2011年09月07日

四十九日

「ちゃあ」の死後、仏教でいうところの49日にあたる。
今までは「中陰」と言う所で裁きを受けてその結果によって極楽浄土へ行けるのか地獄へ落ちるのかが決められるそうだが・・・。

そんな事はどうでもよくって、二階へ上がれば何処かに「ちゃあ」がのんびりと寝ている気がいまだにしている。
そんなはずはないのだが、そう思われるのだから、それで良いのだと・・・そう思う事にしようと思う。

拾って来た時は、「ちゃあ」は100g以下だった。
今のチビサバちゃんよりも一姫三太郎たちよりも小さかった。
もっと長生きする猫さんもいっぱい居るけど、「ちゃあ」は長い事私の傍に居てくれたと感謝している。

P1020400.jpg


チビサバちゃんは今日でウチへ来て一週間。

P1020399.jpg


良く食べるし、見違えるように元気になった。

P1020397.jpg


堂々としたもんで。
多分野良さんが産んだ子だろうと思うのだが、他の猫も人間も全く怖くはないらしい。

蚤だらけだったし、低体重で心配したのだが、何よりも『自分で食べるの』という意欲が素晴らしく、それがあったからこそこうやって回復してこれたのだと思う。

シャンプーはしたけど、今までの所お薬は全く使わず。
やはり一番大事なのはきちんと食べる事よね。


避難所に入居中の『おばちゃん』達の強力なお願いもあって、警戒地域に毎週一度立ち入りができていたのだが、9/1〜その許可も下りず。
理由はこれかとも思われるのだが、生きている犬猫が居る限り、私はとにかく飢えさせたくない。

まだ生きている動物にお腹いっぱい食べさせてあげたい。
そしてその子たちが望むなら、思いっきり抱っこしてあげたい!!!





posted by みいしゃ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちゃあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック