2018年06月19日

地震その後

避難指示も出つつある。
そうなればやはり指示に従うべきなのだろう。

動物と一緒に避難できます様にと祈るのだが、その前に人間同様地震に驚いてしまった結果、ドアを開けた足元をすり抜けてお外に走り出てしまった猫さんあり。

そんなことした事無かったのに、ベランダだけは自由に出していたら・・・お隣のお庭へ下りてしまったとか・・・。

急激に揺れている間は何もできないのだけど、やはり最低限、猫さんが何処にいるのかを把握しておくことが大事だと思う。
キャリーはすぐに出せるのかしら?
本当は出しっぱなしのケイジで落ち着かせるのが良いのだけど、揺れが収まった段階で呼べば猫さんは出てきてくれるかしら?

押入れから出てこない・・・なんてのはまだ良しで、室内のどこかにいるはずだけど、その場所を突き止めるまで丸一日以上かかったなんてのもある。
室内はめちゃくちゃに乱れてしまうかもしれないのだから、普段から呼べば傍に来るように、猫さんとの信頼関係を築いていきたいものだ。

強い余震が起こりませんようにと、まずは其処から。

P1070387.jpg


東京は晴れ。
お隣のユリ(カサブランカの仲間)がいよいよ咲きだした。

P1070393.jpg


これは以前に先の奥さまの依頼で、私が穴を掘って球根を植えたの。
それを今の奥さまはご存じないだろうけど、今年は花茎が二本も立ち上がった。
(先の奥さまは住居をお売りになってシルバーマンションへ。)

P1070392.jpg


大きな木はモッコクが一本だから、日も良く当たり見事に育ちつつある。
冬に上部が枯れるまで、そのままじっくりと放置するのが球根を太らすのに良いようだ。

以前のお隣さんが例えばパソコンとかスマホとかの操作がお出来になられれば、画像をさっさと送って差し上げたいのだが、画像を印刷してお手紙を書いて・・・となるとどうも億劫で。
このブログのURLもお伝えしたのだが、見ていらっしゃらないだろうし・・・。

人との結びつきはいったん切れたらそのままなのかもしれない。





posted by みいしゃ at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする