2018年06月18日

災害

関西(大阪・高槻市近辺)で大きな地震が起こった。
なんとまあ自然災害とはこのように唐突に起こり、私たちを苦しめるのだと再認識。

今回は大きな火災は起こっていないし津波もないけど、現地はまだ混乱の最中であろうと思う。
離れている私に出来ることは、正しい情報を手に入れて、何か手助けが必要な場合はそれに応じる事だろうと考えている。

ブロック塀の下敷きになって亡くなってしまった小学生がなんとも可哀そう。
ブロック塀なんて倒れて当たり前だという考えが何故周知されていなかったのか?

東日本大震災の時にはウチの近所でも屋根の瓦が落ちてきたりしたし、私は見なかったけど、隣町(阿佐ヶ谷)ではブロック塀が倒れたりしていて。
だからその後は地震に備えて耐震性のあるものに代える工事をなさった方も多かったのだと思う。

ウチの東側・道路を隔てたお宅では、倒壊は無かったけど、古い塀を撤去なさって、軽いネットフェンスにお替えになった。
前の道路はやはり通学路になっているし、あれで本当に正解だったのね。
お家を立て替えられた時でも古い塀は残してあったけど、奥さまは「スケスケになって恥ずかしいの」なんて言っていらしたけど、風通しはよくなり、泥棒さんが潜む事も無くなったであろう。

災害は起こりうるので、それに向けて日頃からの対処が大切なのだと思う。

P_20180618_191102.jpg

(わざとぼかしてあります。)

この間からずっと気になっていたのだが、これは以前杉並区の科学センターがあった所。
プラネタリウムの老朽化に伴い、更地の戻して今特養施設の建設が始まっている。

杉並区民が全員特養施設を利用できるわけではないのに・・・という思いがあるせいなのか、この前をしょっちゅう通るのだが、なんだかいつも違和感を持っているの。

その一つがグレーの囲いに貼られた横断幕(?)みたいなもの。

右奥には「全工期無災害を達成しよう」と書いてある。
工事現場なのに「無事故」ではなく何故に「無災害」なのか???

左側には「5S」なんやらと書いてあって「しつけ」なんてのもあって。
これに至っては建設会社の宣伝にしかなりえないと思うのね。

なんと恥ずかしいと私は考えてしまうのだが、杉並区はどういう経過でこう云った建設会社を選んだのやら???

おりしも杉並区長の選挙が24日にあるのだが、自分が立候補できるわけではないけど、どなたを選べばよいのやら?もやもや感がいっぱいである。

地震のその後など、利口に情報を収集しましょう。
離れている地域に住んでいようとも、出来得るお手伝いは惜しまずに手を貸していきたいものだと思っている。

(日付は変わってしまっているけど、18日のまま投稿します。)





posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]