サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2015年10月31日

エケベリア

お花屋さんからメルマガが来て、「オランダからエケベリアが入荷した」とのこと。
12cmもあるというので、まあ目の保養にと見に行ったの。

多分お水のあげすぎなのだろうと思うけど、私は多肉と言われるものの栽培が下手くそで、アロエでさえも枯らしてしまう。
ハオルチアだってダメにしたし、黒帽子も育てられなかった。

で、オランダからのものというものは実に美しく大型で素敵だったのだが、なんと頭だけ!
根は無しで、箱の中にずらりと並んでいたわ。
検疫の関係なのだろうけど、まあとても衝撃だった。

お値段は980円+税だから、買えないわけではないけど、いったいこれをどうしたらいいのかと・・・。
店員さんに訊いても、切り花として入ってきているとしか返事がないの。
このまま萎れるまで器に入れておけばよいのか?それとも土を入れた鉢の上に置いておけばいいの?等と迷って、結局怖くって買うのはやめにした。

だから買ったのは、パンジーの苗をほんの少しだけ。
うちのお庭ではヤマボウシなどが落葉してからではないと背の低いお花の類はとてもじゃないけどお日様が足りないし。
少しずつ落葉の前の紅葉が始まっているから、まずはそれを楽しもう。

P1050233.jpg


これ、ぐるちゃん。
私の膝掛けの下にわざわざ潜り込んだ。
いろんなベッドがいっぱいあるのに・・・変な子だわね〜(笑)。




posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

高円寺へ

ちょっと用があって高円寺へ。
さあてどうやって行こうかな?と考えて。
一番楽なのは車なのだが、駐車場を地図で探してみて・・・遠くに止めて歩くのでは電車と変わりないし、お天気も悪くはなかったから、自転車で出かけた。

中央線の駅にして二つ分。
電動アシストだし、どうってことはなかった。

娘が小学校5年生〜高校卒業までは高円寺に通ったのに、私は学校にしか行かないかったという、まったくもって探究心がないと言おうか、当てもなくうろうろはできないと言おうか。

高円寺と言っても広いけど、猫さんを何頭も貰ってもらっている。
ミグノンさんの猫だけでも周辺という広めの範囲で考えると、あ〜ちゃん、キックとクック、チームうにょのビオラ、しいふぁ君、それからコイモ。
通って行った阿佐ヶ谷にもアンとドゥにロンにハンクと、いやぁ沢山居るわね。
みんなみんな元気で楽しく暮らしていってね、とそう思いながら自転車を漕いだ。

P1050232.jpg


一度行ってみたかった木ごこちさんに寄って、久々にほしいものを買ったの。
通販もあるけど、車でお店の前を通るたびに、お店に入りたいって思っていたので、とても満足。

本当はこんな小物ではなくって、木の椅子がほしいけど、私よりずっと長生きだろうし、今ある家具とは合わないかもと迷い中。
きっとずっとず〜っと迷うだろう。

☆一つの懸案(いや義務だわ)無事終了。




posted by みいしゃ at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

食欲全開

まだグシュンは完全になくなったわけではないけど、食欲全開でいっぱい食べる&おねだり再開ということで、もう大丈夫だろうと思う。

誰かが帰ってくると必ずお迎えに出てくるし、ニャンニャカと鳴くのも復活!
ということで、まあ目出度い。

P1050230.jpg


ちょっとボケてて・・・
かわいいかわいいねこずきんちゃん・第A弾・みどりずきん、と言うのだそうだ。

ガチャガチャのものだそうで、娘が買ってきたのだが・・・。
解れ止めはなされておらず、もちろん裏も付いていないの。

なんとちゃっちいのかと思ったけど、300円だったらこんなものかもね。
ゴムが付いているのですっぽっと被せるだけだから、手軽な変身には面白い。

ぐるちゃんは意外と平気で被っていた。
もう少し目深にかぶせれば・・・もう少し可愛いかもしれない。

12141697_461960590672735_3391554734184929305_n.jpg(画像はお借りしています。無断で悪用厳禁です。)

こっちはTissue's Trunkさんの来年の干支帽子=お猿さん。
私は昨年の羊さんを買ったけど、ガチャガチャのものとはもちろん比べ物にならない程上質よ。

「ある」が居たなら・・・似合うだろうな〜・・・と・・・ぐすん



posted by みいしゃ at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐるこさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

25℃だって!

朝はひんやりしていたのに、なんだか暑いじゃない!

頑張ってお庭へ出て・・・この間の切られてしまったモンタナ(クレマチス)が上のほうで枯れこんできていたのを取り外し。でも全部は無理だったから、後は庭師さんにお願いしなくっては。

この暖かさはぐるちゃんには好影響だったようで、ぐっと体調が上向いて食欲は完全に戻った。
グシュンももうないわ。

嘔吐や下痢は全くなかったからワクチンの副反応のうち「パルボ」は関係ないだろうし、お口の中に潰瘍はできていなかったので「カリシ」でもなくって。残るは「ヘルペス」だろうと。
クラミジアは打っていないし。
他の猫さんとは接触がないし。

消炎剤や抗生物質は全く使わず、ぐるちゃんの体力が勝ったのだろう。

P1050224.jpg


しかし、何のためにステロイドを使ったのやら?
巨大でとても元気な子なのに、意外と脆いのかもしれない。

P1050227.jpg


美味しく食べて、元気でいることが大事ね、ぐるちゃん。




posted by みいしゃ at 21:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐるこさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

う〜ん

ぐるちゃんのグフンはまだ完治とは言い難い。
食欲はあるのと、反応は良いので、あと一息なんだけど。

P1050222.jpg


で、今日はこの間のとはまた別の籠。
頭が下でいないいないバ〜状態。

P1050223.jpg


こっちは後頭部。

お目目がグチャットはなっていないから大したことは無いはずなんだけど・・・いつものお笑い系のぐるちゃんに早く戻って欲しい。

今日は満月で、夕方は風が強かったけど、その分雲が吹っ飛んで、お月さまは煌々と綺麗だった。
でも今は風が収まったのに、雲が厚く、お月さまは何処だか判らなかった。
明日には少し欠けたあなたに、また会えますように!!!

秋&冬のお月さまが好きである。


☆私のミシンは修理に出す所を間違ったみたいだ。
ネットで検索して一番近い所をрオてから持っていったのだが、すんなり直せないもんだから、何やら屁理屈ばかり言いつのられて、うんざりしながら修理完了を待っている。

日曜日には誰やら一番信頼しているお仲間が見てくれるのだ・・・だったはずなのに、連絡をとってみれば駄目だった様で、今日がお約束の工期だったのに、一週間の延期になってしまった。

こんな事もあろうかと、近場でお店を構えていた所であのミシンを買ったのに、お店は経営者が亡くなって、お店そのものが消滅で。
荻窪と言う所はミシン屋さんが無い所になってしまったの。

大事に直して使いたかったのに、こんなんじゃ新しいのをネットで買った方が、結局は安上がりで利口だったのかも。
コンピューター制御になると『基盤』の取り換えしかないのが判っていたのに、変なおじさんに言いつのられてう〜ん、う〜ん、嫌。


posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

まあまあ

ぐるちゃんはまあまあ。
悪くはなっていないから通院はしなかった。
色々と抗生物質などは「ある」が使っていたので手持ちもあるから・・・先生に電話で相談と言う手もあったのだが・・・。

昨日よりははるかに元気になってきているので、この程度ならお薬は使わなくっても良いだろうと判断したの。

食欲がかなり復活。
ニャアって言うし、おもちゃにも反応しているし。

急激な気温の低下で猫風邪が・・・と言っていらっしゃる人も多い。
でも寒いから風邪をひく訳ではなくって、寒い時期にはヘルペスウイルスやカリシウイルスが活発で、体力が落ちた猫さんがそう言ったウイルスを背負いこみやすいのだと思う。

ぐるちゃんは生後半年で保護した時に目の炎症があったので、ヘルペスウイルス等の隠れ保持猫かもしれない。でもウチへ来てからは一度も風邪の症状は無かったので、多分ワクチンの副反応だろうと思っている。
ステロイドを使ったから、ワクチンのアレルギー反応は抑えられたけど、反対にステロイドは免疫を下げている訳だから、軽い風邪の症状が出てもそんなものかな〜と判断している。

私の勝手な判断よ。
様子を観察して、おかしかったらすぐに診てもらおうと考えている。

P1050221.jpg


ぐるちゃんinねころん。
入ってみたら快適だった様で、この後ぐっすりと眠っていた。

ねころんは何しろ丈夫で、そして人間が見て可愛いと思う。
洗剤でゴシゴシ洗っても平気で、消毒も楽。
サイズ的には大きめで、「みしゃこ」と「ちゃあ」は二匹で一緒に使っていた。
そして「ある」はトイレかも・・・と思っていたと想像している。
暖かくは無いから、敷きもので調節しなければならない。

公園の黒ママとめ〜ちゃんはとても元気。
ダン君もスリスリと私に甘える。
お外は大分冷えつつあるのに、こんな寒さでは本来は風邪なんかひかないのにね〜。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の病気&薬考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

木枯らし一号

東京では木枯らし一号が吹いたと言う事で、風が強く冷えてきたな〜と感じた。
でも日中はどうってことなく、お陰さまでお庭の整理が進んだ。

ヤマボウシが大きくなり過ぎて。
園芸用の鋸を持ち出して少し枝を払ったりしてみたけど、高さも幅も庭師さんに摘めてもらおう。


私はやっと気持ちの良い季節になったと喜んでいるのだが、なんとぐるお嬢さんが調子を崩した。

昨晩一度クシャミをしたのに気付いて。
その時は気にもしなかったのだが、今朝からやや食欲不振&人間が出入りすると必ずお迎えに出るのがだが、それが無い。
しかも今日は一度もニャンと言う声を聞かない。

夜になってやっとドライフードを食べたので、もう大丈夫だろうと思うのだが・・・。
他の猫さんとの接触は全く無いので、感染症と言う事も考えられないから、ちょっと様子見だわ。

寒いはずもないのだが、今は私の椅子の下で薄い毛布をかぶって寝ている。
下はホカペが付いているけど、6時間経てば電源が落ちてしまうから、そうしたらお布団へ来たら良いと思っている。

ワクチン接種が19日だから今頃その影響かしら?
肝機能障害を起こした事がある子なので、明日も変だったら獣医さんに診てもらおう。

「ある」が居なくなってから随分ニャンニャンと自己主張をするようになっていたので、声が聞こえないと静かすぎて心配なの。



posted by みいしゃ at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐるこさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

コーヒーの木

P1050211.jpg


コーヒーの木を中に入れた。
気温が10℃くらいまでならお外で平気なのだが、クリスマスローズのための場所の確保をしたかったので、これをお庭から移動したの。

鉢が14号位で、移動を考えて軽い土で仕立てたから・・・お庭はずるずると鉢ごと引きずって、お部屋にあげる時だけ一瞬うんとこしょと頑張る。
鉢の下にはキャスター付きの受け皿なので、お部屋での移動は簡単よ。

右側のこんもりした方が、ぶっつりと切って再生した木で、左側がひょろりと伸びているから、来年は程々に切ってしまうかも。
で、切ると新しい枝&葉を伸ばすために栄養をとられるので、お花は咲かず従って実もならずなのだが、インテリアグリーンとしては葉っぱが艶々と美しいので、お勧め。

P1050213.jpg


お庭の整理のついでに物置からぐるちゃん用の冬籠り用品を出した。
籠に毛布をと思っていたのだが、これもあったので、まずはこれから。
ペッタンコに広がるタイプで、ぐるちゃんがウチで初めて冬を過ごした時は、広げた状態で「ある」と一緒に使っていた。
(2012年〜2013年の冬には「ある」「ぐる」が一緒に使っている→右サイドバーから探せる。)

「ある」は跨いで入るタイプの物はすぐにオシッコを引っかけたので、縁のあるベッドは彼にはいたって不向きだった。

ねころんも出したのだが、ぐるちゃんは興味無し。
みしゃこやちゃあはとっても好きだったのに・・・。
猫さんの好みも色々である。




posted by みいしゃ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

本日は通院日

オレンシア〜。

曇り空でなんだかな〜の割には道路は空いていて快適で、さっさと病院へ着いた。
ケモ室もまずまずで、担当の看護婦さんが楽しい人で、点滴もあっと言う間に終わったような気がした。

CRPがまあまあ落ち着いていて、やはり今の状態が私にとっては寛解状態なのだろう。
でもこの数値は、私の場合は決して零にはならない。
0.3以下だとまあ許容範囲らしいのだが、0.2以下には下がった事が無いもん。
でもまあHマークが付いていないから、あまり気にしないでおこうと思っている。

ずっと不調で頭痛が続いていたのがいつの間にやら治っていることだし、今の調子を崩さない様にしていきたい。

そして今日はなんと自己注射の話が出た。
昨年の7月から始めたオレンシアもこれで一年以上続けている訳で、本来ならもう少し早くと主治医はお考えの様だったのだが、7月は精神的に最悪だったし、心は身体に大きな影響を与えていたのであろう。血液検査の結果もとても自己注射に・・・とはいかなかったようだ。

でもね、週一回、自分でお腹やら太ももやらに注射をする訳で、「それ自体が怖い」と言ったら、『猫に注射は出来るんでしょう?』と笑われた。
そりゃそうだけど、あれはもう必要に迫られてであって、出来うるならしたくはなかった訳で・・・。

メリットとしては
・通院が8週ごとになる。
・一度に払う金額は大きいけど、その分高額医療費の請求ができるから、年間で10万円以上は医療費が抑えられる。

でもすぐにはお返事が出来なくって、次回は今までの通り点滴の予約を入れて帰ってきた。

帰りは阿佐ヶ谷を過ぎてからあとちょっとと言う所で渋滞にはまってしまい、帰宅は暗くなる寸前。
4週に一度より、8週に一度の方が確かに負担は軽いわね。
それに医療費が減る事もとても大きなメリットだと思う。
(オレンシアの皮下注射は一本27171円の私は3割負担だそうだ。)

4週後までに・・・考えよう。


☆火曜日からミシンを修理に出しているのだが、本日留守電に中途半端な何やらが入っていて。
ちっとも要領を得ないからこっちからまた電話をしてみたら、修理はうまくいかない様だ。

あのミシン屋さん、まずは私のミシンをけなす事から始めるの。
基盤がペラペラって、それでも購入当時は一生懸命比較検討したのよ。
JUKIと言えども○ミシンやらが作ったもので、卸値は○円の安物だ、とか。

そんな事は聞きたくなかった。

要するに私が知りたかったのは修理可能かどうか?
(つまりミシン屋さんが直せるのかどうか?部品の調達も含めてね。)
工期は?見積もりは?

ミシンなんてあと何年私が使えるのやら?でしょう???

程々の物なら、点滴のオレンシア一回分かと思うと、なんだかね〜。
病気にはなりたくないものだとうんざり・・・。



posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

お散歩三毛ちゃん

前は確かにチャトラ君だったような気がしていたのだが、ワンコさんのお散歩のお伴は三毛ちゃんと断定。

やっと今朝お話ができた。
結果から先に・・・で、三毛ちゃんは三年前からお庭に居付いている子で、避妊手術は済んでいるのだそうだ。
あ〜良かった。杞憂に終わってほっとしたわ。

ワンコさんたちは三頭のチワワさんと一頭のシーズーさん。
♂♀の確認はしていないけど、全頭不妊手術済みなのだとおっしゃったから、多分そうなのだろう。

四頭のワンコさんたちは、チワワさんたちはロングコートを割と短めにカットしてあり、シーズーさんもそう。
整然とゆっくりと歩く子たちで、咆えているなんてのは一度もない。

どの子か一頭でも私に興味を持ってくれれば・・・とかがんでみたら、一番小柄なベージュ色の子がじっと私の顔を見て、いや〜んお尻尾が揺れているじゃない!

お家にはこのワンコさんたちの他に猫さんも二頭居るとの事。

お散歩三毛ちゃんはどう勧めてもお家に入ってくれないので、お庭にハウスを作って其処にいつも居るそうだ。
そしてワンコさんのお散歩時に、数メートル離れて後を付いて歩くとの事。

たまに大型犬を見かけると固まってしまうそうで、それが大体ウチの近辺で・・・
『お宅の車の下でしばらくやり過ごさせてもらっています。』なあんて。

三毛ちゃんの件は解決。
残るはさんまの頭の彼女の所。

程ほどの大きなお宅が小さめの建売2〜3軒になってきていて、其処から苦情が出つつあると言う事だから、さらに情報を集めて、お外で暮らさざるを得ない猫さんが増えない様にしていきたい。

最近は痩せたチャトラ君と白黒君を見かけないのだが、いくらなんでもさんまの頭とかチーズとかハムの切れっぱしでは生きていけるはずが無いので、他にもどこかにご飯処があるのだろう。

こそこそ隠れて気まぐれにご飯をあげると、猫さんも人間もちっともハッピーではないので、私の出来る事は微々たるものでも、なんとか少しでも努力していこう。
破綻の前にね。


☆ぐるちゃんの気に入った籠はシャワーをジャージャー当てて埃をとった。
陰干しで乾かしたら、まあまあ綺麗になった。
と言う事で、当分はこのままで良いかも・・・。

ミシンが修理中なので、戻ったらカバーでも付けてあげる方が、ペンキやニス塗りより私向きだろう。
(・・・って、きっともたもたと何もしないかも・笑)



posted by みいしゃ at 23:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

ジングルベル

クレマチス・シリフォサ・ジングルベルがいっぱい咲きだした。

この間切られてしまったモンタナ系と違って、今から咲くのだが、こっちはバラ棚の上の方。
道路側からは半分落葉しようとしている西洋ニンジン木の枝の陰になって見えにくい。

上向いて、高枝鋏ってのが苦手なんだけど、頑張って道行く人からも見える様にしたわ。
でも高い位置だと、ジングルベルは薄い透ける様な儚げなお花だから、気付いてくださる方も少数かもしれない。

それでも、自己満足でも、OK。

西洋ニンジン木を切る時に、ジングルベルの細い枝も一緒に切ってしまい・・・
蕾がうんと小さかったけど、お部屋に入れようかとゴミ袋と一緒にお玄関側へ運んでいたら、東側のお向かいの奥様が『挿してみたい』(挿し木・挿し芽)とおっしゃり、私も喜んでもらってもらった。

もう80歳は越えていらっしゃるのだと思う。
それでも新たな物を育ててみたいと言う、そのお気持ちこそが生きているって事なのだろう。

ジングルベルは枝が細いので今の時期はちょっと難しいかなと思うのだが、枝は他にもあるから、私もやってみようかなと刺激された。

P1050210.jpg


ぐるちゃんin別の古い籠。
もう捨てようと思って二階から下ろしてきたら、ぐるちゃんが入るのだと言うので、フリースを敷いてあげた。

でもなんだか埃っぽくって綺麗じゃないの。

これって一度シャワーで洗って乾かして、スプレーのペンキを塗れば見てくれはマシになるのかしら?
ペンキって塗った事もないけど、スプレー式の物なら、私にでも出来るかしら?



posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

ハイは過ぎた

ステロイド(単発の分)を打ち、それからワクチンを打ってもらったのだが、今日になるといつも通りのぐるちゃんに戻った。

P1050209.jpg


昨日の状態は多分ステロイド・ハイの状態だったのだろう。

ワクチンの副作用は無し。排尿排便は正常。
昨日のハイ状態からはすっかり脱して、それを補うかの様によく眠っていた。

ステロイドって大事なお薬で、必要な時には絶大な効果を期待できるけど、その分副作用が起こりやすいとの事だから、慎重に使っていかねばならないと思う。
ただ猫さんはかなり使用に関して幅が効く=ステロイドの副作用は出にくいらしい。

人間なんかの場合は減薬にはとても苦労していらして、リウマチ・膠原病を患う患者とは切っても切れない関係だから、とても難しいらしい。
私の場合は一度もステロイドでの治療はしていないのだが、早期発見(?)で進み具合がいたって穏やかだった・・・からかもしれない。
(ステロイド剤追加の前にバイオ製剤に踏み切っている。)

抗がん剤のアレルギーを防ぐ意味で使用されているのはたいていはデカドロン。
抗がん剤治療は、なんともまあお辛いだろうと想像している。

猫さんでステロイドと言えばほとんどがプレドニン(プレドニゾロン)、そして(デポ)メドロール、ごくたまにトリアムシノロン等があるけど、やはり獣医さんと相談しながらであって、勝手に増減しない方が絶対に良いと考えている。

猫さんを何らかの理由で獣医さんに診てもらって、注射や投薬の指示が出る場合は、単に『下痢止め』とか『解熱剤』とか『抗生物質』という口頭説明だけの場合は多いけど、出来たらお薬の名前くらいはきちんと教えてもらって、どういった作用と副作用があるのかを把握しておいたら良いと思う。

ただし個人のブログ等(私の物も含めて)、ネットの情報は玉石混交であると思うから、正しい情報をきちんとつかんでいきたいものである。
でないとネット上の情報に振り回されて、結果獣医さんを振り回してしまい、一番大事な獣医さんと飼い主との良好な関係が壊れてしまうから。


さあってっと、何やら雑用がいっぱい。
少しずつこなしていかなくっちゃ。



posted by みいしゃ at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の病気&薬考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

ワクチン

秋の陽。お日様が出ると気持ちが良い。

P1050205.jpg


カーテン越しに葉っぱのそよぎが見えて・・・
見ているだけで、満足。
(葉っぱはオリーブ。)

真夏のお日様が高い位置にある時にはまた違う光景になるけど、これはこれから春先までずっと続く自然が作り出す美だと思う。

P1050207.jpg


ぐるちゃんは本日ワクチン接種。
この子には三種混合ワクチン。
ウチにはこの子だけなのだが、飼い猫は増やすつもりはなくてもいつ何時健康状態がはっきりと判らない猫さんを保護するかもしれないから、パルボだけは何としても防ぎたいので、追加のワクチンを打ってもらった。

前回はワクチン接種後に二日程元気が無くってご飯も食べたがらないと言うワクチンの副作用が見られたので、今回は獣医さんと相談して、ステロイドも打ってもらった。

たいていの猫さんはワクチンは平気なのだが、ウチは「みしゃこ」が6年目でアナフィラキシーショックを起こした事があって、私の方が副作用をやや恐れている。

ワクチンを打たないと言う手もあるのだが、それはそれでまた違う恐れを抱く事になるので、ステロイドのお世話になる事にしたの。

ワクチンを開発している所と獣医さんの追跡検査で、ステロイドを事前にまたは同時に摂取しても、ワクチンの効果は認められるそうだから、私はこっちを選んだって事。
リスクは少ない方がベターだと思うから・・・。

で、当のぐるちゃんは全く元気。
ステロイドの副作用なのか食欲旺盛。
後は普通にいつもとおんなじだった。

診察台の上のぐるちゃんは、獣医さんには全く従順でされるがまま。
固まっているだけなんだけど、獣医さんにも飼い主にも扱いやすいと思う。
うんともすんとも言えず・・・なの。

『まあ立派に綺麗になって!』と褒めてもらったのだが、「ある」は今年だけでもしょっちゅう診てもらっていたのと比べると、ぐるちゃんは前回のワクチン以来本当に久しぶりだもん。

この調子で、元気で楽しく暮らしていって欲しい。



posted by みいしゃ at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐるこさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

今年の冬至は・・・

最近は午後5時を過ぎるとあっと言う間に暗くなる様になった。
今のお月さまは細い三日月。
これから気温が下がるにつれてお月さまは煌々と暗い空に光を放つようになる。

今年の冬至は12月22日。
猫さんはこれから冬至までは『発情』が起こりにくくなって、そして冬至を過ぎお昼の時間が長くなるのを身体全体で感じると、『発情』が起こり始める。

♀猫さんが発情を迎える前の今の時期が・・・避妊手術の最適期なのだと思う。
男の子も同様ね。

ご近所でお外で暮らす猫さんが増えていかない様に・・・お金もかかるけど・・・是非あなたが手を出して欲しいと願っている。

今年やっと引き揚げた葛飾の猫さんは、最初はおばあちゃまの施設入居時にお外に出されてしまったママ猫さんと仔猫が二匹だったのに、一年半で仔猫だけで10頭以上になっていて。こちらで引き受けられたのは3頭のみ。残りはすべて命を落としたそうだ。
今年はママ猫さんと男の子たちもすべて不妊手術が出来たので、やっとあの一か所はこれ以上は増えないはず。

ご飯を与えていらしたのは駐車場を管理していらした人と、後は通りがかかりの人と、そして元々の猫さん一家をお家から追い出した福祉関係の人。

費用はなんとか工面するから、なんとか捕獲して運搬できる人をとずっと探していた結果が今年やっととなったの。

何らかの理由で不妊手術を済ませずお外で暮らすようになると・・・こんな感じで猫さんはいっぱい増えてしまい、人間にも猫さんにも不幸の連鎖が起こってしまう。

如何に一代限りで、そう言った猫さんたちを見ていってあげれば良いのか???
猫さんはいっぱい居るから一匹だけを手術してもどうにもならないから、等とは思わずに、たとえ一匹でも、是非と思う。

協力獣医さんも増えてきていることだし、私が捕獲をして、いわゆるTNRをしていた時より様々な条件はずっと整ってきているのだから・・・。

☆区の公共施設の周りは、お一人の努力が実を結び、これ以上猫さんは増えていかなくなった。
で、次のお願いはウチの割と近所。

チャトラと白黒の♂二匹の内、チャトラ君がワンコさん4匹を飼っていらっしゃるお宅のお庭にお家を貰った。
このチャトラ君はワンコさんたちにすっかり慣れてしまい、お散歩時には数メートル後を一緒にお散歩をしている。
白黒君は落ち付かず、何処に居るのか判らないけどたまに姿を見かける。

で、この間のお散歩のお伴はなんと三毛ちゃんだった。

大元はウチに庭にずっと居付いた「ぽあん」たちにチーズとかハム、さんまの頭等を与える方の「おもちゃ」なの。

直接はまだワンコさんの飼い主さんにお話はしていないけど、ご近所の方には『増えたら猫さんが哀れである』とお話はしたけど・・・。

今度ワンコさんたちに会ったら、意を決してまずはお話ししてみよう。

ワンコさんたちと一緒にお散歩をしている猫さんは、見ていてとても可愛い。
でもね、付いて歩く猫さんがいっぱいになったら、あるいはどんどん生まれて死んでいったら・・・嫌である。



posted by みいしゃ at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

失せ物

見つかったので失せ物ではなくなったけど。

シャンプーしようとして気付いたら、ピアスが片方耳に付いていなかった。
お風呂場には無かったし、さっきお洋服を脱いだ時に外れたのかしら?

でもお洗濯ものをチェックしても床を眺めて拭き掃除までしたのに、無くって。
いつも付けているもので、愛着があって・・・さて困った。

これで二度目で、最初の時は何処で落としたのか全く判らず、仕方なく残った片方を参考にして、色とサイズの似た物を作ってもらった。
外れた物は最初の物だったのかそれとも作ってもらったものだったのか?判らないけど、もうまた片方を作ってもらうのは止めようかな〜と、すっかり気落ちして・・・。

ぐるちゃんがすでに私のベッドで寝ていたのだが、真ん中でドデンだったので、少し横へ動かそうとしたら、なんとぐるちゃんの頭の上の方で無くしたと思っていたピアスを発見!!!
眠っていた時に外れていたらしい。

私ったら一日中片側だけのピアスで、全く気付かなかった。
キャッチは見つからないから新調しようかと・・・。

P1050202.jpg


ぐるちゃんは多分チョイチョイとしたのかも。
でも食べてしまわなくって良かったわ(笑)。

ドッデレ〜ン。
まだ若いのに、運動不足ではないかしら?

明日からは晴れの日が続くそうだから、元気で走ってくださいね。




posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

一日中弱い雨。なんと関東だけだそうで。
お陰さまと言おうか、お外が静かでゆっくりできた。

特別な事は何もせず、ぐるちゃんと一緒にお昼寝までしてしまったの。
お掃除や食事の支度などはちゃんとやったのだから、まあよかろうと・・・自堕落かもだけど。

公園も静かだった。
静かって事はさびちゃんは居ない。
め〜ちゃんと黒ママは元気で、ダン君はこの位の雨だと平気でお外で暮らす。

『ダン』君と言うのがちゃんとした名前らしい。
シャムミックスだから・・・私は最初は「ジャム」君と呼び、飼い主さんが呼んでいる声で「ラ〜ン、ラン・ラン」と聞こえたので「ラン」君なのだと思っていたら、「ラン」ではなくて『ダン』君なのだそうだ。

何でも良いの、別に名前を呼ばなくても傍へ寄ってくるしね。
飼い主さんの居る猫さんなのだから、私があれやこれやと心配するのは止めてしまっている。

猫さんは飼い主さんの考え方次第で、運命も代えてしまうのかと思えるような事が多々あるけど、我が道を行くタイプの人間は色々な警告は煩がられるだけだと思う。

私は猫さんの具合が悪そうな時は、専門家=獣医さんに診断を仰ぐのだが、そうする事が嫌な人もなんと多い事かと思う。
医療相談だニャン!と言うのがあるのだが、此処を見ていると、病院へ行く事自体が猫さんのストレスになるから、家で出来る事は何かないかと相談する人がいっぱい居る。

いくら専門家だって、猫さんを実際診もしないで、そんな的確な確定診断や治療の指示なんかできっこないのに。
ストレスが少なければ具合の悪いのが解消されるのなら、そうなされば良いけど、猫さんだって病気になるんだし、適切な治療が受けられれば回復もありうるのに、飼い主さんの自己判断のみで治療を受けられないのは、なんとも哀れだな〜と思う。

本気噛みする子でもそれなりの処置はできるし、動物病院が駄目なら往診って事も可能よ。

また反対に犬猫の寿命を犬なら20歳くらい、猫なら25歳ぐらいと偉そうに言っている人もいるけど、それはまたなんと横柄な間違った自信だと、ちょっと呆れる思いもある。
自分の犬猫が全部そうであるなら、豪語も良しだけど、たまたまそう言った長寿の犬猫を知っているからといった程度なら、そう言ういい方は他人を傷つける事もあるのだと言う事を忘れないで欲しい。

あくまで目指せであると思うけど。

明日も雨だそうだが、少しは何か動きたい。
家の中でもしなければならない事・出来る事はいっぱいあるのだから・・・。



posted by みいしゃ at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

バラが・・・

防水工事が終わったので、お庭の中と道路のお掃除をした。
草と称されたクレマチスは切っても良いOKとしていたのだが、なんと鉢植えのバラが根元からバッサリと切ってあった。

とってもショック!
鉢に植えてあったのだし、クレマチスの様に絡みついていた訳でもないのに・・・。

切ってしまったクレマチスの枝は持ち帰ってくれたのだが、多分間違えてバラも切ってしまったのね。
失敗は失敗で、だったら一言謝罪をしてから帰ってくれたらよかったのにな〜。
(知識が無くって・・・切っても根が残っていれば簡単に復活するものだと、つまり綺麗に切ってあげたと言う位の認識かもしれない。)

シークレットパフュームは香りが良くって、ウチへ来てから4年は経っていて大株に育っていたので、とても残念だわ。
根元から切られているので、残念ながらもう復活しないと思う。

バラはもう止めよ、と言うお告げなのかもしれないけど、よい職人(工事人〉さんと言うのは、専門外の事にも気配りができる人の事だと思う。



posted by みいしゃ at 23:18| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

お誕生日

今日はぐるちゃんのお誕生日。4歳になった。
生後半年ほどで公園から連れ帰った子なので、いつどこで生まれたのかは不明。
だから勝手に私が決めた日=私の誕生日と同じにしたの。
これなら、まあ忘れる事はないだろうから。

ぐるちゃん、お誕生日おめでとう。
毎日楽しく暮らしていきましょうね。

P1050199.jpg


何事もなく元気元気、ぶいぶい!
はいはい、それが何よりなのよ。

P1050194.jpg


これは無残にもぶった切られたクレマチス。
こんな風に木の枝の様に太くなっていたのに・・・『草とっても良いですか〜?』の結果。
まあ仕方が無いので、根は残っているから、また丹精して、次回は工事に耐えうる様に這う位置を低く横にと誘引してみよう。

P1050196.jpg


そして矢車菊(矢車草)のクラシックファンタジックが発芽していた。
成程丈夫なんだわ。

でもね、ええっと、一粒ずつちゃんと播いたつもりが・・・あはは、なんといい加減なのかしら〜?
これでは定植前にいくつかは間引かないと、淘汰されて育たないだろう。

細かいものが見えにくい&ピンセットの扱いが下手になった=老化なんだけど、誰にでも与えられるであろう事なのだから、出来る事をのんびりと楽しんでやっていくのでOKなのだと考えている。

☆さびちゃんは気配なし。
そして毎日通っていらした方と全く会えない&フードも置いていない、となると、あの方が連れ帰られたのだろうと考えるのが妥当かも。

小皿にドライフードを残しておくと無くなって入るけど、ドライフードは鳥さんの好物でもあるので、お皿が空になっていても不思議ではないし。




posted by みいしゃ at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐるこさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

雨漏り

体調が良くないのに次々とトラブルが起こり、不必要に時間が取られて。
困ったもんだな〜と思うけど、これはこなさねばならない仕事だと思って、色々と対処していくより仕方がない。

雨漏りがあって、原因は出窓の防水に難ありだろうと言う事で、本日東側の出窓二ヶ所と階段に付いている窓の外側に足場が組まれた。
階段の窓の外側には明らかな難があるとの事だが、出窓部分がはっきりと判らないそうだ。

東南の角でしかもだらだらの坂道を下りた場所・車は一旦停止してさらに北へ向かうか(一通なので)右へ曲がるか。建物にも一番負担がかかる位置なのだそうだ。
ひょとしたら屋根?との事なのだが、建物の外側はマンションでは共有部分だそうで、住民は個人では勝手な事は何もできないので、修繕は早急にと願っている。

突然の出来事で工事も突然。
一階の出窓にはモンタナ系のクレマチスを這わせていたのだが・・・防水工事の都合上と言う事で、あっと言う間にクレマチスは取り払われてしまった。
何年かかったかしら?とがっかりなのだが、『引っこ抜かないで、切って』とお願いしておいた。

お庭の東側はまためちゃめちゃで。
心が萎えそうである。

P1050191.jpg



ぐるちゃんは元気、パツンパツン。
「ある」は三ヶ月目。

(マットは代えたの、MUJIのに。)

☆さびちゃんの行方は判らず。
暫くいつもの定位置でたたずんで待ってみたが、頭上から小さなドングリがバラバラと落ちてくるのみ。

☆猫さんの訃報に接した(勝手にフォローしていたのだが)。
ブルータスよお前もか・・・という結果。
(愚痴です。誰にも判ってもらえなくても構わないので。)




posted by みいしゃ at 22:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

異変?

首を切られた猫とか鳥とか・・・気味が悪い。

ただ人間が人間を殺してしまう事件も起こることだから、誰かがうっぷん晴らしのために弱きものを殺しているのであれば、対象が人間になってしまう前になんとか対処を出来るならすべきだろう。

動物愛護法によると、遺棄も立派な犯罪なのだが、某SNSでも譲り受けた純血種を若い奥さんの妊娠が判ったので公園に遺棄されて、それをまた警察に届けもせずに新しい飼い主を募集したりしている。
届ければいずれセンターへ回されて殺されてしまうから、と言うのが募集の理由だったのだが、これは違う。
・・・と、そう書いたら、募集ごと削除されていた。

確かにセンターに収容された犬猫の命をなんとか繋ごうと、本当に毎日の様に『どなたか助けて〜』と言う叫びがFB等で回ってくるのだが、犬や猫と暮らす事はいい加減な気持ちだけではとても無理なのだから、私等は反対に心が締め付けられて麻痺してしまっている様な感じである。

私が通う公園も、20年以上かかってやっと黒ママとめ〜ちゃんだけになったのに、ぐるちゃんが捨てられて結局ウチの子になり、その後のさびちゃんは保護出来ぬまま、今年の仔猫は若いママさんが奮闘努力してもらわれて行ったの。

そのさびちゃん・・・
此処一ヶ月あの子を憐れんで通ってくださる人が居て、ゆくゆくは持ち帰りたいと。

お家には他にも猫さんが居るとの事なので、私が検査した時はFelVが+で、お耳は蚊のアレルギーだと説明はして。
アレルギーは移らないけど、ウイルスは移りうるし、それにさびちゃんは他の女の子とはいたって仲が悪いからご家族ともよくご相談なさってくださいと言ってあった。

『他の猫と別にしてでも・・・』『だってこんなにして待っている子は今迄に居なかったから』と。

この間から段ボール箱を工夫してハウスを作り、雨の時には傘を立てかけ、『目立つと危険だとは判っています』ともおっしゃっていたのだが・・・。

本日その箱が消えて、周辺はお掃除が入り、さびちゃんとは会えなかった。

ぐるちゃんもさびちゃんも、出会ったときから抱けたから、元は飼い猫だったのだろうと思う。
ぐるちゃんと出会ったのが2012年の4月でさびちゃんが7月。
ぐるちゃんは生後半年ほどで、さびちゃんはすでに大人だった。

さびちゃんは3kgもないような小柄な子で、毛色が寂色だから・・・子供にまで追いかけられたりして・・・。
人間は分別のあるはずの大人でも全員が猫好きではないし、子供もそうで、年寄りも身勝手で意地悪な人が多いし。

異変でなければ良いな〜と思っている。
わんぱくマラソン開催のため公園占有のお知らせが出ていたから・・・その準備のためのお掃除だけだと思いたい。

明日は少し早めに様子を見に行こう。




posted by みいしゃ at 23:11| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

うんうん

元気活発ではないけど、もう大丈夫だろうと思えてきた。
雨は大したことはなく、あがってからお庭へと思ったけど、本日はまだ自重。
悪化しなければ、ゆるゆると回復していけば良い。

P1050190.jpg


ぐるちゃんは、今日は此処・ベンチの上。
薄い小さな毛布を追加してあげたのが気に入ったのかも。

お猫様用の毛布やヒーターはまだ本格的に出していないのだが、そろそろすぐに使える様に点検しておこう。
「ある」が好きではなかったので物置に仕舞いっぱなしの「ねころん」はぐるちゃんは使うかしら???



posted by みいしゃ at 23:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐるこさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

を読んでいる。

活字が好きで。
乱読で何でも読むのだが、これは面白いと思う。
(台湾名が読みにくいのを除けば・・・ね。)

まだうっすらと頭痛がするので何処へも出かけないから・・・ぼちぼちとで、一気ではない。
すぐ終わりそうなのだが、自重して。

頭痛の原因は、多分、急激な気温の変化=季節の変わり目に負けたのかな〜と思う。
ぐるちゃんだって、この二日程は私のベッドに沈み込んでぬくぬくしていて。
今まであまりこんな様子は見掛けなかったのだが、フミフミモミモミ・ウッチョリとしていた。

今月中に三種混合ワンクチンを打ちに連れていこうかと考え中。
何頭かワクチンの抗体検査をしている猫さんたちを見ていると、初年度にきちんとワクチン接種を受けている猫さんは抗体がしっかりあって、毎年の接種をする必要のない子がほとんどで。

でもまあパルボは怖いし、いつなんどき状態の悪い猫さんを預かるかもだから、追加ワクチンもしておこうかと。

ただぐるちゃんはワクチン接種後は食欲が無くなり元気消失という副作用を伴うので、彼女の身体の状態をよく観察して、なおかつ私の状態が良い時を見計らって・・・と考えている。

三種ワクチンの抗体検査は外注になるけど、何処の動物病院でも依頼できるので、うまく利用していきたいな〜と考えている。




posted by みいしゃ at 23:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の病気&薬考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

やれやれ

頭痛止まらず。
大した事は無いのだけど、なんとなくボ〜っとした感じで何もしたくないので、ぐるちゃんを抱いてゴロゴロしていた。

でも折角この間種蒔きの準備をしたので、矢車菊(矢車草)の種蒔きだけでもと頑張ってみたのだが・・・。

FYG140.jpgygurumagiku.jpg


この画像はタキイさんからお借りしたもの。

キヨミさんのブログで育てていらしたのを見て、種を買い求めた。
他の矢車草の種と同じ様なのだが、今の私にはちょっと無理だったかも。

種まきトレー土を入れてピンセットで一粒ずつ・・・なんて思ったのだが、風が吹けば手元が狂うし、きちんと種が掴めなくってこぼすし。

80粒と言う事だったけど、地面に落としてしまったものは何処へ行ったか判らずで、これはもう無理だと理解して、程々の鉢に種をばら撒いて少し土をかぶせて、種まき完了としてしまった。

10日〜二週間で発芽と言う事だが、果たして発芽して本葉が展開するのは、その内いくつなのかしら?

紙コップに土を入れて、室内でちんまりじっくりとやれば良かったなぁ、と反省。
と言うか、オルレアとか朝顔とか、ある程度種が大きくなければ、私にはもう無理なのだと実感した。

種をまいて育てて、お花を楽しみ、また種を収穫して・・・と言う、日本の四季に合わせて、秋に種をまけば春に、春に種をまけば秋にお花が楽しめると言うものは、壮健でこぼれ種で勝手にそのサイクルを繰り返すのではない限り、もう目も根気も続かないんだわ。

二週間後あたりに、どんな報告が出来るものやら?
どうもall or nothing (いちかばちか)の様な気がして・・・いる。

直播でもOKと言うものだそうだから、そういった情報に期待しておこう。




posted by みいしゃ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

頭痛

火曜日には友達に誘われてランチへ出かけて、昨日は野良仕事。
そして今日はなんだか草臥れて頭痛がして不快。
風は強めなれど、秋らしく青い空で爽やかだったのに。

若いころの元気印のみいしゃは何処へ行ったのか?と思うのだが、あまり無理のきかない身体になったようだ。
テニスをしてムク(柴)といっぱいお散歩をしていたのが嘘みたい・・・。

まあ仕方がないので、自分の限界をきちんと知っておくのがよかろうと思う。

P1050185.jpg


ブラックティー(バラ)の上に何か葉っぱが落ちてきたのだと思ったけど・・・

P1050186.jpg


よ〜く見たら・・・なんとバッタさんだったわ。
ええっと、殿様バッタさん???

あまり農薬を使わないので、こんな感じでウチのお庭は虫さんの遊び場になっているらしい。

頭の尖がったショウリョウバッタさんも結構いるし。
少なくなったとは言え、蝉の抜け殻もいくつか見つけたし。

コマルハナバチやカミキリ虫にはめったにお目にかからなくなったけど、昆虫が楽しく飛んでいる自然は愛でたままで・・・お庭の手入れをしたいものだと考えている。




posted by みいしゃ at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

お片付け

良いお天気だったのでお庭へ。
急に気温が下がったから、本当はお家の中の片付けの方をしなければならないのだけど、お庭も急ぎたくって。

風はあったけど、まあまあ気持ちよく。
元気な普通の人なら小一時間で終わりそうな事をのんびりゆっくり三時間近くお外に居た。
これこそが私にとっての運動だろうし、気分転換でもある。

P1050184.jpg


ブラックティー。
ウチに入ってから撮ったので、ぶれてボケているけど。

この夏はバラを3鉢も枯らした。
クリスマスローズも野田園芸さんの派手なセミダブルやピンク系のセミダブル・・・をどうやら枯らしてしまったようだ。
セミダブルのクリスマスローズこそが好きなのに、全く残念だと思うけど、数が多すぎて管理が行き届かなかった結果なのだから、残っている物をちゃんとお世話していこうと考えている。

種蒔きの準備は完了したけど、肝腎の種蒔きは後日早目に。
あまり急ぐと失敗しそうだったから・・・。

☆FBでは過去の投稿のお知らせが来るのだが、二年前の今日は娘があ〜ちゃん(現コロ助君)をシャワーに入れた・・・って。
仕事帰りにスマホで確認したと言うので、どれどれとこのブログの二年前の今日の記事を見てみたら、濡れたあ〜ちゃんの画像がちゃんとあった。

あはは、あ〜ちゃんまだほっそりとして大人猫さんにはなっていなかったわね〜。

◎急な寒暖差で、風邪を引いている人がいっぱい居るそうだ。
ウチは皆だれも寒い等とは一言も言わず、誰も風邪は引いて居ない。
でもくたびれ過ぎない様にしてしっかりと食べて・・・元気で過ごしていきたいと思っている。



posted by みいしゃ at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

一気に・・・

気温が下がって、今朝の最低気温が14℃。
さすがに長袖にしたわ。

P1050178.jpg


そのせいか、ぐるちゃんはあちこちと居場所を替えて、今日は此処。
別に何処に居ても良いのだが、姿が見えないとちょっと心配になる。

でもこの子は何処に居ても、私が『ぐるちゃ〜ん』と呼ぶと、ちゃんと反応して顔を見せるの。
「呼ばれた!」と言うのが理解できる程度の知恵はあるらしい。

P1050179.jpg


何事もなく元気。
それこそが一番だと思う。

☆今度はノーベル物理学賞を、東京大宇宙線研究所の梶田隆章教授(56)とカナダ・クイーンズ大のアーサー・マクドナルド名誉教授(72)に授与、と発表。
(小柴 昌俊氏・・・ウチのすぐお近くにお住まいで、以前はよくそのお姿をお見かけしたのだが最近は全くで。お元気なのかしら?)

素晴らしい日本人に祝福を!

☆それにしてもTPPで一躍脚光を浴びた感のあるバイオ製剤なのだが、日本でもアクテムラという薬剤が開発製造され、広く世界に普及している。
○外薬品さんなのだが、保護期間の短縮は莫大な研究費に関して云々(回収できないと研究が狭まる)とわざわざ取材に対して企業としての立場を嘆くものかしらね〜?
ジェネリック薬品の製造ですそ野が広がれば、「競合」してより良い発展が望まれるなんて意見もあるのをお忘れなくと言いたい。

「人のお役に立ちたい」と公言なさっている大村智氏とは根本が違うのだろう。

作用が違うから、オレンシアをもし替える事になった場合、私はアクテムラは使いたくない・・・と思った。




posted by みいしゃ at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

イベルメクチン

ノーベル医学生理学賞に選ばれた大村智・北里大特別栄誉教授、おめでとうございます。

「私の仕事は微生物の力を借りているだけ。私自身が偉いことや難しいことを考えたわけではないので、私が(賞を)頂いていいのかなという気持ちです」・・・と、こんな事、立派な人だから言える事。

イベルメクチンは人間には勿論の事、私は保護猫さんの疥癬治療(ヒゼンダニ)に使用してもらってとてもお世話になった。

乳飲み子だったのに、潜伏期間が一ヶ月以上あるのだそうだ。
しぃふぁ君・ぽっきぃ君・そしてナナちゃんとハチ君の時は先に真菌の培養をして+だったもので、疥癬の治療が遅れてしまい、結果濃厚接触だった私にまで疥癬が移ってしまい・・・。
私だけで、家族には誰も移らなかった。

疥癬なんて今まで何度も保護猫さんお外猫さんで経験していたのに、たった一度のイベルメクチンの投与で完治出来るのに。
もう二度とあんなへまはすまいと心している。

http://miesha.seesaa.net/article/217549185.html
4年以上も前の事。



posted by みいしゃ at 23:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

お片付け

一旦ストップ。
みんながウチに居ると自分のペースで動けず・・・なんだもん。

で、やはり土を改良すべくホームセンターへ。
素材を買っただけで作業は後日。
でも本当は急がねばならない。

こぼれ種が発芽して、早くもオルレアの本葉が展開し始めているのを見つけてしまったから。
寒さを待たずに、もうそろそろ保存している種をまいても良いみたい。

自分の生活の中に「ある」は存在していたので、「ある」が居て当たり前、普段の生活は出来ていたのだと思っていたが、植物の手入れはなんといい加減だったのかと、いまさらながらにそう思う。

そして体力はかなり衰えてきつつあるとも痛感しているので、枯らしてしまったバラはもう諦めて、新たにバラを求めるのは、今度こそ止めようと考えている。

P1050177.jpg


ティネケ。
すっかり開ききってバラとは思われない容姿になっていたけど、一輪をみんなに。
夏剪定も肥料の追加も結局は出来なかったのに、それでもポチポチとお花を付けてくれて・・・。
高い所で小さいながらも咲いているキャラミアやブラックティーを眺めて、なんとなくもの悲しい。

でも明日からはまた頑張ろう。

☆TPPの事。
テェーペェーペェーって発音するの〜?
そう聞こえたんだけど。

バイオ新薬の保護期間に関して、やれ後進国の僻みだとか開発には大変のお金がかかっているのだとか、貧乏国が云々と言う様なツイートなどがあって、正直凹んだ。

私が使っているオレンシアもアメリカの製薬会社が開発したバイオ製剤で、日本では小野薬品が販売している。
粉末だそうで、それを生食に溶かして静注。

4週間に一度の投与で、その都度血液検査や診察が入るので、料金が4万円弱(体重60kg程度まで)。他に飲み薬や湿布薬等があるので、1週間に1万円の医療費がかかる。(3割負担の場合)
年間で50万円以上。
飲み薬や湿布薬等はすべてジェネリックにしていてこのお値段。

私がバイオ製剤を勧められたのは今から3年以上前だったのだが、やはりこのお値段がネックになってぐずぐずと開始を遅らせていたのだが、昨年の6月には体調悪化でしかたなく7月から使い始めたの。

高額ゆえ使用を躊躇している日本人だって私以外にもいっぱい居ると思う。

お金持ちで健康な人には何でもない金額かもしれないけど、完治が無いような病気に毎年高額な医療費がかかるのは、私には大変。

そう言う状態の人間が居るのを知っての発言のなら、なんとまあ・・・である。

◎『実質的に8年とする妥協案で折り合った』そうだ。
オレンシアは2010年の開発だから・・・後3年。
3年後にはジェネリック製品が出来るのかどうか???




posted by みいしゃ at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

暑い

ちょっと動くと暑くって。
道行く人はすっかり秋仕様のスタイルだって言うのに、私は半袖で自転車時だけちょこっと羽織る程度。

securedownload.jpg


マー君が正式譲渡となったそうだ。
先住猫さんと取っ組みあって、楽しそうね。
♂×♂(もちろん両方ともに去勢済み)だと相性が良くないとおっしゃる方も居るのだが、オス同士だって普通は全く平気だと思う。

元気ですばしっこいから、脱走にだけは要注意。

2、3年もすればかなり落ち付くのだが、猫さんはお外にも興味津々なのだから、人間が注意してあげましょうね。

☆お片付け、お片付け
頑張らなくっちゃ。


posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝までに猛烈な雨が降ったそうだ。
ずっと降り続いた訳ではないから、雨に因る何らかの被害が出てはいない。

「道路がすごかったよ」と息子が言うのだが、私は全く知らず。
この所寝そびれていたのが、昨晩はその分ぐっすり寝ていたのだろう。

東京では爆弾は一時的だったようだが、北海道ではまだこれから雨に注意なのだそうだ。
台風もまた・・・と言う事だし。
自然は人間が簡単に変えられるものではないし、上手に付き合っていかねばならないのだろう。

☆お日様は少し出たし、風も少し。
お洗濯ものを済ませて、キルトマットも洗った。

さて何を敷こうかと考えて、引っ張り出したのがこれだったのだが、敷いてみると気に食わない。
いったいいつこんなものを買ったのかしらね〜。全く記憶にない。

P1050174.jpg

これは止めよう。

ウチには不用品がいっぱい。
少しずつ整理しなければならない。



posted by みいしゃ at 00:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする