HDR.jpg


大きなテラコッタの鉢に植えこんであるので、こんな感じでいっぱい開花中。

植え替えもせず放ってあるけど、毎年こんな感じで咲くって・・・丈夫で美しいものだと思う。


☆新型コロナウイルスのわけのわからない情報は本当に訳が分からず。
なるべく正しいであろう情報を信じていくしかないのね。

ちょっと草臥れたし、昨日から私は風邪気味。
さっさと治したい。


posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]