2011年06月04日

抜歯

数日前から『ちゃあ』の様子が変だった。
確かに何が原因だったのか、『ある』とちょっとバトルがあったのだけど・・・。

どうもお口を痛がって、これは一度獣医さんに診てもらわなければと思っていた矢先、昨晩お口と足に血が付いていて、よ〜く見たら右上の犬歯が斜めに見えた。

私が引っ張れば抜けるか?なんてやってみたけど、『ちゃあ』はぎゃ〜と痛がるだけで。

夜八時を過ぎていたのだけど「すぐいらっしゃい」との事で。
結局無麻酔で抜歯。

何が原因って?
もう年を重ねて仕方がないのだろうと思う。
副鼻腔炎は治りきらないから、歯槽骨まで炎症が繋がっていない事だけを願うしかない。

「ちゃあ」自身は抜いてもらって痛みは軽減したようで、ご機嫌は悪くない。
ただ、三日間はペニシリン系の抗生物質をと言う事なのだが、そのせいで食欲減退。

強制給仕は抜歯した側から与えるので、私の方がおっかなびっくりなのだが、さすがは「ちゃあ」で、お口に横からえいと入れると、なんとちゃんと食べてくれる。
お水は自分で飲んでいるから・・・兎に角三日間はこれで乗り切るしかないと思う。

私ね、例えば即レントゲンを撮ったり血検をしたりは・・・「ちゃあ」にはしたくないの。
彼なりに苦痛なく穏やかに過ごしていってくれれば、それこそが彼には一番良いだろうと思うから。

今日の給餌量はちょっと少ないけど、明日には抜歯後の痛みがもっと減るはずだから・・・。
ゆっくり好きなようにしてもらおう。

posted by みいしゃ at 23:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ちゃあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他にまだちゃんと歯が残っているなら、bioteneのオーラルジェルが有効なのではないでしょうか?
甘いので(ちょっと舐めてみました)、うちのあうる姫は進んで舐めてくれます。(あうるは、もう犬歯しかないのですが…)
食べて出す。本当に、一番大事なことなんだと思いますよね。
早く、普段どおりに食べてくれると良いですね。

Posted by gatu at 2011年06月06日 01:24
gatuさん

まだ歯はありますが、歯を支える歯槽骨がもうぼろぼろです。

夜中に少し自力で食べているのを確認しましたが、本当の細々と。
何処まで強制給仕を受け付けるか判りませんが、もうそれしかないようです。

お口に入れてあげれば嚥下に問題はありませんから、必要最低限の栄養はとれるはずです。

午前中は出遅れてしまって・・・夕方また獣医さんに診てもらいます。

Posted by みいしゃ at 2011年06月06日 13:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック