2010年11月21日

困った・・・

「ちゃあ」が食べない。
お水は自分で飲んで、トイレにも自分で行く。
(濁ってどろっとしている)鼻水以外はとりたてて状態が悪い様には見えないのだが・・・。

仕方なく強制給仕をしたけど、量的には足りないだろう。
明日はまた通院して先生に相談しなくっては。

血液検査はもうだいぶんしていない。
「ちゃあ」がとても病院嫌いだと言うせいもあるが、私自身が「ちゃあ」を弄くりたくない、穏やかに坦々と暮らしていればそれで良いと考えているから。

ただ穏やかに坦々と暮らすと言うのは、健康状態が整っていてこそだから・・・
私の配慮が多分足りないのでしょうね。

目も開いていない「ちゃあ」を遊歩道で拾ってから18年以上経ったけど、まだまだ私の傍に居て欲しい、と切に思う。





この処また穏やかな天候が続いて温かいからか、今夏の猛暑ににも負けなかったようで、バラたちが次々とお花を咲かせている。

私のバラはHTが多い。
大きいお花が一輪咲けばもう満足。

イブピアッチェ.jpg


イブピアッチェ。
空気が冷たいと香りが優しくうっとりする。
春も秋も必ず咲いてとても丈夫。

ミニバラたちも・・・

コーヒーオベイション.jpg


コーヒーオベイション

スカーレット.jpg


スカーレットオベイション

そして、「みしゃこ」のアムネシアが花開きそう・・・。

P1010851.jpg


無農薬だから・・・穴だらけだけど。



posted by みいしゃ at 23:36| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ちゃあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

今日は私有休で嬉しい三連休です(*^.^*)

ちゃあくん具合はどうですか?
じょーも先日やっとの事で血液検査に行きました。
康太も病院は嫌いでバリバリ怒っていましたが
まだ通院はしやすい子だったのだと
にゃあちゃんじょーやん見ていて感じています。

じょーやんも何かあっても康太のような治療は
無理だと考えています。
この間の採血も目を白黒とさせて歯茎でガブガブ噛んで息も荒くなりそのうちぐったりしちゃって
もうこのまま心臓が止まるのではないかと
ヒヤヒヤでした(-_-;)

それをしないで見送ったにゃあちゃんの事も
これで良かった、幸せだったと心から思っています。

にゃあちゃんもじょーやんも鼻炎持ちで
じょーやんは甲状腺があるせいか食欲減退は
鼻が詰まろうとありませんが
にゃあちゃんは鼻の調子が悪くなってくると
食欲が落ちる事がありました。

鼻の調子が悪い時は2匹とも通院せずに(本当はあれこれ検査をしたい所ですが)ロメワン点眼(多分サンテマイシンの後発かなぁ。)で点鼻すると
くしゃみでかなりまとまった黄色い鼻水が出て
すっきりするようでした。

お鼻の問題だけではないのかもしれませんが。。
雄叫び復活しますように!


Posted by おかる at 2010年11月22日 12:44
おかるさん

ありがとう〜。

午前中に連れていってきました。
あの穏やかな「ちゃあ」が唸ったりシャーしたりで・・・本当に病院が嫌なのでしょう。
結局今日は処置は何もなしで、a/d缶だけ持ち帰りました。

コンべニア注(持続型抗生物質・セファロスポリン系)が入っているので、洗浄の意味だけでヒアレインにインターフェロン2単位を入れたものを使っていますが、ロメワンが良いかもしれませんね。
ニューキノロン系だから、短期決戦型で、やってみます。
(最近は仔猫が多かったので、ロメワンは使っていませんが、封を切っていないものがあるはずです。)

「ちゃあ」は私があげる分には強制給仕も上手に受け入れてくれるので、一回量は四分の一缶程ですが、まあなんとか頑張ってみます。
もっと食べられるだろうと思うのですが、吐くと苦しいだろうし、回数を増やします。

絶叫しない「ちゃあ」は「ちゃあ」ではなく・・・いえ、気持ち良さそうに眠っているのですが、心配でたまにツンとしてみたり・・・

お鼻だけの問題ではないのかもしれませんが、まずは『ご飯頂戴』って言ってもらえる事が大切でしょう。

『検査検査って、猫の状態をしっかり把握しておくのは大事だけど、人間側の自己満足に陥らない様に、それも考えなさいね』と、私の獣医さんはそうおっしゃるの。

ただ今は全員がお昼寝中。
静かです。



Posted by みいしゃ at 2010年11月22日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック