サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2018年02月07日

日射しは・・・

どんどん強くなっているのに、最低気温はいまだに低いまま。
それでも雪の無い生活は安泰で、日中はお外でもキラキラ。

P_20180207_131922 (1).jpg


私をわくわくさせていたクリスマスローズが完全に花開いて、一輪だけではなくほっこりと膨らんだ別の蕾も顔を出した。

私のクリスマスローズは特別立派なものではなくって、最近はもう小さな苗から育てるのは止めてしまい、その都度出会えた程々の価格の物をちょっと増やしている程度。
交配もしないし、セルフの種でさえも蒔いて増やすのも止めてしまっている。

だってクリスマスローズは種をまいてもお花が見られるのは三年後だから・・・自分の年を考えると待っていられないの。
それと東京の夏はクリスマスローズには厳しくなりつつあるから、それも種まき&育成をしない理由ね。

昨年イルミリオンという名前で一斉に出てきた多弁系が今年はほとんど見かけず、代わってクレオパトラという名前で、ダリアの様に花弁(本当はガク)いっぱいの物が数万円で取引されている。
でも私はちっとも魅力を感じないから、自分の好きなものだけ。
古いタイプの物でも全体が調和していればOKだし。

私のクリスマスローズはシングルとセミダブルが多い。


P_20180207_131801 (1).jpg


ずいぶん赤く写ってしまったけど、小輪の多弁系のもの。
左側に私の指が写っているから、小さいのはお判りかも。

本物はかなりのグレー系。
お花が小さい分、のっぽでひょいひょいと同時にお花が咲くのが面白いと思う。

P_20180207_131720 (1).jpg


これは前にも載せたもの。
ネクタリーと呼ばれる部分がネットをかけたように見えるタイプ。

低温は続けども、他の物も順調に花茎を立ち上げ、蕾は色づいてきている。
今年野田園芸さんから連れ帰った物は最初の雪と低温を避けるため置き場所にも苦慮したけど、もう低温にも馴れて、これからはすんなりお花をひらかせていくだろうと思う。

今年はやはり寒いの。
いくら日射しは春になっていてもみんなのんびりじっくりって感じ。

五月のバラは一斉だから、クリスマスローズはこんな感じの方が良いのかも。

☆ぐるちゃんは元気。
KD(腎臓食)は美味しくないだろうから少しは体重が減らせるかもって獣医さんに言われたけど、どうしてどうして『美味しいの』っていっぱい食べている。

みんなにオネダリするもんで・・・『少なめにね』とは言ってあるんだけど・・・。





posted by みいしゃ at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする