2015年12月23日

模様

P1050353.jpg


へんてこりんな格好でぐるちゃんが転がって寝ているけど・・・・
お腹の方から見るとほぼ白くって、白黒猫さんは模様・柄が面白いと思う。
ぐるちゃんは前足の一本だけが真っ白で、後の三本脚は黒い模様があるの。

まあどうでもいいので、人間のそばでこうやってのんびり過ごしていけば良いと思う。
誰かが公園へ捨てていった猫さんだけど、あそこに居るよりウチに居る方が絶対に良いだろう。

公園はまた黒猫さんの移動(だれか人間が移動した)があったようで、真っ黒で素敵な若々しい男の子がうろつくようになった。

男の子だろうと思うのは、昨年の巨顔のチャトラ君と恐ろしい唸り合いの後、取っ組み合いのけんかをしていたから。
一気に噛みつきあってしまうから、声はしないけど、猫さんに慣れている私でさえもどうにもできないほどに恐ろしかった。
手元にお水の入ったバケツでも持って居ればあの喧嘩は止められたかもしれないけど・・・。

双方ともにかなり怪我をしたのではなかろうかと心配していたのだが、その後三日以上二匹とも姿を見せず、本日やっと巨顔君に会えた。
黒い子はどうしているのやら。

ウチに現れた小さい三毛ちゃんもその後は姿を見せず。
お庭に夜出していたウエットやドライフードはどうやらネズミが食べているようなので、もう置き餌は出来ないし。

責任が持てないなら、猫さんに手出しはして欲しくない。
『せめて飢えないように・・・』なんてのも間違っていると思う。

ウチの近所では二か所、200坪以上のお宅が土地を始末なさって、其処には別のお家が4軒、5軒と出来つつある。もう少し小さな建売も増えた事だし、その内のどこかがご飯を出していらっしゃるのだろうけど、20年かけて近隣の猫さんたちをお寺さんへおくるまで努力したのは無駄だった様だ。

お外で暮らさざるを得ない猫さんに対する考えも多少は変わってきているのではと考えていたけど、甘かったのだと思わざるを得ない。

杉並では『杉並ルール』と言う形で、お外で暮らす、いわゆる野良さんとどういう風に付き合えば猫と人間が共存できるのかという決めごとを広く周知する予定なのだそうだが、周知はどうすれば徹底できるのか?

猫さんを助けようと努力している人間が居ても、無責任な一般人がそういった努力を無視すると・・・・・。

それでも何かはできるかな〜?
もう無理かな〜???




posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする