2015年07月19日

昨日虹が見えたのだそうだ。

IMG_1745.jpg


友だちが私の携帯へ送ってくれたもの。
虹の橋では、先に逝った子たちが飼い主を待っているのだそうだが、ウチの子たちも其処で元気にしていると思う事にしたい。

私は全くの凡人で霊感なんて全く無し。
亡くしてしまった子の何かを普段の生活の中で全く感じる事は出来ていないけど、魂は穏やかに漂ってくれていれば良いな〜と。

虹の見えた時刻には、公園に居たはずなのだが、その直前に雨に降られて自転車から転げそうになり。
ぐっと踏ん張った足をねじったのか、左足膝の後側の痛みにおろおろとしていた。
「ある」を亡くした事が原因で身体の不調をきざすのでは、それこそ「ある」が嫌がるだろうと思うので、ちゃんと食べよう&眠ろう、普通に生活しようと自身で自分に言い聞かせている。

で、やっと獣医さんに「ある」の事を報告して、補液や針など、使用しなかった物をお返しした。
誰かが使ってくれるはずだから・・・。


P1050032.jpgP1050038.jpgP1050041.jpg


友だちが係った葛飾の仔猫さんたち。

保護後直ちにこちらへ搬送だったので、「ある」のかかっていた動物病院に入院。
いわゆる猫風邪が酷くって、4匹居た仔猫たちは全員失明の恐れがあり、眼球そのものも残せるのかどうかが危ぶまれるほどだった。

一番小さかった子は残念ながら命を落としてしまい、残った三匹がやっと此処まで来た。

本日ウイルスチェックを済ませたので、みいしゃが人間家族を募集開始したい。

シャム風の子のみ♀でキジ白とキジさんが♂。
キジ白君とキジ君の左目に瞬膜の癒着あって、キジ君はその内瞬膜を剥がした方が良いかもしれないとの事。
シャム風の女の子もやはり左目に白濁が少し残っているけど・・・。
視野はやや狭いかもしれないけど、全頭視力はあるし、眼球摘出なんて事はなくなった。

FIV&FelVはマイナス。
駆虫済み。
少しハンディはあるのだが、是非ともどなたかのかけがえのないパートナーになって欲しいと願っている。

ママ猫一匹なら「おじさん」が管理している駐車場に居ても良いのだそうで、その子はTNR済み。

◎どうぞ応援してください。
仔猫たちはすっかり甘えん坊で、グルグルフルフルと人間を信頼しきっています。
お見合いは動物病院で、診療時間内ならいつでも会って頂けます。



posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック