2020年02月09日

冷たい中で自転車に乗ると涙&涙。
ドライアイよりはずっと良いそうだけど、これはこれで困りもの。

ポケットティッシュを持参してそっと拭う程度。
冷たさが刺激になっているのだそうで、特別異常なことではないとの事なのだが、なんと涙で自分の肌が荒れる。
老化なのかも・・・。

1581155293470.jpg


ぐるちゃんは8歳でまだまだ若いと思っているし、日々観察していてもあまり衰えは感じていない。
寒い冬を乗り越えていくにはこれで良い。
むっちむち。

でもお外で暮らさざるを得ない猫さんたちはとても元気そうに見える猫さんたちでもかなり寒さには堪えている。
体調の良い子はこのくらいの寒さはへっちゃらで、し。水玉ちゃんなんて元気いっぱい。
わあ〜と走っている姿を見ると、本当に驚くほど速い。

ただ休む時は暖かいに越したことはないはずで、水玉ちゃんはハウスがあるけど、め〜ちゃんなんてどこで眠っているのか?いまだにその場所がつかめていない。

そして水玉ちゃんと一緒にご飯を食べている茶トラ君の具合が悪いと今日電話がかかってきた。
蓋付きのトイレを利用したハウスの中に居るけど、動物病院へ連れていきたいから一緒に捕まえて、と。

彼女一人でできるはずなのだが、うまくできなかったらどうしようとプチパニックに陥る人なので、すぐにヘルプへ。

タオルで包む様にしてあっさり捕獲。
今日は時間がなかったので病院には付き添わなかった。

持って生まれた体調なのかあるいはFIVなどのウイルス感染があるのか、茶トラ君だけが弱っちいので、しばらく動物病院で養生してもらわねばならない。
このところ寒いから仕方がないのだけど、夜は湯たんぽでも入れなければならないだろう。

昨日今日のことではないだろうけど、こういう弱っちい猫さんこそ人間のお家でぬくぬくしてもらいたいものね。


☆満月は過ぎているのだが、今日のお月様は冷たい空気の中雲も吹き飛ばされて煌々と輝き美しかった。
あと半月ほど、そこを我慢すればお外暮らしも一山超えるはず。

猫さんも人間も頑張らねば・・・。



posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]