サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2012年10月21日

ぐれこちゃんの事

前回の譲渡会でお申し込みを頂いていたのだが、結局尻切れトンボでウンでもなければスンでもないそうだ。
私としたら・・・お断りならきちんと理由を添えて申し出て下さったらな〜と思うのだが、それは甘いのだろう。

毎週何処かで譲渡会が開かれていて、たくさんの猫さんが参加して自分のお家を探しているんだもん。
猫さんとの暮らしを望んであちこちとお出かけになるのは当然だろうし、譲渡費用にも差があるだろうし、その他にも様々な条件をクリアしなければならにだろうし、そんな事は判っている。

でも断りの場合はきちんと始末をつけて欲しいと思う。

当のぐれこちゃんはそんな事は何も判っていないから、良く食べて遊んで甘えて、ぐっすりと眠って、健康状態は良好で健やかに育ちつつある。
そして長とも花とも仲良しで楽しから、今の所はそれで良いと考えている。

ただね、やはり、自分のお家が決まれば・・・それに越したことはないとも思っている。

☆画像サイズの問題で、一時このブログのデザイン(コンテンツ)が乱れていました。
ごめんなさい。なんとか直しました。

posted by みいしゃ at 23:08| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
逆もあるんです・・・・

譲渡希望で個人情報も詳細に明かし
誠意をもって申し込んで
放置される・・・・

ミグノンさんなどはそんなことはないでしょうけれど
でも、わたしも友人知人も
里親希望したことある人は多かれ少なかれ
スルーされた経験があるんです。

わたしは、募集する側の時は
最後まできちんと対応していましたけど
そうでない人もいるんですよね・・・

里親募集から削除されていて
「あ、決まったんだ・・・」ってこともあれば
記事さえそのままの人も。
管理人さんがメールしても無視だそうで・・・

その子その子にあったご家庭を見つけるための
ご苦労はよくわかるんですが
最後の始末は、ほんとうにきっちりしてもらいたいと
思いました。

貰ってやるのでもなければ、くれてやるわけでもなく
命のリレーなのですから、お願いするほうも
頂くほうも真摯な対応が必要ですよね。

ぐれこちゃん、きれいだし聡明ですよね。
わたしが豪邸に住んでたら、来てほしいくらいです!
Posted by K at 2012年10月22日 13:30
私もKさんとまったく同じ意見です。過去何の連絡もなく既に他の方に渡っていたり、逆に心から丁寧にご辞退したのになにが気に触ったのか嫌味なメールを送られたり…猫に罪はないけどほかの希望者の悪口まで聞かされた時にはどんなに講演を依頼されるほどの偉い方かは知りませんけど呆れて悲しかった…こういう方もなかには居るとちょっと愚痴です、すみませんでした。
Posted by ふりそで at 2012年10月22日 15:13
Kさん、ふりそでさん

結局は人間同士、誠意があるかどうかの問題でしょうか?

今回のぐれこちゃんの場合は、譲渡会にいらしているので私もちょこっとお会いしています。
選ばれ方は素晴らしく、私はこれならと最初は喜んだんです。
その後のお申し込み云々の事はお迎え時に代表から聞きまして・・・マンション規約がネックで交渉をお願いしてあると。

で、ご本人との連絡には私はタッチせず、それはすべて代表が行っています。
メルアド確認のためにまずは代表からメールをして、ご用意いただく物等の確認もします。それに対して無反応であるとの事ですから、これはもうご縁はないのでしょう。

団体の方では、私は単なるお手伝いにすぎませんから、それ以上の口は挟みません。

私個人となると、お見合いの前にまずメールや電話連絡になるのですが、私は「まだ猫いますか?」というようなお問い合わせに対しても必ず返事は出しています。
こちらからお断るする場合でも、必ずけりをつけている積りです。

でもテツ君の時に混乱しました。
『保護犬を何頭か飼っています。』→「何頭か」って?それでフルタイムのお仕事をお持ちで、さらに保護犬を私の代わりに保護してくださるの?とか『もし一頭飼いなら…』→これが理解できずにKさんにお訊ねしましたよね?
しかもお引っ越し直後でPCはまだ使える状態で無く、固定電話はつける積りはないということで・・・。

で多分私の疑問が高じて切り口上なメールになったのでしょう。
『あなたはなんと冷たい人なんでしょう。犬はもう要りません。』とメールを頂いてそれでけりが付きました。

今のテツ君は4人目のご応募者さまで、実際のお見合いは二度目でした。

それから、私は里親詐欺にあって、仔猫を二匹だまし取られた事があります。警察にも勿論届け出をして、本人の顔写真をそえて都内の動物病院へダイレクトメール(ちゃんと住所氏名を明かして、封書でこの女性にご注意をと印刷物を作り)を送り大騒ぎをした経験があります。
だから、ご応募者さまに対してはかなり厳しく辛辣であるかもしれません。


☆これからもし私が直接コンタクトをとる様なことがあれば、冷静に丁寧に、でも納得いくまで質問はさせていただくでしょう。
必ずお返事はします。絶対にスルーするなんて事は致しません。
Posted by みいしゃ at 2012年10月22日 23:35
>これからもし私が直接コンタクトをとる様なことがあれば、冷静に丁寧に、でも納得いくまで質問はさせて
>いただくでしょう。
>必ずお返事はします。絶対にスルーするなんて事は致しません。

わたしも、納得いくまでやりとりをします。
それは西の横綱に教わりました。
本当にほしい人はちゃんとつきあってくれると。

みいしゃさんが誠意をもって対応なさるのは
すごくよくわかっています!

だから、わたし周囲に言ってます。
「西なら西の大横綱。
 東なら東の大横綱(=みいしゃさん)。」
近所に野良猫捨て猫がいないなら
探してでも猫をお家に迎えようと思うなら
東西の横綱をたずねるべし!
いい加減なことは絶対にされないし
いい加減な譲渡も絶対にないからって。

それにしても、よく考えたら
女性に対して「東西の大横綱」って
失礼ですね・・・・
偉大さを表したかったんですけど。

Posted by K at 2012年10月23日 02:08
Kさん

過去には私を通って行く犬猫が年間数十頭なんて時もありました。
今の様にネットがほとんど普及していない時代です。

とても忙しかったですが、まずは電話=直接お話しをする事から始まっていましたから、あの頃の方がまともな人間観察=人間関係が築きやすかったような気がします。電話ならいくらなんでも『猫いますか?』で終わるなんて事はありませんから。

『通りすがり』なんて人ともコンタクトをとるはずもありませんしね。

個人情報が云々と秘めごとが多くなる分だけ、個人はだんだん孤立していくのかもしれません。でも情報公開も危険がいっぱいだし。

人間よりもはるかに短い命でも、橋渡しをするのは難しいです。
Posted by みいしゃ at 2012年10月23日 17:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック