2012年07月20日

本日は・・・

通院日、サバちゃんの日。
行きは途中渋滞のお知らせが出ていたけど、中野あたりほんの少しだけであっさり到着。

何故か病院も空いていて、エコーや採血もすんなり。
まあ結構な量のお薬も使っている事だし、今暫しこのまま体調を整えつつ、様子見との事。
すっと急激な気温の低下は、どうやら私には吉と出ていうようで、今くらいの痛みならどうってことない。
これで以前の状態まで鎮痛剤が減らしていけたら良いのだが、何が原因で歩くのが億劫な程の痛みが出てくる物かは、原因が不明なので困ったもんだと思う。
多分だが・・・何事も程々が良いのだろう。

で、今日は「ちゃあ」の命日。一年が経った。
良い子だったな〜と思う。

img004.jpg


いっぱいオシッコかけをして家具や床までも傷めたが、そんな事よりもあの子の存在は私にとっては宝だった。
大きな声でニャーギャー泣くのも、あんな子はめったに居ないだろうから、それも愛しかったし。

「みしゃこ」と違って、最晩年は本当に仙人のように穏やかで優しくってしっとりと私に寄り添って居てくれて・・・。
100g以下で娘と拾ってきた猫だったが、本当に良い拾いものだった。

6月7月はお星様になる猫さんが多いような気がする。
必ず別れは来るのだが、それまでは猫さんも人間も穏やかに暮らしていけますように!!!
そしてその前に、世の中の猫さんがみんな何方かの愛おしい猫さんになれますように!!!


☆柴ワンコ♂にお申し込みがあった。
明日お見合いの予定。

posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ちゃあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
柴わんこさん、幸せになってほしいです。
色々あるのでしょうが、簡単に殺してはいけないと、本能が感じます。感じない人は、たぶん自分も幸せになれない人だと思います。

Posted by moha at 2012年07月21日 19:02
mohaさん

柴ワンコは今の所保留です。
保留と言う事は壊れる可能性が高いかと。

犬でも猫でも、私も殺すべきではないと思うのですが、人間が生きていくために出てくる事情と言うものは、犬猫などの動物の命をいとも簡単に奪うものらしいです。

居なくなった犬猫を積極的に探さない人も同類ではないかな〜と思うのですが、誰かに可愛がってもらっているかもと納得したりして。

勝手なものだと。

せめて自分だけでも、一旦手元に置いた犬猫は最期までと考えています。
年をとって痴呆が出たり動けなくなったりしても、それはそれで愛おしいと思うのですが、そう考えない人は多いですね。

治らない病気や怪我で動物がうんと苦しんでいるのなら、安楽死はありだとも考えています。

人間の動物に対する愛情って何なのでしょう?


Posted by みいしゃ at 2012年07月21日 23:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック