サプリ注意 人間にとっては価値のあるサプリでも、猫さんには有害な物があります。 管理するのは『人間』です。 ご注意ください。

2014年07月31日

茗荷

P1040368.jpg


今年のウチの茗荷。
昨年ほど不作ではないけど、青龍(ホトトギス)が増えすぎて、茗荷の方が負けてしまったのだと思う。

お好きでない方もおありだろうと思うのだが、私は大好き。
今の時期は薬味として、そして八百屋さんに袋入りで大量に出回るころには甘酢に漬けこむ。

栄養学的にはどうってこともないものだろうと思うけど、夏には茗荷、茗荷は夏に限ると。



気温的にはまあまあだけど、湿度は相変わらず高く、これが日本の夏なのだが、やはり少しずつ疲れは蓄積していくようである。
夏バテには、私はとにかく食べる事&あまり冷たいものばかりを飲まない事くらいかしら?

今日で7月が終わりで。
6月末の最低な体調からはかなり上向いたので、今日するべき事は今日の内にをモットーに、夏を乗り切っていきたいものである。

☆今月の「ある」の発作は3回だった。
食欲がうんと落ちた時が要注意かもとなんとなく予測を付けている。

今日の夕食は友達が届けてくれた鯵。
腎臓食は進まないので、キドナ以外はまあだましだまし。
食欲を無くしてしまうとぐっと体調が余計に悪くなるので、私は彼が食べる事を優先している。


posted by みいしゃ at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文ちゃんの事

日付が変わってしまうかと思うが、これは7月30日の分。

今回文ちゃんに関して久々に個人で猫さんの人間家族を募集させてもらって居るのだが・・・
基本的には人間と一緒にお家の中に居て、途中放棄することなく一生をお傍に居てやって欲しいと、願いはそれに尽きる。

ただし猫さんと暮らすにはご飯やトイレなどのお道具が必要で、そして人間同様具合が悪くなる事もあるのでそれなりの医療費もかかる。
これは団体さんから猫さんを譲り受けるのと同様で、ただし『これでなければならない』と言う言い方をしていないにすぎないと言うのはご理解いただきたいの。

いわゆる『厳しい事』を募集に書いていないせいか、未成年や何でもいいから猫をとおっしゃるのでは・・・残念ながら・・・私とて望まれればどなたでも良いと言うのではない。

私は文ちゃんには人間と一緒にお家の中だけでのんびり同じ時を過ごして欲しいだけなのだが、それはやはり文ちゃんに対して愛情のある生活であって欲しいと願っている訳で。

私は猫さんの味方でありたいと思っている。
そして文ちゃんは、(かなり辛い目に会ったのに)人間をとても信頼しているので、そういった猫さん側からの人間に対する信頼を裏切らないように、ある意味それなりに努力が出来る人間に文ちゃんを託したいの。

募集サイトの掲載依頼を増やした。
募集ポスターを制作中。

ただの雑種の猫さんでしかも大人の猫さんでも、ペットショップに売っている様な美人さんでなくても、文ちゃんは文ちゃん。
犬でもウサギでも狸でもネズミでもなくって、文ちゃんは普通の三毛猫さんよ。

家猫として人間と一緒に暮らしていって欲しいな〜と。



posted by みいしゃ at 00:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

いつでも里親募集中

文ちゃんをいつでも里親募集中に掲載してもらった。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-215468.html

川に落ちているとの情報が得られたのが12日の深夜。
13日にはパトカーが来て警察官が捕獲に失敗して、その後何度も捕獲器を仕掛けて、文ちゃんを保護出来たのが17日。

迷子猫さんかもしれないから、『文ちゃんを知りませんか〜?』と情報をばら撒いてみても全く反応なし。
川の近くの方々もこんな子は見た事がないとおっしゃるし。
甘えん坊で人見知りもほとんどないから、この子は野良さんではないし。

ひょっとして捨て猫さんかと考えると、これはもうこんな酷いことはないだろうと思ったので、私がなんとかしてあげたいと思っている。

文ちゃんはまだまだ若いわ。
持って生まれた身体の状態は今後どうなっていくのか判らないけど、人間と一緒にお家の中で暮らしていける素養は既にしっかりと身に付けているから、それにこたえる形で、一緒に暮らそうと考えてくださる方が居れば・・・死ぬまでお傍に置いて欲しいと願っている。

10568941_712978858737378_2640792812298570368_n.jpg


ぐるちゃんは今日もどって〜ん。
文ちゃんもこうやって人間に守られてのんびり暮らしていって欲しいものである。

ぐるちゃんを拾ってきたのは、彼女が生後半年ほどの時。
右目の炎症はなかなか治らなかったし、肝機能の悪化には驚いたりしたけど・・・
今はもう安定している。
『僕の猫だ』と息子が決心したから、死ぬまでのんびり好きなようにウチで暮らせば良い。
決して飼育放棄はしない・・・から。



posted by みいしゃ at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

イブピアチェ

P1040366.jpg


あっと言う間に花開いた。
今日はまあまあ過ごしやすかったのに、冷蔵庫ではないとこんなものらしい。
でもまあ私は満足。

新しい週明けだが、気も滅入る様なニュースもあるし、世の中本当に楽しいことばかりではないけど、出来る事はやっていかねばならないだろうと思う。

文ちゃんの鉢巻き?ヘアバンドの様な白く見える線は、本日もう一度確認してみたら、あれはあの部分だけ毛が立っているせいだった。
画像で見ると笑っちゃうような『線』なんだけど、文ちゃんは文ちゃん。
与えられた模様は本猫のせいでも無し、これはこれで楽しくって宜しい。

そしてウイルスチェックの結果はFIVとFelVは両方ともに現段階でマイナスだった。
さあこれでまた一歩前進。
今度はあんな所に落ちない様に・・・お家の中で暮らせるように、みいしゃが頑張るべきだと考えている。

文ちゃんは文ちゃんで『ありのままで』元気で過ごしていけば道は開けていくのだと信じている。


今日は「ある」に鯵を食べてもらいたくって、西武線の方のスーパー二軒を覗いたのだが、すでにタタキになって居る鯵はあったものの、丸ごと一本は見つけられなかった。

「鯵が居ないの〜」と娘にメール。
「にゃんでかしら〜」と返信が来て。
娘は鯵をぶら下げて帰ってきた。

今日のはちゃんとしたサイズだったので、素焼きにしてぐるちゃんと半分こ。

美味しかったらしい。



posted by みいしゃ at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

thunder and lightning

ロックバンドではなくって、所謂雷鳴と稲妻。

窓から眺めていた稲妻は凄みを帯びて美しかった。
遠くから眺めていてこそだと思う。

これで猛暑は一段落かしら?
梅雨明け即猛暑の連続で、これは老体に堪えると言おうか・・・この調子では夏を越せるのかと危うい感じがしていたほどの気温が、今晩はやや落ち着き、ほっとしている。

たださくらちゃんの行方はいまだに判らず、再度設置しておいた捕獲器はいったん引き揚げ。
全く猫さんは入らないし、これはたぶんさくらちゃんと間違えて捕まえた三毛ちゃんの見間違えと判断せざるを得ない。

今の段階では、その三毛ちゃんと、川の三毛ちゃん(文ちゃん)と、もう一件はいつもどんな猫に関しても目撃情報が入る場所からの目撃情報だけで、それ以外の目撃情報は全くない。

だからこれは長期戦になるかもしれないけど、私自身は会えば必ずお顔が判ると自負しているから、ポスターの貼る範囲を少し広げてもらって、アンテナをいっぱい立てて、あらゆる情報を分析して保護に備えようと考えている。

また不幸にして命を落としてしまっている場合は、空家の片隅というのも大いにありうるので、そういった探りも怠らないでおこうと思う。

一体全体何処で何を食べていたかも判らないのに、ある時ふと目の前に探していた猫さんが現れたと言うような経験もしてきているので、希望は決して捨てる事は無い。

文ちゃんに関しては・・・たとえ飼い主さんが見つかっても・・・よほど念を押して猫さんと暮らす事はどういう事かを再認識していただいて、相当の覚悟を持っていただかないと、お返ししたくないと言うのが本音である。

P1040364.jpg


これはイブ・ピアチェ。
四季咲きなので今の時期でも小さいながらお花を咲かせるのだが、本日は悪天候の予報に基づき、雨の前に切ってお部屋に入れた。

切ってしまったのだから、違うかもしれないけど、お花だって手間暇かける他に、保護も大事かな・・・と思う。


☆そうそう、今日遊歩道でハクビシンに出会った。
お顔が良く見えなかったので、タヌキ?かと思ったのだが、あの長〜いお尻尾はまごうかた無き『ハクビシン』。甘いものが好きなのだそうだが、東京の住宅街で、一体何を食べて生きながられているものやら。
杉並はまだまだ田舎で自然が残っているのだとほっとする半面、タヌキやハクビシンと共存する事はどういった事なのか?
なかなか難しいのではと思う。



posted by みいしゃ at 23:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

ミグノン譲渡会結果

代表ツイート
《譲渡会成果》
☆犬チーム:虎印
☆猫チーム:とろり&ごろね、ササビ姉妹ニコ、はなまめ、マシュマロ兄弟メッシュ、こごみ、
☆合計7頭にお申し込みがありました。
暑いけど30家族も来た。ご協力ありがとうございました。

連日暑いのに、こんな時期でも犬猫たちが新しくお家を見付けられるなんて・・・素敵!

鉄粉(てつこ)姉妹とネジ君はまだ参加できないようだけど、仔猫さんは大人の猫さんよりチャンスはずっと長く続くのだから、焦る事は無いのだと(自分に言い聞かせている)。

P1040361.jpg


「ある」。
今月癲癇発作の回数が多いので、ちょっと心配しているのだが、のんびりと好きな様に過ごしている。
少ないながら、えり好みしながらでも、食べてくれているので、それがまず嬉しい。

ほとんどエアコン稼働している所を移動しているので、体力の消耗は少ないはず・・・と思っている。


posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

文ちゃん

文ちゃんの写真を(動物病院で)撮ってみたけど・・・

P1040355.jpg


横顔はまあまあ?

P1040354.jpg


なんなのかしら?上目づかいに睨んだ風で。
まつ毛が長すぎる〜?
アイラインが足りないの〜?

人間大好きで、ひょいと抱きあげても全く平気で人見知りはしない。
三毛ちゃんは頭が良くって、その分そう誰にでも媚を売らないものだと思っていたけど、文ちゃんは違う。

『人間の様にごくごくとお水を飲むの』と言う事なのだが、はてね〜?

でケイジに閉じ込められているのは相変わらず嫌いなのだそうだ。

ではケイジの外へ出してみると、悠然とお部屋の中を歩き回り、自分勝手に居場所を決めるとそこで落ち着いているのだそうだ。

まあいわゆる飛びつくような外見の可愛らしさには欠けるかもしれないけど、室内で自由気ままにしている分にはとても良い子だそうだ。

フードはドライでもウエットでもなんでもOKで、女の子としてはしっかりとした体型で筋肉も付いているので、バランス的にはお顔が小さめに見えるのかも。

お邪魔しませんから、どなたか文ちゃんをお家に置いて〜、と願っている。


続きを読む
posted by みいしゃ at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫さんの人間家族募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

朝から・・・

何なんでしょうね〜、この湿度と気温は。
日中もうんざりするような蒸し暑さで、そして夕方6時ごろから雷と雨と。

文ちゃんが居た川はあっと言う間に増水して、これでは人間でも流されてしまう。
雨の前にあそこから引き上げられて本当に良かったと思う。

今年は6月にも雨や雷が酷かった。
調布で雹が降り積もった時は、杉並でも音を立てて雹が降ったし。

いくら東京でもこんな事はなかったな〜と思う。

でも自然はいつも変化しているのだし、それに対処していくのが人間の知恵しかないのかもしれない。

昨日は判らなかったけど、今日は「ある」の涎の痕が確認できた。
やっぱりね〜と思ってみても、いつ発作を起こすのか?そのきっかけをきちんと把握できていないので、今月は発作回数が多いことだし、そろそろお薬も連続投与が望ましいのかもしれない。

でも『暑さ』が一つの要因だろうと思われるので、暖かい所に籠っていたり、ウチの中でも極端に暑いと思われる所に居る時は要注意。
エアコンをうまく使ったり風の流れにも気をつけよう。

それと、発作前はぐんと食欲が落ちている様な気がする。
だから、そんな時には前もってお薬を飲ませて様子を見るのも一つの手段だろうと思う。

難しいな〜と思うけど、見張っているのではなく見守ろうと考えている。


☆夕方の雨で娘が駅からすんなりウチへ帰れず、「ちょっと待ってるわ、雨雲ズームで確認したから」と連絡があった。
で、お土産は小さめの鯵1パックだった(笑)。

早速焼いて、「ある」「ぐる」パクパク。



posted by みいしゃ at 23:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

文ちゃん

まあなんでしょうね〜、この蒸し暑さ。
曇っていたと言うのにもわ〜んもわん。

そんな中、夕方文ちゃんに会いに行った。

文ちゃん、最初の日だけ『どうして閉じ込められなきゃいけないの〜?だちてくだシャ〜い。』なんてやったらしいのだが、ちょっとにぎやかでなかなか楽しい子よ、と獣医さんに言われた。

もうすでにスリスリのゴロゴロ。
野良さんのはずがない、って事で、条件付き(万が一飼い主さんが現れたら返却もありうる)ながら、人間家族募集に切り替えようと決心した。

口腔内をチェックしてもらって、推定年齢は3歳〜5歳。
『5歳にはなっていないと思いますよ〜』と言う事で。
とりあえずは検便(二回)、蚤ダニチェック(無し)をしてもらって居たので、さらにウイルスチェックをお願いしてきた。

避妊手術に関しては麻酔をかけてお腹の毛をそってよく調べてみないと判らないと言う事なので、まあ発情傾向が見えたら手術を、と言う事になった。

「ある」がまた不安定で、今日午後に軽い発作を起こしたらしいから、今文ちゃんをウチに入れてはあげられないけど、一旦係り合ってしまったので、なんとか私が頑張ろうと思っている。

「ある」の発作はしかとは確認できていないけど、二階で眠っていたので、ちょこちょこ様子を見に行っていたのだが・・・夕方動物病院へ文ちゃんに会いに行く前に階段で「ある」とすれ違った。
私には目もくれず、一階のドライフード置き場に突進してハグハグと夢中になって食べていたので、多分軽く発作を起こしたのだろう。

別に失禁もなく、涎の後も何処にも確認できなかったので、発作は起こしたにしてもごく軽かったのだろうと、これは私の希望的楽観。

本当は文ちゃんに係っている場合ではないのかもしれないけど、私は猫さんの味方でありたい。

ね、猫さんは人間がどう係るかによって、その猫生が大きく変わってくる。
だから、一旦猫さんと暮らし始めたら、お願いだから死ぬまでお傍に置いてやってくださいね。

私は文ちゃんを見捨てずに拾い上げて正解だったのだと信じている。
とてもそのこれからの一生を見てあげられないけど、なんとか命を繋いであげたいの。
それだけ。

文ちゃんの飼い主様、または一時預かり様を募集いたします。
皆々様、応援よろしくお願いいたします。



posted by みいしゃ at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

梅雨明け

東京、梅雨明けだそうでヽ(^◇^*)/・・・。
本当は厳しい暑さも苦手だけど。

P1040346.jpg


さあ今週中に干そうっと。
(現在はガラス瓶で仕込み中)

私はお塩だけ。
赤シソの揉みだし時のちょうど手が痛くって、赤シソはもう入れないでおこうかしらとも考えたのだが、ギュッと搾るのだけは娘に代わってもらった。

で、この色とシソの香りをかぐと、やはり入れて良かったなと思っている。

一旦お塩で漬けて、それから塩出しをして調味液でつけなおした梅干しが苦手なので、今年は自分で。
昨年は生活クラブのもので間に合わせたけど、八百屋さんの店頭で見かけた完熟梅のあの匂いに、まあ引き寄せられてしまった。

そんなに手間のかかるものではないし、ジップロックやお水を入れたペットボトルを重しに使ったりしてごく簡易に。


続きを読む
posted by みいしゃ at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

アナベル

まだまだ残しておいてもよかったのだが、アナベルをほとんど切った。
アナベルはかなり短めに切りこんでも、来年は新しく伸びた枝にお花を付けるので、好みの高さに調節できる。

お花はもうすっかりグリーンに変化しているのだが、そのまま花瓶に挿して楽しんでも良し、ドライフラワーに仕立ててもまた別の味わいがあると思う。

P1040342.jpg


私はこうやってカーテンレールにS字フックに引っかけて吊るしておくだけ。
(一つだけ青いのは今まで残っていたカメレオン)

P1040344.jpg


乾くとシックな大人色。
(少し柏葉紫陽花のスノーフレイクが混じっている)
で、時間が経つとベージュ色になっていく。

P1040343.jpg


紫陽花は猫さんには毒だそうだけど、それは猫さんも判っているようで、よほどお腹がすいていない限り、お庭の百合や紫陽花を猫さんが齧って大変なことになった、などと言う事は無いけど、まあ猫さんの手の届かないところに置くに限るとは思う。

右側に控えしは、私の猫娘・ぐるこ(Glory)さん。
此のところとても元気で、夜中に一人で遊び呆けているらしく・・・
カタカタと音が聞こえたり、朝にはおもちゃが転がっていたり(笑)。

カタカタという音はひょっとして「ある」が痙攣しているのでは?と心配して起き出したのだが、「ある」は私のベッドで熟睡していて・・・。
ぐるちゃんがなにやら楽しそうに走っていた。

ぐるちゃんもどちらかと言うとヴォイスレスキャットだから、多少はドタバタしても誰の睡眠も邪魔はしないから、ぐるちゃんが楽しいのなら、まあそれで良しである。



続きを読む
posted by みいしゃ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

なんだかね

訃報が続いて。
そしてそれはすでに終わった結果であって、知らぬ間にいつの間にやら居なくなってしまわれて、そんな時代になったのだな〜と。

死んでしまえば当人は判らないのだし、家族が最期を送ればそれで良いのだとは判る。

それでも著名人なら、いまだに盛大な告別式が行われているのを、なんだか不思議な気持ちで見ている自分が居る。

残されたものがどういう風にしたいか、それに尽きるのかな〜?

新幹線が新横浜まで運転見合わせだ等とニュースが入っていたが、激しい雨や雷はどうやら東京でも東側に近い地域だったようで、杉並は特にどうってことなく、ウチでは「ある」「ぐる」も平気だった。

週明けには晴天が続き、いよいよ熱帯夜に悩まねばならい様な、梅雨明けそして夏がやってくるのね。

私のリウマチもなんとかコントロールしながら10年が過ぎたが、例年なら暖かくなってくるに従って様々な症状が落ち着いてきていたのに、今年はもうどうにもならず。
自覚症状とCRP=炎症反応があまり同調しない方だったのだが、いよいよ自分でも辛くなってしまった。

で、今しばらくは自分で(寝たきりにならず)なんとか動きたいからと選択したのが生物学的薬剤。

私が使っている物は効果が出てくるまで暫く時間がかかると言われていたのだが、一度の点滴治療で、久しぶりにCRPが正常値になっていた。

自覚症状としても・・・
鎮痛剤の量が減ったのと、テンパッテは居たのだがなんとか猫さんの捕獲などに行動は出来た。
夜眠っていても、足がつって、その痛みで目が覚めていたのだが、それが無くなった。

医学は確実に進歩しているのだと思う。
7月7日と18日と点滴治療は二回終了。
アレルギー反応が出なければ今後は4週に一回、化学療法室=ケモ室に通う。

現実問題としては兎に角薬剤が高くって、これはもうなんとかならないのかと思っているが、まあ今後に期待する事にしよう。

自分の身体が発する事をきちんと受け止める事、決して自己判断をしないで、主治医をきちんと選び、何でも相談しながら・・・うまくやって行きたいものである。



posted by みいしゃ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

文月

陰暦で七月は文月。
少し雨が降っても蒸し暑いだけで、もう涼しくはない。
梅雨明けまでもう少しかしら?

P1040334.jpg


この子が昨日川からやっとの事で保護出来た子。
こうやって見た限りでは治療を要する怪我はなし。

P1040335.jpg


さくらちゃんや、間違えて捕獲した三毛ちゃんとはまた全く違うタイプの三毛さんで。
白をベースに茶と黒が飛んでいる。

P1040340.jpg


そして真っ直ぐで長いお尻尾だけに縞があって・・・。
まだ何も検査は依頼していないので、詳しい情報は判らないけど、私の判断ではまあ人間で言うなら『気の良い中年のおばさん猫』ではないかと思う。

ぐるちゃんの様な若さは感じないから、まあ4、5歳以上で、かといって老齢だとは思われない。
もうちょっと落ち着いてリラックスしてもらってからお口の中などを診てもらえれば、もう少し年齢の推定は出来るとは思う。

何故あんな所に居たのかは判らないけど、人馴れしているので不妊手術を確認してお耳カットしてリリースするだけでは、なんだかこの子に申し訳ないような気がして、結局動物病院に預かってもらう形で保護中。

ね、だからもし万が一この子が捨て猫さんで、飼い主がなるべく帰ってこれない様に川の下へ落としたのだとすれば、なんと恐ろしいのかと思うの。

とりあえずの呼び名は『文=ふみ』ちゃん。

あまり良い写真が撮れていないけど、迷い猫保護の形で情報を発信してみようと考えている。

川の一部を行ったり来たりはしていたけど、近隣の方々は「こんな猫さんは見た事がない」とおっしゃるし、家猫さんが何らかの事情でお外へ出ていたのだとしても『自分で帰ってくるかも』と様子見の状態である可能性もあるし。

この一週間はなんだか色々と重なってテンパッテいたので、少し落ち着いてより良い方法を考えてみようと思っている。

☆どうするのが良いでしょうね〜???


posted by みいしゃ at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

まず一匹

本日夕方川に落ちていた方の三毛ちゃんをやっとの事で保護出来た。

情報を貰ったのが土曜日の深夜。
で、今日は木曜日だから、なんと5日もかかってしまった。

川と言ってもこんな感じで、この下側の所に猫さんが居たわけで。

P4120222.jpg


遊歩道になっている所からは結構な高さがある。
(雨が降るとあっと言う間に増水)

上の柵を川側へ乗り越えるだけでも、私などには無理。

事を進めるにあたって協力者があってこそだった。

三毛猫さんは保護後直ちに動物病院へ搬送。
まず健康状態をチェックしてもらって、その後この子をどうしたら良いのかを考えなければならないから。

だって、三毛さんは絶対に野良猫さんではないと判断したから。

迷い猫さんが落ちたのなら、飼い主さんに連絡を付けたい。

そしてこの子が捨て猫であったなら・・・
これは恐ろしい。

どうしたもんかな〜と、まあ色々と悩み中。
まずは獣医さんとご相談なのだが、明日は朝から私は出かけてしまうので、ご相談は夕方か後日になる。

白が勝った三毛さんで、長いお尻尾はシマシマだった。

ご心配おかけいたしました。
とりあえず川からの救出は成功!

posted by みいしゃ at 23:21| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

暑いわ〜

日差しも強くって暑かった。

午前中に手術の終わった三毛ちゃんをお迎えに行って、(すぐリリースしても良かったのだが)これじゃあまりにも暑いだろうと思って、結局夕方までウチで涼んでもらった。
お陰でちゃんと排尿を確認して、缶フードをあげたらちゃんと食べられて、暇な時間はペットシーツをびりびりに引き裂いていた。
手術後は捕獲器ではなくてちゃんと小ケイジで管理しているので、可愛いお顔もばっちり観察したの。

P1040330.jpg


こっちの三毛ちゃんの方が迷い猫さんより小柄でお顔が丸く、でも歩いている姿等はそっくりだった。
迷い猫さんは女の子でもやや大柄で、オリエンタル系で足も長くすっとしている。

これでは夜に多分酔っぱらったおじさんが見間違えても不思議はないと思うのだが、おじさんは絶対に見間違えではないと主張なさるから・・・
迷子猫さんが居るものと想定して、まあせめて今晩位はと捕獲器はまた設置中。

でもね、このおじさん以外は誰もポスターの迷い猫さんを見ていないと言うのもちょっとおかしな話だと思う。

飼い猫さんだから、ウチの付近でうろうろしていた時には私だけではなく、家族はもとより他の人間にも目撃されていたんだもん。

見かけなくなったな〜と思ったその前には、大雨・雷・雹と悪天候が続いた。

まあ私が出来るのは情報の収集のみ。
無事でいる事を祈ろう。


続きを読む
posted by みいしゃ at 23:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

三毛ちゃん続報

ウチにお泊まりした三毛ちゃんを午前中に動物病院へ運んだ。

三毛ちゃんのお腹には赤ちゃんが宿っていて・・・
それはたった一頭だったけど、もう出産間際だったそうだ。

(実は思う所があり、実物を見せてもらったの。)
産ませてあげられなくってごめんね。生かしてあげられなくってごめんね。

三毛ちゃんは飼い主の居ないお外で暮らす猫さんらしい。
今晩は病院でお泊まりして、明日捕獲場所でリリース予定。

そして川へ落ちていると言う三毛ちゃんをやっと確認できた。
それは警察官が捕り物をした土管の所で。
すぐ近くの車の修理屋さんのお兄さんがご飯をあげた直後だった。

ちゃんと発泡スチロールのお皿にドライフードを入れてもらって。
『下へ降りてくださったんですか?』
『はい、可哀そうだったから。』
『フードは?』
『コンビニで買ってきました。』

『ありがとうございます。是非上へあげてあげたいので、お道具は用意しますのでご協力願えますでしょうか?』とお願いしてみた。

社長さんも一緒で、すんなりOKだったの!

今晩はご飯を沢山食べた後だったので時間切れだったが、明日にはうまくいくだろうと思う。
雨が降る前に。
でないと、猫さんは流されて・・・死んでしまうから。

こっちの三毛さんは白地に茶と黒がポンポンと飛んだ、いわゆる正統派三毛さんだった。
この子も飼い主が居ない猫さんだろうから、やはり動物病院へ入れて不妊手術をお願いしようと思う。
小柄だけどふっくらしているから、あるいはまた妊娠中かもしれないけど。

三毛ちゃんは護岸の下に桜の枝が折れて落ちている場所と土管との間を自由に行き来していて、お腹が満たされると、大きな枝の落ちている近くで横になってくつろいでいた。

頑張ってね。
私も努力するから。



続きを読む
posted by みいしゃ at 23:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

三毛ちゃんを探したら・・・

迷っているであろう三毛ちゃんを探したら・・・
川に落ちている三毛ちゃんの情報があって。
ポスターそっくりの三毛ちゃんの情報があって、捕まえてみたら、お顔は全く違っていた。

で、探している三毛ちゃんのお家には、全く違う三毛ちゃんがご飯を食べにくるそうだ。

これで三毛ちゃんが四匹で、今晩ウチにお泊りするのは、捕まえてみたら違っていた三毛ちゃん。
お外猫さんだと思うけど、このまま放したら、必ずその内仔猫を生むだろうと思うから。

どうなっているのかしら?と、もう笑うしかないかも。

ぽあん、みけ子、コミケ、そしてミミと4匹の三毛さんの命を全うさせるのに20年はかかったのに、探してみれば、まあ三毛さんってこんなにいるのね〜?

たった三日間で実に四匹もの三毛さんに関わるって、ほおぁ〜でしょう???

川に落ちているであろう三毛さんは一体どこにいるのかまったく姿を確認できないので、今晩はとにかくご飯を上から落とした。

さて、振り出しに戻ったわけだから、明日からの行動を再検討しなくては、ね?

posted by みいしゃ at 23:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

三毛ちゃん二匹

迷っているであろう三毛ちゃんに関しては・・・
情報の拡散が少しずつ進んでいるので、情報の提供もぼちぼちと出てきている。

ウチの近辺に何日も居たはずなのに、ウチの家族は全員が三毛ちゃんを気にかけていたと言うのに、探していらした飼い主さん側の意向がうまく伝わらなかったために、今こんな状態になっていて。
ごめんね〜と思っている。

私だって若かった事があって、その頃なら目に入る猫さんは片っ端から手を出していたのだが、今はもうとても無理。
変に手を出すと愛護ではなく愛誤になってしまうから、ノウハウは提供して応援するのみしかできない。

そんな中、(探している三毛ちゃんと)違う三毛ちゃんが川の護岸の下に落ちていると教えてもらった。
え、それを誰も何もしていないの〜?と心配になり、のこのこと見に出かけた。

私が着いた時にはパトカーが来ていて、若いお巡りさんが二人川へ下りて・・・
タモ状の網?を振り回して、土管の様な場所を覗いていた。

『もう全く下手くそなんだから。』と通報者の女性がプンプンとおっしゃるのだが、パトカーでお巡りさんが駆けつけてくれた事でさえもなんという進歩なんだろうかと、実は驚きだったの。

昨年死んだブッチャちゃんはやはり同じような場所で川に落ちていて、あの時は私がすべてを取り仕切って上へあげたのよ。(15年以上前に)

一瞬直ちに捕獲器を手配して私が・・・と思ったのだが、今後もこう言った事は起こりうるから、お若い近隣の人たちそして警察がどういう風にこう言った通報に対処していくのか?道を作ることが私の役目ではないかと思いなおした。
(なんてこれは綺麗事で、私は逃げただけかもしれない。)

案の定警察官はそれは警察の役目ではないとか何とか云々言っていたけど、明日にはセンターも動物病院とも連絡が取れるはずだから、私の要望が叶えられるのか否か?否なら連絡をくださいねとしてしまった。

三毛ちゃんの姿は見えなかったけど、通報者さんが『少し弱ってきているの、だから私煮干をあげたんだけど』なんだかかんだと・・・。

え、煮干?
ええっとですね、通報者さんは(実は私の知っている人で)今はバーニーズ(大型犬)とシーズーが居て、前には猫さんも飼っていらしたわよね?
お腹をすかせている猫に大量の煮干?

ふう〜ん、なのだが、素知らぬ顔をして・・・

『上へあげたら、三毛さんをどうなさるの〜?』と意地悪く訊ねてみたら、
『此処で放せば良いんじゃない!』と言うお返事だった。

さて、私はどこまで手を出すべきなのか?

缶開けて、ゼリーで固めた分だから、缶から出して落としたら少しは食べられるかな〜と用意していたら、なんと警察官が下へ下してくれるそうで。
では、と、発泡スチロールのお皿にドライとウエットをちゃんと盛って、それを渡してみた。

私は下へは降りられないけど、流石に若い警察官は狭い鉄状の梯子をタモを担いで(ご飯はそのタモの中で水平に保たれて)難なく降りられた。
それでね『どこへ置いたらいいでしょう?』なんて訊いてくれて。

これで今晩は大丈夫。
明日の動きを見て、うまくいかないようなら私の出番かなと考えている。

『どうして猫がこんな所へ落ちるのでしょう?』
『人間が落とすんです。』
『え?』

遊歩道に居る猫を脅かしたり虐めたりするから・・・。
猫が自分で落ちてしまうなんて事はまずありません。
突然痙攣をおこすとかって場合はありうるかもしれませんが、人間に(またはおバカな飼い主の連れた犬に)追われて逃げ場を無くすんです。

そう答えておいた。


続きを読む
posted by みいしゃ at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

湿度

東京は昨日と比べて何が違うの?
湿度ってこんなに気温の感じ方に影響を及ぼすものかと思った。
今日は暑いながらもどうって事はなかったもん。

でも「ある」がまた痙攣発作を起こしてしまった。
割と元気でご飯も食べていたのに、それでもこういった症状が出て、結局だんだん衰えてしまうのかな〜?
と少々どんより。

大体が久々に早朝に緊急地震速報の音で起こされ、緩〜いやや長い揺れは地震なのか眩暈なのかって。
ウチは大人だけだから、猫二匹の無事さえ確認できればまずは安心。
その後も何事もなく午後からのゆったりと落ち着いたお昼寝を確認していたのに突然の痙攣で、しかもちょっと長かった。

痙攣を起こしたのが夕方4時過ぎだったので、5時からの診察時間に合わせて通院してお薬の相談。

そして痙攣発作後はいつものように食べていたのに、夜になって吐いてしまい・・・
でもまあキドナは飲んだし、ちょこちょこと食べているので、今晩の所はこのまま様子見にすることにした。

暑さも痙攣の原因になりうるとの事だから、緩くエアコンは付けておくことにしよう。

「ある」の痙攣=癲癇発作はいつもぐっすりと眠っている時に起きるから、椅子やベッドで眠っている時も周囲に頭をぶつける様な危険さえ回避しておけばまずはなんとか対処できていると思う。
階段を転げ落ちる様な事はないはずなのだが、万が一に備えて余分な危険はないように配慮したい。

で、明日はミグノン譲渡会だけど、鉄粉さんたちはお腹に虫が居たのかしら〜?
ごめんね、ちゃんと検査して対処してあげられなくって。
多分明日は譲渡会への参加はない様だけど・・・自分のお家が早く決まればいいわね。


続きを読む
posted by みいしゃ at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

迷子猫さん

1さくら写真ポスター用.jpg


名前:さくら(呼ぶときはちゃーちゃん等)
特徴:猫/メス/三毛/黒多め、背中は黒と茶色のまだら、お腹と足は白 /大きさは普通(失踪時4〜5キロ)/短毛/9歳/尾長/赤にハート模様の首輪
迷い猫.NETより抜粋)

☆抱っこは好きではないそうだから、さくらちゃんを見かけられたら、敢えて捕まえようとはせず、まずは情報をお願いします。

みいしゃの家のすぐ近くの猫さん。

実は二度目の脱走で、一度目の時は三日ほどでお家に自力で戻ってきたのだそうだ。
その時の詳しい事情は知らぬまま、なんと此処に書いていたりして。
だから今度も帰ってくるものだと待っていらしたようだ。

でも今回の脱走は5月末で、既に一ヶ月以上経っている。

そしていつだったかもうだいぶん前だけど、私も息子もそしてたぶんぐるちゃんも・・・
この三毛猫さん=さくらちゃんを見かけていたって言うのに・・・情報の拡散が遅れていたがためになんと残念なことだろうかと思う。

私はお墓の塀からウチの方へ道路へ下りる三毛さんを見かけて、息子はその後『三毛がうろついているな〜』と私に言ったし、ぐるちゃんはお庭を見ながら挙動不審だった・・・って事はウチのお庭へ三毛ちゃんが入っていたって事だろう。

以前の様に「ぽあん」と「カブ」親子がお庭に、ミミが車の後ろ側に居る時だったら、ご飯はちゃんと出してあったし、寝床にも余裕があった。
でもミミを見送ってからは、不用意に猫さんのためにご飯を出す事はしていないし、寝床は一か所まだ作ってあるけど、それだけで。

私の事はOさん(パグの飼い主さん)からお訊きになったそうだが、そりゃそうよね〜?
別に猫さんに関わっていると言っても、商売ではないし看板をあげているわけでもないし。

女の子だから何処かのご飯処付近に潜んでいるのではないかと思う。

方向的にはウチから東南方向かも。
でも目撃情報がないと探しようがないので・・・
いまさらでもポスターとポスティングから始めなければと思う。

猫さんを貰ってもらう時には、『死ぬまでお側において欲しい』といつもいつもお願いする。
そのためには人間がしなければならい事はいっぱいあるのだが、それが出来て初めて、その子の本当の飼い主=人間家族であると言えるのではないだろうか?

震災の様に人間の努力だけではどうにもならない事もあるし、あるいは人間側が死を持って離れられなければならない場合もあるし。

でも敢えて私は、猫さんと暮らすなら、『死ぬまでお側においてください』とお願いしたい。

三毛猫さくらちゃん捜索に関しては私は単にお手伝いしかできないけど、でも本日より協力はしようと決心した。

飼い主さんの願いがさくらちゃんに届きますように!
ご飯処がありそうな場所を探して・・・まずは情報の拡散から。



続きを読む
posted by みいしゃ at 21:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

これから?

雨はまあ降っているけど、そんなに激しい台風がやってくるとは思えないな〜。

でもアナベルは切った。
動きそうな鉢は結わえたり倒して置いたり。
これから風雨が強まって、枝が折れたりとかなんだかあっても、それはもう坦々と始末するしかないとちょっと開き直り(笑)。

何やらこの所色々と心の騒ぐことが多すぎて、何をどう願っても結局はなるようにしかならないのだと言う事が嫌と言うほどわかった。

出来うる手は打って、気分をあげるのも自分次第かもと思うから、先回っての心配は程々にしなければならない。

アナベルはバケツに突っ込んだまま。
グリーンのお花を楽しむために少しは花瓶で楽しみ、数本は挿し木して、後はつるしてドライフラワーにしよう。

☆此処二日ほどは足が攣るのが落ち着いている。
鎮痛剤が一日一回で済んでいるのも有り難い。

鉄粉さんたちが居なくなったせいか、「ある」「ぐる」が静かで・・・。
でも「ある」の静かなのはちょっと不気味かも。

雨や雷にはほとんど動じないので、今晩ぐっすり眠ったら、台風が過ぎると人間も猫さんも気分はぐっと上向くのではないかと。
それに期待だわ。

☆皆々様もお大事に。
東京は午前三時ごろが台風が一番近付くそうだから、交通機関の乱れもあるかもしれないし。
そんな時は無茶な行動はしないに限ると思う。
多少の無理はお互い様、でもそれが無茶になると何処かに必ずひずみは出てくると思うから。



posted by みいしゃ at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

台風

大きな台風らしい。
どうか被害が最小限でありますように!

東京も雨。
ほんの少しの雨の止んだのを見計らって物置へケイジを仕舞ったのだが、ざっと見まわした所セアノサス(カリフォルニアライラック)が枯れ始めていた。

またもや湿度が高すぎるのが原因かも。
かなり水はけのよい土を使って鉢も地面から上げてあったのだが、セアノサスは私には無理だって事ね。
お花の色も形もとても好きなのだが、これはもう止めなければ。

植木がお庭の広さに対して多すぎるのも原因だろう。
風の流れが悪いもんね。

今日はほんの少ししか出来なかったから、明日は台風の進路等ニュースを聞いて、ある程度の対策はしなければと考えている。
ただし出来るかどうか?せいぜいベランダの鉢だけなんとかかもしれない。

・オルレアの種は採取済み。
・グリーンに変わってきているアナベルは明日切ってお家の中へ入れよう。
(半分はドライフラワーに。)

気温は高くはなかったけど、湿度にはまいってしまって・・・。
エアコンをオン。
だって「ある」が・・・と勝手に「ある」を利用した。

続きを読む
posted by みいしゃ at 23:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

鉄粉姉妹とネジ君

4匹はちょうど生後二ヶ月ほど。
しっかり成長して・・・
4匹を一つのキャリーに入れたら、「ある」より重かった。

本日鉄粉姉妹とネジ君はシェルターへ移動。
これから最終検便・ウイルスチェック・ワクチン等、必要な事を済ませて、いざ譲渡会へ参加となる。

検査をしてみないとどうのこうのは言えないのだが、全くトラブルなくしっかり成長してきているので心配はないと思っている。

さあ此処からが出発点。
風子ちゃんの様に、早めに人間家族が出来ると良いな〜。

☆珍しくぐるちゃんがチビ猫さんたちを探していたみたい。
「ある」がちっともくっ付くのを許してくれないからねぇ〜。

あ〜ちゃんと一緒に走っていたのと違って、チビさんの時はご飯の横取りに心を砕いていたのかも(笑)。
ドライフードはほとんど同じなのだから、お望みならウエットをまぶしたり載せたりしてあげるからね。



posted by みいしゃ at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 預かり猫さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

ぐるちゃん

10457919_703265296375401_8266556201586931981_n.jpg


私の大事な猫娘は・・・

10431519_703265283042069_8011121664975667447_n.jpg


どうやらお笑い系に育ったらしい。


娘が仕事から帰ってきたのが嬉しかったようで、どった〜ん・ぱっか〜ん。
これは一体何なんでしょう???




posted by みいしゃ at 21:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ぐるこさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

7/6日曜日

今朝4時過ぎに「ある」が癲癇発作を起こした。
私と一緒に寝ていたのですぐに気付いて・・・
前回の軽い発作が6月18日だったので、今回は二週間と少ししか間があいていない。

昨晩は特別変わりは無くご飯も割と食べた方だし、どうしてこんな風になるかが全く分からないので対処のしようもない。

発作の後は・・・正気に返るとすぐに「食べなきゃ」と言うのは変わりないので、ドライフードだけを出してみた。
食べる、ほぼ丸飲みだけど。

で、食べ終わって自分で身繕いをすると、お水を飲んでみたり、トイレに行ったりとごく普通。
そしてその後はリビングでのんびりしていた。

私の方は昨晩は寝つきが悪くうつらうつらしていた挙句だったので、午前中は使い物にならず、猫さんたちをぼ〜っとみていただけという体たらく。
まあ良いわ、日曜日だもん。
明日からまた頑張ろうと思う。


☆鉄粉姉妹とネジ君を本日全員シャンプー(してもらったの、娘に。)
この兄弟もシャンプーは全く平気。
好きではないようだが、誰も暴れず声を立てる事もない。

足音だけは実に高らかだ。


続きを読む
posted by みいしゃ at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痙攣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

オレンシア

オレンシア?
判る人だけに判るはず。

鉄粉姉妹とネジ君はみんな元気。
キジ(麦わら)ちゃんだけが少し体重が少ないけど、残りの三匹は全員イチキロ超え〜!

ぐるちゃんは元気で、「ある」もまあそれなり。

明日またちゃんと書きます。
posted by みいしゃ at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

うふっ

P1040326.jpg


『うふっ、見つかっちゃったわ。』
(カーテンレールの上)

P1040328.jpg


『大丈夫よ〜。
ね、すくっと立って歩けるもん。』

みんな元気。
これはキジ(麦わら)ちゃん。


posted by みいしゃ at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 預かり猫さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

コロ助くん(あ〜ちゃん)ですよ〜!

__13 (3).jpg

元気元気。
雷に驚いてソファーの下に入ってみたら・・・この狭い空間が気に入ったみたいなんだって。

ojyama1.jpg


お〜薄いベージュのニュアンスカラーで写って、お澄まししているようだけど・・・
ママさんのお仕事の邪魔中らしい。

多頭飼いも良いけど、一匹もまた良し。

なんだかぐっと大人っぽくなったみたいで、あ〜ちゃんは美男子だな〜と、ちょっと嫉妬。
(え、誰に〜???)

幸せな猫さんが増えると、私が幸せである。


posted by みいしゃ at 22:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

なくて七癖

明け方は大分雨が降っていたけど、日中は日も射し・・・やっと酷い雷雨がなかった。
でもこれが梅雨独特のお天気なのか湿気があってどんより。
今週末もそんな感じで、時としてはまた激しい雷雨もありうるから、予報は確認するように、と言う事だそうだ。

チビさんたちは今日も元気。
4匹兄弟でいると、仲間の結び付きは強く、ご飯の時は私の足元ですりすりくねくねしているけど、基本的に抱っこはあまり好きではないようだ。

人馴れと言う意味ではもちろん問題は無いのだが、元気だし遊びに夢中だから、じっと抱かれているなんてごめんだわと言ったところだろう。

一人になってふと「困ったどうちようかしら?」=「ウニャ〜ン」と泣くのは鉄粉さん。
でも次の瞬間にはおもちゃを見付けてドドドドド〜。

で、キジ(麦わら)ちゃんは地球の裏側まで〜?と思うほど、トイレ掘りが熱心なの。
お砂を全部よけてプラケース(仔猫用にゃんともの下だけにトフカス)を十分に露出させてから○ンチ。
終わったらカシカシとプラケースの淵だけ熱心に掻いて、お義理にほんのちょっとお砂をかけてお終い。
だから結局○ンチは丸見えなんですけど〜。

まあ形状は非常に宜しいから、お掃除は楽。
但しクシャ〜イ。
ナチュバラのラムのせいかな〜とも思うのだが、これはもうさっさとお掃除するに限る。


☆「ある」は獣医さんと相談して少しステロイドを使っている。
使いすぎて興奮すると困るから、なるべく連続投与は避けたいところだが、これ以上痩せる=食事の量が少ないと生命維持が出来なくなりそうだから、慎重に、でもしっかりとキドナに溶かして。

ぐるちゃんはとても元気。
風の通り道を見付けるのが上手で、ある時は出窓で、またある時は階段の途中で・・・自分が快適な場所でドッテ〜ン!

今晩珍しく友達と食事に出かける約束をしていたのに、此処の所の歩行やや困難のため取りやめ。
う〜ん、とても残念。



posted by みいしゃ at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 預かり猫さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする