サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2015年03月31日

満開

南風が強く、気温は23℃以上に上昇して。
ついに染井吉野が満開となった。
桜は美しい。

道路側からディアナちゃんちのお庭の桜が綺麗・・・と見とれていたら、当のディアナちゃんがお散歩途中で、私の方へ突進してきた。
犬を好きな人と近寄っても喜ばれない人の区別は一瞬で付くゴールデンさんなの。
別に私を「みいしゃ」と認識しているのではなくって、「この人の近くには行ってもOK」といった感じで。
娘にも息子にもお尻ごとお尻尾フリフリ。

此処のお宅はディアナちゃんが二頭目のゴールデン。
セントバーナードから始まってキャバリア、そしてゴールデンのナイナちゃんと最後のディアナちゃん。
猫さんも二匹残っている。

広いお家とお庭があって、勿論お金もお持ちよ。
ただ、それだけではなく、しっかりと覚悟もお持ちで。

ナイナちゃん亡き後、さんざん迷ってディアナちゃんを迎えられたのだが、お庭を整備し直されて、どうしてもお散歩に出られない時にはお庭ででも運動ができるようにとウッドチップも厚く敷き詰められて。
犬だけではなく近所の人間の子供たちも遊びに行くほど。

犬猫が好きなのは判るけど、勝手に殖やして破たんする人に、こう言った覚悟のできる人を見せたい。
そして、これは動物を保護する人だって同じではないかと思う。

誰も好き好んで病気になるわけではないけど、人間の都合によって保護された状態からの移動を余儀なくされるのもこれまた哀れなものだなと思う。
やはり分をわきまえよ、ではないだろうか?

P1040782.jpg


ぐるちゃん、ぐるちゃん、大きなお尻がはみ出していますよ〜。
ぐるちゃんは安心して良いわ。
決して捨てられないから。

☆「ある」はご機嫌は悪くないけど、食欲は旺盛とは言えない。
なんとかしっかり食べて欲しい。




posted by みいしゃ at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

通院終了

「ある」の通院がひとまず終了。
ステロイドの減薬は?とお訊ねしたのだが、昨日と今日とで、注射の薬剤を加減してあるから、特別な事はしなくても良いと言うお返事だった。

完治と言う訳ではないけど、暫くは様子見で、『食餌が進めば・・・』さらに口腔内の状態は改善するであろうとの事。

通院期間5日。
お天気に恵まれたし、桜の様子を見ながらだったから、私の気分は落ち込みなく、さっさと切り上げられて良かったと思う。

きちんと飲み薬が与えられれば、別に毎日通院しなければならないと言う訳ではなかったし、持続性の抗生物質やステロイドを注射でという手段もあったのだが、何しろ「ある」は老齢だし、癲癇発作や腎臓の衰えも鑑みて、私が毎日の通院治療を選択したの。
色んな選択ができるから、獣医さんと相談して人間の方も無理のない様に・・・と思う。

歯石に関しては食欲があって良く噛んでドライフードを食べられる場合はヒルズのt/dがお勧めで、ぐるちゃんならこれかも。
粒が大きいし、しっかり良く噛んで食べられれば、かなり有効よ。

勿論毎日の歯磨きができれば、それが一番だろうけど、猫さんの歯垢を毎日とってあげると言うのは猫さんも人間も忍耐と努力が必要とされると思う。

他には「ある」の様に、パキンと歯石を外してもらうとか、もしくは麻酔下でスケーリングをしてもらうとか。

人間と同じね。

P1040781.jpg


ぐるちゃんは此処。
今日は暖かいのにね〜。

☆染井吉野は満開一歩手前。
一斉に花開きつつある。



posted by みいしゃ at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の病気&薬考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

独居

P1040778.jpg


あらぁ〜今日はお一人様ですか?

動物病院から帰ってややふてくされ気味。
感情を出せるようになったって事ね。
お口がしっかり締まって、涎で汚れる事はもう無い。

P1040779.jpg


そうそう、お昼寝たっぷりでお願いします。

口腔内右上側はほぼOK。痛みは無いだろうとの判断。
左上側が今一歩なのだが、経過は順調。

キャリーを出してきて、私が先にコートを羽織って、さて「ある」は?と見回すと姿が見えず。
なんとお茶を飲んでいた娘の後ろ側に隠れていた(つもりらしかった)。

勿論すんなり見つかってキャリーへイン。
踏ん張ってみても、今の状態では無駄だと判っているのだろう。
お顔は十分に丸っちいけど、身体は細・細。

最近は猫さんに関しては目指せ20歳、いいえ25歳だなんて言われるけど、本当はお年は関係ないと思う。
持って生まれた身体の状態が違うのだし、人間同様若くして病を背負いこむ場合もあるので・・・
その子なりに楽しい思いをしながら辛くなければ良いな〜と願っている。
ただしそれには必ず人間と係っている事が大事ではないかしら?

☆東京杉並の染井吉野は5〜6分咲き。
昨日頑張ってコーヒーの木はお庭へ出して。
本日は気温は高めに推移して、なおかつ曇り空で雨も少し降ったので、ちょうど良いタイミングでお外生活へ戻せたのだと思う。

室内でもかなりきれいなグリーンは保てるけど、命を燃やしていくには人工の環境より自然の光・風・温度の方が良い。
でも耐寒性が劣るから、こう言った植物でも人間と共存していくには、人間側がそれなりに気を配る事が必要って事ではないかしら???

さて、また新しい週が始まるから、しっかり生きていきたいな。




posted by みいしゃ at 23:21| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

今日こそポカポカ

一気に春〜、ぽかぽかだった。

午前中に「ある」通院。
上右側がかなり良くなって、左側が今一歩。
良くなりつつあるのが目に見えるので、ちょっと安心した。
でもその割には食欲が上がってきていないので、本日はビタミン剤も追加。
まあ元々そんなに暴れん坊ではないせいか、今日などはほとんど保定は要らない。
注射の針が入る時は少しぴくぴくしているけど、後はすんなり。

ただしキャリーに入ったまま。
上がパカンと開くし獣医さんの方が移動したり工夫したりしてくださるので、「ある」は箱ったままだから、負担は少ないと思う。

P1040777.jpg


お日様いっぱいポカポカで、マンションでお昼寝。
やはりまだ「ある」の方が偉いのかも。

P1040769.jpg


スイートアリッサムがモリモリ。
桜は4、5分咲き。

明日の雨の予報が夕方だけになっているから・・・
桜は一気に咲き進むだろう。

posted by みいしゃ at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

軽減

「ある」通院。
ぐっすり眠った後で舌はもう出ていなかったのだが、経過を診て欲しかったし。

一部歯肉の赤みは減って・・・反対側はまだ痛そうだったので、本日も注射。

帰宅後は日向ぼっこをして、のんびり。
撫でるとグルグル言うし、ついでに大あくび。
あくびの後は、またそのまま眠り。
眠る事で回復を助けるのなら、これは良い事だろう。

ただステロイドを打っているのに食欲が回復していないので、もう暫く慎重に観察して手は打っていきたい。
しっかり食べようね。
お薬も大事だけど、身体を整えるには食べる事もとても大事なんだから。

お天気は良かったけど、午後から風が強く、期待したほど気温が上がらなかった。
そりゃあ真冬とは大違いだけど、結局ヒーターを付けて。
明朝までが最低気温が低いそうだから、明日以降にコーヒーの木をお庭へ出すべく場所をあけて準備済み。
明日気温が上がってお外生活に戻ってもらおうか、それとも週明けまで待つか、ちょっと思案中なの。

☆明日はミグノン譲渡会
なにやら多頭飼い崩壊現場からのダックスさんとチンチラ系の猫さんがいっぱいの様だ。
途中放棄はして欲しくないなと思うけど、それが幸せな再出発に繋がるなら、早く見切りを付けてもらった方が絶対に良い事も確かだと思う。

どうして素人さんが勝手に繁殖をさせてしまうのか?その理由は私には判らないけど、保護されている子にお申し込みが入りますように!!!


posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

「ある」のお口

「ある」通院。
腎臓のせいでもあるんだけど、口腔内が・・・

と言う事で、鎮静や麻酔はもう使えないので(使う気がないので)キャリーのキルトカバーでぐるっと巻いて私が保定して、目立った歯石をとってもらった。

元々門歯に欠損はあるのだが、歯自体はいたって丈夫で一本もぐらつきは無し。
でも、歯石のせいもあって歯肉炎が痛そうで。

とりあえず、抗生物質とステロイドを打ってもらった。

これは一度では無理だな〜と言う感じなので、明日も口腔内の状態を診てもらって注射&ぺリオフィール等の使用も検討してもらおうと考えている。

歯石をとってもらった後の口腔内の違和感ありあり。

P1040773.jpg


舌が引っ込まない。
出していた方が痛みが少ないのかも。

涎が少し垂れていた時間もあったのだが・・・

P1040774.jpg


夜にはこうやって舌を仕舞ってお口を閉じている時間も長くなったので、多少は快方に向かっているのだろうと思う。

ステロイド効果=副作用で、何か食べたいとは思っている様なのだが、最初はキドナが精一杯。
その後「とろとろペースト」は舐め食べて。
ではa/d缶は?とお勧めしてみたのだが、今晩は要らないのだそうだ。
それなのに、ぐるちゃんのチャオ缶をほんの少しハグハグして・・・歯をぎしぎしいわせてみたり。

ドライフードを食べなくなってから一気に歯石が溜まったのだろう。

歯磨きの習慣を付けられなかった私のせいなのだろうけど、年をとって具合がすぐれなくなると連鎖反応の様にこうしてトラブルが重なる。

この一年で一気に「ある」の身体は衰えたな〜と、悲しいのだが、年をとった猫さんを愛おしいと思う心は衰えはしない。

さっき身体をブラッシングしてあげたらちゃんとグルグルフルフルと気持ちよさそうだったし、ぐっすりと眠る事は出来ているので、明日には今日より身体の状態は良くなっているだろうと・・・。

もう一回、キドナをお勧めしてみよう。





posted by みいしゃ at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

せめて・・・

冷たい風がもう少し穏やかなら・・・と思うほど、体感温度は真冬並みだと思った。
乾燥してパリパリだし、私は平気だけど花粉が大量で、しかも黄砂だそうだ。

あと数日なんだそうだが、早くこの寒波が過ぎて行って欲しい。

公園の池にはいつの間にか大きな鯉が戻って、先日は泳ぐ赤耳亀も確認できた。
でも飛んで帰るのであろう鳥はまだ滞在中よ。
キンクロハジロ』と言うのだそうだ。

コガモの様な茶色っぽい方が♀なのだそうだけど、ちょっと薄暗くなり始めている時の遠目では、私には区別がつかない。

鳥に関しては、公園にいらっしゃる人の中には熱心な人も居て、カルガモとコガモ、そしてこのキンクロハジロの保護を目的として団体を立ち上げられるのだそうだ。
『保護って何をするの?』って訊ねてみたら、『人間が苛めない様に。怪我や病気が疑われる時は捕獲して保護を・・・基本は餌付け』なのだそうだ。

確かに羽の関係か、一年中公園の池で過ごすカルガモも居るのだが、野鳥だし、何処まで人間が手を出すべきか難しいのでは?と思う。

11062256_777016535726932_2606438041210381713_n.jpg


ぐるちゃんはぽっかぽか。

でも「ある」がぐっと調子を落としているので、獣医さんにまた見てもらおうと思う。
口腔内のトラブルだろうと思うのだが、お口の中はなかなか嫌がって診せてくれないので、困った・・・。




posted by みいしゃ at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

開花宣言の後

グ〜ンと寒い。

お昼近くにお庭に出ていた時は全然平気だったけど、その後で買い物に出かけたら風の冷たい事ったら。
自転車で風を切るととても冷たかった。

春一番は今年は東京では観察できなかったそうで、それはその年によって気候条件が違うから不思議だと思わなかったけど、今週末には桜は満開だろうと言う予報は裏切られそうである。

杉並は東京では西部で田舎に属するから都心より少し気温が低め。
従って、ちらほらと染井吉野は花開きつつあるが、まだまだだと思う。

そして私のコーヒーの木は毎年最低気温が5℃を上回ってからお外生活へ戻そうと決めているのだが、木曜日までは止めておいた方が無難だろう。
気温がもっと上がってからだと、室内の弱光に慣れているため、直接お日様に当たると一気に日焼けして葉っぱが傷むし。
丈夫な植物だが、室内と外への移動時だけ、人間が少々配慮しなければならない。

またしても殺人やら飛行機事故やら。
ちょっとだけど地震も。
平凡でも坦々と過ごしたいな〜と思う。

ぐるちゃんは元気、「ある」はまあまあ。


☆南部鉄の鉄瓶は・・・
結局オークションに出して、無事落札されて昨日発送し、福岡なのに今日もう届いた。
お道具は使ってこそのものだから、是非普通に使って欲しい。



posted by みいしゃ at 23:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

私感

高校教師が生徒に穴を掘らせて、仔猫を埋めて処分したとかというニュース。

ここぞとばかりに動物愛護法違反であるとか酷い酷い猫が可哀想だとか・・・
確かに猫を殺すのに生徒に手伝わせたのは間違いで、だから生徒側から情報が漏れたの?

ただ猫さんが仔猫を産むのを黙認している人は存在するのだし、生まれた子を川に流したり、親から取りあげてゴミ置き場や他の場所に捨てると言う事も存在する。

氷山の一角だと思う。

先生はどうすれば良いのか判らなかったそうだけど、だったら調べてね。
そして他人を巻き込んだ事に対しても反省をして、これからの行動に生かして欲しいと思う。

小城直樹さんがブログで書いていらっしゃるのが目に付いたので、それを紹介したい。
オギ☆ブロ
この方は言葉でこその啓蒙をなのかもしれないけど、私は言葉にするなら何か一つでも殺された猫に対してだけでも・・・何か一つでも実働をと願っている。

それとさんざん虐待だ間違っていると喧々諤々パブリックコメントでも大多数の反対があった京都市の条例があっさり通った。
正式名が「動物との共生に向けたマナー等に関する条例」。
最初は「動物による迷惑等の防止に関する条例」(仮称)だったの。

罰則は10月1日からと言うもので、” 市は「条例は給餌を一律に禁止するのではなく、適切に行うことが目的。野良猫の命を軽んじるものではない」と説明している”そうよ。http://www.asahi.com/articles/ASH3M7W7KH3MPLZB024.html

これに関しては今まで地域猫には無料で不妊手術代を行政側が負担していたので、何をいまさら知らなかったとか忙しくって・・・等と言う屁理屈は通用しないのでは?と思っている。

私が知る限り、東京に置いても「猫が哀れ」と思っての給餌が、大変な問題を産みだしている場所も多々あるのを知っているので、罰則云々と言うより、お外で暮らさざるを得ない猫さんとどういう風に係っていくのが良いのか、今一度考えてこれ以上猫さんを増やさない様に、人間が係って行って欲しいと。
これは単純に私個人の望みである。

程々に、が良いと思う、罰則云々ではない。
毎年仔猫を産み続けている猫さんは哀れだし。
事故や病気で死んでいっても平気な顔をして(そりゃあ一時的には悲しんでいらっしゃるのだろうけど)、ただただ給餌をする事で、結果としては飼い主の居ないお外暮らしの猫さんを増やして、どうなさりたいのだろう?と、私は猫さん同様人間の事も心配になる。

人間だって病気になるかもしれないし、その内死んでしまうのにね。
大きな自然災害が起こるかもしれないし・・・。

動物愛護って何なのかしら?と、ちっぽけな事しか出来ない自分が嫌だとも思う。




posted by みいしゃ at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

のんびりと

暖かくなって薄着になったけど、朝晩はやはりヒーターをオン。
もう暫くなのだろうけど、光熱費がと考えないわけではないけど、やせ我慢はする事はないかと、「ある」共々ぬくぬくとしていたい。

ぐるちゃんは肉布団?脂肪?をいっぱい持っているせいか、ヒーターが付いていなくても、勝手に私のお布団の上に沈んでいたり、窓辺でお日様と仲良くしていたり。
ただ夜眠るときには必ず暫くは私のお布団の中へ入るのだと決めているらしく、べったりとくっついてグルグルフルフルのち引っくり返ったり向きを変えたり。
そして何故かふいと出て行く。
私が低体温だから一緒に寝てもあまり暖かくないのではないかと思うのだが、抱っこは好きではなくても、一緒にくっ付いてべったりするのは好きなようである。

私にべったりとくっついていた「ある」が一匹で自分のペースを好むようになってからは、「ある」はリビングで定位置。
それを好むのだから、それで良いと考えている。
「ある」が寝ている椅子の座面下には常時電気お座布団のスイッチが入っているので、冷える事はないだろうと思う。

P1040762.jpg


見てくれは特別どうって事はないのだが、香りが素晴らしい、香りの水仙。

P1040764.jpg


南側が好きらしく、どんどん分球して増え続けていて。
今年もいっぱいお花を付けたのだが、これは来年のために少し減らさねばならない。
地に植えるとこうなのね。
鉢植えと言う限られた狭さとは比較が出来ないほど旺盛に成長する。

P1040759.jpg


アーグチフリウス(立木のクリスマスローズ)も地植えで、特に難しい手入れはせぬまま、花茎は7本。

P1040761.jpg


お花畑風のクリスマスローズたちは場所の関係でほぼ鉢植えなので、少し華奢だから、数で勝負・・・かも。
(10種類のクリスマスローズが映っているのだけど・・・)

桜の開花ももうすぐと言う事で、春いよいよたけなわ。

☆「ある」は昨日通院。
今の状態を診てもらって、お薬などの調整をしたかったので。
ドライフードを食べてくれれば、口腔内の状態がもっと良いのだが。



posted by みいしゃ at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

春分の日

昼と夜の長さが大体同じって日。

近所のお墓にはお花がいっぱいで、お線香の香りも漂っていた。
お線香の香りは嫌いではないのだが、香りは色々と混じり合っていて・・・
うんっと、香りも無言の脅威になりうるかも。

1743551_10152879139508757_6315327571165443990_n.jpg


ミグノン譲渡犬の『いぶき』君が迷子。
場所はアメリカ・ユタ州 ・Solomere area of Deer Valley 。
現地時間3月20日お昼頃に見失ったそうだ。
当時はこの青いバックパックは付けていない。

とさっき此処まで書いた所で、無事帰ってきたとの報告があった。

"Thank you for your support dear friends! We searched until around 1am then pitched a tent at the trailhead where he was last seen. We woke to the rustling of dog tags outside the tent at dawn."

いぶき君は飼い主さんが最後の目撃場所に張ったテントに、自分で戻ってきたのね!

無事で良かった。

でも日本と違って広いんだし。
自分の名前はしっかり認識しているいぶき君でもこう言った呼び戻しに失敗する事もあるって事で、どういう風に犬と接すれば良いのか、お国柄も習慣も違うけど、二度とこう言った事がない様に、熟考&実践をお願いしたい。
犬猫の捜索は大変。
例え近くであったとしても無事に保護出来る保証はないし。
おろおろと心配して、せいぜい出来ることったら情報の拡散くらい。

いぶき君は、2011年の大震災後に福島で保護されたラッキーちゃんが産んだ子。
ラッキーズの一員だったけど、いつもラッキーだとは限らないのだから・・・。



posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

ぼ〜っと(笑)

曇っていて。
それでも気温が高いのでぼ〜っとしそう。
もうダウンコートは着ないな〜と思うから、そろそろ洗って仕舞おう。

お庭が花盛り。
本格的に寒くなる前に植え込んでいたパンジーやビオラは、寒い時期にしっかり根を張って、お花お花。

クリスマスローズは今からやっとお花を咲かせる物もあるのだが、早い物は結実しつつある。

そして勝手にこぼれた種から、あっちからもこっちからも芽が出ていて。
これをきちんと育てたら、二年後には足の踏み場もない程になるのだろうけど、今まではほったらかし。
色も形も判らないから、苗の状態では人様に差し上げるわけにもいかないし。

お花の咲いている鉢の中で、小さな芽がいっぱい出ている。

本来はきちんと種を採取して、秋11月に播くのが良いらしく、そうすると今の時期には葉や本葉が展開して、そろそろきちんと鉢上げをするのだそうだ。
クリスマスローズの育て方とガーデニングスタイル
(若泉さんはクリスマスローズの第一人者のお一人。一度直売所へ出かけてみたいと思っているのだが、こんなに足が悪くなる前に行けば良かったと・・・後悔。)

私のクリスマスローズの芽は全くの赤ちゃんで、今現在双葉のみ。

よく似ているエンジ色のダブル咲きがいくつもあるから、あれをお嫁に出して、チビさんを育てようかなとも考えるのだが、交配もしていないのだから・・・今あるお花と同じ様な物しか咲かないわね。

ギボウシやタイツリ草も芽を出し始めて、花海棠は蕾がもうはっきりと判るほどになっている。
すぐ桜の季節になるのだし、春は忙しいと思う。


☆「ある」は無事。少しまだ大人しくって絶叫が少ない。
本日で一旦投薬は止めてみる予定。

☆追記
3月19日は偉大なじょーやん君の命日。
今はノンちゃんと一緒の生活で。
猫さんを亡くすと言う事は本当に悲しいのだが、猫さんは悲しみを引きずるなんて事望んでいない、と言うか・・・人間の方がどんなに大変でも猫さんとの暮らしを望むのだと思う。
人間側に努力は勿論求められるけど、私も猫との暮らしは止められない。

3月11日は息子の誕生日でもあるし、サリン事件が20日で、その前日がジョーヤンちゃんがお星様になった日。




posted by みいしゃ at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

サリン事件&・・・

人が人を殺めて何が楽しいのだろうと悲しむ日。
ウチは娘がもう少しで巻き込まれそうになったので余計にそう思うのだろう。

荻窪駅の丸ノ内線のホーム入口にはかなり長く献花台があった。

お手伝いで早朝に学校へ出ていたのだが、直ちに学校側へ連絡して、のち、娘の声を確認するまではずっと電話のの前に居た。
今と違って携帯電話もなかったし。

旅行に出かけて銃乱射テロに合ってしまうのはなんともまあとも思う。

人が人を殺めるのはもう止めにしないとね。
放っておいてもその内人は死ぬものだから。

P1040758.jpg


ボケボケで酷い写真だけど、大根の花。
処分しそびれた結果なだけなんだけど、白いお花が可愛いと思う。


☆買わない事・飼わない事も愛護と言われる。
私は保護に関しても慎重に責任がとれないのなら、いっそのこと手を出さない方が良いのではと思ってしまう。

乳飲み子(東京ではそのほとんどが猫)が一か所でちんまりと落ち付いてその成長を見守るのが良いと思う。
移動はなるべく少なくね。

車の中でキャリーがちゃんとしていても移動そのもので体力が奪われるのだし、行き先での消毒(人間の手や環境)なんか細心の注意を払うのは難しい。

チビ猫さんを触る人はその可愛さについ手を出して、哺乳瓶を操る事になるらしいけど、ウイルスは目に見えないのに、飼育者が行動範囲を広げると、ウイルス感染を受ける危険性は室内一か所でちんまりと動かずにいる場合よりはるかに大きい。

幼い子には手当は大変だし、何かあれば猫も人間も辛いでしょうに・・・。




posted by みいしゃ at 23:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

お彼岸

二階のベランダから左斜めの方角にお寺さんの墓地がある。
浄土真宗だからお塔婆は立たない。
(私はあのお塔婆が苦手で、風で揺れているのを見たり音を聞くのが嫌。)

入口が一区画東なので、普段は全く墓地に入る事はないのだが、お花がぼちぼちと増え始めて、お彼岸なんだな〜と実感する。

ウチのお墓は両方とも遠く離れた場所なので、お彼岸だからお墓参りに行くという習慣はないのだが、亡くなった方を偲ぶ良い機会だと思う。
昨日のストックは友達が仏花を求める時に、私へのプレゼントを買ってきてくれたの。

ウチから見えるお墓はとても立派で、綺麗に管理されている。
お花が結構飾られるし、枯れた後の処理も素早い。
汚れているとか乱れているとかと言うのを見た事も無い。

でもね、前に廃品回収の旗がお墓側からではないと外せなくなり、当時お当番だった私は入口までてくてく歩いて、よそ様の御墓の通路をずっと通って・・・旗を回収に行ったのだが。
あんな立派な所でも、奥(ウチの方)には無縁仏となってしまっているのもいくつもあって、寒々しく無機質なプラスティックの立て札が立ててあった。

昔は永代供養ではなかったのかしらね?

だから、私はお墓を持つのが嫌。
いつ無縁仏としてうとまれるか判らないから、まあ法的に違反にならないように・・・どこぞへ処分して欲しいとちゃんと書き記しておきたい。


☆「ある」は今日は無事。
療法食は食べないけど、自分であちこちとお皿に顔を突っ込んでぼちぼち食べているから、たぶん大丈夫だと思う。

☆友達の猫さんは、獣医さんとも相談して、一服盛ったの(笑)。
お薬は30分も経たずして効果ありで、簡単にネットに入れられてそのまま動物病院へ。
ちょっと横向きになっていたそうだが、肉球は無事で。
お爪を全部切って、それだけで特別な投薬・治療はなし。

小さい時は私がお世話していた事もあるので、運搬もお仕事中の預かりもOKだと伝えてあったのだが、彼女の出勤前にすべて終わったと連絡があった。

決して触れない猫さんではないのだが、時と場合によっては暴れちゃうので、こう言う処置も仕方がないと思う。

ブルー君は夕方までケイジ管理。
彼女の留守中にふらふらして何処かから落ちたら大変だもんね。



posted by みいしゃ at 23:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

21℃

本日の杉並区の最高気温が21℃だったそうだ。
朝からポカポカでなんだか一気に季節がすすんだ感じだった。

P1040755.jpg


友だちに貰ったストックとフリージャー。
香りが『春』だと思う。

一緒にお茶を飲んで話をしていたら・・・
なんと「ある」がまた発作を起こしてしまった。

確かに朝から何となく変で食欲が喪失していて。
頭が痛いのかな〜元気がないな〜と思っていた矢先で、眠っていたのがふうっと立ち上がり、あ、と思った時だった。

涎が少し。
涎が出ると言うのは呼吸が止まっていて、発作時に涎を飲み込んでいないと言う事だそうだ。
ちょっと血が混じっているのは歯肉炎の悪化かも。

48時間ほどしか経っていない。

で、夕方から投薬(ジアゼバム=セルシン)開始。
様子を見ながら少し続けた方がよかろうと思う。
(獣医さんには電話で相談)
そろそろ手持ちのお薬がなくなりそうなので、「ある」も連れて行かねばと思っている。

のんびりとあまり苦しまずに、私の傍に居てくれるのが、私の最大の望み。
そう言った望みは何処まで叶えられるのかは判らないけど・・・。

季節の変わり目、気温差も大きいだろうけど、気配りは最大限にと考えている。




posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

ダブル!

P1040750.jpg


まだ完全には開いていないけど、セミダブルを期待していたクリスマスローズはダブル咲きだった。

P1040752.jpg


これが横顔で。
初めてのお花だし、小さめで可愛い事は可愛い。

「う〜ん、やっぱりダブったのね〜?」
「そうよ〜。別に〜変身したわけじゃなくって、元々こうなのに、勝手に人間が違うラベルを付けたんでしょう?」

セミダブルと言うラベルの苗は、半数以上がダブルのお花を付ける様な気がする。
私が望んだのはセミダブルだったのだが、多弁で色がリバーシブル気味でと可憐さがあるので、4月には鉢増ししてあげよう。

P1040754.jpg


そしてこっちは正真正銘のセミダブル咲き。
昨年お花の形と色を確認して購入したものなので、昨年同様のお花が咲きそうだ。
一本しか花茎がなかったのに、今年は三本。
鉢増しをしただけで本来の基本の土は落としていないけど、昨年の成長は成功ね。

まだまだ可愛いお花がこれから咲く予定。


posted by みいしゃ at 23:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

普通の日

家事してお花に挨拶をして、ごく普通の日だった。
「ある」は無事だったし、ぐるちゃんは勿論元気だし。

公園は巨顔のチャトラ君とは全く会えなくなり、同時期に遺棄された白い子がさびちゃんのご飯処にしっかりと現れる様になった。
さびちゃんはFelVが(+)だと確認できているので、一つのお皿に一緒に顔を突っ込むのは避けたいから、仕方なく別のお皿にご飯を入れて与えている。
しっかりと大人の猫さんだけど、若そうだから・・・私が最期までみてあげられるかどうか判らないので、実に困った事だと思う。
生粋の野良さんらしいけど、『ご飯頂戴、ニャ〜ン』と言えるので、その内なんとかなるかとも思わぬではないのだが、それには相当の努力を強いられる。

猫さんと係る事は人間と係る事なのだから、猫さんとの付き合いをどういう風にしていけば他人にそして猫さんに迷惑をかけずに済むのかを、是非一度考えて欲しい。

☆出しっぱなしのラン君は相変わらず出ずっぱりの様よ。
ヤン君の行方が全く判らないので、友人は犬の散歩時に公園にも立ち寄り、一応『ヤン、ヤ〜ン』と呼びかけるとラン君がぬう〜と出てくるそうだ。
確かにランとヤンはよく似ていて、飼い主の年齢も似通っているが、声が全く違うだろうに・・・。

さくらちゃん同様、ヤン君も生きているのかどうか?
死んでしまっていたら、誰かにその処理をしてもらった訳で、これもね〜・・・。
う〜ん。

結局は個人の愛情と良識に因らざるを得ないのかしら???

☆なるべく早く、家庭内野良さんの捕獲実施予定。
爪がおかしいらしいけど、どうしてもキャリーに入れられないそうで。
はい、これはお手伝いできるわ。
いきなりキャリーには無理でも一旦中ケイジに入れちゃうから、後は大丈夫。




posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

ある

午後三時過ぎに癲癇発作を起こした。
直前までは気持ちよさそうに眠っていたのだが・・・。
低気圧が近づいている訳でもないし。

前回から4週間弱。
癲癇に特化しての特別な治療はしていないので、仕方が無いとは思うのだが、こんなの私がドキドキするだけで決して慣れる事は無い。
その間10秒余り。

蒸しタオルを用意して、お顔を拭いて、と後処理は慣れたけど。

その後は落ち着いて、爆食して、暫くあちこちうろうろしたりしていたけど、今はいつものように定位置で落ち着いている。

P1040748.jpg


今の様子から判断すると重積にはならないだろうけど。

猫ドアを上手に通ってトイレへ行く。
ぐるちゃんに毛繕いしてもらって気持ちよ憂さそうだったし。
特別ご用は無いはずだけど、階段を上って娘のお部屋に行ったり。

ぐるちゃんは何事もなく、とても元気。



posted by みいしゃ at 23:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

本日は

通院日、オレンシア〜。

予約時間3分前に滑り込んだ。
『いつになったらかかる時間をもっとちゃんと計れるのか?』と息子は呆れるのだが、だって道路工事に引っ掛かったんだもん。
大回りをしてしまったから、5分以上はロスしたかも。

やっと肝機能も落ち付いて、血液検査数値で、正常範囲に無い物はあるにはあるが、こんなものかなと言う所まで来た。
やはりオレンシア(生物学的製剤)のお陰だろうと思う。
これでもっと関節破壊が治まれば良いのに・・・。

ただまたしてもや低体温で。
これは本人的には全く自覚症状もないので、困ったものなのだが、どうしたら良いのかしら?
朝ご飯をもっとしっかり食べるとか、より活発に動くとかかしら?
調べてみよう。

病院の前庭(地下駐車場の上)のクリスマスローズたちがいっぱいお花を付けていた。
葉っぱは枯れた汚いままのもあって残念で。
しかも全くお花が無い物があって、手の届く所の物を見てみたら、煙草の吸殻がいくつも隠し置いてあった。
病院だから、敷地内は全面禁煙なのだが、何処ぞの大臣のような一般人が居るって事ね。

地植えでちゃんと散水装置も付いているのだから、頑張れ〜と応援したい。
病院のクリスマスローズたちはほとんどがシングルで、色幅は広く、非常に逞しく成長はしていた。

P1040744.jpg


今は亡きdaikonさんのやや盛りだくさん過ぎるこの子は、これからが花沢山になる。

P1040741.jpg


そして、多分『あなたも「ダブル」のねぇ〜?』と声をかけてしまった、初めてお花を付けるクリスマスローズには・・・

P1040742.jpg


こんなラベルが付いていたの。
まあそう言った性質のものね。

蕾をそっと触った感触では、多分ダブル咲きだと思う。
完全開花は明後日あたりかと。



posted by みいしゃ at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

ハイシーズン

園芸店ではもう売れ残り位かもしれないけど、東京近辺では今がクリスマスローズのハイシーズンだと思う。
狭いお庭の中であの子にもこの子にもと、ご挨拶をしてその元気さを確認しているだけで、穏やかに時が流れる。

P1040736.jpg


白のセミダブル。
結構大きなテラコッタに植えっぱなし。
小さな苗を育てたのだが、立派に育ったものだと思う。

P1040733.jpg


東側道路から見た大人っぽいコーナー。
これから開くチューリップも白とグリーンの縞模様の予定。

南側はピンクあり、イエローあり、シングルだけでなくダブルもあって、クリスマスローズのお花も、より集めると可愛いお花畑になりうる。

たま〜に立ち止まって愛でてくださる方があると・・・お花も喜ぶのかもしれない。



posted by みいしゃ at 22:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

4年

東日本大震災からまだ4年なのか?もう4年なのか?
原発問題が解決には程遠いので東日本大震災からの復興は程遠いのだろうと思う。

東京だって亡くなった方もあり被害がなかったわけではないのだが、ほぼもっぱら支援に回った方だと思う。

色々な方面があるが、猫の事だけを考えると・・・
人間の死者の一番多かったのは宮城県で、ただ元々の人口などを考慮すると地震に因る破壊率は福島と宮城が同率なのだそうで、そして猫に関する事は福島の事しか聞こえてこない。

これはやはり人間も動物も故郷を追われたせい?原発のせいなのかしら?

ただ復興とは何かを考えてみると、あまりにもいつまでも嘆きが前面に出て、支援要請ばかりが目立つ団体さんが多いのは、私としては嘆かわしい。

そして支援に回る方も、現地の方の手伝いをしていると、ご自分が英雄になった様なふるまいや言道も目立ってきて、これこそ嘆かわしいと思う。

訳のわからない団体さんは大分淘汰されつつあるとは思うのだが、支援をしてそれを素晴らしいのだと誤解して居る人たちは、ご自分の居住地が疎かになっている場合、言い訳みたいに福島を持ち出すのは、それこそ福島で、現地で活動している人たちに失礼極まりない。

風化ではなくって、こう言ううんざりした思いが支援を妨げつつあるのではないかとも思う。

私はお外で暮さざるを得ない猫さんをなんとか減らしていきたいと努力して居る積りなのだが、だから安易に食べさせるだけ食べさせて、お腹をすかせるであろう猫さんを増やすお手伝いをなさっている方々が嫌で仕方がないの。

こう言った人間はウチの近隣でも存在している。
だから、そういう方には何が福島なの?と言いたい。
ご自分の行為や言動を美化するのはへ〜ん。

そして福島の方々も嘆きや支援を前面に押し出すのはもうそろそろ少しお控えになって・・・
自力での生き残りも視野の片隅に置いて欲しい。


☆本当の復興とはどういった状態を指すのか、私自身はしかとしたビジョンを持ってはいる訳ではないと思う。
だから今日ここに書いた事は単純に今みいしゃ自身が考えている事に過ぎない。
別に特定の個人や団体を批判しているのでもない。

でもね、今日だからこそ、自分はどうやって行くのがより良いのかを、考えてみてくださいね。


posted by みいしゃ at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

不安定なお天気

風は強くって冷たいし、晴れ間は長くは続かなかったし、(私は判らないけど)花粉がいっぱいだそうで。
「ある」が何となく不安定なので、お薬を飲ませた。

猫さんだけではなく勿論ワンコさんにだって脳神経系の不穏はあるのし、心臓系の疾患持ちの子も要注意だろうと思う。

P1040730.jpg


一年ぶりだけど、この子は頑張った。

P10407301.jpg


ネオン系セミダブル、リバーシブル。
派手さだけが自慢かも。
ちょっと猛々しいかもしれないけど、この子を見ると負けるもんか(何に?)と思う。
花茎が4本上がっているので、先進むとすっごい・・・はず。

グリーン系の物も咲きそろって、ウチのクリスマスローズは今週が見頃。


posted by みいしゃ at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

雨・雨・雨

・雨・なの。

朝は曇りながら雨は落ちていなかった。
お部屋からお庭を見て一番目立つ所に例の派手なクリスマスローズを置いているので、一番に目が行くのだが、お花が開き始めたいた。

後でちゃんとご挨拶をしなくっちゃなんて思っていたら、その後は雨が降り続いて、今現在も降っている。
ご挨拶は明日にお預け。

今日はなんとなく調子が上向かず、「ある」は良く寝ていたし、ぐるちゃんも・・・。
だから私もなんとなく何処へも行かずにくすんでいた。

で、あちこちブログ等を訪問して楽しんで、そして見つけたとっておきの一枚。

11008602_861361650573844_8155567349823356021_n.jpg

(この画像の権利は一般社団法人ランコントレ・ミグノンです。)

先日の譲渡会場での写真。
たぶんタカハラさんと言う♀の猫さんだと思うのだが、なんと可愛いのかと思う。
まだ仔猫だから、お口の中もピカピカで、健康状態の良さがはっきり見てとれる。
シャーしているらしいけど、舌ってこんな格好になるのね〜。
う〜ん面白い。

ミグノンさんにはこういった子から年を重ねてしっとり落ち着いている子まで、犬も猫もいっぱい保護されている。

みんな一度は不本意ながら嫌な目に会っている子たちだけど、死ぬまでがずっとお猫入りお犬入りのチャンスが続くのだと、私はそう信じている。

前回の譲渡会では犬猫合わせて6頭にお申し込みが入ったそうだ。
みんながトライアルへ出発できますように!
自分のお家ができますように!!!


posted by みいしゃ at 23:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Rencontrer Mignon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

いないいない・・・

いないいない・・・

P1040728.jpg


ばあ!

1911888_688330601262193_5305994919080752879_n.jpg


『なあに言ってんだか』のぐるちゃん。
息子が携帯で撮った物。
昨年の秋らしいけど、可愛がってもらえるからしょっちゅう息子の部屋に入り浸っていて・・・。
お好きにどうぞ〜(笑)。

でも一体全体何を狙っていたのかしらね〜すっごいお顔だわ。



続きを読む
posted by みいしゃ at 23:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

寒い

真冬とは違って、雨も大したことはなかったけど・・・
寒〜かったわ。

P1040727.jpg


一旦暖かったからか、寒さはちゃんと感じているようで、「ある」はホカペの上、ガスヒーターの前。
少しお薬を使ったので、ある程度はご飯を食べた。

起きている時と眠っている時がはっきりとしているので、気分は悪くないだろうと思う。
2月の癲癇発作は16日の一回のみだった。
あんなもんおこさない方が良いし。

今日晴れ間を見て獣医さんにお薬の相談に行ったのだが、「ある」はお留守番で検査もしていないし、特別に今何をするべきでもなく、嘔吐していると言う腎不全の18歳の猫さんを抱っこさせてもらって帰ってきた。

明日もお昼過ぎまではこんなお天気らしいから、私は「ある」「ぐる」と一緒にのんびりする予定。

ミグノン譲渡会にはまたたくさんの方が来てくださるかしら?
今の時期は保護期間の長い子ばかりなので、その分身体の状態がしっかりと落ち着いている子が多いはず。

みんなにお申し込みがありますように!


posted by みいしゃ at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酸素室

ちょっとしかお日様に会えなくって、もう雨が少し降りだしている。
低気圧が近づくと、どうも体調がすぐれないのが「ある」と私。

「ある」はちっとも食べてくれないので、あれやこれやとお勧めして、さっきキドナをきっかけにやっと少しは食べてくれた。

明日も明後日もお天気は良くないそうだが、すっぽりと低気圧の中に入ってしまえば、また調子は落ち付くであろうと・・・期待しよう。

酸素室.jpg


結局友だちは酸素室をレンタルした。
獣医さんが色々と提案してくださって、その中から友だちが納得して選んだのだそうだ。

FullSizeRender.jpg


多分これが最新式なのだろうと思うけど、完全密封式ではなくって。
タオルは湿度の調整のために掛けているのかも。

この酸素室と酸素濃度を(空気を利用して)あげる機械の距離を60cmは開けねばならず、それは機械をお部屋から出してしまえば難なくクリア。
振動が・・・と言う事で、その対策に何やらマットを敷いて。

でも作動音が結構気になるそうだ。
『ずっとお洗濯ものを脱水して居る時の様な感じ』との事なのだが、色々と対策を講じる事の出来る人が言うのだから・・・う〜む。

今の所脱水があるとの事で、毎日獣医さんへ通っているのだから、獣医さんにも良策が無いかお訊ねして、獣医さんとこの器械のリース会社の担当さんとも相談するのが良策だろう。

私もオキシクールと言う酸素濃縮機を持っているのだが、それよりずっと性能が良いものだと思うので、パンフレットのコピーを送ってもらって、検証したい。


☆都内で多頭飼い崩壊らしく、ミグノン代表がレスキューに入られた様だ。
全頭ミニチュアダックスで、個体識別確認を済ませ、順次避妊去勢手術を手配済みだとか。

詳しくはミグノンHPで(発表があり次第)ご確認くださいね。

ワンコさんとて同じ。
不用意に殖やしていって破たんするとは・・・ワンコさんたちが哀れである。

(日付が変わってしまって。でもこれは6日の分。)


posted by みいしゃ at 00:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

私感

わざわざ書くほどの事ではないのかもしれないけど。

ウチの近くに杉並区の施設がある。
プラネタリウムを備えていて、小中学生に宇宙に関する知識を与え、諸々のその他の実験等をさせていた。
他には広く一般区民にも開放されることもあり、お月さまや彗星を観察したりもしていた。
史上初めて自然に発生したニュートリノの観測に成功した小柴氏がすぐ近くに区民としてお住みなので、その関連の展示等があったり。時には公園のドングリでおもちゃ作りの指導をしたり。
其処がプラネタリウムや建物の老朽化を理由に老健施設に建て直されるそうだ。

広報ではすでに決定した事項となっていたと思うのだが、『今のまま存続を』と願う人がいらして。
公園にやってくる人に口頭でおかしいおかしいと騒ぎ立てる事から始まって(これは昨夏の終わりのころ)、今日は私が反対運動の署名を求められた。
『住所と署名を、捺印は要りませんから・・・』と。

そんなもん口頭で説明されたって時間ばかりがかかって私などはちっとも理解できない。
大体あなたはどなた?
訳も判らず署名等は出来ない、とお断りしてきた。

物事には順序を踏まねば意味をなさない事が多々ある。

川崎で起こった少年たちの事件にしたって、ネットの世界では情報が交錯し、最初とは違った少年の名前が出てきたり、事件の全貌を我々が正しく知るには、まだまだ時間がかかると思う。

それを沢山の人が少年法の見直しをだとか、それより前に名前の公表がどうのこうのとか、もの凄く騒ぎ立てている。
べつに騒ぐのはご自分の意志であれば構わないけど、ただ騒いでいるだけではただの烏合の衆であるのだと言う事をお忘れなく、と思う。

抗議をするなら、理由をはっきりさせて、いえまずは自分がどこのだれかときちんと表明して、きちんと道筋をたてて、しかるべき『行動』をとらないと、それはただの陰口にしか過ぎない。

一部の週刊誌が少年の名前を公表したのだそうだ、顔写真を添えて。
それを聞き知って溜飲を下げた人も居そうだけど、これ等はまだ現行の少年法の違反である。
ただし、週刊誌側はその理由をきちんとあげて公表したそうだからまだマシかも。

私は、烏合の衆には、今のところなりたくはない。


☆明日が満月。一年の内で一番小さく見える満月だそうだ。
ふう〜ん。お月さまを見上げる時間によっても人間の感覚なんて実にいい加減なものだから、十数パーセントの見えるサイズの差なんて、きっと私には判らないだろう。

今日の夕方のお月さまはほぼ満月に近い丸で、雲に下半分が隠れたり、お月さまを横切る雲の流れが面白くって、なかなかの見ものだった。

細々ながら、「ある」は食べて・・・ご機嫌は悪くはない。
で、ぐるちゃんはるんるん!



posted by みいしゃ at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

クリスマスローズ

春の雨の後、気温が上がるとクリスマスローズの花茎がぐんと伸びてくる。
此処まで来ると、今期もうお花が咲かないものが確かになる。

ラベルは付けているのだが、ふと気付くと判読不能なほどに書いた字が消えていて。
去年も気を付けていたのだが、今年はさらに花色くらいは判るようにしておかねばならない。

それでも昨年「花なし」と書いておいたものが今期咲きそうになっている物もあるので、また来年を楽しみにしようと思う。
お花が咲かないのは、ひとえに私のお手入れが行き届かなかった結果なのだから、来年は・・・と。

P1040723.jpg


これはこれから花開く、野田園芸さんのネオン系の派手派手のもの。
花茎が4本になったから、花開くと派手〜だろう。

P1040722.jpg


立木のアーグチフォリウス(コルシカス)は今こんな状態。
東側に植えっぱなしで10年以上経っていて。
お花が咲いた後はその茎は枯れてしまうのだが、そのころには下からまたムキムキと次の茎が成長し始めているので、結果一年中グリーンを楽しむ事が出来ると言う代物なの。

白梅が花盛りだし、やはり春はもうやってきているのね。

花粉が飛んでお辛い方も多いかと思うけど、さくらに先駆けて春を彩っているお花がたくさんあるので、どうぞ今のお花も愛でて欲しいと願っている。

☆猫さんの動きがまだまだ不穏。
不妊手術をお考えの方々、どうぞ今の時期を逃さないでくださいね。
すでに出産を終えている子、只今妊娠中の子も多いと思う。
お外で暮さざるを得ない猫さんを増やしていかないのも愛護。


posted by みいしゃ at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

雛まつり

女の子の健やかな成長を祈る節句の年中行事と言う事なのだが、まあ私も女性だし、素直に女性を祝う日だと思う事にしたい。

ぐるちゃんはマグロを食べたわ。
で、「ある」はマグロではなくてモンプチが良いのだと言い張ったから、モンプチで。
「ある」はおじいちゃんだし、食べたいものがあれば何でも食べてくれれば良しとしている。

そしてゆず(文)ちゃんは・・・

2015-03-02_01.12.10.jpg


ご馳走をと言う事なんだけど、何を貰ったのかしら?

なんだかより美猫になったな〜と思う。
ね、そう思うでしょう?
(と、賛意を強要してみる・・・あはは。)
お鼻もあいかわらず三毛色。

自分の居場所があるって事は本当に素晴らしい。
猫さんは人間と一緒に暮らすべきだと思う。

ゆずちゃんを捨てた人or迷い猫にした人、まあ遺棄した人、ゆずちゃんは楽しく暮らしていますからね。
川底で途方に暮れていた記憶はもうないはず。



posted by みいしゃ at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

晴れると、春になったのだなと思う。
北海道では吹雪の所もあるってのが信じられないほど、東京の日中はポカポカだった。

お庭へ降りて・・・
もう大きな作業は今の所する必要はなく、どんどん花開くクリスマスローズの確認をしたり、鉢の場所をちょっと入れ替えたり。

まあ残念なことに、今年花開いたラベルにセミダブル(アネモノ咲き)と記してある物は二株共にダブルだった。
一つは濃いピンクと言うか、エンジ色に近い色で、もう一つがピンクだった。

これでエンジ系のダブル咲きは4鉢にもなってしまった訳で、確かに一つ一つのお花はちゃんと違うけど、う〜んこれはもう何処ぞへお嫁に出したいかも。

セミダブルのラベルの付いたものがもう一つ。
これは昨秋に求めた苗で、今シーズンのお花が無理だろうと思っていたのに、蕾が上がってきている。
ピンク系であるのは確かなのだが、果たしてどんなお花が咲くのかしら?

メルクリンと言うものでなければ、クリスマスローズは花幅があるものなのだが・・・
折角苗にラベルを付けるなら、ラベル通りのお花が咲いて欲しいから、これはまた生産者さんに頑張ってほしいと思う。
でもどんどん交配していくものらしいし、種を蒔いてからお花の確認まで最低二年はかかるのだから、苗の状態での花色&形状の判断は、難しい望みなのかもしれない。

世の中の不穏な事件に反応してか、心なかなか弾まず、もたもたと私の行動も伴わなかった。
明日からまた頑張ろうと・・・。

posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする